硬式野球
 
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 対慶大1回戦 船本、三嶋で逃げ切る

東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 対慶大1回戦
9月22日(土)
会場:神宮球場

今日の法大の先発は三嶋ではなく、船本!慶大の先発が竹内だけにいかに船本が粘り強く投げ、三嶋につなぐかがポイントだったが…

6回2失点で先発初勝利し

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0
慶 大 0 0 0 0 0 0 0

(法大)○船本(1勝)、三嶋‐木下
(慶大)●竹内、只野、白村、福谷‐阿加多
 

メンバー

打順位置選手打 安 点
1 (8) 建部 5 1 0
2 (4) 高木悠 3 0 0
3 (5) 多木 3 1 0
4 (6) 西浦直 3 0 0
5 (3) 大城戸 2 2 1
6 (7) 岩澤 2 0 0
7 (8) 畔上 4 1 2
  鈴木翔 0 0 0

(2) 木下 3 0 0
 9 (1) 船本 2 0 0
  三嶋 1 0 0
投手 被安打  奪三振 自責点
船本
三嶋

戦評

試合はプレイボール直後から慌ただしく動いた。1番・建部が慶大先発の竹内大が投じた初球をセンターへ弾き返し出塁し、2番・高木悠が手堅く初球に送りバントを成功。たった2球で得点圏を演出した。そして3番・多木が三遊間を破る流し打ち、続く4番の西浦直が四球を選び1死満塁に。打撃好調の5番・大城戸がレフト前に上手く転がし1点先制。2死満塁となり7番・畔上がセンター前へ鋭い打球を放ち2点を追加。法大は初回に3点を先制し試合を優位に進める。
   
法大の先発は東大戦でリリーフとして登板した船本。2回裏に5番・阿加多の二塁打などで2死1、3塁のピンチを招き9番・辰巳に右前適時打を浴び1点を返される。
   
序盤で慶大を突き放したい法大打撃陣であったが、チャンスを作るもののあと1本が出ず残塁が目立った。

2回以降テンポの良い投球をしていた船本であったが5回裏に突如崩れる。連打を浴び2死1、2塁で3番・山崎錬に死球を与え満塁に。続く4番の横尾に2ストライクと追い込んでいながらも死球を与え押し出し。これで3対2の1点差に詰め寄られる。
   
法大側に嫌なムードが漂う中、7回裏から2番手として三嶋が登板。三者凡退に打ち取って流れを引き寄せたかと思いきや、慶大も負けじと8回表に福谷をマウンドに送り込む。先頭打者に死球を与えるものの見事な牽制でアウトにし、再び流れは慶大のペースに。
   
だが今日の三嶋の出来は素晴らしいの一言。特にストレートのキレは冴え慶大打線を圧倒。8回にはこの日最速の150km/hを記録、球場がどよめいた。そして9回は圧巻の三者連続三振で試合を締めくくり、法大が3対2で逃げ切った。
   
悲願の優勝に向けて、初戦を取れたことは非常に大きい。だが簡単に勝たせてくれるほど甘くはない。気を抜かずに、最後までこの勢いのまま突っ走って欲しい。 (川添岳)
 

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
船本、三嶋というゲームプランを立てていったんですが、船本が6回までよく辛抱してゲーム作ってくれたので、勝ちにつながったんじゃないかと思いますけどね。

―船本投手にはいつ今日の先発を伝えましたか
今朝ですね。過度な緊張感持たせたくなかったので、今朝伝えました。

―今日の船本選手の調子は
調子は良いんですけど、細かいコントロールがちょっとできていないので、その辺はこれからじゃないですかね。

―三嶋投手は完ぺきなリリーフでしたが
そうですね。やはりあれぐらいのボール投げるので、三嶋が一番生きるのはあのくらいのイニングを投げることなのでね、そういう形にできればいいですね。

―多木選手が3番に戻りましたが
建部が非常にいい感じできてたので、建部が核弾頭だと決めて、じゃあ多木をどこで打たせるかということで3番にしました。

―初回以降、チャンスをものにできませんでしたが
向こうのピッチャーもエース級がどんどん来るので今日も白村君と福谷君が投げてきましたので、その辺の細かい攻撃ができないと今後の試合がきついのでそれが課題ですね。

―明日の先発は
石田の予定です。 

建部選手

ー今日の試合を振り返って
先週とは違って接戦で難しい試合になったんですけど、1戦目取れて良かったです。

ー初回、先頭打者でいきなり初球から振っていきましたね

練習通り自分のゾーンきたら振っていこうと思っていました
ー1点差という競った試合での勝利。チームにとって大きな自信になったのではないでしょうか
投手がよく踏ん張ってくれたと思います。打線の方は初回以降抑え込まれてしまったので、それを修正していきたいと思います。

