硬式野球
 

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第7週 対明大3回戦 明大打線止められず・・・決着は第4戦に

東京六大学野球春季リーグ戦 対明大3回戦
5月27日(月)
神宮球場

明大2回戦は終盤で2点差を追いつき粘りを見せた法大。先発のマウンドには1回戦で先発した石田。対する明大は今季初先発の上原がマウンドに上がる。初回から失点し、試合は苦しい展開に・・・

201305271
五回に集中打を浴び今季初黒星を喫した石田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 1 0 1 0 3 1 0 0 0 6 13 0
法 大 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3 11 0

(法大)●石田(4勝1敗)、本多、青木勇、梅田、納富‐木下
(○大)○上原、山崎‐坂本

打撃成績

打順位置選手
1 (7) 大城戸 5 3 0
2 (5) 皆 川 2 0 0
  H5 佐藤竜 2 1 1
3 (4) 河 合 3 1 1
4 (6) 西浦直 4 1 0
5 (3) 伊藤諒 3 2 0
  R 岡 崎 0 0 0
  3 高 木 0 0 0
6 (2) 木 下 4 1 0
7 (8) 畔 上 3 1 1
  1 梅 田 0 0 0
  H 鈴木翔 1 0 0
  1 納 富 0 0 0
8 (9) 齊藤秀 4 0 0
9 (1) 石 田 1 0 0
  1 本 多 0 0 0
  H 細 川 1 0 0
  1 青木勇 0 0 0
  8 若 林 2 1 0

 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
石田 4 1/3 6 1 3 5
本多 0 2/3 1 1 0 0
青木勇 1 1/3 4 0 1 1
梅田 1 2/3 1 0 1 0
納富 1 1 0 0 0

 

ベンチ入りメンバー

11 梅田(文4=秀岳館) 6 西浦直(営4=天理) 39 金子(キャ1=日大三)
16 本多(法4=法政二) 10 河合(法4=中京大中京) 9 大城戸(法4=藤井学園寒川)
17 納富(文4=九州国際大付属) 33 高木(文4=福岡大大濠) 26 鈴木翔(法4=法政二)
19 船本(営4=桐蔭学園) 3 伊藤諒(キャ3=神港学園) 27 的場(法4=法政二)
21 石田(営3=広島工) 4 岡崎(法3=作新学院) 28 齊藤秀(文3=北海学園札幌)
15 青木勇(法2=智辯和歌山) 7 吉澤(文3=桐蔭学園) 1 若林(営2=桐蔭学園)
2 木下(人4=高知) 5 佐藤竜(法2=作新学院) 8 畔上(キャ2=日大三)
20 安本(営3=広島商) 23 皆川(キャ2=西武台千葉)
22 中園(法3=いなべ総合学園) 34 細川(文2=福井工大福井)

戦評

先発マウンドに上がった石田(営3=広島工)は、初回からピンチを招く。明大先頭の高山に四球で出塁を許すと、次打者に犠打を決められ一死二塁とされる。その後、二死とするも4番・岡大にフルカウントの末、四球を選ばれリズムを崩す。続く糸原に左前安打を浴び、早々と先制されてしまう。

しかし、法大は二回に西浦直(営4=天理)の内野安打、伊藤諒(キャ3=神港学園)の犠打でチャンスを作ると、畔上(キャ2=日大三)の左中間を破るタイムリーで同点に追い付く。なおも、二死二塁で昨日、価千金の同点打を放った齋藤秀(文3=北海学園札幌)にまわるも投ゴロに倒れ、勝ち越すことはできなかった。

直後の明大の攻撃では、菅野の左越え適時打で2-1と再びリードされてしまう。さらに五回には、投手の上原に二塁打を浴びると四球、ヒットでチャンスを広げられ、岡大に初球をセンターにはじき返される。ここで石田は1回戦同様無念の降板となり本多(法4=法政二)にスイッチ。しかし、またも糸原に左前安打を許し2点を追加され完全に明大ペースに。

