硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 対慶大2回戦 西浦が決めた!4番の一振り!

東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 対慶大2回戦
9月24日(月)
会場:神宮球場

2連勝で勝ち点を奪いたい法大の先発は石田。対する慶大は白村。試合は予想通り1点を争う好ゲームに…

試合を決めるタイムリーを放つ西浦直

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 1 0 0 0

1

0 0 0 0 2 9 2
法 大 2 0 0 0 0 0 0 2 X 4 4 0

(法大)○石田(2勝)、三嶋‐木下
(慶大)●白村‐阿加多
 

打撃成績

打順位置選手打 安 点
1 (9) 建部 4 1 0
2 (4) 高木悠 2 0 0
  R 岡崎 0 0 0
  三嶋 0 0 0
(5) 多木 3 1 1
(6) 西浦直 4 1 2
(3) 大城戸 4 0 0
(8) 畔上 3 1 1
  鈴木翔 0 0 0
7  (7) 岩澤 3 0 0
(2) 木下 2 0 0
(1) 石田 2 0 0
  H 的場 1 0 0
  吉澤光 0 0 0

投手成績

 投手被安打奪三振四死球失点
石田
三嶋

 戦評

試合は初回から動いた。先発・石田は2死から2つの四死球と安打で満塁のピンチを招くと、6番・鈴木裕に2球目をセンター前へ弾き返され、いきなり先制を許してしまう。
しかし、その裏先頭打者の建部のヒットを足掛かりに1死2塁のチャンスを作ると、3番・多木のセンターへの適時打ですぐさま同点に追いつく。さらに2死1、2塁とチャンスを拡げ6番・畔上がレフト前に落ちるタイムリーを放ち、2対1とこの回逆転に成功する。

試合はこのまま法大ペースで進むかと思われたが立ち直った慶大先発・白村の前に追加点を奪えない。すると5回表、またも2死から慶大の1番・佐藤旭に左中間を破る二塁打を打たれピンチを招くと、続く2番・福冨にセンター前へのヒットを許し同点に追いつかれてしまう。

打線は初回以降、白村の前にノーヒットと完全に沈黙。試合は両校譲らず2対2のまま進むと、8回表、石田がヒットと四死球で2死満塁と絶体絶命のピンチを招いてしまう。ここで迎えるバッターは一発のある7番・谷田。勝ち越し点を許せないこの場面で石田はフルカウントから谷田を空振り三振に打ち取り、無失点で切り抜ける。

するとその裏、2死から2番・高木悠が四球を選び出塁すると、代走・岡崎がすかさず二盗を決め2死2塁とチャンスを作る。この場面で慶大は初回タイムリーを放っている3番・多木を敬遠で歩かせ4番・西浦直との勝負を選ぶ。ここで西浦直がツーストライクからの5球目を振りぬくと打球はライトを越え走者二人が生還。4番の起死回生のスリーベースでついに法大が2点を勝ち越す。9回には三嶋がマウンドに上がり、この日も最速151㌔を計測した力のある直球で慶大打線をねじ伏せゲームセット。法大は見事4連勝で勝ち点2を獲得した。

この日、慶大のヒット9本に対し法大は4安打と終始苦しい試合展開ではあった。それだけに粘り強く抑えた投手陣に応え、打線が数少ないチャンスを得点に結び付け勝利したこの1勝には大きな価値があるだろう。来週は空き週ではあるが、続く立大戦もこの勢いのままに6連勝を飾りたい。(福田遥介)
 

試合後の選手・監督のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日は石田が最後まで粘り強く投げてくれたことが勝ちにつながったと思います。石田のピッチングが西浦のヒットを生んだと思いますね。

―石田投手の調子は
本来の状態ではないんですけど、オープン戦ではこれで崩れていたのが、粘ったのでこれは一つ収穫ですね。

―ピンチの場面では何と声をかけましたか
やはりこういうところを乗り越えていかないと今後のためにならないと。自分のボールを信じて強気に行けと言いました。

―今日はここ一番の場面で一本が出ましたが
西浦がデッドボールの影響で調子崩してたんですけど、この一打で吹っ切れてくれればいいですね。

―8回の攻撃では代走の岡崎選手の盗塁も大きかったと思いますが
あそこは勝負かけました。岡崎には行けたら行けと言ってましたので、よく思い切っていってくれましたね。

―立教戦に向けて
春も4連勝のあと崩れましたので、秋週間でしっかり練習して勝ち点取りたいと思います 

建部選手

―今日の試合を振り返って
4連勝で勝ち点を取ることができて本当に嬉しいですね。

―第一打席では得点につながるヒットを打ちましたが
先制されて逆に楽な気持ちで打席に入れたというか、しっかり(塁に)出ようという気持ちになれたのが良かったのかなと思います。その後みんながつないでくれたので結果として価値のあるヒットになりました。

