硬式野球

「秋季リーグ戦開幕直前特集~再び頂点へ」 座談会・左右のエースと扇の要編、2、3年生投手編

「秋季リーグ戦開幕直前特集~再び頂点へ」
取材日:8月31日

春は三嶋・石田という左右のエースの快投で開幕4連勝を飾り、スタートダッシュに成功した。しかし、リーグ戦終盤は疲労の影響で三嶋はケガで離脱し、石田も方に違和感を訴えた。秋はこの二人の1シーズン通しての活躍と二人に続く投手の台頭が不可欠である。

今回は左右のエースと扇の要編(三嶋投手、石田投手、土井選手、木下選手)と2,3年生投手陣編(船本投手、梅田投手、宮崎投手、六信投手、鈴木貴也投手)です!

法大のエース・三嶋と石田

左右のエースと扇の要

—夏の期間やオープン戦などは何を意識してやってきましたか
石田:そうですね…走り込みと投げ込みは特に意識してやってきました。
三嶋:僕は春の早稲田戦の時に肘を故障してしまってノースローが続いたんですけど、投げる以外で走ったりとかトレーニングしたりとか主にやってました。
土井:春終わった後に手を怪我してしまって、バッティングがずっとできなかったんですけど、その分守備に重点を置いて鍛えることができました。
木下:僕は春は打っても守ってもダメだったんで全部頑張りました!

 —今の調子は
石田:10で例えると6くらいです。
三嶋:僕は今は肘も治って順調に来ているんじゃないかと思います。
土井:いいときもありますのでこの調子で。でもやっぱり木下さんがいるので(笑)バッティングもしっかり振れてきています。
木下:やっぱり土井さんというお手本がいるので。そして自分は春は全然思ったプレーができなかったので、春に比べたら全然今の方が楽しいです。

—捕手陣からみる投手陣のいいところは
木下:かっこいいっす(笑)
土井:まあ春に比べたらよくなっているとは思うので、球も速いし、あとはコントロールを磨いてくれれば抑えられると思います。
木下:このお二方は特に普通に投げれば抑えられるので、自信を持ってマウンドで躍動してほしいです。

—逆に投手陣からみる捕手陣のいいところは
三嶋:(笑)えーと、二人は今まで野球をやってきた中ですごいいいキャッチャーだと思います。同じ大学にいるのがもったいないくらいですね。やっぱりどこに行ってもレギュラー張れるくらい位すごいので。オープン戦でもそれぞれと組んですごい楽しいですしいいと思います。
石田:木下さん、土井さんは投げやすいですし、体も大きいので的があるというか、何投げても止めてくれる感じがあるので。リーグ戦中も信じて投げることができているので、楽な気持ちで投げられるキャッチャーです。

—投手陣から捕手陣へ直してほしいところは
石田:ピッチングの時なんですけど、おふざけというかそれがちょっとあるかなーって(笑)でも楽しくやっているのでいいですけど…
土井:前までは乗ってきてたんですよ!
三嶋:僕はキャッチャーに育てられてきたっていうのがあるのでいつも感謝してます。

 —この二人以外にいい投手をあげるなら誰ですか
土井:まあ…よく怪我するやつなんですけど、宮崎っていう奴ですね。あいつの何にも考えてないところが逆に活きてくるかなと思います。
木下:自分は宮崎もそうですけど2年も4年も頑張っているので船本とか梅田とか、あと本多も最近いいんで。3年生に頑張ってもらいたいです。

 —下級生で期待の選手は
土井:自分は佐藤ですね、作新の。自分たちの代の多木みたいなところがあるので期待してます。
三嶋:ピッチャーをよく見るので、浅野ですね。春はオープン戦でも全然見なかったピッチャーですけど、球威もついてきて頑張ってほしいなと思います。
石田:浅野もそうですけど青木って言うピッチャーもいて、3人とも同じ左なのでお互い意識しながらライバル心持ってやっていけたらとは思います。

