硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 第3週 対立大1回戦 石田の好投で1点差逃げ切る

東京六大学野球秋季リーグ戦 第3週 対立大1回戦
10月6日(土)
会場:神宮球場

4連勝と勢いにのる法大の先発は石田。対する立大はエース・小室。投手戦が予想されるこの試合、石田が粘り、三嶋につなぐ”理想の形”に持ちこむことができるか

 

 

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
法 大 0 0 0 0 0 0 0 X 0

(法大)○石田(3勝)、三嶋‐木下
(○大)●小室、井上祐、斎藤‐山田、浅田

メンバー

打順位置選手打 安 点
1 (9) 建部 4 0 0
2 (8) 伊藤慎 4 2 0
  鈴木翔 0 0 0
3 (5) 多木 4 3 0
4 (6) 西浦直 4 0 0
5 (7) 岩澤 3 0 0
  H 河合 0 0 0
  R 岡崎 0 0 0
  三嶋 0 0 0
6 (4) 高木悠 4 0 0
  R7 的場 0 0 0
7 (3) 大城戸 3 1 0
8 (2) 木下 4 2 1
9 (1) 石田 1 0 0
  吉沢光 0 0 0

リーグ戦結果

 被安打奪三振四死球失点
石田
三嶋

戦評

試合は法大・石田、立大・小室の両左腕が互いに3回まで無失点というピッチング。終盤まで1点を争う接戦となった。

試合は4回に動いた。立大の3番から始まったこの回、石田は1死2・3塁のピンチを迎える。1点もやれないこの場面で、石田は6番・大石を中直、7番・小尾を投ゴロに仕留める力投を見せ、流れを法大に引き寄せる。その裏、法大は1死から7番・大城戸が四球を選んで出塁すると、8番・木下に対する3球目、盗塁を仕掛ける。これがキャッチャーの悪送球を誘い、1死3塁。このチャンスで木下は4球目をセンターに弾き返し、1点を先制する。

この先制点で流れを完全に引き寄せたかと思われた法大だが、5回以降は小室から継投策に入った立大の投手陣の前に追加点を奪えない。しかし、今日の石田には1点のリードで十分だった。3塁まで走者を許したのは4回のみで、8回にはレフトの岩澤がフェンス際の打球をジャンピングキャッチするファインプレーをみせるなどバックも守備を盛り立て、5安打無失点に抑える好投を見せた。

9回は三嶋にスイッチ。今季はリリーフで失点0と抜群のピッチングを見せているエースは、先頭打者に安打で出塁され、続く打者は送りバントで1死2塁とされるも、落ち着いたピッチングで後続を抑え、この接戦をものにした。法大は、これで開幕から5連勝。

法大は9回まで8安打と走者を置く場面は多かったものの、あと1本が出ず終始緊迫した展開だった。しかし中盤のチャンスを生かして先制できたことは大きかったはずだ。投手陣は、前週のの慶大戦から相手打線を2失点以内に抑えており、、特に三嶋が抑えに回ることで安定感が生まれている。慶大戦に引き続き、初戦、接戦をモノにできる力が今の法大にはある。この後も投打が一体となって優勝へ向かっていきたい。(与那嶺真平)

 

試合後の選手・監督のコメント

建部選手

ー今日の試合を振り返って
何とか1点差で勝ててよかったです

ー投手陣がよく踏ん張りましたね
投手陣は本当によく踏ん張ってくれたんですけど、打線があんまり良くなかったんで、修正していきたいと思います

ー打線の方はあと1本が出ないという場面が目立ちましたが、原因は何だと思いますか
2回ともランナー2塁の場面を自分が潰してしまったんですけど、積極的にファーストストライクから振っていけなかったのがよくなかったと思います

ーチームはこれで負けなしの5連勝。最大の要因は何だと思いますか
全員が力まずに、オープン戦からの調子を安定して出せてることだと思います

ー建部選手自身の課題は何か見つかりましたか
自分が良い時は積極的に振れていける時なんで、もっと振っていけば結果が付いてくると思います

ー明日への意気込みをお願いします
また明日しっかり勝ち点取れるようにしっかり準備して、試合に臨みたいと思います

石田選手

ー今日を振り返って
最初はあまり調子よくなかったんですけど、後半になるにつれて結構よくなっていったので修正できてよかったと思います。

ー2回に打球が当たりましたが、影響は
最初はちょっときてたんですけど、全然気にするようなことじゃなかったので大丈夫です。

ー先発だということはいつ言われましたか
今日の朝です。

ー一戦目での先発でしたが
三嶋さん、船本さんがいる中で僕が一戦目で投げさせてもらえるっていうのは自分もすごく自信がつきますし、抑えないといけないっていう気持ちも高まるのでいい経験ができてよかったと思います。

ー立教大学の打線の印象は
振ってくるバッターが多かったのでどういう風にずらしていくかっていうことと、あとは、入り方を気をつけていかないといけないところも多かったですし、とりあえず低めに集めるピッチングを心がけました。

ー6回、8回のピンチの時に監督に言われたことは
今日の試合、完封を意識して僕はやっていたので、やっぱり完封するには点を取られちゃいけないですし、そういう場面で抑えて強くなるんだとまず言われました。あと、まだ代えないって言われましたね。

ー空き週で取り組んだことは
走りこみを多くやりました。

ーその成果は今日見られましたか
8回まであまり球威も落ちずに投げられたというのはそういうところから来ているのかなぁと思いますし、今週は一週間しかないですけど、走りこみも入れていけたらと思います。

ー次戦にむけて
まあ5連勝って順調に来てるんですけど、春はここからばーっと負けてしまったので、そういうことのないようにずっとこのまま最後までやっていけたらと思います。