法大は、明大先発の上原から毎回のようにチャンスを作るも、あと一本が出ず苦しい展開が続く。すると、六回からマウンドに上がった青木勇(法2=智辯和歌山)も海部にタイムリーを打たれ1点を失う。しかし、七回途中から梅田(文4=秀岳館)が好救援すると、その裏法大にチャンスが訪れる。守備から出場している若林が中前安打で出塁すると、ここまで2安打の大城戸(法4=藤井学園寒川)が右前安打で続き、1塁走者の若林(営2=桐蔭学園)は三塁まで激走を見せた。この試合、一番の盛り上がりとなると打席には代打・佐藤竜(法2=作新学院)が送られる。ベンチ、応援席の期待を一身に背負うと代わったピッチャー山崎の2球目を見事に振り抜き、リーグ戦初ヒットが貴重なタイムリーとなった。続く河合(法4=中京大中京)が犠飛を決め、追い上げムードが高まったが西浦直は遊ゴロに終わり、法大の反撃もここまで。八回九回は山崎から点を奪えずゲームセット。血の法明戦はついに4回戦へ突入。総力戦で臨み何としても、優勝を手にしてもらいたい。(宮城 風子)

試合後の選手のコメント

河合 完治 主将

―今日の試合を振り返って
なんとか勝ちたいと思いましたね。

―試合は追いかける展開となりましたが
僕が打っていれば点が入るという場面もあったので明日はいいところで、ここというところで打ちたいなと思います。

―明大先発の上原投手について
素晴らしい投手だったと思います。

―法大応援席に多くの人がつめかけていましたが
ありがたいと思います。感謝しています。

―優勝をかけたカードでチームの雰囲気は
いつも通り1分の1試合という形で特に気負った感じも無かったかなとは思います。

―明日の優勝へ向けて
チーム一丸となって頑張っていきたいなと思います。

大城戸 匠理

―今日の試合を振り返って
昨日と似たような展開でリズムがつかめないまま試合が終わったかなって気がしたので明日は投手野手お互い高め合って勝ちたいと思います。

―打線がつながらなかったことについて考えられることは
ヒットは出ているので、あとはチャンスで一本出れば、でもいい当たりは続いてたので、そんなに落ち込むほど考えてはないです。

―流れが逆転したようにも思えますが
守備の時間が攻撃より長かったのは間違いないのでそれを次うちがやれば相手もいやがるって事は分かっているから、明日はいい試合になると思いますけど、いかに攻撃の時間を長くするかって事をやっていきます。

―自身の成績はいかがでしょうか
今は塁に出ないとチームが勝てないので結果というか結果を気にせず、やっているからこそ結果が出ているんだと思います。最後の打席は3点差あるから塁に出ないといけなかったんですけど、センター返ししようとしたら引っかけてしまったという感じです。

―フォアボールとかを狙おうとかはあまり考えてなかったですか
自分は結構積極的に打つタイプだからそんなにフォアボールはあんまり…

―逆王手についてチームとして追い詰められた感じはありますか
別にそこまで関係なくて、明日で全てが決まるし明日勝てば優勝だし、明日負けたら2位だし、それぐらい開き直ってやります。

―明日の鍵になる選手は
明日は間違いなくクリーンナップと投手陣です。

―明日の意気込みを
さっきもいいましたけど、明日何があっても決まるので、勝ったら優勝負けたら2位、そのプレッシャーを感じながらやりたいです。

梅田 広久

―今日の試合を振り返って
初回からこちらのいい打球とかも全部正面にいってアウトになっていたので流れが悪かったです。

―一死満塁でのピッチャーゴロの処理について
自分も飛んでくると思ってなかったのでちょっと慌てました。

―全体的に緊張はありましたか
マウンドに上がった時から緊張はしていました。

―今日のご自身の投球について
調子は悪くなかったんですけど、いつもよりは(球が)きてない感じはありましたね。

―なにか収穫はありましたか
あまり投げる機会がなかったので、経験という意味では収穫はあったなと思います。

―東大戦からずっと登板がありませんでしたがどのように調整してきましたか
投げ込みは出来る限り毎日やるようにはしていました。

―明大打線の印象は
上位打線がみんないいスイングをしているので甘くいくと打たれるので、そこを気をつけながら投げました。

―納富投手や本多投手の活躍は意識していますか
負けないようにという意識はしています。

―明日にむけて
明日も登板があったら全力で投げたいと思います。

石田 健大

―中1日の先発でしたが
昨日監督から言われましたが、その前から準備していました。

―明大の中軸に苦しんでいた印象でした
(勝負を)決めたいところできめられませんでした。球が甘くなってしまったことが第一の原因かなと思います。

―第1戦でホームランを打たれた高山、岡大両選手にはどういう意識で投げましたか
あのとき打たれたのは全部甘い球だったので、コースに投げ込んでいこうという気持ちで投げました。