—他大学で尊敬する選手や対戦したい選手はいますか
木下:自分は他大学とそんなに絡みがないので対戦したいと言うか、全員いい選手だと思って戦ってます。
土井:自分は対戦したいというよりはもうやりたくない選手ばっかりです。
三嶋:弱気やな!(笑)自分は春に打たれたバッターにはもう二度と打たれたくはないですね。
石田:人はいないですけど、明治の選手とは、というか明治自体にまだ僕が勝ち点をとれてないので明治にはすごい強い気持ちがあります。

—バッテリーからして嫌なバッターは
木下:この前東洋と試合したときにバッターがボール球を全く振らなくて、長打力があるバッターよりそういうバッターの方が打ち取りづらいなと思いました。
三嶋:足もあって小技もあって小さくてちょこちょこ当ててくるバッターが大っ嫌いです!大嫌いというか苦手ですね。
石田:僕は三嶋さんと逆でストライクは全部振ってきて初球からでもどんどん振ってくるバッターは怖いな—と感じたりはします。

—土井選手と三嶋選手は4年生ですがプロは意識してますか
土井:いいえ!
三嶋:まあ僕は、はい。

 —憧れや、お手本としている選手はいますか
石田:杉内投手です
土井:答えるの早!自分は…(木下に目を向けながら)言わないですけど。
木下:自分は…
土井:別に俺って言えって言ってるんじゃないよ?(笑)
木下:言わないっす。絶対言わないっす(笑)自分は、そうですね、お手本とかじゃなくて、法政内にいい選手がたくさんいるので。キャッチャーで例えたら土井さんとか…(笑)バッティングでもいろいろいるんで。いろんな人から技を盗んでいます。めっちゃいいこと言ったな俺…
三嶋:タイプが似てる選手は見ますね。中日の浅尾選手とか松坂選手もたまにあ、いいなとか思います。

—チーム内で仲がいい選手は
木下:自分はみんなと仲いいですけど、その中でも仲がいいのは土井さんだと思うので、死ぬまで一緒にいれたらいいなと思います。
土井:かっこ笑いみたいな(笑)
三嶋:死ぬまでって書いてるけど大丈夫なん?
木下:大丈夫っす!
一同:(笑)
土井:やっぱ一番気が合うのは木下さんなんで(笑)でもキャッチャー陣はみんな仲いいです。
三嶋:学校とかでも一緒にいる(建部)建登といろんな話しますね。あとは同じ九州出身の後輩の納富とかは地元の話しますし、親近感あるというか、そんな感じですね。
石田:2年生はみんな仲いいんで。特に飯田と鈴木貴也と磯本が仲いいですね。よく4人でどっか行ったりはしますね。

 —甲子園はご覧になりましたか
木下:見ました。けど年々興味がなくなっていく自分が怖いです(笑)

 —注目選手はいましたか
石田:桐光の松井選手ですね。やっぱり左ピッチャーなので見てましたけどあれはすごいです。
土井:僕は大阪桐蔭のキャッチャーです。森ですね。
三嶋:僕はあんまりそういう目で見てなかったです。

 —今のチームの雰囲気を
木下:入学して3年ですけど、このチームが一番、あ、うーん…けどやっぱり間違いなく一番雰囲気いいんで。勝つためにやってる集団というか。オープン戦も簡単に負けた記憶はあんまりないんで、雰囲気は戦う姿勢になってると思います。
土井:うーん、自分の中ではいいです。
三嶋:今年のチームは4年生が出てるのが多いなって思うので4年生がしっかりしていればチームもまとまるし、だらけるとばらけるので4年生次第ということですかね…いいときもありますけど悪いときをよくしていくのも4年生なんで責任は感じています。
石田:1年の時と比べるとムードもよく建部さんがチームを引っ張っていってくれている感じはありますし、リーグ戦前とかもみんなを集めて優勝しようって言ってたのも去年はなかったし、そういうのも心に響いたりするんで春も今もすごくいい状態でリーグ戦にいけるなっていう雰囲気ではあります。