三嶋選手

―今日の試合を振り返って

今日は石田が頑張ってくれたんで、1-0の状況だったんですけど、監督からはいつでもいけるようにって言われていたので、集中力を切らさずに投げられました。勝ててよかったです。

 
―8回までベンチで試合を見ていていかがでしたか

石田があれだけ粘ってくれたので、ここで打たれるわけにはいかないだろうと思って。慶応戦も抑えを任されたんですけど、同じような気持ちでマウンドに上がりました。

 

―9回のピンチは
いつもならああいうところで逆に力んでしまってずるずるいってしまうことがこの4年間あったので、一人一人、3アウト切っていこうという気持ちで力を抜いて、力まずに投げることが出来ました。

 

―秋のリーグでは抑えを任されていますが、何か変化は
やっぱり最後のシーズンですし、しっかり結果を出さなくてはいけないので、自分の持ち味を出すという意味では春と気持ちの面であまり変わらないんですけど、春の早稲田戦で肘に違和感を感じて、そこから夏にまた走り込みをしたり、フォームを見直したり、トレーニングをして秋のためにやってきたので、先発からストッパーに転向して結果を残したいです。春の時に比べていい球がいってる手ごたえは凄い感じてますし、気持ちの面でも勝ちたいという気持ちは強いですね。

 

―先日プロ志望届を提出されましたが
勝つためにやることは変わらないと思うので、監督からもプロ野球のことを意識してプレーするんじゃなくて、しっかりチームに貢献して、自分本来の力をを出すことが上に行くために必要なことだと言われて、そこはその通りだと思うし、下手にプロを意識するんじゃなくて、チームが勝つために仕事をこなすということを頭の中に入れてプレーしています。

 

ーこれで開幕から5連勝ですが、好調の要因は
投手陣全体が石田も、船本も、投げてないピッチャーも本当に力がついてきて、みんなそうそう打たれないと思うので、春から投手陣全体が力をつけてきたことが要因だと思います。

 

―明日の試合に向けて
いい形で先勝できたので、明日はこの勢いのまま2連勝でいきたいので、自分が投げるかわからないですけど、投手陣全体で試合を組み立てていきたいと思います。

 
 

伊藤慎選手

―今日の試合を振り返って
勝てたことが一番嬉しいです。

―久しぶりの出場でしたが、ケガはもう大丈夫ですか
ほとんど良くなっているので、あとはもうチームのために自分ができることがあればどんどんやっていこうと思ってます。

―今日は2安打でした
ずっとケガで試合の感覚がなかったので、とにかくどんどん振っていこうと思って。結果うまくいったのかなと思います。

―試合に出ていない間心がけていたことはありますか
ぜんぜん何もできなかったので、みんなのバッティングとかプレーを見て、自分に何か吸収できるものがあればいいかなと思ってずっと見ていました。

―守備では4回ピンチの場面で打球がきました
0点に抑えることだけ考えていました。(久しぶりでも)緊張はなかったです。

―立大の印象はいかがですか
やっぱり最後まで気が抜けないなと。自分が調子が良かったので、早く打席が回ってきてほしいという感じはありました。

―4連勝で迎えた今週ですが、空き週に取り組んだことやみんなで話し合ったことはありますか
実践感覚が1週間空いてしまうので。春はそれで落ちていっちゃったので、そうならないように、今までの試合通りにいけるようにということを言ってました。

―次の試合に向けて意気込みをお願いします
2連勝で勝ち点取って、優勝に近づきたいと思います。

多木選手

ー今日を振り返って
緊迫した苦しい試合だったんですけどなんとか勝てて良かったです。
   
 ー3安打の活躍でしたけど、ご自身の打撃好調の要因は

特別調子が良いというわけでもないですけど、ボールがしっかり見えているのは大きいと思います。
   
ー立教の投手陣の印象は
(先発した)小室は本調子じゃなかったと思うんですけど、後から出てきたピッチャーが結構キレのあるボールを投げていたし、明日も苦しむかもしれませんが、負けずに打ちたいと思います。
   
ーリーグ戦通算100安打が目前ですけど意識はしていますか
意識はもちろんしますけど、試合をやってる中で勝手に出てくれればいいなと思います。できる限り早く明日にも。
   
ー先週は空き週でしたが、どのような課題意識をもって練習に取り組んでましたか
もう4年目なので、いつも通り4年間の経験を活かして調整していました。
   
ー明日にむけて一言

ここまで連勝で来ているので明日も勝って、6連勝で勝ち点3にしたいです。

木下選手

―今日の試合を振り返って
空き週の後で、春は空き週の後はズルズルいってしまったので、勝てたことが良かったです。

―今季初安打がタイムリーでしたが
リーグ戦でヒットは出ていませんでしたが、自分自身、どうしようという感じではなく、しっかり周りも見えていて、1死3塁で内野が前に出てきたのもわかっていたので、追い込まれていましたが、ヒットが出なくても、外野フライで1点取れる場面だったので楽な気持ちで打席に立てました。

―リードで意識したことは
一番意識したことはイニングの先頭を出さないことです。それと石田投手と三嶋投手の持ち味であるストレートを狙ってくると思っていたので、その持ち味を殺さないようにリードしました。

―投手に積極的に声を掛けていましたが
声を掛けるときは、気持ちの面について声を掛けてました。投手がピンチで踏ん張ってくれたので良かったです。

―立大打線の印象は
狙い球をしっかり絞って振ってくるイメージがあったので、狙い球を絞られないようにリードしました。

―明日の試合に向けて
0点に抑えたら、負けることはないので、明日も0点に抑えられるよう意識してリードしたいです。打席でもチャンスで回ってきたら一本出せたら良いと思います。

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み