硬式野球
 
 

明治神宮野球大会 決勝 対桐蔭横浜戦 あと一歩...わずかに届かなかった日本一

明治神宮野球大会決勝 VS桐蔭横浜
11月14日(水)
会場:神宮球場

ついに日本一を決める戦いの火蓋が切られた。ここまで接戦を制して勝ちあがってきた法大はエース・三嶋を先発のマウンドに送る。対する桐蔭横浜大は前日の亜細亜大との試合で完封を収めたエースの小野が先発。先制点をとり主導権をにぎりたい法大の前に、小野が立ちはだかる。 

最後の打者となった主将の建部

試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
桐 大 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1 4 0

(法大)●三嶋、船本、石田‐木下
(桐大)○小野‐氏家
[本塁打]山中ソロ(6回=三嶋)

打撃成績表

打順位置選手打 安 点
1 (9) 建部 5 1 0
2 (8) 村井 0 0 0
  H8 鈴木翔 3 0 0
  H 土井 1 0 0
  1 船本 0 0 0
  6 吉澤光 0 0 0
3 (4) 河合 4 2 0
4 (6) 西浦 4 0 0
  1 石田 0 0 0
 5 (3) 大城戸 4 1 0
6 (5) 多木 3 2 0
7 (7) 納富 0 0 0
  7 的場 3 1 0
  7 岩澤 1 0 0
8 (2) 木下 3 0 0
9 (1) 三嶋 2 0 0
  H 高木 1 0 0
  8 伊藤慎 0 0 0

投手成績表

 被安打奪三振四死球自責点
三嶋
船本
石田

戦評 

序盤は両投手の好投でお互いにチャンスを作れず、試合が進む。法大は4回表に1死から打撃好調の3番・河合が右前安打を放つと、5番・大城戸の中前安打、6番・多木の四球で2死満塁と絶好のチャンスを作る。しかし7番・的場が空振り三振に倒れ、無得点でこの回を終える。打線が小野をなかなか攻略できず苦しい展開が続くが、三嶋も危なげないピッチングで前半はスコアボードに0を刻んでいく。

試合が動いたのは6回裏。先頭打者を空振り三振に仕留めるも、続く2番・山中に甘く入ったストレートをライトスタンドに運ばれ、1点を先制されてしまう。この1点が法大に重くのしかかる。直後の7回表に先頭の6番・多木が右前安打を放つとすかさず盗塁を決める。その後2死1、2塁としたところで、打席に立った主将・建部が内野安打でチャンスを広げた。2死満塁、一打逆転の場面で金光監督が打席に代打・土井を送るもライトフライに倒れ無得点で終わる。

7回以降は三嶋の後を継いだ、船本、石田が粘投を見せ桐蔭打線に追加点を許さない。迎えた最終回、この回、先頭の多木が左前安打を放ち出塁する。2死をとられるも、途中出場の2番・伊藤慎が四球を選び、2死1、2塁のチャンスで1番・建部にまわす。チームの思いを背負ってきた主将の一打に期待が懸かったが、振り切った打球は高々とあがり、セカンドのグローブに収まり試合終了。惜しくも日本一を逃した法大だが準優勝というかたちで今季を締めくくることになった。

4年生を中心にまとまり、リーグ優勝に輝いた法大。惜しくも日本一とはならなかったが、4年生の思いを受け継いだ後輩たちが悲願を達成するために再び神宮に戻ってくる。リーグ優勝をした喜び、日本一を逃した悔しさを経験した法大が来年こそ日本一を手にするだろう。一冬越えて、一回りも二回りも成長した姿を見られる日が待ち遠しい。(鷲尾祐貴)

 試合後の監督・4年生のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
1点がなかなか遠かったですね。この大会入ってバッティングのほうがなかなか点をとれない状態が続いたので、なんとかピッチャーでしのいでいきましたが、今日はその1点ですね。頂点に立てなかった分も来年に向けて3年生が頑張ってくれると思うし、4年生は本当に最後の最後まで、今日を迎えることができたのも4年生、建部を中心にチームをしっかりまとめ、チームを作りあげてきて、この舞台に立てて、あと一歩足らなかったですけど、選手はよく頑張ってくれたと思います。

