硬式野球
 
 

明治神宮野球大会 準決勝 対富士大 均衡を破る主将の一打!タイブレークを制し決勝進出!

明治神宮野球大会準決勝 VS富士大
11月13日(火)
会場:神宮球場

準決勝まで駒を進めた法大の相手は富士大。2回戦でノーヒットノーランを達成した多和田、大学日本代表で4番を務めた山川などチーム力に定評のあるチームだ。法大は秋季リーグ戦でも活躍した船本が先発、対する富士大は左腕の夏井廉。試合は全国の厳しさを物語るように、連日の接戦となった。

金光監督の期待に応え勝ち越し打を放った建部

試合結果

トータル試合結果

 12345678910HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0
富士大 0 0 0 0 0 0 0

(法大)船本、石田、○三嶋‐木下

(富士大)夏井康、小林翼、●多和田‐君島

打撃成績

打順位置選手打  安  点
1 (9) 建部 5  1  1
2 (7) 的場 3  0  0
  鈴木翔 2  1  1
3 (4) 河合 5  1  0
4 (6) 西浦直 4  1  0
5 (3) 大城戸 3  1  1
6 (5) 多木 3  1  0
7 (7)8 岩澤 3  0  0
8 (2) 木下 3  1  0
9 (1) 船本 2  1  0
  石田 0  0  0
  H 高木悠 1  0  0
  三嶋 0  0  0

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
船本
石田
三嶋 22/3

戦評

船本は初回、1死2塁のピンチを迎えるが、後続を落ち着いてさばき、無失点で切り抜ける。法大先制のチャンスは2回、先頭の4番・西浦がレフト前のヒット、5番・大城戸が送りバントで1死2塁の状況を作る。しかし続く6番・多木、7番・岩澤が夏井をとらえきれず、この回は無得点。序盤は両先発が役割を果たし、1点が重くなる展開を予感させた。

その矢先の4回、試合が動いた。法大はこの回先頭の3番・河合のセンター前ヒットと4番・西浦の送りバントで1死2塁とすると、5番・大城戸の打球は左中間を鋭く抜けるタイムリーとなり、1点を先制する。これで主導権を握れたかに見えたが、その裏に2死から富士大の5番・平野にヒットで出塁されると、6番・天願が三遊間に鋭い打球を放つと、レフトが処理をもたつく間にランナーが生還し、同点に追いつかれる。

5回から試合は、継投策に出た両校の中継ぎ陣の前にヒット1本すら遠い展開となり、全くのこう着状態。法大は6回から石田、8回から三嶋と主力級の投手リレーで相手打線を封じ込める一方、富士大は前の試合でノーヒットノーランを決めた多和田が立ちはだかり、6回から9回まで、法大は一人の走者も出せなかった。

とうとう試合は延長戦にもつれ込む。明治神宮大会ではタイブレーク制が採用されるため、1死満塁から回が始まる。10回の表、1本出れば得点に結びつくこの場面で、1番・建部がライト前へのヒットで待望の2点目を加えると、続く2番には5回から途中出場の鈴木翔。レフトとサードの間にしぶとく落ちるタイムリーで3点目をたたき出し、勝利を引き寄せる。

しかし三嶋はその裏、先頭打者を打ち取って2死とした後、2番・根本との勝負で、連投の疲れからか2球続けてボールをホームプレートにたたきつけてしまい、その2球目を捕手が後逸。その間にサードランナーが生還し、1点差に詰め寄られる。なおも2,3塁と一打逆転サヨナラの場面。2ストライク1ボールからの4球目、三嶋渾身のストレートは相手のバットに空を切らせ、これでゲームセット。意地を見せたエースに軍配が上がった。法大は15年ぶりの決勝進出を決めた。

対戦経験のない相手から点を奪うのは容易ではなかったが、最後にはチームを引っ張る主将が試合を決めた。先制点を得られたのも主軸が機能したことが大きい。投手陣は三嶋、石田、船本の三本柱が中心となり、リーグ戦と変わらぬ安定感を見せている。明日の試合が今季のラストゲーム。4年生の花道をぜひとも全国優勝で飾ってほしい。(与那嶺真平)

