硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季新人戦決勝 対明大 "1点"の惜敗...最多優勝回数更新ならず

東京六大学野球秋季新人戦準決勝 VS明 大
10月31日(火)
会場:神宮球場

 またしても決戦は“血の法明戦”となった。今春季新人戦、決勝・法明戦で敗れたために法政の最多優勝33回に明治も並び、トップ争いは両校譲れない。ましてや法明戦の勝負が簡単に決まるはずもない。試合は最後まで1点を争う総力戦となった。

総力戦で挑んだが…

試合結果

トータル試合結果

 1234567891011HE
明 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 0
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2

(法大)浅野、●青木‐中園
(明大)月田、○内海‐高橋隼
 

打撃成績

打順位置選手打 安 点
1 (7) 若林 4 1 0
2 (4) 岡崎 2 0 0
  H 高橋賢 1 0 0
  4 皆川 2 1 0 
3 (8) 畔上 2 0 0
  H 南木 0 0 0
  R8 磯本 0 0 0
4 (3) 伊藤諒 3 0 0
5 (9) 山下 4 0 0
6 (5) 佐藤竜 3 0 0
  H 森本 1 0 0
7 (2) 中園 4 0 0
8  (6) 吉澤光

3 0 0

(1) 浅野 1 0 0
  H 杉本 1 0 0
  青木

0 0 0

  H 細川 1 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球失点
浅野
青木

戦評

 1回、先発の浅野はヒットと四球で1死1、2塁のピンチを迎えるが、4番・菅野を併殺に打ち取りこの場面を切り抜ける。法大が初めてチャンスを作ったのは3回。1死から8番・吉澤光が四球を選び、続く9番・浅野の犠打と1番・若林のセンター前ヒットで2死1、2塁。しかし2番・大塚は二ゴロに倒れ、序盤は両校とも得点圏に走者を置きながら無得点に終わる。
 試合中盤の5回、法大は2死1、2塁とされ、2番・大塚健との勝負。ここで浅野は力みが出たか暴投。2死2、3塁とピンチを広げてしまうが、大塚を見逃し三振に仕留める粘りの投球を見せる。
 この後試合はこう着状態に入り、8回まで互いに無得点。9回、法大ベンチが動く。8回をヒット4本に抑え無失点ピッチングをみせた浅野に代えて、青木をマウンドに送った。昨日に続けての連投だが、代わったばかりのこの回、ヒットを一本許すも無失点に抑える。投手陣の踏ん張りにこたえたい打線だが、明大先発の月田の前に3回以降は打線が沈黙。得点のきっかけが作れない。
 
 ついに試合は「血の法明戦」の名にふさわしく、延長戦までもつれ込んだ。
10回、前のイニングから続投の青木は、先頭バッターにヒットを許す。その後2死までこぎつけるも走者は3塁。一点もやれないところで、8回途中出場の2番・石井のバットに空を切らせる気迫の投球。得点を許さなかった。しかし法大の打線は目覚めない。10回裏も3人で攻撃を終える。
 11回、ついに試合が動いた。3イニング目に入った青木が2死から突如乱れる。ヒットと2つの四死球で満塁とされると、8番・高橋隼に痛恨の押し出し四球を与えてしまう。この一点は、今日の法大にとって重すぎるものだった。11回裏の攻撃も3人で打ち取られ、新人戦優勝を逃した。
 
 今日の敗因は、何と言っても打線の沈黙。得点圏まで走者を進めたのは3回のみと、自分たちのペースに持ち込めなかったことが悔やまれる。しかし、今日の浅野、青木の両左腕は、ピンチでも堂々たる投球を見せ、最終的に押し出しという形で知ってしたものの、次につながるものがあった。これから新人戦メンバーの多く冬のトレーニングに入っていくが、この大会で得た経験をいかして、来季成長した姿を見せてくれることを期待したい。(与那嶺真平)