―試合前にはどのように声を掛けましたか
今日が泣いても笑っても最後のゲームなのだから、自分たちの野球を、今まで1年間やってきたことをやり切らなさいということだけを言いました。

―試合後、4年生には何と声を掛けましたか
勝って成長するし、負けて成長することもあるので、この敗戦を4年生はこれからの人生で生かしていってもらいたいし、3年生以下は優勝できるように頑張ってもう一冬しっかり練習して頑張ってくださいと言いました。

―4年生の4年間を振り返っていかがですか
真面目な4年生でしたのでね、なんとしてでもこの秋はリーグ戦を優勝させてやるということが一つの目標でした。建部を中心にした非常に真面目な4年生でしたね。 

建部主将

―今日の試合を振り返って
最後ここまできたなという試合で、一生懸命みんな頑張ったんですけど勝てなくて。本当に悔しいですね。

―先制を許してしまいましたが、チームの雰囲気としてはいかがでしたか
最後まで諦めていなかったので、いつも通り良い雰囲気でした。

―桐蔭大の印象は
向こうも決勝まで勝ち進んでいるチームなので、勢いがあるというか落ち着いている雰囲気があるなと思いました。

―7回の打席では意地を見せてくれました
なんとかしたかったので。結果は汚くても繋げたので、点に繋がればもっと良かったんですけど…必死でしたね。

―最終回最後のバッターとなりましたが
ネクストから打席は回ってくるなという感じはしていたので準備はしていて、伊藤慎吾がフォアボールになった瞬間に「本当に幸せ者だな」と思って打席に立って。打てなかったんですけど、4年間の中でもトップに入るくらい成長させてもらった打席だと思いました。

―今年のチームはどんなチームでしたか
目指している以上のチームワークで。4年生中心に、4年生の考えを分かってくれる後輩たちがしっかりいたので、本当に最高のチームでした。

―苦労したことはありますか
なかなか自分の結果が出なかったことですね。

―キャプテンを務めて得られたことはありますか
自分を信じることとみんなを信じることを教わりましたね。

―4年間を振り返って
やっぱり4年生になって新チームで、4年生同士で毎日練習を一緒に頑張っていたことが一番思い出にあります。

―同期の4年生へメッセージをお願いします
自分がキャプテンをやらせてもらっていたんですけど、みんなが自分を支えてくれながらだったので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

―後輩へメッセージをお願いします
ここまでこれたのは自分たちの力だけでなく後輩たちの力があってのことなので、今年の成績をしっかり活かして来年堂々と日本一になれるよう頑張ってもらいたいですね。

―法大野球部での経験を今後どのように活かしていきたいですか
また社会人で野球をやらせてもらうんですけど、法政で教わったことは野球以外のこともたくさん教わりました。法政の看板をまた背負って生きていくことになるので、しっかり責任と自覚を持って、これからの人生頑張っていきたいと思います。

三嶋投手

―今日の試合を振り返って
ここまでやってこられて、最後に負けたのは悔しいですけど、悔しいのとあー終わったな、という両方が今ぐっときています。

―4年間を振り返って
やっぱり色んなことがあったんですけど、この秋が一番辛くて厳しくて嬉しくて、楽しくて。ここまで来れて良かったです、はい。

―一緒にやってきた4年生に一言
そうですね、野球もそうなんですけど、普段からすごいお世話になってすごい良い奴らで、こんなに仲良くなるとは思わなかったし、この代で良かったっていうのと、ありがとうっていうのを言いたいですね。