 —秋の目標や意気込みを!
木下:土井さんがいるんであんまり大きい声で言えないですけど、試合にとにかく出たいです。そして出たら法政のピッチャーが防御率のタイトルをとれるようにリードを頑張りたいです。自分のことはいいです、ときたま打てば。
土井:自分は木下が出ても大丈夫だとは思いますけど、もしこいつがダメなときに出てもいいとも思っているんで。試合には出たいですけど、試合に勝つためには良い選手を使うのが普通なんで。自分の目標はベストナインなんで頑張りたいです。
三嶋:上級生になってから不本意なシーズンばっかりで、悔いしか残ってなくて、自分の力を出し切ることができなかったことしかなくて。大学シーズン最後の秋になりますけど石田もいますし、投手陣全体で何よりも勝つってことに執着して、個人的にもしっかりとした結果を残せれば良いなと思います。
石田:自分が投げて勝つっていうのが一番いいことだと思うので。やっぱり三嶋さんがいるっていうのが自分の中ですごい大きくて気持ちの面でも楽に投げられることがあるので。その三嶋さんとやるリーグ戦も最後だしここで優勝しておかないと僕としても悔いが残るので1年秋、2年春自分が投げて負けた試合もいっぱいあったんでその試合をなくして優勝に貢献できたら良いかなって思います。

2,3年生投手陣  

—改めて春のリーグ戦を振り返っていかがですか
船本:優勝できなかったので悔しいです。
鈴木貴:優勝できなかったのと、自分の結果としても納得いってない部分があって悔しいシーズンだったと思います。
梅田 :怪我する選手が多くて、そういったところもチームの負ける原因になったので、そういうところを変えていかなければと思います。
六信:大事なところで勝ち切れなくって、優勝できなくて悔しかったシーズンだと思います。
宮崎:優勝した早稲田とレベルの差は歴然としているので悔しいです。

—この夏はどんな課題をもって練習に取り組みましたか
船本:春に出た課題が自分の中で二つあって、ひとつはインコース、あとは変化球。それを今、重点的にやっています。
鈴木貴:リーグ戦が終わってから少し痛めていた右肩を治して、これ以上は怪我をしないためにトレーニングをやったり、リハビリをやるのに力を入れています。
梅田:制球力を苦しんだんで、この夏はそういう所を課題にして練習してきました。
六信:体があんまり強い方ではないので、体作りから取り組んでやってきました。
宮崎:投げるスタミナとスピードです。

—ここまでのオープン戦の調子はいかがですか、何か収穫はありますか
船本:順調です。課題がうまく良い方向に克服できてるので、自分としては良い感じです。
鈴木貴:怪我が治ってないのでこれからです。
梅田:春より四球がかなり減ってきて、調子もだんだん上がってきています。
六信:肘の調子が悪くて、まだ納得できる投球はあまりできていない状態です。
宮崎:ストレートの球威も上がったので良くなっている。

—現在、リーグ戦に向けて何か重視していることはありますか
船本:引き続きインコースと低めにきっちり投げることを意識してやっています。
鈴木貴:オープン戦に出だしたら無駄な四球を無くし、勝てる投球がしたいと思ってます。
梅田:四死球などで無駄なランナーを出したり、低めにボールを集めることを意識してやってきたいと思います。
六信:自分はあまり制球力が良くないのでしっかりコントロールを磨いていきたいです。
宮崎:二ヶ月間怪我しないような体作りを(笑)

—チームとして、あるいは投手陣全体を見て調子はいかがですか
船本:だいぶ良くはなってきてると思うんでけど、まだまだ甘い球とかすごい多いので、みんな。スタミナもみんなあんまり無いのでもっと投げ込んでいけたらいいなと思います。
鈴木貴:ランナーを出したとしても、要所を抑えるピッチングは出来ていると思うので、大事なところで決め球が決まってきているので継続していくべきだと思ってます。
梅田:オープン戦の後半になって、少し点を取られたりして疲れてきてるのもあると思うんですけど、またリーグ戦までしっかり走りこんで、良い調子でリーグ戦に臨めるようにしていきます。
六信:投手陣は調子は割と良いと思うので、引き続きリーグ戦でも抑えられればいいなと思いま

