硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 第7週 対明大1回戦 明大撃破!7季ぶりの優勝に王手!!

東京六大学野球秋季リーグ戦 第7週 対明大1回戦
10月20日(土)
会場:神宮球場
 

連勝を狙う法大の先発はエースの三嶋。対する明大の先発は1年生左腕の上原。法大は好調な多木を4番に置くなど、打順を変えて明大に挑んだ。

勝ち越しのスリーベースを放った西浦直

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 4 0
法 大 2 0 1 0 0 0 0 0 X 3 7 1

(法大)○三嶋(3勝)ー木下
(明大)●上原、今岡、山崎ー坂本、高橋隼
 

打撃成績

打順位置選手打 安 点
1 (9)   建部  3 2 0 
2 (7)   岩澤 1 0 0 
3 (4)   河合  4 2 1
4 (5)   多木  4 2 1
5 (6)   西浦直  4 2 1 
6 (3)   大城戸  3 0 0
7 (2)   木下  2 0 0
8 (8)   畔上  1 0 0
   伊藤慎 1 0 0 
   鈴木翔  0 0 0
(1)   三嶋  3 0 0 

投手成績

 被安打奪三振四死球失点
三嶋 9 4 8 0 2

戦評


試合は初回から動く。2番・高山に内野安打で出塁を許し、2死2塁のピンチを迎えると、4番・岡大の中前適時打で1点を先制されてしまう。

しかし、その裏、明大に傾きかけた流れをすぐに引き戻す。先頭の建部が内野安打で出塁すると、2番・岩澤が送って1死2塁とチャンスを広げる。ここで打席に立つのは、打撃好調の3番・河合。初球を叩くと、やや前寄りに守っていたレフトの頭を越す適時二塁打となり、すぐに追いつく。なおも続くチャンスで、5番・西浦直が右中間に適時三塁打を放ち、逆転に成功する。

攻撃の手を緩めない法大は3回裏、この回先頭の1番・建部が四球で出塁すると、2番・岩澤がしっかり送り、1死2塁とチャンスを作る。ここで1打席目で同点打を放っている河合が中越二塁打を放ち、1死2,3塁と絶好のチャンスで4番・多木に回すと、前進守備の間を抜く右前適時安打で貴重な追加点を奪う。この回で上原をマウンドから降ろしたが、その後は上原に代わって登板した今岡、山崎に抑え込まれ、なかなか点を奪えない。

しかし、先発の三嶋が4回から8回まで一人の走者も許さない安定したピッチングで明大打線を抑え込む。9回表に守備のミスから1点を返されてしまうが、最後は4番・岡大を空振り三振で仕留め、無四球完投で今季リーグ戦3勝目を挙げた。エースが抑えて主軸が打つ理想の形で第1戦をものにした。

明大に先勝し、ついに優勝へ王手を懸けた法大。法大の先発は船本、対する明大は関谷が有力だろう。打線もチャンスで1本が出始めているために期待は高まる。2連勝で有終の美を飾りたい。(鷲尾祐貴)

 試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
厳しいゲームになることは予想してましたけど、やっぱり今日は三嶋がよく投げたと思います。

―今日は多木選手が4番でしたが
西浦がちょっと結果が出てなかったんでね、西浦の打順を考えるということで、誰を4番にするかとを言うことを考えたんですが、西浦が4番で無ければもう多木しかいないので、多木を4番にしてみました。

―一方で先発は三嶋選手でした
今日勝たないことには明日に繋がらないのでね、今日は三嶋で行くということを決めていました。

―その三嶋選手の投球については
早稲田戦の2戦目に比べたらもう一つだったんですけど、でもやっぱりここという時のボールには安定感があったと思いますね。

―打線は先頭打者が出てそれを返すという良い流れで得点しましたが
1番が出た後ですから、どうしても3番4番5番で得点というのが一つのパターンですから、中盤まではそういう形で。ただ3点取った後同じような形で点取れなかったんで、最後は攻める気持ちを持たせるという意味で思い切って打たせましたけどね、もう一本出ていたらという展開でしたけど、明治さんも負けたら終わりですから。必死でしたし。逆にうちが最後エラー絡みでピンチを迎えた後、しっかり凌いだのでね、そのほうが明日に繋がると思います。

