硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 第5週 対立大2回戦 開幕6連勝で勝ち点3!

東京六大学野球秋季リーグ戦 第5週 対立大2回戦
9月24日(日)
会場:神宮球場

2番に1年生の畔上、5番にはこの1年ケガに泣かされていた河合を置くなど昨日から打線を組み替えた法大。昨日はチャンスを作るもなかなか得点できなかった。立大の先発は矢部。早い回に先制し、主導権を握れるか?

粘りの投球で2勝目を挙げた船本

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 2 3 0 5 11 0
立 大 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 11 0

(法大)○船本(2勝)、三嶋。‐木下
(立大)●矢部、井上祐、小室、斎藤、三谷、川端翔‐浅田、鈴木貴
 

打撃成績

打順位置選手打 安 点
1 (9) 建部 5 1 1
2 (8) 畔上 3 1 0
  H 伊藤慎 1 0 0
  吉澤光 1 0 0
(5) 多木 4 2 0
(6) 西浦直 4 1 0
(4) 河合 2 1 0
  R 岡崎 0 0 0
  鈴木翔 1 1 1
6  (3) 大城戸 4 1 0
(7) 的場 2 0 0
  H7 岩澤 1 1 1
(2) 木下 4 1 1
(1) 船本 4 1 1
  三嶋 0 0 0

投手成績

 被安打奪三振四死球失点
船本 7 2/3 10 6 0 2
三嶋 1 1/3 1 4 0 0

戦評

昨日の接戦を制し、勢いにのる法大の先発は慶大戦で先発として初勝利を挙げた船本。対する立大の先発は矢部。矢部の好投の前になかなかチャンスを作れない打線は6回まで0に抑えられる。

試合が動いたのは7回表。今季初スタメンの5番・河合が左前安打で出塁すると、続く大城戸が中前二塁打を放ち、無死2、3塁とチャンスを広げる。7番・的場が四球を選び無死満塁になるが、8番・木下が倒れ、1死満塁。ここで打席に立ったのが好投を続けている船本。2ストライクと追い込まれるも甘く入った球を叩くと左前適時打となり、先制する。続く1番・建部のセカンドゴロの間に3塁走者が生還し、さらに1点を追加した。

攻撃の手を緩めない法大は、8回、多木がリーグ戦通算100本安打にあと2本と迫る左前安打で出塁すると5番・鈴木翔の中前適時打、代打・岩澤の右中間を破る適時二塁打、8番・木下の2試合連続となる中前適時打でさらに3点を追加した。

流れが完全に法大に来たと思われたが、その裏、4番・平原の中前適時打、5番・松本幸の左犠飛で2点を返され、船本が降板する。しかし、8回2死からリリーフとして登板したエース・三嶋が9回を三者連続三振にきってとり、立大戦は2連勝で勝ち点1を得る。

開幕から6連勝と未だ負けなしの法大。しかし、春に敗れた早大、明大との対戦をひかえている。投手陣は先発の石田、船本が粘り、三嶋につなぐ理想の形が出来つつある。打率首位の多木や勝負強さを発揮している大城戸に加え、怪我から復帰した河合や伊藤慎にも当たりが出てきていることで打線に厚みが増した。この勢いのまま早大に挑みたい。
(鷲尾祐貴)
 

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
前半打ちあぐねた部分があったんですけどね、船本がよく粘り強く投げてくれた試合でしたね。

―船本選手のピッチングについてはいかがですか
左バッターが多く並んだんですけど非常にテンポ良く投げて攻撃のリズムを作ってくれていましたね。

―7回の先制の場面では代打ではなく船本選手を送った結果タイムリーにつながりました
本当にあそこは良く打ちましたよね。代打という選択肢もあったんですが、ここまで良く投げてくれていたので打てなくても次の建部に託すという意味で船本を送りました。

―昨日とはスタメンが大きく変化しましたが
やはり昨日はなかなか点が取れなかったので状態の良い選手を使っていこうと思いまして、今日は右ピッチャーを想定して大きく変えてみました。

―河合選手がケガから復帰して今季初のスタメンでした
河合もまだ万全ではないと思うんですけど非常にバッティングの調子がいいのでね、今後もこのような使い方になると思います。

―守備面では2カード連続で無失策と攻守も目立ちますがいかがですか
守備は非常に安定していますね。無駄なミスから得点に結びつくということもないですし自分たちらしいゲーム展開に持ち込めていると思います。

―早大戦については
春はうちの完敗だったのでなんとか春のリベンジをしたいですね。

―次戦に向けて
これからが本当の勝負だと思っていますし、春も早稲田に優勝争いから落とされたので早稲田を目標にこの秋はやってきましたのでね。選手もそういう思いでやってきたと思いますので全力で戦っていきたいと思います。