―三嶋選手にとって野球とは
野球がなかったらどうしてるとかはあんまり考えないんですけど、ほんとにこうやって色んな人に出会って仲間に恵まれて、やっぱり僕の中の人生に野球っていうのがあるな、ってすごく感じるし、これからも野球ができる限りはできなくなった人の分、社会に出て野球をやめる人たちの分も次のステージで野球ができるので、そこで頑張ってまた見てもらえたら良いなって思います。

―後輩に一言
たぶん、力があるチームだとは思うので、これといって言うことはないですけど、頑張ってくれと言いたいですね。

―最後に全ての法政ファンに一言
特に六大優勝の時は応援の力がすごいなと感じて、また今日も日本一をかけた試合ですごい人が駆けつけてくれて、なんかもう全員が後押ししてくれるような、心強い応援や声援が力になっていたので、1年の時から投げさせてもらっていましたが、ありがとうございましたと言いたいです。

   

多木選手

―今日の試合を振り返って
どっちにしろ最後の試合だということで日本一を懸ける試合に出れるというありがたみを感じながら最後楽しみました。

―大学での4年間はどのような4年間でしたか
1年のときから出させてもらって、ある程度経験を積ませてもらって、1,2年の頃は勝ちたかったですけど、4年生のときの思いとは違っていて…4年生になっての勝ちへのこだわりは強いものになって優勝できてよかったです。

―同期の4年生はどのような仲間でしたか
一緒に暮らしてきた仲間でかけがえのない一生の仲間になりました。

―後輩へのメッセージを
自分たちができなかった日本一を彼らなら取ってくれると思うので、リーグ戦の優勝はもちろんですけど、日本一になってほしいです。

―法政大学を応援している方々へのメッセージをお願いします
4年間ありがとうございましたと言いたいのとこれからも成長していくのでこれからも応援よろしくお願いします。 

岩澤選手

―今日の試合を振り返って
そうですね、1点の重みを改めて感じさせられる試合でした。

―決勝戦でしたが試合前に選手間で話しあったことはありましたか
いつもキャプテンが試合前に「自分たちの試合をやろう」と言っていて、いつも通りということを常日頃から言っているので試合には変わりなく入れたんですけど。

―今日は最終戦でしたがどのような気持ちで臨みましたか
そうですね、勝っても負けても最後ということには変わりないんですけど結果的に負けてしまって、やっぱり日本一にはそう簡単になれるものではないので絶対勝って終わろうとは思っていたんですけど、残念ですね。

―最後の打席での心境は
バントかなと思っていたんですけど監督のサインがバスターエンドランで、結局打ち上げてしまって。そこはやっぱり自分が今まで努力してきたことが足りなかったのかなと思いました。

―この4年間は岩澤選手にとってどのような期間でしたか
入学して1年生の時は試合には出れないと思ってましたし、自分は弱小校だったんですけど周りの皆は甲子園常連校出身だったのでそのことを考えるとよく逃げ出さないでここまでやれたなと思います。

―最後に後輩にメッセージをお願いします
ここ最近勝っていなくて初めてリーグ戦での優勝を味あわせてあげられたと思うので、1個下の代は本当に能力に長けている選手が多いのでここから黄金時代を作れる様に頑張ってほしいですね。 

土井選手

―今日を振り返って
大学生の中で一番長く試合できたので、まあ試合には負けたんですけど、みんなと一緒に野球ができてよかったなと思います。

―2死満塁の場面での代打でしたが
監督さんは「今まで四年間やってきたんだから思い切って行け」って言って下さって、自分も“絶対打ったろ!!”って思っていったんですけど、結果がついてこなくて…。そういうのはやっぱまだまだ日々の練習が足りないなと思ったんで、これからの野球人生に生かしていきたいと思います。

―久しぶりの出場でしたが
あの打席は人生でも上位に入るくらい緊張しました。でも出してくださった監督とコーチに感謝したいと思います。

―四年生として最後の試合でしたがどんな気持ちで臨みましたか
野球やってきた中で一番いいチームだなって思ってたんで、そのチームで最後まで残れて試合できて、チームメイトには幸せな時間を過ごさせてもらったなと思います。