―優勝に王手が掛かりましたが
優勝に王手が掛かってというゲームになると非常にプレッシャーがかかりますけど、でもここまで選手達が持ってきたんでね、明日も自分たちの手で天皇杯を取ってくるように、全員で一丸になって勝っていきたいと思います。

―明日の先発は決めていますか
まだです。今日の試合の状況を見て、帰ってからゆっくり考えたいと思います。

 建部選手

―今日の試合を振り返って
まず一戦目、大事な試合を勝てて良かったです。
―ご自身の2安打の内容は
同点になるランナーになれたので、自分が塁に出れば点に繋がってる試合が多かったので何とか出たいと思ってたので良かったです。
―試合前にチームで話し合ったことはありますか
特に変わったことはなくて、明治の投手だったり野手についてはミーティングでいつも通りやっていこうとだけ話してました。
―何か具体的に明治戦に向けて対策はしましたか
上原投手は初めてだったんですけど新人戦でも投げてましたし、山崎投手は春に対戦しているのでビデオを見てミーティングしました。
―建部選手から見た三嶋選手のピッチングはどうでしたか
すごい気持ち入ってますし、ここ何試合素晴らしいピッチングだなと思います。
―四年生の調子はいかがですか
出てる多木にしろ岩澤にしろ、調子は良いと思います。多木の場合は100安打出て、春はすごい苦しんだと思うんですけど、今は良い感じですし、出てない四年生も状態はすごく良いと思います。
―次に勝てば優勝ですが
今日もすごいたくさんの方が応援に来てくれて、メンバーに入ってない人達のためにも、特に四年生のために一生懸命頑張りたいです。
―最後に明日への意気込みをお願いします
メンバーに入ってない四年生のためにも、チーム全員で頑張っていきたいです。
 

三嶋投手

―今日の試合を振り返って
本当に、勝ててよかったです。
―春に勝ち点を落とした明大に先勝したことについて
明治にはすごい苦手意識があったので、初戦先発を任せられた僕が何とか初戦を勝って、次につなげられればいいなと思って投げました。勝つことができてすごい良かったです。
―投球内容について
今日は正直、あまり調子は良くなかったです。力が入ってて、高めに浮いたり、弱いボールが目立っている印象がすごくあったので、やっぱり課題はまだいっぱいあるなと
思いましたね。
―完投は狙っていたか
完投しか頭になかったです。
―早大戦に続き、最終回に失点したことについて
今日は先頭バッターは打ち取れたんですけど、9回にベースカバーでミスしたのは最後の詰めの甘さというか、自分の甘さがあったので、しっかり反省して、最後まで三人で締めていくピッチングができないといけないと思うので、それが今の課題の一つとしてありますね。
―今日、特に警戒していたバッターは
やっぱり岡(大海)ですね。長打力があったり、あと普段から結構しゃべったりする仲なので。初回に打たれたんですけど、しっかり押さえなきゃいけないと思って投げました。
―これで、優勝に王手がかかったが
明日で決めたいです。投手陣も総力戦だと思うので、僕も出番があれば投げますし、ほかのピッチャーも信じているんで、本当に投手陣全体で勝ちにいきたいと思います。
 

多木選手

―今日の試合を振り返って
いや、ほんとに大事な試合で優勝かかってる大一番と言うことで、チーム一丸となってやるだけだったんで、勝てて良かったです。(優勝に)王手と言うことで明日決めるつもりで頑張ります。
―久々の4番ということで変わった点などはありましたか
最初びっくりしたんですけど、まあ何回も経験させてもらってることだし、自分のバッティングするだけだったんで何もプレッシャーなく(試合に)入ることができました。
―チャンスで回ってくることが多かったですがそのときの心境は
やっぱり力も入っちゃうんですけど、今日はリラックスして打席に入れたと思います。
―3回の決勝タイムリーの打った球は
たぶんまっすぐですね。
―感触はいかがでしたか
抜群に良かったと思います。
―三嶋選手と多木選手、1年から法政を支えている選手で勝ちましたが
そうですね、やっぱり三嶋が頑張っていたんで、それにこたえられてよかったですし、三嶋も踏ん張って投げてくれたと思います。
―春に負けた明大相手ということで、気をつけた点は
特に気をつけたと言うよりは自分たちの野球をここまで来たら貫き通すだけでした。
―ついに優勝に王手がかかりました。法政ファンも多く詰めかけると思いますが
そうですね、優勝決定戦になるので、こんな経験もなかなかできる物でもないし是非明日勝って決めます。
―明日の試合にむけて意気込みを
ここまで最高の仲間とともにやってきたこと全てを出し切って優勝を決めます。
 