す。
宮崎:同じです。

 —他大の選手で意識してる選手はいますか(いなければ法大の選手でも)
船本:いないです。別に意識するとか無いんで、勝てればいいかなと。
鈴木貴:同級生の石田に追い付ければと思います。他大ではまだそんな意識するレベルではないので・・・
(一同):謙虚〜(笑)
梅田:明治の岡選手と慶応の山形選手。スピードの速いピッチャーを意識しています。
六信:リーグ戦でいい感じで投げている船本とか梅田に追いつけるように頑張っていきたいです。
船本:別に……(笑)
宮崎:特にないです。意識する前に自分が出来てないので……
(一同) :そんな謙虚にならなくても(笑)

—野球選手も含めて、理想とするスポーツ選手はいますか
船本:特に尊敬というのはあまりしないようにしているんで、目標とかにするとその選手を越えられないと思うので、日ごろから意識してないです。
鈴木貴:ちょっと思い浮かばないです。
梅田:自分はダルビッシュ選手です。常に上を目指している意識を尊敬してます。
六信:自分は特にいないです。
宮崎:目指している選手はいないですけど、好きな選手は元ヤクルトの伊藤智仁投手。親の会社の後輩で1回キャッチボールしたことがあって、「この人すげーな」と(笑) 自分が見たことのないようなボールを投げていたので。で、プロ入ったら「この人すげぇ」と(笑)

—梅田投手は同級生に国吉投手(現横浜DeNA)がいらっしゃいますが何か話したり、影響を受けたりしされますか
梅田:やっぱ電話で話したりすると自分のモチベーションも上がりますし、プロがどんなものなのかを色々と話してくれるので、いい参考になります。 

 —夏の高校野球はご覧になりましたか、気になる選手や試合はありましたか
(一同) :すこしだけ
宮崎:(大阪桐蔭の)藤浪はすごいと思いました。バッティングもすごい。でかい(笑)

 —みなさんの高校野球の思い出はありますか
六信:1回戦負けだったから何にもない(笑)
船本:決勝でサヨナラ負けしたので悔いがあったので、大学で優勝というのを飾れたらいいと思います。
鈴木貴:2年連続で決勝で負けて、最後の年もサヨナラ負けで悔しい思いで終わって。高校野球は悔しい思いしかなかったので、大学野球ではできるだけ優勝して喜びたいなと思ってます。

—練習がオフの日はどのように過ごしていますか
船本:買い物行ったり、カラオケに行ったりします。リフレッシュです。
鈴木貴:とりあえず寝て、部屋の掃除です(笑)
梅田:特に何も考えないで、起きてやりたいと思ったことをやります。
六信:自分も寮にいることが多いです。
宮崎:温泉に行くことです。温泉巡りです。
(一同) :巡ってはない(笑)
宮崎:こないだ箱根行った。温泉に入ることがリフレッシュです(笑)

—何かマイブームなどはありますか
船本:テレビで昔のドラマをやっているので見ます。最近だと「ランナウェイ」、「ドラゴン桜」を録画して見てます。
鈴木貴:ちょっと早く寝ることです(笑)
梅田:ハーゲンダッツのアイスを全種類食べようと思って。(とくに好きな味は)クッキー&バニラというやつです(笑)
六信:特にはないです(笑)
宮崎:観光地に行くことです。パワースポットとか心霊スポットとか。

 —最後にリーグ戦に向けての意気込みを
船本 :優勝あるのみです!
(一同) :カッコイイ(笑)
鈴木貴:できるだけチームに貢献して結果的に優勝できたらいいと思ってます。
梅田:打たれないように頑張ります。
六信:自分の結果はどうであれチームが優勝できればいいと思ってます。
宮崎:自分の結果は春の結果よりも良くすること、そして優勝です。

フォトギャラリー

  • 法大のエース・三嶋と石田
  • 正捕手を争う木下と土井
  • 仲のいいバッテリー
  • 左から宮崎、六信、梅田
  • 左から鈴木貴也、船本
  • 法大のブルペンを支える投手陣
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み