―五回、先頭打者に二塁打を打たれたところでタイムがありましたが、監督とはどんな話をしましたか
バントもしてくるだろうが、ボールを置きにいくなということと、細かい作戦ですね。

―3戦を戦ったことで、明大のチームとしての印象が変わった部分は
やっぱりよく打つチームだなと。打線が点をとっても勝てない試合が続いているので、「ピッチャーが失点を最少にして試合を作らないといけない」と思います。

―明日の試合で法大はどんな意識で戦っていきますか
チーム全体は、勝つ方向にしか向かっていないので、あとはその勝ちに自分がどれだけ貢献できるかだと思います。

伊藤 諒介

―今日の試合を振り返って
まあ1点取られて、流れあんまり良くなかったんですけど、7回にちゃんと打てたので、これは明日につながるかなって思います。

―昨日は引き分けに終わって、気持ちの整理はついていましたか
いやもう昨日の時点で明日決めるっていうのをみんなが思っていたと思うので、今日負けたことによって土壇場と言うことで、明日が最後の舞台になると思います。

―1打席目はバントを成功させて、それが得点に結びつきましたが
バントは結構自身があるほうなので、エンドランもあるぞっていうふうに監督さんからも言われていたので、何が出ても良いように準備だけはして、打席に入りました。

―上原、山崎と明治の左投手から2安打を放ちましたが
でも来た球を打っただけなので、結果的にヒットになったんですけど、納得はしてないので、明日また打たないとって感じです。

―同学年の石田投手の投球をバックでどんな思いで見ていましたか
いい球が来ていたので、何とか抑えてくれって感じでした。

―今日も二桁安打を放った一方で、チャンスを生かせない場面もありましたが
まあ明治の投手の粘りもあると思うので、流石だなって思いますけど、明日はつながっていくしかないなって感じですね。

―昨日満塁のチャンスで惜しくもゲッツーになってしまった場面がありましたが
何も考えず打席に入って、来た球打つだけっていう結構集中も出来たので、本気で行こうってのはありましたけど、結果的にゲッツーになってしまって、久しぶりに凄い悔しかったです。

―明日勝ったほうが優勝ですが、意気込みを
もう全員で勝つだけです。

畔上 翔

―今日をふりかえって
勝ちたかったですね。

―二回裏には同点打を放ちましたが
ランナーが居たことは頭に入っていたので、どんな形であれしっかり返すことができて良かったです。

―石田投手のピッチングをセンターから見ていてどう思いましたか
そんなにストレートとかが悪くないと思ったんですけど、疲れが出ているのかなというのは感じました。

―初めての3連戦ということで疲労はありますか

ここまで来たら疲労とか言っている場合じゃないと思うので、ピッチャーが苦しければバッターがもっと助けてあげるというのが大切なのかなって感じました。

―昨日はノーヒットでしたが
昨日は昨日で悪いところが出てしまって、それを帰ってからの自主練習でしっかり反省することができたので、そういう切り替えもうまくいきましたし今日も意識して打席に入ることができたので、ヒットが生まれたのかなって思いました。

―初めての敗戦でしたがチームの雰囲気は
チームの雰囲気はそんなに悪くないですし、僕自身もそんな負けた気はしないです。負けた気っていうか負けたんですけど、また明日って感じですね。

―明日の明治の先発は関谷投手が予想されますが
どうなんですかね…僕の頭の中では色々とあの人だったりというのはありますけど、関谷さんも考えられますし、誰が来ても良いようにしっかり準備しとくだけです。

