硬式野球
 

東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 対東大1回戦 中盤に突き放し、1勝目!

東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 対東大1回戦
9月15日(土)
会場:神宮球場

ついに法大の秋が開幕。1番に多木、4番に春ブレークの西浦、5番にはルーキー畔上を置く、新しいオーダーで開幕戦に臨んだ。開幕のマウンドを任されたのはエース・三嶋。序盤はなかなか自分たちのペースに持ち込めない苦しい試合展開となったが…

粘りのピッチングで7回1失点の三嶋

 

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0
法 大 0 0 0 0 X 11

(法大)○三嶋(1勝)、奈良、船本‐木下、土井
(東大)香取、●窪田、井坂、辰亥‐岩瀬
[本塁打]大城戸1号3ラン(6回=井坂)

メンバー

打順位置選手打 安 点
1 (5) 多木 3 1 1
2 (9) 建部 3 2 0
3 (4) 高木悠 4 1 1
4 (6) 西浦直 5 1 0
5 (8) 畔上 3 1 0
  PR 岡崎 0 0 0
  鈴木翔 1 0 0
  PH8 的場 1 1 0
(3) 大城戸 3 2 3
  船本 0 0 0
(2) 木下 2 0 0
  奈良 0 0 0
  PH3  伊藤諒 1 0 0 
(7)8 岩澤 3 1 2
(1) 三嶋 3 1 1
  PH2 土井 1 0 0

戦評

 一巡目、一本も安打が出ない法大。試合が動いたのは3回裏。春打撃不振に苦しんだ先頭打者・多木が右中間二塁打。2番・建部が確実に送りバントを決めチャンスを作る。3番・高木悠は一ゴロに倒れるも、ここで4番・西浦直。2球目、ワイルドピッチの際に三塁走者多木が還り、法大先制。その後、西浦直がレフトへの二塁打を放ち尚もチャンスは続くが、5番・畔上は三振と、なかなか流れに乗れない。 その裏、ここまで球数は多いものの3回5奪三振と好投を続けてきた三嶋のワイルドピッチやサード・多木のエラーなどが重なり、1点を返され同点とされる。

 4回裏、6番・大城戸が死球で出塁しチャンスを作ると、9番・三嶋の右前適時打や2番・建部の右前安打、3番・高木悠が押し出しで2点を返す。続く5回裏、5番・畔上の中前安打や6番・大城戸の四球でまたも法大にチャンスが訪れる。ここで、8番・岩澤の右中間適時三塁打で二者生還。波に乗った法大は6回裏、2死1、3塁で6番・大城戸が3ラン本塁打を放ち試合を決めた。 
投手陣も三嶋に続き、4年生左腕・奈良、3年生右腕船本の頼れるリリーフ陣が好投を続け、最後は三振で試合終了。 

中盤から11安打としっかりと法大のペースをつかむことのできた試合となり、いいスタートダッシュをきれたと言えるだろう。この勢いで秋こそは優勝を掴み取りたい。(村上紗規)

試合後の選手のコメント

建部主将

―今日の試合を振り返って
最後のリーグ戦の初戦ということで、結果的に勝ったことが良かったと思います。

―ご自身は2安打でした
試合に出たら活躍したいという気持ちはあるので、2安打打てたことは嬉しいです。

―チーム全体をご覧になって、調子はいかがですか
すごくいいなと思っていて。バッティング練習の技術的なところもすごく調子がいいと思いますし。また春と違ってすごく自然体で入れているというか、オープン戦の延長で入れていて、みんな腰が据わっているという感じがあります。

―三嶋投手のピッチングは
オープン戦はあまり先発していなくて、自分の中で(三嶋投手が)どう掴めていたのか分からないですけど、でもしっかり投げてくれていたと思います。

―チームにケガ人もやや出ていますが、具合はいかがですか
ケガしている人もだいぶ良くなってきているので。そういう奴らの自分で自主練習している姿も目撃するので、やる気があるんだと感じているので安心しています。

―東大打線の印象は
春に比べてすごくバットを振ってきているイメージがあって。食いついてきているなと思うので、しっかり守りの方でひとつずつアウトを取っていかないとちょっと怖いなという気がします。

―次の試合に向けての意気込みをお願いします
しっかり今日の試合を振り返って、修正できるところもあると思うので。また明日一生懸命頑張りたいと思います。

 三嶋投手

―今日の試合を振り返って
とりあえず勝てて良かったです。あとは、四球が多くて守備のリズムが悪かったので、良い流れで攻撃に繋げるようにしっかり来週までに調整していきたいです。

―どんな気持ちで試合に臨みましたか
そうですね、大事な試合のマウンドなので勝つことが最優先で、あとはチームに勢いのつくようなピッチングがしたかったんですけど、リズムが悪くて凄い申し訳ないなという気持ちになりました。

―立ち上がり苦しんでいるように見えましたが、どのように立て直しましたか
東大打線に色んな球投げたんですけど、やっぱり緩い球を打たれていたので助監督さんに「外の真っ直ぐが打たれてないんだから、真っ直ぐ中心でもっと腕振って投げろ」と言われたので、しっかりそこは修正しました。

