硬式野球
 
 

「秋季リーグ戦開幕直前特集~再び頂点へ」 座談会・4年生野手編、2,3年生野手編

「秋季リーグ戦開幕直前特集~再び頂点へ」
取材日:8月31日

リベンジの秋へ!六大屈指のタレント軍団を誇る法大。しかし、春季リーグでは期待されていた選手達が不調に陥り、ここ一番での勝負強さが欠けていた法大打線。早稲田との差は明らかであった。今秋は勝負強さを取戻し、王座奪回を誓う!

今回は建部主将、多木選手、岩澤選手、高木悠貴選手、伊藤慎吾選手の4年生野手編と西浦選手、大城戸選手、鈴木翔選手、伊藤諒介選手の2,3年生野手編です。

左から高木悠貴、多木、建部

4年生野手

―春のリーグ戦を振り返った感想をそれぞれお願いします

岩澤:春は優勝できなかったので悔しい気持ちを残したまま終わっちゃった感じでした。伊藤:やっぱり優勝できなかったので悔しいシーズンでした。
建部:個人的にキャプテンをやらしていただいて、本当に今まで野球をしてきた中で一番勝ちたいと思いながら試合をやってきたんですけど、それでも勝てなくて。チームワークは良かったんですけど本当に悔しいシーズンでした。
多木:チーム的にも個人的にも悔しい結果になってしまって、2位といっても優勝しなければ意味ないじゃないですけど、優勝を目指していたので悔しいですし、個人的にもまったく機能できなくてチームに迷惑ばかりかけていたので本当に悔しいシーズンでした。
高木:春は自分はずっと試合に出たのが初めての経験だったので、その中で優勝できなかったのはやっぱり悔しいシーズンでした。

 ―それぞれ春に見つかった課題や収穫はありましたか

岩澤:チーム的には早稲田が優勝して技術の足りなさというか、早稲田は良く仕上がっていたのでそういうところも突き詰めていかないなと思いました。
伊藤:最初の慶応、立教戦に勝った時はチームとしての一体感というかひとつにまとまっている感じがあって、その感じを秋は全試合を通して続けていければなと思いましたね。
建部:打者のほうが点を取れない試合が多くて、その中で自分が狙っていないボールでもいきなり振っていけるような技術が足りなかったかなと思います。
多木:課題というか僕自身まったく機能できていないシーズンだったので課題も何もないです。
高木:自分は守備で2つエラーしてしまったのでそこはやっぱり練習していますね。

―ではこの夏取り組んでいることはそれぞれありますか

高木:個人的には守備面でエラーをなくすようには取り組んできました。
多木:オープン戦を長いことやってますけど、良いピッチャーを想定してというか、相手がどんなピッチャーであっても常に良いピッチャーのイメージを描きながらここ一番で打てる集中力の部分を意識していますね。
建部:さっきも言ったんですけどやっぱり狙っていないボールをどう振れるかっていうことのためにバッティング練習から球を投げてもらったりして、チーム全体で意識して練習しています。
伊藤:僕は春終わってから怪我が重なってしまってここ2か月くらいほとんど何もできていない状態で、やれることが限られているので少しでも早く治して試合に出られるようにしたいですね。
岩澤:春もなんですけどバッティング面が劣っていたと思うので打撃力の向上に取り組んでいたんですけど、今もあまり調子は上がっていないのでリーグ戦までにはしっかり調整していきたいです。

―ではこのメンバーの中でここだけは負けないと自信がある部分はありますか
高木:(一同少し考えた後に)これって野球じゃなくてもいいですか?

 ―なんでも大丈夫です!

建部:じゃあ自分言っていいですか、最近ずっとキャプテンとしていろいろな人の前で喋ったりする機会があるので、いきなりパッと人の前で挨拶とかしてくれって言われれば結構噛まずに話せる自信はあります(笑)
伊藤:あ、じゃあ自分もしょうもないことならあるよ。この5人の中なら自分が1番早く寝ることができます。
一同:(笑)
高木:そっち系?(笑)じゃあ俺はゴルフの飛距離とかですかね。
建部:いや、みんなゴルフやってないからわかんないって(笑)
多木:なんやろうな、みんな言ったっけ?
岩澤:俺まだ言ってない。
一同:顔の大きさ!顔の大きさ!(笑)
岩澤:そっち?(笑)この5人ですよね。だったら腕相撲です。
多木:あぁー、なるほどな。えっ、俺ってなんかある?(笑)
高木:特にないかな(笑)
多木:じゃあ特にないです(笑)