―四年間を振り返ってみていかがですか
一、二年生の時は早く上級になりたいなと思ってたんですけど、いざ自分が上級になったらあっという間に過ぎてしまいました。でもいい仲間と巡り会えて、これからも野球を続けるやつもいればユニフォームを脱ぐやつもいるんですけど、またどっかでみんなで集まって遊びたいなと思います。

―同級生へメッセージをお願いします
結構仲よかった四年生だと思うんですけど…自分うるさかったんですけど、自分のテンションにみんなついてきてくれてありがとうございますって言いたいです。

ー後輩へメッセージをお願いします
実際出てたのは三年生が多かったですし絶対力はあると思うので、あとはそれをどうやってまとめるかが問題だと思うんですけど。まあ自分等が果たせなかった日本一になってもらえたら嬉しいなと思います。

伊藤慎悟選手

―今日の試合を振り返って
やっぱり勝ちたかったの一言です。

―4年生にとって本当に最後の試合となりましたが
1年間を振り返ると、苦しいことばっかで、なかなかうまくいかないこともあったんですけど、4年生みんなで励まし合って最後決勝まで来れたしメンバーに入っていない4年生の分も優勝したかったっていうのはあります。

―桐蔭横浜大の印象は
やっぱり勢いがあって、ピッチャーもバッターもどんどん来るな、っていう感じがしました。

―4年間を振り返って
最初の方は僕は怪我とかで試合にも出られなかったんですけど、特に4年になってからは、自分たちの代になって、やるんだ!っていう気持ちがすごい出て、試合にも出るようになって、良い勉強ができたなって思います。

―最後の1年間はどんな1年だったか
春からみんなで優勝しようって言い合っていて、2位っていう結果に終わって、そこから立て直すことができて、秋のリーグ優勝ができたんでそのことが一番印象に残っています。

―一緒にやってきた4年生に一言
感謝の一言しかないですね。

―伊藤慎吾選手にとって野球とは
自分の中ではなくてはならないものだと思います。

―後輩に向けて一言
やっぱり僕らができなかった日本一を目指して欲しいなと思います。

―最後に全ての法政のファンにメッセージを
本当に最後まで応援していただいてありがたいし、来年からまた、強いと思うんで、日本一目指してやるんで応援していただきたいなと思います。
 

高木悠貴選手

―今日の試合を振り返って
勝てる試合だと思ったんですけど、思ったより点が取れなくて均衡した状態だったのであの流れでは先制したかったです。それを相手にやられてしまって苦しくなってしまいました。

―7回三嶋投手の代打で打席に入った時の気持ちは
三連投して頑張ってくれて、そこでの代打だったので、絶対打ってやろうと思ったんですけど結果がついてこなかったです。

―この秋のシーズンを振り返って
自分の納得いく成績を残せなかったので、自分的には不完全燃焼で終わるシーズンでした。

―4年間を振り返ると
1年生の時に日本一になって、自分達の代でも日本一になりたかったんですけど最終的には、一番長く学生野球を出来たので良かったなと思います。

―最も印象に残っている出来事は
やっぱり明治の2回戦の優勝を決めた瞬間ですかね。

―4年生へのメッセージ
この代、仲良いんですけどその仲間とここまで来ることが出来て最高に良かったです。

―後輩へのメッセージ
自分達は日本一になれなかったですけど、後輩達は日本一になる力があると思うので日本一になって終わってほしいです。 

予告

2、3年生のコメント集は後日アップします!

フォトギャラリー

  • 最後の打者となった主将の建部
  • 一発に泣いた法大のエース・三嶋
  • 2安打とチャンスを作った河合
  • 7回2死満塁の場面で金光監督が代打に送ったのは副将の土井
  • 右飛に倒れ追い付くことはできなかった
  • 9回、打球がレフトに抜けたのを見て小さくガッツポーズする多木
  • 最終回、打席は回ってくると感じていた建部
  • 涙を浮かべながらスタンドに挨拶する建部
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み