河合選手

―今日をふりかえっていかがですか
勝てたってことが1番良かったと思います。
―二塁打2本の活躍でしたがご自身の調子はいかがですか
調子自体は、(打撃に関しては)結果的にラッキーヒットみたいなものですけど、走塁ミスもあったので、そういうミスを次の試合で起こさないように反省して次に生かしていきたいです。 
―あの二塁打は「神風」が吹いたって感じでしたが
風とかそういうおかげだと思います。本当にラッキーでした。
―明治の投手の印象はいかがでしたか
キレもあってコントロールも良いし素晴らしい投手たちだったと思います。
―セカンドを守ってて今日の三嶋投手の出来などどのように思いましたか
三嶋さんは本当にエースだなって改めて感じました。
―正直「優勝」は意識していますか
意識してないって言えば嘘になりますけど、勝たないことに優勝はできないので、まずは目の前の試合を大事にやってるつもりです。
―明日に向けて一言お願いします
優勝がちらついてますけど、目の前の自分のやるべきことをやっていきたいと思います。
   

西浦選手

―今日の試合を振り返って
今日は先制点を取られたんですけどみんなが「やってやるぞ」っていう気持ちが全面に出ていたので、その結果裏の攻撃ですぐに逆転できたのかなと思います。

―タイムリーを打った打席での心境は
押せ押せな感じだったのでその雰囲気に乗らせてもらいました。

―塁上ではガッツポーズも出ていましたが
そうですね、嬉しすぎて自然に出てました。

―明大投手陣の印象は
やっぱり出てくるピッチャーは全員良いピッチャーなのでなんとかして食らいつくだけでしたね。

―打順が今日は5番での出場でしたが意識の変化はありましたか
変化はないですね。何番であろうと自分の打撃をすれば良いっていう考え方なので。

―この1週間で取り組んだことは
特に変わりなく今まで通りの練習でしたね。

―チームの雰囲気はいかがですか
良いですね。優勝に向けてチームが一体になっている感じです。

―明日への意気込みをお願いします
明日も全力で戦って優勝を決めれるように頑張っていきたいです。

岩澤選手

 ―今日の試合をふり返って
先制点を取られた時は厳しくなるなと思ったんですけど、その後点を取れたのでよかったと思います。
―4年生として今日の試合にどんな気持ちで臨まれましたか
これで明日勝てば優勝になるので、もうとりあえず死ぬ気でいこうと思いました。
―(1、3、5回裏に)バントを綺麗にきめられていましたが
2番に入った時点でバントが多いなと思っていたんで。まぁ、(1番の)建部が出てくれたんで、バントすることだけに集中できたので良かったです。
―守備でもいいプレーがみられましたね
自分は守備の人だと思っているんで、守備ができなきゃ外されると思ったんで・・
―優勝へ王手となりましたが、いかがですか
今日と変わることなく明日もやれたらいいなと思います。明日は本当勝てば優勝なんで。もし負けて3戦目勝ったとしても早慶戦の結果を待たなきゃいけないんで、明日その場で優勝を決められるようにやっていきたいです。 

フォトギャラリー

  • 勝ち越しのスリーベースを放った西浦直
  • ベンチにガッツポーズする西浦直
  • 今季初のタイムリーが同点打となった河合
  • 9回2失点で完投勝利を挙げた三嶋
  • 打席に向かう多木に声をかける金光監督
  • 監督の期待に応えタイムリーを放つ多木
  • 先頭打者として三度出塁した建部
  • 3つの犠打でチャンスメークした岩澤
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み