 ―ではこの5人の中で秋こそは活躍してくれそうだと期待している選手はいますか

岩澤:やっぱりキャプテンの建部ですかね。
建部:(苦笑いしながら)自分はやっぱり4年生が頑張って勝ちたいっていつも思っているんですけど、でもやっぱり多木くんが秋はやらなきゃいけないと思うんで、やってくれるんじゃないですか(笑)
多木:はい、自分っすね。やっぱり活躍できないと駄目なので。
伊藤:僕も多木くんだと思います。
高木:僕も多木くんしかいないと思っています。
一同:(笑)
建部:やっぱり秋は多木くんが打たなきゃいけないからね。

―4年生の立場から見て期待している後輩選手はいますか

高木:畔上が春ちょっと出てたんですけど、春のシーズンの間にヒットが打てなかったので、早い段階でヒットが打てれば流れに乗ると思うので期待しています。
多木:自分は投手の柱になる石田には頑張ってもらわないと勝てないと思うので石田ですね。
建部:自分も石田は春も頑張ってくれていたと思うんですけど、また力になってもらわないと困るくらいの存在なので石田ですね。あと、部屋が同じの(高木)悠貴も言った畔上です。畔上は本当に毎日練習を頑張っていて、あんなに練習しているやつは他にいないのであいつには頑張ってほしいですね。
伊藤:僕も石田には頑張ってほしいと思ってますね。
岩澤:自分は元同じ部屋だった西浦です。三冠王取るくらい打ってほしいなと思ってます。

―このメンバーで野球のアドバイスをしあったりとかはしますか

岩澤:自分は結構いろんな人に聞きますね。でいろいろ試したり取り入れたり、みんな結構アドバイスはしてくれるので。
伊藤:自分も結構聞きながら練習してます。
建部:自分は…(4人に向かって)俺って結構聞くほうだよね?このメンバーだったり試合出てる人には特に良く聞きますね。
多木:ほどほどに聞きますね。
高木:自分は聞かないっすね(笑) 

―では他大学も含めて意識いている選手はそれぞれいますか

岩澤:自分は2年生から試合にでている慶応の竹内には抑えられているので、そろそろ打ちたいなと思ってますね。
伊藤:自分は高校時代のチームメイトだった立教の前田です。前田は結構意識というか立教と試合するときは負けたくないなと思いますね。
建部:自分は六大学のキャプテンをやっている5人のことはすごく意識していて、特に松本幸一郎(立大)には絶対負けたくないです。結果的にバッティングの数字のことになってしまうんですけど松本には負けないように頑張ってますね。
多木:自分も松本ですね。1年の頃から出させてもらってますし。あとは上本(明大)ですね。
高木:高校のときから知っているので自分も上本です。やっぱり上本よりは結果を残したいですね。 

―皆さん卒業後は野球を続けられますか
一同:はい、続けます!

 ―では最後に秋のリーグ戦への意気込みをお願いします

岩澤:さっきも言ったんですけど、オープン戦何試合もやっているんですけどまだ結果も出ていなくて絶不調なので、もうこれ以上落ちることないんじゃないかってくらい落ちているので秋は自分のそういうコンディションも上げてキャプテンを胴上げしたいなと思っています。
伊藤:春の悔しさはもう二度と経験したくないので秋は優勝して、特に4年生でみんなを引っ張っていくくらいのつもりで優勝目指して頑張っていきたいと思っています。
建部:最後のシーズンなのでしっかりやらなきゃいけないのは当然なんですけどキャプテンとしてもしっかりみんなに信頼されるようにリーグ戦を頑張って、最後にみんなでおいしいお酒が飲みたいなと思います。
多木:自分はやっぱり春は機能できなくて、本当に悔しい思いをしてきたので秋は自分が全部打つくらいのつもりで、チームに貢献してみんなで喜べたらなと思います。
高木:自分たちはラストシーズンなのでやっぱり優勝したいですし、個人的には春以上の結果を残してその中でチームに貢献できたらと思います。

 2,3年生野手

—春のリーグ戦を振り返ってどうですか

 鈴木:自分、春は東大戦からしか出てないんですけど、大事な試合で落とすというのは痛いなと思いました。
西浦:前半2カードはチーム的に調子良かったんですけど、それ以降がダメで後半に強くならなきゃと思いました。
大城戸:みんな口を揃えて言うと思うんですけど、最初の2カードだけ調子良くて明治戦から試合の終盤にかけて失速していったので、そこさえ突き詰めていけば秋は優勝出来ると思うので、それをチームとして徹底していくつもりです。
伊藤:まあ、代打でしか出てないんで個人的には不甲斐ない思いです。

—夏にどんな練習をしてきましたか
西浦:基本練習が中心やったんですよ、基礎がしっかりしてないとダメだという監督さんの方針で基本練習をしっかりしてきました。
鈴木:オープン戦が始まる前は、試合をするにあたっての体力をつけるためにランニングをしてきました。
大城戸:夏は、ノックでボールを数多く捕って、数多く打って、数多く走ったんで、オープン戦中はそんなに練習出来ないんですけど、それまでの過程があるので。個人的には体幹を鍛えるなど基礎的なことしかしてないです。
伊藤:僕は夏バテするタイプなんで・・・
他3人:そうなん?(笑)
伊藤:はい。とりあえず体重を減らさないことを意識しています。だから今、凄い食べてます。