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
どっちにしても1、2点勝負になるかと思っていたので、なんとか三嶋に繋げる展開に持ち込みたいなというのがポイントでしたので、そういう意味では船本と石田がよく踏ん張ったと思います。

―先発の船本投手のピッチングはいかがでしたか
少し力んだ部分もあったんですけど、5回まで1失点なんでね、責任を果たしたのではないかなと思います。

―リリーフの石田選手も好投しましたが
石田は、今日は安定していましたよね。もう1回行かせても良かったんですけど、1番に入ってくるので、点を取らないといけなかったのでね、あそこで代打出したんですけどね。石田もよく投げたと思います。

―打順を5番にあげた大城戸選手にもタイムリーが出ましたが
よく振れているので、大城戸を上にあげて、逆に多木の状態があまりにも良くないので代えました。

―タイブレークになり建部選手からの打順にしましたが
キャプテンとしての絶対的な信頼度であそこは建部に懸けました。

―10回ウラのピンチでは三嶋選手には何と声を掛けましたか
1点取られたのですが、まだ1点勝っているし、バッターを抑えれば勝ちですので、落ち着いて、ランナーは放っておけと、バッターを打ち取るのに集中しなさいと落ち着かせにいきました。

―富士大の印象は
チームとしてものすごくまとまっているチームなので、力の差はそうないなと思っていました。

―明日の試合に向けて意気込みをお願いします
なんとか六大学の代表として最後のステージまで持ってきたので、明日は思い切ってやらせたいと思います。

建部選手

―今日の試合を振り返って
今日も昨日と一緒でなかなか点が取れない苦しい展開になってしまいました。

―決勝タイムリーを打った打席での心境は
まさかタイブレークになるとは思ってなくて、でもあの場面で自分に打席を回してくれたことがすごく嬉しいというか、楽しむような気持ちで打席に入れましたね。

―延長戦の前に選手に声はかけたりはしましたか
いや、打席がすぐだったので自分からは特に何も言ってないです。

―多和田選手など富士大投手陣の印象は
そうですね、本当に多和田選手は噂通りというかすごく良い球を投げるピッチャーでした。

―チームの雰囲気はいかがですか
雰囲気はリーグ戦同様にみんな落ち着いているので泣いても笑っても明日が最後なので変わることなくいつも通りのまま試合に入りたいですね。

―建部さんから見て三嶋選手の投球はいかがでしたか
自分が言うことでもないですけど三嶋らしい素晴らしいピッチングだと思います。

―明日はいよいよ決勝戦です
ここを目指してずっとやってきて、いよいよという所まで来れたので応援してくれている人たちとベンチに入れていないメンバー、特に4年生のためにも責任を持って明日も戦っていきたいと思います。

―明日への意気込みをお願いします
いつもと変わらずに自分たちのプレーをして、最後は皆と喜べるように野球をしたいと思います。

三嶋選手

―今日の試合を振り返って
勝てて良かったです。船本、石田がよく頑張ってくれたので、それに応えられて良かったです。

―今日はタイブレークなど緊迫した中での投球でしたが
味方が2点取ってくれて、多少は楽になったんですけど、タイブレークは負けたら負けたでそれで終わりだし、抑えたら次につながるし、どちらかなので開き直って投げました。

―10回のパスボールで1点返された後、金光監督には何と声をかけられましたか
いつも通り、ここを抑えればいいんだという話でした。

―最後の打者を三振にとって、ガッツポーズされていましたが
六大のときもよくあった絶対に抑えなければいけない場面でしっかり抑えられたので気持ちが前に出たのかなと思います。

―タイブレークで主将の建部さんが先頭打者でタイムリーを打ちましたが、三嶋さんはどのような気持ちで見ていましたか
やっぱり、今日の勝因は建部のあの一打だと思います。

―明日は法政のユニホームを着て行う最後の試合となりますが
ここまで来られたのもいろんな人の応援とか支えがあったからで、やっとここまで来たなという感じです。明日またこの4年生と試合ができる幸せと六大学代表としての誇りをしっかり持って戦って、日本一になれればいいと思います。