ーここまで3連勝ときています。チームの雰囲気はどうですか
いいですね。変わりもなく安定している感じです。

ー建部選手自身について見えた課題はありますか
先週より球威のある投手との対戦だったので、少し振り負けてしまいました。

ー明日への意気込み
今日初戦を取れたので、明日勝てるようにしっかり準備して頑張ります。
 

三嶋投手

―今日の試合を振り返って
先発の船本が粘ってリードしたままつないでくれたので、なんとか勝たせてあげようという気持ちで投げました。

―リリーフでの登板でしたがいつ伝えられましたか
今朝ですね

―準備などはできていましたか
今シーズンは先発と抑えとフル回転で投げるつもりだったので、気持ち的には準備もできていましたし動揺もありませんでした。

―8回には150㌔も計測しましたが調子は
腕もふれていて、左バッターのアウトコースにボールがいっていたので調子はいいですね。

―今日は木下選手とのバッテリーでしたが
木下とはオープン戦でも組んでいたんですけど、投げやすいキャッチャーですね。

―明日以降の先発の予定は
まだわからないですね。でも明日抑え、明後日先発であったり、明日先発などいろいろな形で自由に投げられるように準備はしていきたいです。

―次戦にむけて
本当に総力戦になると思うので、石田や船本、他にベンチ入りしている投手たちも含めて4年生の自分が引っ張っていくつもりで頑張っていきたいです。
 

船本投手

ー今日を振り返って
春に2回先発して両方とも初回にやられていたので、初回を一番大事に投げました。

ー今季初先発でしたが、何か意識した点は
春が春だったので、とりあえず勝てればいいと。1回表に3点取ってくれたので楽に投げられました。

ー満塁のピンチが2回あってどちらも1失点で切り抜けましたが、どういう点を意識しましたか
いや、0がよかったんで1点取られてだめだと思う。また今後研究していかないといけないなと。

ー金光監督がマウンドに行ったときに何か言われたことは
「開き直るしかない。ここだ、ここだぞ」とすごい励まされました。

ー5回2死からの2者連続死球の原因は
1人目は攻めた結果だったので良かったですが、2人目は満塁になってからのデッドボールだったのでもったいなかったです。あとは配球的な問題もあるので。

ー慶應打線の印象は
そんなに振ってくるイメージはなく東大ほど振ってくる感じはないので、結構楽にカウントはとれました。あとは打ち取り方の問題ですね。

ー次の試合に向けて意気込みをお願いします
自分の投げる試合は全部勝ちたい。今日よりも長いイニングを投げれるように頑張ります。
 

大城戸選手

―今日の試合を振り返って
(慶応との試合は)春は引き分けを挟んで2連勝で勝ち点を取れたんですけど、この秋は絶対にそういう風にいかないとわかってたんで。初回の3点を取れて多少は楽になったかなと思ったんですけど、追いかけられて「しんどかったな」というゲームです。

―初回に先制タイムリーを打ちましたがその心境はいかがでしたか
ワンアウト満塁でとりあえず1点欲しかったので最初は外野フライを狙って打席に入ったんですけど、追い込まれてからはセカンドとショートが下がっていたので、転がしたら1点は入るだろうと自分の中で楽にするような気持ちで入りました。

―5番でスタメンでしたがいかがでしたか
別にどの打順に入っても今はチームとして打線が繋がっているので、その時その時の役割を果たすだけだと思います。

―今日は2死球でした。特に8回の打席での死球で怪我はありませんでしたか
今はアイシングして圧迫しているんですけど、そんな支障はないと思います。打撲です。

―この秋はポジション争いが熾烈ですが、何か意識をしていることはありますか。また、故障していた河合選手がベンチ入りしていましたが
夏のオープン戦は(河合)完治がセカンドで出て、(高木)悠貴さんがファーストで出てっていうパターンが結構あったので、その中でたまたま巡ってきたチャンスだと思うので。同じ学年である以上(完治には)負けたくないし、どんだけ高校のころ有名であったとしても、こっちも練習してきてるので負けたくないですね。

―春の慶応戦でも好調だったと思いますが、慶応の印象はいかがですか
ショートの福富さんは、小学校の時に同じチームで野球をやっていたので、その前で久しぶりに野球できているので、慶応戦は嬉しいというか、何か自分の中でモチベーションが上がるという気持ちがありますね。

―慶応の打線の印象は
1番から9番まで結構、打線を入れ替えてくるイメージがあるんですけど、誰が出てきても切れ目が無いと思います。特に山崎錬さんはチームを引っ張っていってる印象を受けるので、本当に切れ目の無い打線で最後まで気を抜けないなと思います。

―明日の慶応戦に向けて一言
優勝するためには勝ち点を取るのもそうですけど、1敗するだけでも大きく変わってくると思うので、今チームとしての勢いがあるので、ただ今日(球速が)速いピッチャーから打ててないので、その速いピッチャーに対して打線が繋がるようにしていきたいと思います。
 

畔上選手

―今日の試合を振り返って
1回にタイムリーが出て良かったのですが、良い点もありますし、反省する点もありますし、勉強になる1日でした。

―初回のタイムリーヒットについて
チャンスだという感覚でなく、自然体で打席に入ることができたので、それが良かったと思います。

―6回には好守もありましたが
どんな形であれ、しっかり点を与えないということが大切だと思うので、良かったと思います。

―慶大投手陣の印象は
竹内投手は球速以上にキレがあるという印象で、福谷投手は威力があったのですが、自分の間で打席に入ることができて、最後はちょっと差し込まれたのですが、しっかり自分のスイングができたので、次に繋がると思いました。

―慶大戦のために何か取り組んできたことはありますか
特になくて、いつも通りしっかりやって、という感じです。

―明日の試合に向けて
切り替えて、今夜も準備することをしっかりやって、明日もやっていきたいと思います。 

 

フォトギャラリー

  • 6回2失点で先発初勝利
  • 打撃好調の建部
  • 走・攻・守でチームに貢献する多木
  • 先制のタイムリーを放つ大城戸
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み