 —オープン戦での今の状態は
西浦:思うようにはいってないです。

—それは守備とバッティング両方ですか

西浦:守備は良いです。最高です(笑) バッティングがちょっと・・・監督さんとかに期待していただいてるんですけど、結果が思うように出てないんで何とかオープン戦で調子を上げていきたいです。
大城戸:20試合ほどやってきて、最初の方は全然ダメで調子が上がらなくて悩んだんですけど、それでもオープン戦とはいえ監督さんが使ってくれていてので、その分自分もちゃんと練習せなアカンなと思ってます。それが状態としては良いんですけど、なかなか結果に出てこないなって感じです。でも焦ったりはしていないです。
鈴木:去年の秋がどん底だったんで・・・。 自分、夏は調子良くなる方ではないんですけど、今年は良い感じできています。
伊藤:調子は最悪です。でも、もう少しで本調子には戻せそうな感じではあります。

—目標にしている選手はいますか

大城戸:金光監督です。
西浦:オリックスの大引選手です。
鈴木:キャプテンの建部さんでお願いします。
大城戸:じゃあ、俺は・・・
西浦:え、またお前?(笑)
大城戸:(伊藤を見て)お前先言って
伊藤:僕は特にいないです。
大城戸:マジか!(笑)
伊藤:はい。建部さん取られたらもういないっす。建部さんは凄いっす。
大城戸:俺もう一人言っていいの?んー・・・
伊藤:陽岱鋼で良いんじゃないですか?
大城戸:おお、そうや!日ハムの陽岱鋼選手のスタイルが好きです(笑)それを目指してます!

 —3年生から見て2年生はどういう後輩ですか

大城戸:陰キャラです。
伊藤:2年の僕はどうしたら良いんですか?(笑)真面目ってことにしておきませんか?陰キャラっていうのは・・・
西浦:真面目ちゃうぞ〜
鈴木:大人しいは大人しい。 
伊藤:上が上なんで・・・
西浦:よう言うたな(笑)
伊藤:今の3年生見てたら縮こまりますもん。

—普段はどんな話をしていますか

西浦:どんな話・・・
大城戸:話する?基本3年は部屋から出ないです。野球始まったら野球に集中するし、プライベートって言っても・・・。仲は良いんですけど、毎日生活している中でほとんど部屋から出ないですね。
西浦:野球の話せんくない?
大城戸:うーん。完治(河合)がいるんですけど、神宮の電光掲示板を3年の名前で埋めたいっていう話をすらぐらいです。 

—オフはどのように過ごしていますか

 (3年生が伊藤の顔を見て)オフの過ごし方言えよ(笑)
伊藤:ダメです、ダメです普通です。
西浦:言うてみ?(笑)
大城戸:誰と?
伊藤:いや、友達です、友達。
3年:え?(笑)
伊藤:なんでそんなにいじめるんですか?(笑)海行きます!
鈴木:治療してます。身体のケアしてます。
大城戸:ジム行ってます!
鈴木:俺ら夏、海行ったよな!
大城戸:うん、行った。
西浦:特に何もしてないです。

 —好きな芸能人やタイプを教えて下さい

大城戸:きた(笑)加藤あい、加藤あい、加藤あい!
鈴木:黒木メイサっす。
伊藤:深キョンですね。タイプは可愛い子です。
西浦:何か女優の名前言って!
鈴木:北川景子
大城戸:武井咲、綾瀬はるか・・・
西浦:目がキリっとしてる人・・・澤穂希で!澤さん格好いい! 

—野球の話に戻ります。リーグ戦で見てほしいところや、アピールポイントをお願いします
伊藤:スイングの強さです。
鈴木:全力プレーで!
大城戸:自分、怠そうに見えるんですけど気持ちは熱いところです。伝わりました?(笑)
伊藤:僕は分かります。
西浦:攻守交代の時・・・
大城戸:それな!
西浦:言ったらやらな、言っとくわ!
攻守交代の時、誰よりも早く帰ってきます。見といて下さい!

 —最後に秋の目標を

 大城戸:揃える?せーの!
一同:優勝!!!!

フォトギャラリー

  • 左から高木悠貴、多木、建部
  • 春はチーム最多の7打点
  • 早く復帰したい伊藤慎悟
  • 左から大城戸、鈴木翔
  • 秋はさらなる飛躍を誓う西浦
  • 激しいレギュラー争いを勝ち抜きたい伊藤諒介
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み