船本選手

―今日振り返って
相手より先に点をやらないっていうのを今日の目標にしててそれはできたんですけど、全体的にあまり調子はよくなかったので悪いなりに抑えようと思って低め低めに意識してやってたんですけど、4回はちょっとボールが甘く入ってしまいました。

―3四死球という結果については
普段そんなフォアボールを出さないので自分としても調子が悪い傾向だと思うんですけど、結果そのフォアボールのランナーが得点に繋がらなかったのでまあそれはよかったと思います。

―4回にマウンドで監督に言われたことは
テンポが速くなってたんで打たれてもいつものように投げろと言われました。

ー先発はいつ告げられましたか
今日の朝です。

ー久しぶりの登板でしたが
約一ヶ月ぶりだったんですけど、思ったより緊張もなくいつも通り入れたかなってのはありますね。

―木下選手とは何か話し合われましたか
普段やらないバッターなんですけど、いつも通りリーグ戦でやってきた投球のスタイルでやっていこうという話はしました。

―明日への意気込み
投げる機会があればちゃんと0点に抑えられるようにしっかり低め低めを意識して自分の持ち味を出してやっていきたいと思います。

大城戸選手

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
接戦になるとは分かっていたんですけど、取ったら取り返してきて互角の戦いだったと思います。

―先制タイムリーについて
中盤でしたが、ミーティングでピッチャーが頑張ってくれるからということで、相手ピッチャーの多和田が出てくる前に先制点を取ろうと。それが結果として出てくれたので良かったです。調子としてはリーグ戦の時から変わらずで、1試合1本が自分の目標なのでそれができていると思います。

―多和田投手はいかがでしたか
今までの野球人生の中で一番いいピッチャーだったと思うくらい、それくらい素晴らしいボールを投げていました。

―試合は延長になりましたが、タイブレーク形式については
新人戦で一度やっているので経験としてはあったんですけど、本当に球場全体も盛り上がった感じで。よく(建部)賢登さんが打ってくれたと思います。

―キャプテン建部選手からはどんな話がありましたか
明日で4年生最後の試合になるんですけど、そんな中でも特別な気持ちもなくいつも通りあと1試合できるんだということを言っていました。

―神宮大会へはどのような意気込みでしたか
日本一になるためにやってきたので。リーグ戦優勝した後、気持ちが入りづらくなった時期もあったんですけど、試合が始まって見れば勝ちたいという気持ちが出てきて。ここまで来たら日本一は取りに行くものだと思っています。

―具体的に強化したところはありますか
最初はスイングの量を増やしたり、2週目に入って技術的な調整をリーグ戦のときのようにしていきました。

―いよいよ決勝まできました。試合後のミーティングではどのような話がありましたか
一番長く4年生が野球ができるということと、ここまで来たら六大学の代表としてやるべきことは一つだけだと、話がありました。

―明日に向けての意気込みをお願いします
一番長く野球をやらせてもらっているので、入っていない4年生も下級生が出ている中でサポートしてくれて。そんな4年生たちのためにも日本一になりたいです。

木下選手

 ー今日をふりかえって
ピッチャーが抑えてくれたのが1番良かったと思います。
   
ー今日の法大の投手陣の出来はいかがでしたか
点を取ったらすぐ取られてしまったのは反省点だと思いますけど、それ以外は低めに丁寧に投げれてたので良かったと思います。
   
ー延長戦がタイブレークでしたが守っていてどうでしたか
タイブレークは初めての経験でしたけど、(10回表の攻撃で)2点取っていたので特別慌てることはなかったです。
   
ー10回裏の守備に暴投で1点を奪われてしまいましたがその時の心境はいかがでしたか
構えた所と逆でいつもだったら捕れるボールかもしれないですけど、三嶋さんも力が入ってて僕の体が追い付かなかったですね。
   
ー富士大学の投手陣の印象はいかがでしたか
先発したピッチャーもそうですけど、後で投げたピッチャーもレベルが高いピッチャーで凄いなと思いました。
   
ー特に警戒してたバッターはいましたか
1番の山川は日本代表にも入ってて良いバッターということはわかってたんで、その前にランナーを溜めないように意識して、今日は山川をうまく抑えれたかなと思います。
   
