硬式野球
 

【硬式野球】~逆襲の秋へ~ 2、3年生コメント

東京六大学野球春季リーグ戦 対明大4回戦
5月28日(火)
神宮球場

開幕から4カード負けなしで勝ち進んできた法大。しかし、最終カードは明大の粘りの前に屈し、惜しくも優勝を逃した。秋は優勝、そして日本一へ。2,3年生にリーグ戦を振り返っていただいた。

自己最多の4勝をマークした石田

2、3年生のコメント

石田 健大

―今日の試合を振り返って
結果は負けてしまいましたけど…粘って、最終的に点を取られてしまったのは僕なんで。しっかりこれから秋に向けて気を引き締めながらやっていきたいです。

―今シーズンを振り返って
最初はいい感じできていて、状態もいい状態で来れていたので、後は最後までやる体力だけなので、それも秋に向けてやっていきたいです。精神的にも(リーグ戦の)最後の方になると来るので。その強さを、ですね

―収穫はありましたか
今まで3勝で止まっていたものが1勝をプラスして4勝できたっていうのが収穫です。去年よりは球質も良くなってきているんで、そこは収穫として取っていいところだと思います。

―球質が良くなった要因は
トレーニングの成果ですね、下半身の。

―納富選手から引き継いでマウンドに行ったときはどんな気持ちでしたか
中継ぎというのはチームに流れを持ってくることと無失点に抑えることなので、そこだけは意識しながらやっていました。

―監督から声をかけられたりは
フォームの悪いところの指摘くらいですね。タイムをかけていたときは…正直集中していたので、あまり覚えていないです。

―夏にやることは
やっぱりスタミナですね。走り込んで。

―秋に向けての意気込みを
優勝できる流れの中で止めてしまったりもしたので、もっと精神面でも強くなってもう一回神宮に帰ってきたいです。

齊藤 秀之

―率直に今の気持ちを教えて下さい
悔しいというか、優勝したかったなという気持ちです。試合に出て貢献したかったなという気持ちもあります。

―九回表のネクストサークルの時はどのような気持ちでしたか
回ってきたら勝負を決める気持ちだったんですけど、欲を言うなら2人早く細川が代打を出された所か(その次の)皆川が代打を出された所で僕が行けたら良かったと思います。

―対戦した明治大学の印象は
ピッチャーもバッターも粘り強く勝負強いという印象があります。

―改めて今季をふりかえって
今季は初めてのことばっかりで、まずベンチに入ったのも初めてなので、最初の頃は手探りでわからないことばっかりだったんですけど、だんだん慣れてきて余裕もちょっと出てきて収穫の多いリーグ戦でした。

―今季で得た収穫や課題など
収穫は神宮の舞台に立てたということと、ヒットを打てたということもそうですし何より試合に出られたということが一番大きいですね。課題は毎試合スタメンで出られるような実力がまだ無いので、僕の場合だと左ピッチャー限定でしたし、守備も信頼されるような選手になりたいと思いました。

―今季で特に印象に残っている試合は
個人的には明大戦の2回戦ですかね。スタメンで出て勝負所で回ってきて、結果も出せて良い印象は一番強いですね。もう1つはやっぱり今日の試合ですね。優勝が懸かってて緊張感があって重い雰囲気の試合でしたので。

―対戦した中で一番印象に残っているピッチャーは
やっぱり山崎投手ですかね。ストレートも変化球も球威と角度があって良い左ピッチャーだなと思いました。

皆川 晋

―今日はベンチスタートでしたが
明治戦に入って自分の結果がついてこないで、チームに迷惑かけてしまうこともあったので、そこで今日は竜(佐藤)がスタメンだったんですけど、緊張感を出させてしまったのは自分が不甲斐なかったかなと思います。

―九回二死から代打で呼ばれた時の気持ちは
使ってくれた神長監督の気持ち考えて、ここで使ってくれるから打とうと思ったんですけど、狙い球は絞って待ったけどボール球に手出してしまったから、今度からもっとボール球を見る練習をしなくてはいけないなと思います。

―監督から声を掛けられましたか
技術的なことじゃなくて、「気合い入れてけ」くらいな気持ち的なことを言われました。

―この春は飛躍のシーズンになったと思いますが
最終的には失速してしまったので、出続ける大変さと、結果を残す大変さは見に染みて感じました。

―次は新人戦がありますが
出た時は、明治倒します!

畔上 翔

―率直に今の気持ちを教えて下さい
悔しいです。悔しいしかないです。

―今日の試合をふりかえって
こういうゲームになると思ったんですけど、1つのミスが命取りになると思ってて、それがうちに出てしまったという感じですかね。

―初回の満塁の場面で押し出しでしたが
なんとしてでも1点という感じだったので、どういう形であれ先制点を取りたかったので取れて良かったです。

―公式戦初の本塁打を放ちましたが
負けてしまったのであれなんですけど、僕の中ではしっかり留めておきたいですね。

―打った球は
アウトコース低めのまっすぐです。

―手応えはいかがでしたか
良かったですね。しっかり押し込めたので。

―明治大学の印象は
やっぱり粘り強いですね。

―改めて今季を振り返って
スタートは個人的には良くなかったんですけど、終盤は結構チームの役に立てたかなと思うので、良い経験も悪い経験もしているので、今後に生かしていきたいと思います。

―今季で得た収穫や課題など
技術的な面で言ったら、バッティングは力ではなくてリラックスして打つということ。精神的な面で言ったら、緊張感を良い意味で楽しむということが、うまくいったかなと思います。

蔵桝 孝宏

―リーグ戦を振り返って
全ては優勝のためにやってきて、ここまで良い流れできていたんですけど、やっぱり勝ちきれなかったというのが、まだまだこれから課題が多いかなと思います。今日の試合は結構課題とかが個人個人見つかったと思うので、それを秋に向けて、時間があるので克服していけたらなと思います。

―今日は久々にベンチ入りされていましたが
明治戦は今までベンチに入っていなくて、正直(ベンチに)入りたいという気持ちが大きくあって、昨日(今日の試合で)ベンチに入るのを知らされて、やってやろうという気持ちになって……その期間(ベンチに入っていない間)は準備していたんで、ベンチに入ったことに対してはすごく嬉しかったです。

―リーグ戦後半はあまり出番がありませんでした
皆結果を出していたので、それはチームが勝つことが優先なので仕方ないと思っているんですけど、秋はずっと試合に出て活躍できるように、オフシーズンやっていこうかなと思います。

―一番印象に残っている試合や打席は
そうですね……やっぱり一打席目が一番印象的で、神宮デビューだったんで、そこで結果を残せたので良かったです。(4月27日慶大1回戦、白村から中前打を記録)

―収穫や課題は見つかりましたか
守備や走塁がまだまだ課題となっているんで、それを克服できたらなと思います。

―来週の新人戦に向けて意気込みを
新人戦は優勝できるように頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • 2013052931自己最多の4勝をマークした石田
  • 2013052932明大3回戦では2安打の活躍をした伊藤諒
  • 2013052933明大2回戦で猛打賞を記録した齊藤秀
  • 2013052934三塁手に定着し3割2分5厘をマークした皆川
  • 20130529354割1分7厘、10打点の活躍をした畔上
  • 2013052936明大2回戦では代打で適時打を放った若林
  • 2013052937慶應戦で大暴れした蔵桝
  • 2013052938リーグ戦初安打を放った細川
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み