―慶大の白村投手の印象は
すごくボールが速くて伸びもキレもあるので、すごく良いピッチャーだなと思いましたね。

―打線が初回以降なかなか得点をあげられないなかで選手に声をかけたりなどはしましたか
なんとかピッチャーが頑張っていたのでくいついて1点を取りにいこうとは言っていましたね。

―チームの雰囲気はいかがですか
ずっと変わらずに良い雰囲気で安定しています。

―試合前や試合後に主将として選手に伝えたことなどは
特にはなかったんですけど、いつも神宮だからといって飲み込まれずにいつも通り試合をやって終わったあとは次への準備をしていこう、というのは常に言っていますね。

―次戦への意気込みをお願いします
1週空くんですけど、そこを良い空き週だなとみんな感じているのでしっかり準備して次も勝っていきたいと思います。
 

三嶋投手

ー今日の試合を振り返って
そうですね、石田がすごい苦しい展開の中粘ってたんで、一昨日の船本の時と同様、勝ち越して僕がピシャッと抑えて勝てばいい流れができるんじゃないかな、と思ってました。

ーブルペンではどのように試合を見ていましたか
同点とか勝ち越しとかの場面なら僕の出番あるな、と思って最初から準備してました。

ー石田投手の調子は三嶋選手から見ていかがでしたか
そうですね、あいつの事はよく知ってるから、悪くても大崩れはしないし、春から1戦目、2戦目投げてて一番信頼しているので別に問題ないかなと思います。

ー9回からの登板で球速は151キロを計測しましたが、調子はいかがですか
よかったですね。スピードも出てたし、抑えた事が何よりよかったです。次に繋がります。調子も肩も肘もいい感じなので。ボールも悪くないです。

ーもし上の舞台でやるとして、具体的にどんな部分を伸ばしていきたいですか
そうですね、僕はピッチャーとしての技術はないと思ってるんで、これから野球を続ける上で、ピッチャーとしてちょっとしたマウンドさばきだったりコントロールだったり、小さいことを積み重ねていいピッチャーになっていければいいと思います。

ー投手陣について一言お願いします
最近は先発ピッチャーが粘ってくれて、そのおかげで僕がいいピッチングできたってのもあるので。他にも梅田や本多、青木とか、他にもたくさんいいピッチャーいるので、これからは総力戦になると思いますが、投手全体でやっていきたいと思います。

ー来週は空き週になりますがやっておきたい事はありますか
この一週間空いちゃうんで、とりあえず走って体をいじめて、来週から立教戦に向けて調整していきたいです。

ー次の立教戦に向けて意気込みを
投手陣は一人の力じゃなくて全員の力で、一人一人が準備してマウンドに行けるように。出てる人と出てない人で温度差が出ないように僕が引っ張っていきたいと思います。

多木選手

ー試合を振り返って
(雨で昨日)1試合空いてうまく調整できました。逆転できた試合だったので良かったです。チームの雰囲気も良かったので勝てて良かったです。

ー初回のタイムリー時はガッツポーズを塁上でしていましたが
初回点を取られて何とか同点にしたかったので、あのタイムリーは打てて嬉しかったです。なのでガッツポーズは自然と出てしまいました。

ーここまでの試合球が良く見えている印象ですが
そうですね、ボール球に手を出さなくなってきているので状態は良いです。打ち急ぐ事なく打席に入れてます。

ー守備ではファインプレーも出ましたね
あの場面は何としても止めたかったので止められて良かったです。

ーサードの守備には慣れてきましたか
徐々にと言う感じです。高校の時は全然守っていないポジションで、多分中学生くらいにちょっと守っただけですね。打球の速さや距離などショートと違うのでこれからもっと慣れていきたいです。

ー次は空き週ですが
春も4連勝して空き週だったので気を抜かずに調整していきたいです。

ーここからが本番ですね
本当にそうですね。何としても優勝したいのでここからまた頑張ってやっていきたいです。
 

石田投手

―今日を振り返って
調子もあまりよくない状況で最小失点に抑えられたのでそれは今までと比べて成長したかなと思います。

―2アウトから崩れる場面が多かった気がしますが
オープン戦からもずっと2アウトから打たれているのが続いてたんで、やっぱり自分の中でちょっと緩むというか何かあるんだと思うんですけど…3人で終わろうと意識しすぎなのかもしれないですね。軽く投げたらいいのかもしれないので、ちょっと次からなんとかします。