ー明日の決勝に向けて一言
最後の最後まで4年生と野球できるので、勝って終われたら最高だと思います。

鈴木翔選手

ー今日の試合を振り返って
1点の重みを感じたというか、本当に緊張するような試合で、自分途中からの出場だったんですけどベンチでもずっと緊張した状態でピリピリしたムードでした。

ー10回に入る時もピリピリしたムードでしたか
10回の時はもうみんな開き直ってて、自分は監督の方から「お前代えないぞ」と言われていたので、そこは全然ピリピリはしてなくて思いきっていけるような雰囲気でした。

ータイブレイクの場面の打席は何を考えていましたか
ピッチャーが本当に球が良かったので、三振だけはしないようにバットに当てることだけを考えて打席に立ちました。

ーリーグ戦優勝を決めたタイムリーと同じコースに飛びましたが
まぐれです(笑)運が良かったっていうか…。でもバットをちゃんと振り切っていたのでそれが良かったのかなと思います。

ー途中出場でしたがベンチでどのような準備をしていましたか
絶対に自分の出番があると信じて試合に出る準備はしていて、集中を切らさないように途中からでもチームに貢献出来るようにその気持ちだけはありました。

ー明日で4年生とプレーするのは最後ですが何か思うことはありますか
4年生に付いてきただけなんで…。最後になりますけど、いつもと変わらない雰囲気でやりたいです。

ー明日の試合に向けて意気込みをお願いします
日本一のために頑張ります。

石田選手

―今日の試合を振り返って
調子が良くて、球もいっていたんで、自分なりのピッチングができたかなと思います。

―チームとしてはいかがでしたか
点が取れない中でピッチャーが1失点で、その1点も自分の中で悪い1点じゃないと思ったんで、最少失点で抑えられてたんで、良い試合展開だったと思います。

―秋リーグから取り組んだことはありますか
秋は全然調子が良くなかったんで、走り込みはずっとやって、体幹のトレーニングなどは欠かさずやってました。

―この大会までどんな気持ちで練習に臨んでいましたか
自分が投げて負ける、っていうのはまだ2年だし、4年生に申し訳ないって気持ちがあるのでそういうことは絶対に避けたい、という気持ちから、ランニングやトレーニングをやってきた結果こういうピッチングができたと思うんで、この気持ちを忘れないで、持ち続けていけばいいピッチングができるんじゃないかなと思います。

―フォームで足のあげ方を変えたりとかはされましたか
そうですね、ちょっとゆっくりしたり、高く上げたりとかはやってました。

―秋の悔しさは果たせそうですか
そうですね、今の調子でいけば、今日は打たれる気もしなかったんで。この調子でやれば優勝できるんじゃないかと思います。

―マウンドを降りた後の気持ちは
まあ、あそこで代えるのはチームとしてしょうがない部分もあるので、結果こういう形で勝てたんで良かったと思います。

―優勝すると31年ぶりということですが
あんまり何年ぶりというのは気にしないんですけど、優勝というのはこれから先、形として残っていく物だしそういう物を残せるっていうのはすごい良いことなので、明日優勝できるように頑張りたいと思います。

―明日の試合で4年生とも最後になりますが
この1年間一緒にやってきて、今までの4年生とは違う意識の持ち方を持っていたり、一人一人の個性もいっぱいあって、チームとしてもすごいまとまっていたんで、やっぱりこういう形になるっていうのは練習風景を見ていたり、4年生が引っ張る姿を見ていると、間違いないなという気もしていたんで、あと1試合、僕は優勝できるように、導くようなピッチングができれば良いかなって思います。

―明日の意気込みを
自分が投げる機会が来たときは全力で投げることが第一だと思うんで、今日みたいなピッチングができればいいので、頑張ってやりたいなと思います。

フォトギャラリー

  • 金光監督の期待に応え勝ち越し打を放った建部
  • 最後の打者を三振に仕留めガッツポーズする三嶋
  • 5回1失点と先発の責任を果たした船本
  • 先制打を放った大城戸
  • 2回を5奪三振と好投を見せた石田
  • 貴重なタイムリーを放った鈴木翔
  • 守備の要としてチームに貢献した木下
  • 大学日本代表の4番を務める強打者、富士大・山川
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み