硬式野球
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 対東大2回戦 打線爆発で快勝!

東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 対東大2回戦
9月16日(日)
会場:神宮球場

昨日は中盤以降に得点を重ね、勝利した法大。昨日の勢いで勝ち点を奪いたいところ。今日の東大の先発は春、打ちあぐねた初馬。攻略なるか?!

勝負を決める一打を放った岩澤

 

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0

12

17

1
東 大 0 0 0 0 0 0 11 0

(法大)○石田(1勝)、船本‐木下、土井
(東大)初馬、●毛利、香取、関、辰亥‐岩瀬
 

メンバー

打順位置選手打 安 点
1 (5) 多木 4 1 0 
2 (9) 建部 3 2 0
3 (4)3 高木悠 5 2 0
4 (6) 西浦直 5 2 3
5 (8) 畔上 3 2 2
  PR 岡崎 0 0 0
  鈴木翔 1 1 1
(3) 大城戸 4 1 1
  吉澤光 0 0 0
7  (7) 岩澤 4 2 2
(2) 木下 3 0 0
  土井 2 1 1
(1) 石田 3 1 0
  PH 的場 1 1 2
  船本 1 1 0
  被安打 奪三振 自責点
石田
船本

戦評

試合は法大・石田、東大・初馬の両先発の好投で4回まで両校無得点。序盤は昨日同様ロースコアの緊迫した展開となった。
 
得点が動いたのは5回。1番・多木、2番・建部の二つの四死球などで1死2,3塁のチャンスを作ると4番・西浦直がレフト前へヒットを打ち法大が2点を先制する。
しかし、その裏、東大の9番・毛利にスクイズを決められ1点を返されると、続く6回裏1死から三連打を浴び同点に追いつかれると尚も1,2塁の場面で6番・成瀬にライト線を破る二塁打を打たれ2対4。この回東大に2点の勝ち越しを許してしまう。
 
この嫌な流れを断ち切りたい法大は7回表、先頭の建部が中前安打で出塁すると、相手のエラーも絡み無死満塁のチャンスを作る。ここで5番・畔上の犠飛、6番・大城戸の右前安打で一気に同点とすると、続く7番・岩澤が右中間を破るツーベースでついに逆転。さらに8番・土井、9番代打・的場も続きこの回一挙6得点と打線が土壇場でつながりを見せる。
 
続く8回も畔上、岩澤が2打席連続で打点を挙げるタイムリーを放ち10対4と東大を突き放すと、9回にも西浦直の犠飛、途中出場の5番・鈴木翔のレフト前へのタイムリーでダメ押し。その裏7回から石田に代わりマウンドに上がった船本が失策絡みで1点を失うも3イニングを抑え試合を締めた。
 
終盤に打線の猛攻で快勝した法大だが、序盤のチャンスでなかなか得点を挙げられず一時は試合の主導権を完全に東大に握られていただけに反省点も多かった。しかし追い込まれた直後にチーム全体がつなぎの意識を見せ、逆転に成功した展開は今後のリーグ戦を乗り切る上でチームに大きな弾みをつけたといえる。この勢いのままに続く慶大戦も制し、リーグ優勝へ一気に駆け抜けたい。(福田遥介)
 

試合後の監督・選手のコメント

 

金光監督

 ―今日の試合を振り返って
前半なかなかチャンスを生かせずにいたのですが、逆転されてから選手が目覚めたという感じですかね。5点取られているので、そのほうが気になりますね。

―昨日から多木選手が1番打者としての役割を果たせていると思うのですが
1番、2番がかなりの出塁率なので、3番、4番にももうちょっと当たりが出ればいいんですけどね。西浦直が少し死球の影響があったりして、心配していたのですが、今日で吹っ切ってくれればと思うんですけどね。

―今日は逆転された場面で石田投手ではなく、木下選手を代えましたが
木下がはいまひとつ思い切りがないというか、あのようなピンチになると外中心の攻めで逃げのかたちになるので、思い切って変えたんですけどね。逆転されて5点目を与えなかったのが勝因ではないですかね。3点差になるとしんどいかなというのはありましたけどね。