―最小失点に抑えた際意識していたことはありますか
連打連打ばっかりだったのでとりあえず一点取られてから更に落ち着こうと考えて、とりあえずキャッチャーに向かって思いっきり投げました。

―4四死球という結果について
コントロールが売りだった部分もあったのでそこは全然だめかなぁというところがあります。ヒットは打たれても四死球だけは与えたくないなと思います。

―8回のピンチの時に金光監督に言われたことは
今までも同点の場面で打たれて逆転とか、東大戦でもそうだったんですけど連打連打ってのがあったので、こういうところを抑えられたらチームに流れがくるって言われて、まあ確かに僕もそうだと思ったので、わかりましたって言いました。でも、ピッチャーを変えずにそのまま投げさせてくれたことに感謝したいなと思います。

―相手の慶応大学の印象は
春も投げて春はちゃんと抑えられたんですけど、一人ひとりバッターが良いスイングをしていて、ストレート投げるのもコースにいかないと危ないなというバッターばっかりなので怖いというイメージがあります。

―空き週で取り組むことは決めていますか
とりあえず走りこもうかなと思っています。

―次戦への意気込みをお願いします
春も2カード全部取って1個空き週があってずるずるっと負けてしまったので、やっぱりそこは強くなったってところを見せられるように空き週からもどんどん全力でやっていきたいと思います。
 

西浦選手

ー八回裏の打席は何を考えて入りましたか
あまり何も意識せずにストレート打ってやろうと思って打席に立ちました。

ー実際にストレートは来ましたか
来ました。来ちゃいました(笑)

ー打った瞬間の手応えは
手応えはよく分からないです。
当たってビックリしました。

ーベンチに戻ってチームメイトはどのように迎えてくれましたか
最高の笑顔で迎えてくれました。

ー相手投手の調子は
良かったです。なかなか、打ち崩せないなと思いました。

ーこれで勝ち点2ですがチームの雰囲気は
良いですね!

ー次の相手の立教の印象は
春、結構打ってるんかな…だから打ち合いになったら負けたくないですね。打撃戦では絶対勝ちたいです。

ー最後に意気込みをお願いします
優勝します!

畔上選手

―今日の試合を振り返って
チャンスをものにできてよかったです。チーム的にも個人的にもよかったと思います。 

―初回チャンス場面はどのような気持ちで臨みましたか
白村投手は球が速いとわかっていたので、どう振り負けないかが今日のテーマでした。しっかり打てて良かったです。 

―打席に入る前建部主将と話をされていましたが
「白村も慌ててる顔してるから、おまえも落ち着いていけ」と話をされました。 

―その白村投手の印象は
自分は右の速いストレートは結構好きなんですけど、あれが大学生の球なのかと。いい球がきてました。 

―5回のピンチの場面ではセンターに連打がきましたが
1本目は少しスタートが遅れてしまって、飛んだコースが右中間よりだったんですけど。2本目はハーフバウンド気味だったので勝負をかけて、グローブに入って送球もよくて良かったです。 

―慶應打線の印象は
しつこいですね。2番の福富さん1番の佐藤さんなんかは当てるのが上手くて長打にも警戒しました。横尾も長打があるし、全体的に雰囲気が怖かったです。 

―ここまで2カードを終えて得られた課題はありますか
たくさんありますね。技術的には打席でのタイミングです。いいかたちで空き週を迎えたので、しっかり調整していきたいです。 

―チームの雰囲気はいかがですか
すごくいいと思います。今季は4年生も最後やってくれると思いますし、自分もチームのために力になれればいいです。

―次の試合に向けての意気込みをお願いします
今はリラックスすることが一番ですが、この2週間で技術のアップや体力の維持をしっかりと、上へ上へやっていきたいです。 

フォトギャラリー

  • 試合を決めるタイムリーを放つ西浦直
  • 同点打を放った多木
  • 3試合連続タイムリーの畔上
  • すぐに逆転し、湧き上がる法大ベンチ
  • 「自分のボールを信じろ」と励ました金光監督
  • 走者は許すも粘り強く投げた石田
  • ベンチに向かって両手を突き上げ喜ぶ西浦
  • 最後を締めたのは守護神・三嶋
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み