河合選手

―今日を振り返って
今日はまず久しぶりに神宮で野球ができて嬉しかったっていう、それだけです。

―怪我から復帰されてリーグ戦初スタメンでしたが
大学に入って正直あんまり思うようにプレーできてなくて、本当に悔しい思いばっかりしてたので、今こうやってグラウンドに立ててることがすごく嬉しいです。

―同学年の選手などライバルはたくさんいますが
(西浦)直亨も日本代表になったり、船本もああやって先発させてもらえるようになったり、同級生もやっぱすごいなーと思いますけど、特に意識はしてないです。自分のやるべき役割をやれればいいかなぁと思います。

―7回のヒットに関しては
あれは、打ったのは変化球だったと思うんですけど、あれからチームの得点に繋がったので、すごくよかったかなぁと思います。

―電光掲示板(メンバー)を同級生で埋めたいという話をされたそうですが
今日は3年生が多かったので、そういう意味ではすごく嬉しかったです。

―次戦にむけて
使ってもらえるように、またがんばっていきたいと思います。

多木選手

―今日の試合を振り返っていかがですか
今までずっと連勝で来ていて今日勝てて6連勝ということで、これ以上ない立ち上が
りだと思います。

―2安打の内容を振り返って
悪くないヒットだったと思いますし、得点に絡めたのが何よりも良かったです。

―立大の印象は
打線は去年よりちょっと劣るかなという印象だったんですけど、ピッチャーは去年よ
りいいかなと思いました。

―前半は矢部投手に抑えられてしまいましたが
結構球も速かったし打ちあぐねていたんですけど。やっぱり後半が勝負になるんだと
思って、船本に「ぜったい(点を)取るから辛抱してくれ」と言って、辛抱してくれた
結果だと思います。

―進路に関して周りの人からアドバイスなどはありましたか
進路は自分で決めたことなので、アドバイスとかはぜんぜん気にしていないです。

―いまのチームの雰囲気や状態はいかがですか
本当にこれ以上なく最高だと思います。

―100本安打まであと1本ですが
そうですね、早いうちに決めて気楽になりたいというのが本音です。

―次の早大戦に向けての意気込みをお願いします
春に早稲田に大敗しているので借りを返すという意味でも優勝したいし、本気でぶつ
かっていくだけです。 

岩澤選手

―今日を振り返って
昨日打てなかったのでもう自分は出ないって大体わかってたんですけど、まあ勝ってくれてよかったです。

―代打でしたがどんな気持ちで打席に入りましたか
最近結果出てなかったので、かえって無心でいきました。

―タイムリーの感触は
快心ではないですけど、打った瞬間そこに誰もいなかったのでラッキー!みたいな感じですね。

―監督さんやチームメイトには何か言われましたか
思い切って行けってことを監督に言われてて、チームメイトには特に何も言われてないです。

―ご自身の今の調子は
自分的には悪くはないと思ってやってますけど、まあ結果でてないんで…
まあ今日一本出たので楽にいけそうな気がします。

―次戦にむけて
もう本当に早稲田が最大の山だと思うし、早稲田に勝てば優勝が見えてくるかなって僕は思うので、死に物狂いでやります。

船本投手

―今日の試合を振り返って
相手よりも先に点を与えないことが一番大事だと思っていたので、それが達成できてよかったです。

―ピッチングで意識したことは
ブルペンであまり調子が良くなかったので、力まずいこうと、それが結果的に良かったかなと思います。

―6回のピンチで監督からどのような声を掛けられましたか
慶応戦でも6回にバテてしまったので、ここを凌いだら一回り成長できるということを言われました。 

 ―7回には先制打を放ちましたが
ストレート一本狙ってたので、たまたま真ん中に来てくれたので良かったです。

―立大打線の印象は
なんでもかんでも振ってきて、張り球もしっかりしていたので、嫌な感じはありましたでしたね。

―特に警戒していた打者は
1番の西藤と3番の岡部通です。

―早大への意気込みは
いつ投げるかわかりませんが、先発を任されたら、結果を残して、次は最後まで投げられるように頑張りたいです。
 

フォトギャラリー

  • 粘りの投球で2勝目を挙げた船本
  • 貴重な追加点となるタイムリーを放った鈴木翔
  • スタメン落ちも代打で結果を残した岩澤
  • 2試合連続タイムリーの木下
  • 通算100安打まであと1本とした多木
  • 正捕手として開幕6連勝に貢献した木下
  • 抑えとしての地位を確立した三嶋
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み