ハンドボール

【ハンド】2013関東学生ハンドボール秋季リーグ戦VS桐蔭大 後半追い上げられるも逃げ切り2勝目!

関東学生ハンドボール秋季リーグ戦 対 桐蔭横浜大学
2013年9月8日(日)
日本大学八幡山体育館

前回の試合で春季リーグ王者・早大の前に屈した法大。今回は春季リーグ戦で逆転負けを喫した桐蔭大と対戦する。果たして春のリベンジを果たすことはできたのか――。

ハンド渡邉13秋vs桐蔭202 R
「自信を持ってプレーした」と#3渡邉

試合結果

34
法政大学
20 前半 14 30
桐蔭大学
14 後半 16

戦評

 前半は終始法大ペースで試合は進んだ。開始直後にミスから連続得点を許すが、#7遠藤(経2)のシュートや#13坂野(社3)が1対1のチャンスをしっかりものにし、すぐに逆転。その後は#10石井(経4)の巧みなループシュートやサイドシュートで得点を重ねていく。また、DF陣も機能し、相手の決定機をことごとく封じる。さらに、守護神#21柿崎(デ工1)の好セーブが要所で冴えわたり、得点を与えない。終盤に入っても、相手のミスを逃さずに得点に結び付け、20-14で前半を折り返す。

 後半に入ると、前半の勢いが止まり逆に相手に3連続ポイントを許してしまう。法大はタイムアウトを要求し、すかさず立て直しを図る。すると、#13坂野のDFを振り切ってのシュートや#14嶋(スポ3)の速攻で再び法大が勢いづく。GK#21柿崎もファインセーブを連発し点差を守る。しかし、後半23分、集中力が衰えてきたのか、相手に得点の機会を与えてしまう機会がしばしば見られ、6点あったリードが残り3分になると2点差に。だが、#13坂野と#3渡邉(社2)のスカイプレーや#7遠藤のシュート、#21柿崎のセーブで逃げ切ると、最後は#15松浦(経4)がゴールを決め試合終了。34-30で見事勝利を収めた。 

 今季4戦目にしながら2つの白星を得た法大。その2勝とも春に敗戦している相手なだけに徐々にチームの雰囲気も良くなっている様子がうかがえる。しかし、「最後あまり集中できなかった部分がある」と#10石井が言うように、集中力の持続が反省点に挙がっているようだ。次戦では最後まで集中力を切らさず強豪日体大に挑んでもらいたい。(松村寿々子・山崎美香)

選手コメント

石井政樹(経4:法政二)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
前半はみんな調子良かったんですけど、後半になって中だるみとか声も出なくなっていたので追いつかれはしなかったんですけど、そこらへんを直していかないといけないなと思いました。

―今日は負けられない相手だったと思いますがどういった気持ちで臨みましたか
今日調子良かったんで、こんな感じならいけるかなと(笑)みんなもすごく気合いが入ってたんで気合いが空回りしなければいいかなと思いました。

―試合中チームの雰囲気がすごく良く見えました
すごい良かったと思います。前半の最初に速攻が決まって、今日は結構いけるなと思いました。

―良かった点はどんなところですか
キーパーが大事なところですごい止めてくれたので、それがすごくでかかったなと思います。追いつかれるところがそれで追いつかれなかったんで。

―チームのDFも良くなっているように見えましたが
全体的に動けてたんですけど、最後当たれなかったんでそこは修正しないといけないと思います。

―改善点は見つかりましたか
最後の際の部分であまり集中できなかった部分があるので、最後の最後まで集中して守りきらなきゃいけないなと思います。

―4年生で最後のリーグ戦ですが
とりあえず次の世代につなげられるような試合にして来年はもっと上を目指してほしなと思います。

―次戦は日体大が相手ですが
自分たちで目的を持って、やるべきことをしっかり最後のまでできれば次の試合にもつなげられると思うので、良い試合をしたいと思います。
 

嶋大介(スポ3:法政二)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
前半石井さんが活躍してくれたので、それに負けじとって思って、得点とることができたのでよかったと思います。

―後半途中で追い上げられる場面も見られました
自分たちの力自体は上だと思っていたので、普段通りプレーすれば追いつかれることもないだろうと思ったので安心してプレーができました。

―2回タイムを取りましたが、その時はどのようなことを話されていましたか
あのときは自分たちのミスから失点してたので、ミスをなくして戻りは徹底しようっていうことを話してました。

―DF面についてはいかがでしたか
そうですね、キーパーがちゃんと取ってくれるので、前半から流れっていうか、チームの雰囲気も良くて。3試合やってきて悪いところもあまりなかったのでよかったと思います。

―攻撃に関してはどうでしたか
つまってしまうというか、松浦さんのつかれてしまうとリズムが崩れてしまうので、他の5人でパス回しをしっかりして、ゴールを狙っていけば自然と点数もとれると思います。

―次戦は日体大が相手ですが…
そうですね、力自体上なので、自分の力を出し切って少しでもいい試合ができればいいなと思います。
 

渡邉大貴(社2:藤代紫水)

―本日の試合をふり返っていかがでしたか
離せるところで離せなかったので、最後苦しくなってしまったと思います。

―春に敗れた桐蔭横浜大相手でしたが
最初の時コーチの集合で「法政に来た時点で桐蔭とは格が違うってことを意識してやれ」と言われていたので、そういうところを意識してやりました。試合には負けるはずがないと思って自信をもってプレーしました。

―相手の1トップDFに苦戦する場面も見受けられましたが
一応1トップになった時の練習もしていたので、対応をもっと早くして、すぐに崩せるようにできればよかったです。

―後半27分のタイムアウトの時、どのような指示がありましたか
まずは問題ないということと、とりあえずやる事やって、キーパーも止めてくれていたので、打たせても構わないと言われたので、あまりピンチとは感じなく楽しんでプレー出来ました。

―試合を決めたスカイプレーは意識していましたか
あれは練習の時から、苦しくなったら僕が飛ぶってことを(坂野)翔也さんに言っていた
ので、練習の成果って言ったら成果ですね。

―次戦に向けて一言お願いします
次は日体大なので、負けると思わずに挑戦者の気持ちで自分たちがやれることをやれば、そのあと結果がついてくるので頑張ります。もし結果が出なかったとしても、何が悪かったのか反省して、また練習です。

フォトギャラリー

  • ハンド渡邉13秋vs桐蔭202 R「自信を持ってプレーした」と#3渡邉
  • ハンド坂野13秋vs桐蔭201 R-thumb-160x160-6775#13坂野
  • ハンド大島13秋vs桐蔭 R-thumb-160x160-67767mスローに立ち向かう#1大島(社2)
  • ハンド嶋13秋vs桐蔭 R-thumb-160x160-6771後半出場の#14嶋
  • ハンド松浦13秋vs桐蔭 R-thumb-160x160-6773#15松浦
  • ハンド石井13秋vs桐蔭 R-thumb-160x160-6774前半活躍を見せた#10石井
  • ハンド遠藤13秋vs桐蔭 R-thumb-160x160-6772#7遠藤
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み