―明日の試合に向けての意気込みを
緊張するなって言われてもどうせ緊張すると思うんですけど、その緊張を最近は僕の中でうまく良い方向にもっていくことができているので、明日もしっかり緊張してやりたいと思います。

佐藤 竜一郎

―今日の振り返り
緊張した場面での代打だったんですけど、しっかり打ててよかったです。

―久しぶりの出場でしたが
東大戦から間が空いたんですけど、しっかり自分のバッティングを崩さないように練習からいつでも結果を残せるように調整してきました。

―チャンスでの出場でしたがどんな気持ちで打席に入りましたか
点差はあったんですけど自分が打てば3番、4番っていい先輩が続くので、とりあえず後ろにつなごうという気持ちで入りました。

―緊張はされましたか
はい。めっちゃ緊張しました(笑)

―なかなか追加点が入らない場面でのタイムリーでしたが
そうですね、流れを変えたかったので、ここで一点取っておけばってところで取れてよかったです。

―明日は負けられない展開となってしまいましたが
やっぱりここまで来るのは想定内というか、ここまで来てもなんとも思わないと思ってやってきていたので、明日はしっかり全員で戦えるように自分も出番があったら少ないチャンスを生かしていけたらいいなと思います。

―同学年の選手が多く出場されていますが
リーグ戦で出ている2年生はもうみんなヒット打っちゃって…自分だけ取り残されていたので、今日打ててほっとしてます。

―明大の印象は
2年生が多く同学年の選手がたくさん出ているチームなので若いチームで、やっぱり元気もあって勢いもあってとてもいいチームでやりづらいなと思いましたね。

―対戦してみて相手投手はいかがでしたか
やっぱりここまで来るだけあってすごい良いボール投げるので対戦がおもしろいですね。

―明日への意気込み
いつでも出ているように準備して少ないチャンスを生かしてやっていけたらいいなと思います。

若林 晃弘

―今日の試合を振り返って
守備で流れを作れなかったので、その分攻撃の時間が短くて守備の時間が長いというパターンで、悪い流れでいってしまったので…そこは明日バッテリーがどうにかしてくれると思うので、バッターは打つだけです。

―昨日の試合に引き続き山崎投手との対戦となりましたが、昨日打ったという打てるイメージを持って打席に入られましたか
打てるイメージというか、常に一打席一打席勝負なので、一球一球大切にしていこうという感じで打席に入りました。

―今日は2打席とも浅いカウントから打っていましたね
バッテリーからしたら甘い球は浅いカウントが多いので、そこはバッターとして逃さないでいこうという気持ちでいきました。

―九回裏は先頭打者でしたが、どのような気持ちで打席に入られましたか
自分が出れば流れが変わるかなという場面だったので…打てなかったですけど、初球であんな形で打ってしまったので、悔しいですけど、明日につなげていきたいと思います。

―2年生が多く試合に出ていますが、ライバル心を抱いている選手はいますか
今はどんどん(選手の)入れ替えがあるので、結果を求めて全員でやっているので、ライバルは全員です。

―明日の試合に向けて
明日はどんな形であっても最後に勝って、必ず優勝したいと思います。

展望

1勝1敗1分で迎える第4戦。法大の先発は船本が有力。対する明大は関谷が有力か。打線は明大投手陣に3得点に抑えられたが、11安打を放った。芯でとらえた打球も野手の正面をつくことが多く、打線は好調だろう。一方の投手陣は東大戦以来の登板となった梅田、3試合連続で登板した納富が明大打線を0に抑えている。先発投手が試合を作ることができれば流れは法大に傾くだろう。

 

フォトギャラリー

  • 201305271五回に集中打を浴び今季初黒星を喫した石田
  • 2013052723試合連続で猛打賞をマークした大城戸
  • 201305273七回に犠飛を放った河合
  • 201305274適時二塁打を放った畔上
  • 201305275リーグ戦初ヒット初打点を挙げた佐藤竜
  • 201305276スタメン復帰で2安打をマークした伊藤諒
  • 2013052771回2/3を無失点に抑えた梅田
  • 201305278七回の得点に結びつく安打を放った若林
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み