―東大打線の印象は
ストレート・変化球関係なく初球から振ってくるので、入りは慎重になりましたし、本当に打線は力があると思うので油断せずにそこは投げようと思いました。

―打っては4回にタイムリーを打ちましたが
あそこはどうしても勝ち越して自分を楽にしたいと。ま、追っ付けて上手く打つことが出来ました。

―開幕前は抑えが濃厚という話も出ていましたが、先発へのこだわりはありますか
特にないですね。自分の仕事があればしっかりやるんですけど、今日は先発という形でチャンスもらったんで、先発なりの自分の結果をちゃんと出そうと思って投げてました。

―次週の慶応戦に向けて一言お願いします
やっぱり、慶応に一年勝っていないのでしっかり勝つということが目標で、自分の持ち味を出せるようにこの一週間調整していきたいです。

奈良投手

―今日の試合を振り返って
序盤は苦しい展開で、点を取ってもすぐ返されて、流れも悪かったのですが、それにみんなが耐えて、中盤はしっかり得点を重ねることができ、自分たちらしい戦い方ができたと思います。

―リーグ戦初出場でしたが
2年のときに、肩を怪我してしまって、なかなか治すことができずに、野球を本当に辞めようと考えた時期もあったのですが、仲間であったり、監督であったり、色々な方々に支えてもらい、今日やっと、遅めのデビューができて、本当に心から嬉しく思います。

―神宮球場のマウンドはどうでしたか
新人戦のときも投げたことがあるのですが、やはり新人戦とは雰囲気が違い、特別な思いがありました。

―東大打線の印象は
自分が対戦したのは、クリーンアップで、良い打者だということはわかってましたが、自分のピッチングをすれば、抑えられると思っていたので、落ち着いて投げることができました。

―(対戦するなかで)特に意識したことはありましたか
どの打者も抑えないといけないのですが、自分は左投手として、左打者はしっかり抑えないといけないので、特に4番打者は意識して、三振を取れるように投げました。

―明日の試合の意気込み
自分の出番は試合の展開によって、あるかないかわからないですが、チャンスがあったときに自分のピッチングができるように、しっかり準備したいと思います。
 

畔上選手

―今日の試合を振り返って
オープン戦では打ててたんですけど、緊張してしまって固くなってたかなと思います。

―5番でのスタメンは監督からの期待の表れだと思いますが
練習試合の最後の方は何試合か5番で出させてもらってたので、期待してくれている面
もあると思うので、その期待に応えなきゃという思いはありましたし、もう1本でもヒットを打ってチームが勝てればいいなと思います。とりあえず1本(ヒットが)出て良かったです。

―3打席目に公式戦初ヒットが出ましたが、打ったときの感想は
ちょっと際どい当たりだったので「抜けてくれ!」と思いながら走ってたので、抜けてくれてクリーンヒットになって良かったです。

―試合中や試合後に監督から言われたことは
試合中には「いつも通りやれ」、「フリーバッティングのように打てばいいから」と言
われた。あの打席は(調子が)良い時の形で打てたので、あの打席で終われて、今日帰ってから自主練をして、調子の良い状態で明日もやれればいいなと思います。
 

木下選手

―今日の振り返って
三嶋さんも最近調子いいんですけど東大もどんどん振ってくるので、初回を大事にいこうと思って、初回の先頭に気を付けました。
 
―開幕スタメンでしたがどのような気持ちで臨みましたか
それを目指して夏やってきたので成果が出て嬉しかったです。
 
―序盤球数も多かったように思いますが木下選手から見て三嶋選手の印象はいかがでしたか
球も多く来てたし今日はコントロールもあまり良くなかったんですけど、僕がちょっと難しく考えすぎてたところがあったので、次は持ち味を出してストライク先行できたらいいと思います。
 
―バッティングの調子は
調子は別に悪くはないのでヒットが出ないことはあまり気にしないです。ただチャンスで打てたらいいと思います。
 
―守備の方はいかがですか
キャッチャーでスタメンで出てる以上はバッティング力よりも0点に抑えることの方が大事だと思うので、今日は1点取られたんですけど、次から0点に抑えられるように頑張りたいです。
 
―相手の東大の印象は
春に比べたら変化球も狙ってきてるというのはバッテリー間のミーティングでも話していました。
 
―では最後に次戦への意気込みをお願いします
次はとにかく0点に抑えて、打席がチャンスで回ってきたら打てたらいいと思います。
 

展望

 明日の法大の先発は2年生左腕石田が濃厚。対する東大の先発は早大2回戦で先発した窪田が有力か。今日は序盤はなかなか主導権を握れなかったが、中盤からいつものペースを取り戻した法大。2連勝で確実に勝ち点を取っていきたい。(村上紗規)

 

フォトギャラリー

  • 粘りのピッチングで7回1失点の三嶋
  • 三度の出塁で1番打者の役割を果たした多木
  • マルチ安打の建部
  • トドメの3ランを放った大城戸
  • 待望の神宮初ヒットが生まれた畔上
  • 挫折を乗り越え神宮デビューを果たした奈良
  • 神宮初ヒットの的場
  • 最終回を3人で締めた船本
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み