―東大打線の印象は
スイングが春より随分良くなっているので、ベンチにいても、本当に嫌な感じがしました。

―石田投手の調子はいかがでしたか
オープン戦でもそうなのですが、点を取られ出すと連打連打で止まらなくなってしまうのでね。そのような癖がついてしまって、大きな課題ですね。

―慶大戦への意気込みは
(今日の試合で)6回に逆転されても、7回の攻撃で繋いでいけたのでね。選手には繋いでいくということをひとつのテーマとしてやってきているので。あの場面はバントを使わずにいこうと攻めていこうと思っていたので、選手がよく繋いだと思いますね。
 

建部主将

 ー今日の試合を振り返って
今日は2戦目ということで試合に勝ち、勝ち点が取れてよかったです。

ー東大に逆転された直後、ベンチで監督がナインにかけた言葉は
特にないですね。2点差だったのでしっかりつないでいこうという感じでした。

ー7回の打席はどんな気持ちで打席に入りましたか
まず塁に出ることを意識して焦らず入りました。焦らず打てて結果、きれいなヒットが打てて良かったです。

ーその7回、建部選手のヒットを皮切りに一挙6点を取って逆転しましたが
そうですね、逆に思えば自分らが2点逆転したときに相手の先頭バッターを出してはいけないと思いました。

ー7回以降は毎回得点を記録したがその要因は
1人1人が場面に応じた対応を意識していたからだと思います。畔上の犠飛にしろそういう意識があったからだと思います。

ー1カード終わってチームのここまでの状態は
自然体で力みがないと思います。オープン戦の延長で入れていい感じだと思います。

ー次の慶大戦に向けて
残された時間で1人1人が準備して次も勝ち点を取れるように頑張ります。

多木選手

 ―今日の試合を振り返って
前半特に苦しい試合になってしまって、逆転もされて、勝ちはしたけど苦しい試合でした

―今日のご自身の結果(1安打2四球)については
1番打者としては出塁が求められるので、その点では悪くない結果だとは思っていますが、とらえ損ねた打球もあったので、満足はしていないです。

―開幕から1番で起用されていますが、何かバッティングスタイルに変更は
やっぱり若干ボールを見るという意識で入っていますね。

―三塁守備については
やったことが無い訳では無いんですけど、神宮で守るのは久しぶりなので。任されたところをしっかり守っていきたいと考えています。

―今季のご自身の具体的な目標はありますか
もちろんチームの優勝が最優先ですけど、その中で100安打を目指せる位置にいるので、狙っていきたいと思います。

―東大から勝ち点を取りましたが
正直嬉しいですけど、まだまだチームとして課題が残る部分が大きかったので、次の慶応戦までにまたしっかり準備して、勝てるようにしていきたいです。

―慶大戦に向けて
やっぱりラストシーズンなんで、慶応はいい選手がたくさんいますけど、今の自分たちの力を全て出し切れるようにして、2連勝で勝ち点を取りたいと思います。
 

 

岩澤選手

 ―今日の試合を振り返って
途中はやばいなという感じはあったんですけど逆転された次の回に建部が出てくれたことで、まだいける、という雰囲気がチームにあったと思います。あそこで凡退せずに出てくれて悪い流れを打破してくれたので。
 
―7回の攻撃前にベンチでチームで話していたことは
まだ3回攻撃があるので焦らずに逆転よう、と。
 
―勝ち越しのタイムリーを打った打席での心境は
大城戸がその前に同点にしてくれていたので多少は楽な気持ちになりましたね。その結果無心で打席に入れたのが自分では大きかったかなと思います。
 
―チームの雰囲気は
すごく良いと思います。
 
―先日の取材で調子は絶不調だと仰っていましたが今はいかがですか
本当に昨日の試合にも自分は出れないと思っていたんですが、それでも監督さんが使ってくれたのでなんとしても恩返しというか、それに応えたいという気持ち一心でやり切れているのがいい結果につながっているのかなと思います。
 
