硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季新人戦準決勝 対早大 空中戦制し決勝へ!リーグ戦に続く優勝へ!

東京六大学野球秋季新人戦準決勝 VS早 大
10月30日(月)
会場:神宮球場

秋季リーグ戦を制した法大。主力として活躍したのは3年生と4年生が中心だった。新たな黄金時代を築くには新戦力の台頭が必須。今日行われた東京六大学秋季新人戦早大戦では若き新星が輝きを放った。

1年春以来の公式戦本塁打を放った伊藤諒

試合結果

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 1 0 0 4 0 0 2 0 0 8 12 1
早 大 0 1 0 1 1 0 0 1 0 4 7 4

(法大)鈴木貴、○青木ー中園
(早大)兼田、●高梨、安達公ー土屋
 

打撃成績

打順位置選手打 安 点
1 (7) 若林  4 1 1
2 (4) 岡崎  6 1 0
3 (8) 畔上  3 1 1
4 (3) 伊藤諒  4 1 1
5 (9) 山下  4 2 1
  安慶名  1 0 0
6 (5) 佐藤竜  3 1 1
  森本  1 1 0
7  (2)  中園  3 1 0
 8  (6)  吉澤光 

4 3 2 

(1) 鈴木貴 2 0 0
  青木

1 0 0


投手成績

 被安打奪三振四死球失点
鈴木貴 5  4  4 
青木

試合は初回から動いた。2番・岡崎がセンター前に安打を放つと続く畔上が四球を選び早くも1死1、2塁の得点圏を迎える。4番に座る伊藤諒の初球に相手投手の暴投で1死2、3塁に。さらに伊藤諒の威圧感からか4球目に相手の暴投を招き幸先良く1点を先制した。
法大の先発は2年生右腕の鈴木貴。秋季リーグ戦で期待されていたが、怪我の影響もあって登板が無かっただけに注目が集まった。初回は3人で抑えるものの、2回表に2つの四球を与えるなどで2死2、3塁のピンチを迎え、8番・山岸にレフト前に綺麗に弾き返され早くも同点に追い付かれる。
なんとか試合を優位に進めたい法大は4回表、5番に入った1年生の山下がストレートを完璧に捉え左越えのソロを放ち1点を勝ち越す。だがその裏、負けじと早大も5番・吉澤が左越えのソロで試合は振り出しに戻される。

1点を争う攻防が続くかと思いきや突如法大打線が繋がり始めた。
5回表、この回の先頭打者の若林がライトにヒットを打ったのを皮切りに、相手のエラーもあって無死1、3塁のチャンスをつくる。ここで3番・畔上が打席に入ると、またも相手投手が暴投し運良く1点勝ち越し。その後、畔上がきっちりとセンターへ犧飛を放ち4ー2に。続く4番・伊藤諒が2ボールからフルスイング。高く放物線を描いた打球がライトの中段に突き刺さる特大の右越えソロ本塁打を放ち5ー2に。さらにこの回もう1点を加え、試合のペースは一気に法大に。
法大打線まだまだ攻撃の手は緩めない。7回には四球と連打で1死満塁の好機をつくると、8番・吉澤光のレフト前ヒット、1番・若林の押し出しもあってさらに2点を追加した。
6回裏から法大のマウンドには1年生左腕の青木があがる。三振を次々と奪う姿には春からの成長を感じさせるものがあった。8回に1点を失うものの、9回も続投し最後の打者を空振り三振に仕留め8ー4で逃げ勝った。
この試合で捕手の中園が2つの盗塁を刺す強肩を披露するなど、来季のリーグ戦への収穫が大きかった。

明日の決勝は勝利した方が新人戦の最多優勝記録を更新する明大戦だ。春に明大に記録を追い付かれただけに雪辱を果たしたいところ。意地と意地がぶつかり合う激戦になるにちがいない。(川添 岳)

試合後の選手・監督のコメント

岡崎選手

―今日の試合を振り返ってみていかがでしたか
個人個人が力を出し切れたかな、という感じです。
 

―今日はキャプテンということで感想は
チームがまとまってくれたんで良かったです。声かけることとかに気をつけてました。


―個人的にヒーローをあげるなら
やっぱり全員です。

―プレーでも存在感を発揮していましたが
もう一本くらい打ちたかったですけど(笑)最低限の仕事はできたかなと思います。

―チームの雰囲気はいかがですか
良いですね。元気があっていいです。

―好走塁のコツは
まあ、スタートが切れれば盗塁もできるし、状況をしっかり確認してやることですね。

―盗塁の時はどこを見ていますか
ピッチャーですね、全体を。下半身を見たりする人もいるみたいなんですけど、全体をぼやっと見てます。

―明日もキャプテンということはありますか
あるかもしれないですね。

―明日の意気込みをお願いします
去年の秋に勝って優勝して、今年の秋はリーグ戦も優勝したので、明日勝って優勝決めます。

鈴木貴選手

―今日を振り返って
肩の怪我が治って久しぶりに神宮のマウンドに立てたことは良かったんですけど、折角先発させてもらったのに、ああいう不甲斐ないピッチングになって悔しい思いです。

―先発はいつ告げられましたか
今日の朝ですね。

―先程も仰っていた通り怪我明け久しぶりの登板でしたが、ピッチングの感触はいかがでしたか
なかなか思うような球がいってなくて、チームの皆に、あれだけ点を取ってくれたのに(点を)取られて申し訳ないという気持ちだけです。

―今日の登板の中で何か収穫はありましたか
収穫ですか‥‥今日は自分の中ではないですね。

―次の登板に向けて意気込みをお願いします
明日は決勝戦で、明治は負けている相手なんですけど、いつどこの場面で投げるか分からないですが、投げれたら今日以上のピッチングをして、チームの勝利に少しでも貢献したいなと思います。

青木選手

―六回から登板して好投でしたが
ストレートの調子が良かったのでストレートで押していきました。

―7奪三振でしたが三振は狙いましたか
いや、全然意識はしてなくてストレートで押していったら結果的に三振が取れました。

―七回には道端選手(同じ智辯和歌山出身)との対戦がありましたが意識しましたか
意識はして、男と男の勝負だったんで変化球は放りたくなくて全部ストレートでいきました。

―今日の収穫と課題を教えて下さい
収穫は……してないです。これからっす、収穫するのは。課題は、ランナー出た時にコントロールが乱れたので気を付けたいです。

―ご自身のアピールポイントは
ストレートのキレです。

山下選手

―今日を振り返って
打ち合いみたいになって、点取られたけどその分点取れてよかったです。

―ホームランの感触はいかがでしたか
真っ直ぐが来ると思ったんでタイミング合わせて思いっきり振ろうと思ってたら良い当たりがいきました。打ったのは真っ直ぐです。

―今のバッティングの調子は
今良い感じで振れてるので明日も打ちたいです。

―今日得た課題や収穫はありますか
今日打ったのは全部真っ直ぐだったので、変化球をしっかり打てるように頑張りたいです。

―自分のアピールポイントは
思いっきり振るところです。

―明日への意気込み
多分明治が来るんで、春負けてるし相手のピッチャーもいいと思うんですけど、しぶとく塁に出て引っかき回したいです。

フォトギャラリー

  • 1年春以来の公式戦本塁打を放った伊藤諒
  • キャプテンを務め、走攻守で存在感を見せた岡崎
  • 2年春以来の復活登板を果たした鈴木貴
  • 豪快な打撃が持ち味の山下
  • 好打が光る吉澤光
  • リリーフで好投した青木
  • 守りの要の中園
  • 雰囲気の良さが光った
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み