岡崎選手

―今日の振り返り
ピッチャーが頑張ってくれたんですけど、野手が全然打てなくて…今日は野手の責任です。

―今日もキャプテンでしたが意識したことは
声出してチームを1つにして戦っていくのが今年のチームスローガンなので、まとめることを意識しました。

―決勝ということで、どんな気持ちで試合に臨みましたか
明治と法政の優勝回数が春でちょうど一緒になったので、絶対負けられないという気持ちで戦いました。

―新人戦で得た課題や収穫は
今日左ピッチャーと対戦して、左バッターが左ピッチャーを攻略するってことが1番の課題です。

―これからへの意気込み
冬今まで以上に鍛えて、春優勝できるようにがんばります。

中園選手

―今日の試合を振り返って
いい試合をしましたが負けては何も残らないし、ピッチャーが頑張っていたのにバッターが打てなくて情けないです。

―どのようなことに注意してリードしましたか
1年生ですが場数を多く踏んでいるピッチャーだったので、いつも通りテンポ良く投げられるように注意しました。

―打撃面については
リーグ戦でも投げているピッチャーで、左なので正直にセンター返しを狙ったのですが、向こうが1枚上手でした。

―今年1年で得たことは
新人戦は春秋ともに決勝で明治に負けてしまってとても悔しいので、この冬頑張りたいという気持ちが強いです。

―冬のトレーニングの目標は
キャッチャーが全体的にスキルアップして、チームの柱になれるようにしたいです。

―来シーズンに向けて一言
来年は上級生になるので、秋のような優勝をずっと続けていけるように頑張りたいです。

伊藤諒介選手

―今日の試合を振り返って
本当に野手が打てなかったのでピッチャーに助けてもらった感じだったんですけど、打てなかった自分たちが悪いと思います。

―明大の印象は
すごくバッティングも良くてまとまったチームだなと思います。

―昨日の試合ではホームランもありましたが、振り返っていかがですか
ホームラン以外の打席が内容が悪かったのでなんとか打ちたいという気持ちでいきました。

―早大の印象は
ベンチの雰囲気も良くてチーム一丸となって戦っているという意味では強かったです。

―新人戦は4番でした
全く4番の役割を果たせなかったと思います。

―これからの意気込みをお願いします
今日負けてしまったんですけど、選手権で足を引っ張らないようにしっかりとやって日本一を取りたいと思います。

浅野投手

―0今日の試合を振り返って
先発だったので何とか試合を作れて良かったです。

―8回無失点の好投でしたが
ストレートが良かったので変化球が生きて、大学来て初めて良いピッチングが出来ました。

―投げている時に意識したことは
コースにきっちり投げ分けることと、変化球を低めに集めることですかね。

―今日の収穫は
いつも変化球で逃げてたんですけど直球でも抑えられるってことが分かったことです。

―ご自身のアピールポイントは
球のキレで勝負するところです。

―今後の目標をお願いします
リーグ戦で貢献出来るようなピッチングをしたいなと思います。

青木投手

―今日の試合を振り返って
結果的に自分のせいで負けてしまったので…やっぱりあの押し出しは悔しかったです。
 
―11回のピッチングについて
ピッチャーってあるイニングで突然ピッチングが変わってしまうことが結構あるんですけど、自分はあのイニングにそれが出てしまいました。
 
―今後の課題は
今日までにたくさん課題は出たので一つ一つ直していきたいですけど、一番直したいのはフィールディングです。あとはロングリリーフや先発ができるだけのスタミナをつけたいです。冬はたくさん投げこもうと思います。
 
―今年1年で得たもの
高校の頃より球速とキレが上がったこと、体全体で投げられるようになったことです。けれどまだまだだと思うので、これから頑張っていきたいです。

神長コーチ(新人戦監督)

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
まず法政大学は左が主流の打線なので完全に明治さんは法政打線用にピッチングスタッフを揃えたなという感はありました。左の月田君、内海君がきて当初から法政の左バッターが明治さんの左ピッチャーを打てるかどうかというのが課題として見えていました。それがある意味一番恐れていた結果になったのかなという気がします。11回で2安打、課題として“どうやって自分の苦手なタイプを克服するか”というのをもう一度しっかりと見つめ直すためにいい勉強になった試合だったと思います。

―先発の浅野投手、そして青木投手はいかがでしたか
(浅野投手は)春も新人戦先発してもらって、この夏を越えてスタミナが付いたと思います。春は半分でもあっぷあっぷで、8回までいったのは凄く成長が見受けられたので収穫かなという気がします。それ以上に青木がきつい所できましたけど、リーグ戦の経験もありますし、チームがなんとか取るまで踏ん張ってもらいたかったと欲はありますけど、11回で失点が1というのは、投手陣というか守りは責められないですよね。

―選手たちにはどのような声をかけましたか
ここが(彼らにとっての)スタートになるよという話をしました。たまたま私は社会人の監督経験が長かったので、例えばこの秋で野球が終わる人、ユニホームを脱がなくちゃいけない人も社会人ではたくさんいるわけですよね。その中で彼らはこれから1年2年野球ができる、上手くなれるチャンスがあるという“いいポジション”に今いること、それを感じて野球をやりなさい。やりたくてもやれない人もいるんだよという話をしました。もちろん勝って凄く財産になるものもありますけど、ここで1-0という究極のスコアですけど、それにもいろんなものが含まれていたような気がします。これで成長して、青木も得点与えてしまいましたけどここを糧にしてもらえたらと思いますね。

―新人戦のキャプテンは岡崎選手でしたが
彼が一番リーグ戦のメンバーで代走であったりとか出ていたので、経験値として岡崎をキャプテンに新人戦始まる前に決めました。

―新人戦優勝回数で明治に抜かれてしまいましたが
そうなんですよね、レギュラーシーズンも早稲田と並んで。昨年から私が指揮を執って、11年春が明治さんに負けて、秋は明治さんと決勝で勝って、今年の春決勝で負けて。全てが明治さんなので、また来年の春やりたいですね。そういった意味では他の4大学には申し訳ないですけど。もう一回並ぶこともそうですけど、明治さんとタイにもっていきたいと個人的な見解ですけど。今の1年生は来年も新人戦があるわけですから、そう思っているのかなという気もします。

―これから神宮大会もありますが、意気込みをお願いします
7期ぶりに勝ってこの秋長く野球がやれているという実感があるので。最後を締めくくる大会としては神宮大会は今年の4年生は最後です。六大学の代表チームというのは好成績を近年収めてるという、正直なところ肩に乗っかっててきていることもあるので、その気持ちを背負ってやらないといけないと思います。昨年は明治、春は早稲田。六大学の代表をあえて背負っていかないといけないとと思いますし、ここで切磋琢磨している仲間の分もというのは凄くあります。なんとかここで秋の日本一に輝かなくちゃいけないという義務感も半分ありますし、凄く楽しみです。

フォトギャラリー

  • 総力戦で挑んだが・・・
  • 8回を4安打に抑えた先発の浅野
  • 連投となった青木
  • 11回2安打に封じられる
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み