―その中でこのカードでは2試合連続で打点をあげるなど勝負強さが目立っていますが要因は
今まで下級生のころから監督さんに「お前はメンタル面が弱い」と言われていて。でも最近は、打ったらヒーローとかじゃないですけど、ここで決めたら勝ちにつながるということを第一に考えて打席に立てているので、そのことが影響しているのかなと思います。
 
―慶大戦に意気込みをお願いします
やっぱり強いので負けられないですし、接戦になると思うんですけど死ぬ気で勝てるように頑張りたいです。
 
 

石田投手

―今日の感想と収穫
5回までは調子が悪いなりに要所を抑えれたという感じです。1番の収穫としてはインコースのまっすぐがズバズバと決まったことです。

―今日の東大打線の印象
コースにいかないボールや真ん中にいったボールは全部とらえられたりするので恐いバッターが多いという印象です。

―試合前や試合中に監督からどのようなことを言われましたか
先頭バッターでしっかりアウトをとることを言われました。

―オープン戦が終わってからリーグ戦が始まるまでどのようなことを意識して練習に取り組みましたか
オープン戦が調子が悪い状態で終わってしまったので、そこで自分の良いところをどれだけ出せるかということを考えながらピッチングをやってきたんですけど、まだ全然ダメな状態だと思うのでリーグ戦中にでも直せる所を直していきたいです。

―来週の慶応戦に向けて一言
このままのピッチングをしてたら絶対勝てないと思うので、自分がもっている力を全部出しきって、僕が抑えて勝てたという試合ができたらいいなと思います。

大城戸選手

―今日の試合を振りかえって
途中逆転されて。でもチームの雰囲気は悪くなかったので。潜在能力が高いと言われてきて、それがちょっと出たかなと、そういう試合だったと思います。

―逆転されて気持ちをどう切り替えましたか
僕よりどちらかというと石田だと思うんですけど、野手がタイムを取ってピッチャーのところへ行ったら一回(点を)取られるんですけど、石田に声をかけて。あいつも取られた割りに落ち着いていたので、その点は良かったかなと思います。

―同点のタイムリーを放ちましたが
その前に畔上がの犠牲フライで1点差になって、そのあと1、3塁になって、とりあえず「俺がサードランナーを返そう」と。繋いであとは後ろに任せようという気持ちでした。

―7回は打者一巡でしたが
前半とは別人が野球をやっているような感じだったんですけど、あれが本来の力だと皆に言われるような打線がいいですよね。

―昨日の3ランホームランの場面を振り返っていかがですか
5ー1で点差はあったんですけど、ノーアウト1、3塁から三振とファウルフライと悪い流れで打席が回ってきたので、なんとしても一本、1点取りにいこうという結果、上手くインコースに反応できたかなと思います。

―春にもホームランを打っていますがその時に比べていかがでしたか
春は初めてだったのであまり分からなかったですけど、昨日のホームランは打った瞬間に自分でも分かったので、それくらい感触は良かったです。

―調子は
オープン戦最初の方悪かったんですけど、オープン戦通しても全然結果は出ていないし。それでも自分の中では関係なく、全てはリーグ戦のためなので。調子はどんどん上がってきているので、あとはどう維持するか、それだけですね。

―東大投手陣の印象はいかがですか
怖いものなしというか、どんどんストライク投げてくるし。こっちも振ってきているんですけど、それに臆することなく投げてきているんで、逆にやりづらいなというのはありました。

―打線の印象は
いいですよ、普通に。早いストレートにも振り負けないし、かといって変化球にも食らいつくし。年々東大のレベルが上がってるなと感じます。

―次の試合に向けての意気込みをお願いします
次慶應で、春は勝ってるんですけど、そうもいかないと分かっているんで、なんとしても自分たちの野球をすれば負けないので。それくらい戦力も揃っているし、レギュラーだけがいい選手というわけではないので、チーム全員で力を合わせれば負けることはないと思います。

 

フォトギャラリー

  • 勝負を決める一打を放った岩澤
  • 東大打線につかまり、6回4失点の石田
  • リーグ戦初打点が1点差に迫る犠飛となった畔上
  • 同点打を放った大城戸
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み