硬式野球

「秋季リーグ戦開幕直前特集~再び頂点へ」 座談会・期待のルーキー編

「秋季リーグ戦開幕直前特集~再び頂点へ」
取材日:8月31日

今春は3人の1年生がベストナインに選ばれるなど、1年生の台頭が目立った。中でも早稲田の吉永、茂木の活躍は投打の軸として優勝に大きく貢献した。金光監督も「やはり1年生の活躍はチームに勢いをつける」というように法大もチームに勢いと勝利をもたらすルーキーの台頭に期待したい!

今回は期待のルーキー編(畔上選手、若林選手、青木投手)です!

左から青木、若林

―春季リーグ戦が終わり、練習で主に取り組んだことは
若林:守備面とバッティング面のレベルが低いので鍛え直し、そのレベルアップと体づくりに取り組みました。

―青木選手は春の取材でもっと球速を上げたいとおっしゃっていましたが
青木:はい、順調です。
畔上:自分は筋トレを重視しました。

 ―現在行われているオープン戦で新たに見つかった課題、または手ごたえを感じているところは
若林:状況判断であったり勝負強さがまだまだだと思います。手ごたえを感じているところは、バッティングで1球目から積極的に仕掛けられるようになったところです。
青木:春のオープン戦に比べ投げるイニングが長くなってきて体力が持たないので、春よりも多く投げ込んでいきたいと思います。成長したところは球速が2キロ上がりました。
畔上:大学入ってから理由はわかりませんが痩せてしまいバットが振れない状況だったので、夏までに体重を増やしたら最近は思うようにバットを振れるようになって、オープン戦でも結構結果が出たので、この調子で秋のリーグ戦に臨みたいです。

 ―大学野球をやって感じた、高校野球との違いは
若林:やっぱりみんな頭を使っていて、高校野球より考えながらプレーしているところです。

―どういったところで頭を使っていると感じますか
若林:キャッチャーの配球などで感じます。
青木:自分はピッチャーなので、高校との違いはあまり感じません。

―では高校ではいなかったタイプで、対戦するのが嫌だと感じる打者はいますか
青木:しつこい奴です。ファールで粘ってくるような。あまり球数投げたくないので。
畔上:とりあえず木と金属の違いです。すぐに(木製バットに)慣れる奴もいますが、自分は慣れるのに結構時間がかかりました。

―やはり金属に比べ木製は飛びにくいものですか
畔上:飛びにくいというより、自分はそもそも前に飛びませんでした。まあ徐々に改善されてきましたが。

―他大の1年生で意識している選手はいるか
若林:早稲田の茂木です。高校(桐蔭学園)で一緒だったので。今は先を越されていて悔しい部分もありますが、3、4年できちんと結果を残せるかが大事になってくると思うので、自分はじっくり鍛えていきたいと思います。
青木:自分は全員です。同学年には負けてはいけないと思っているので。
畔上:やっぱり高校(日大三)の奴らですね。大学入る前は意識しないようにしようと思っていたのですが、ユニホームは違っても同じグラウンド(神宮球場)でプレーしていれば活躍は嫌でも目に入るので。タイトルがどうという訳ではないけれど、最初は俺も俺もと思って少し焦っていました。今は高校の同級生の活躍を認めているので、それがすごいなぁ~というのではなく、自分もそうならなければと思い練習しています。

―1年生以外で対戦してみたい選手は
若林:特にそういう選手はいません。
青木:僕も特にいませんが全員打ち取りたいです。
畔上:リーグは違いますが中央大の島袋投手と対戦してみたいです。

―今夏の高校野球で注目していた選手は
畔上:西東京大会は2回母校の応援に行き、本大会はテレビで見ていました。今年は良い選手がたくさんいたので、それぞれの進路が楽しみです。
青木:自分の母校(智弁和歌山)を応援して、注目は藤浪とか。
若林:自分は注目していた訳ではないが、桐光の松井は騒がれていたので見ていました。高校時代対戦したこともありましたが、そのときよりも体が大きくなって球威もあり、成長しているなと感じました。

―好きな野球選手、球団は
若林:阪神の平野選手です。ガッツあふれるプレーや、取ってから投げる早さがすごいと思います。特に応援している球団はありません。
青木:そんな有名じゃないですけど中日の岡田投手です。自分が高1のとき高3だった先輩で、色々教えていただいてとてもお世話になって。今は連絡を取ったりはしていませんが、岡田投手を見て自分も将来同じ世界で活躍したいと思っています。好きな球団は阪神です。
畔上:尊敬しているのは広島の前田(智則)選手です。なんかコメントとかも人と違うじゃないですか。好きな球団は阪神です。

 ―野球部で一番尊敬している先輩は
畔上:建部さんです。自分は部屋が同じなんですけど、とりあえずすごく大人で私服もめっちゃカッコイイし、寝てるとそっと毛布を掛けたりしてくれるんですよ。なんかそういうとこ優しいなって思います。
青木:自分はどの先輩も尊敬しています。みんな本当に良い人なので。
若林:自分も選べないです。

 ―最後に自分の長所と秋のリーグ戦への意気込みを
畔上:大学野球は高校とは雰囲気が全然違い、どうしても大人の野球というイメージですが、自分はそれに加えて高校野球のようながむしゃらさを持って神宮でプレーしたいです。
青木:自分は速球派ではないので変化球でかわしながら抑えて、ベンチに入れるようにしたいです。
若林:春は代走で出させてもらったりしましたが、思うようにいかないこともあったので、秋は自分のやるべきことをきちんとこなして、勝ちに結びつくようなプレーがしたいです。また1年生として先輩方のサポートももっとしていきたいです。 

フォトギャラリー

  • 左から青木、若林
  • 外野のレギュラーに割って入りたい畔上
  • 期待のルーキートリオ!
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み