硬式野球
 

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第7週 対明大2回戦 土壇場で追いつく!若林、齊藤秀の連打で引き分けに!

東京六大学野球春季リーグ戦 対明大2回戦
5月26日(日)
神宮球場

開幕9連勝で王手をかけた法大。ここまで逆境になればなるほど力を発揮する明大。〝血の法明戦〟第2戦の先発マウンドに船本を送る。対する明大は山崎が登板し、法大打線の前に立ちはだかる。

201305261
同点打を放ちガッツポーズする齊藤秀

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 3 0 0 0 0 2 0 5 13 2
明 大 0 0 1 0 0 4 0 0 0 5 12 2

(法大)船本、青木勇、本多、納富‐木下
(明大)山崎‐坂本

メンバー

打順位置選手
1 (7) 大城戸 5 3 0
  R9 的 場 0 0 0
2 (5) 皆 川 4 0 0
3 (4) 河 合 5 2 1
4 (6) 西浦直 5 2 1
5 (3) 金 子 3 0 0
  R 岡 崎 0 0 0
  3 高 木 0 0 0
6 (2) 木 下 4 1 0
7 (8) 畔 上 3 0 0
  H7 若 林 1 1 1
8 (9)7 齊藤秀 4 3 1
9 (1) 船 本 2 0 0
  1 青木勇 0 0 0
  H 細 川 1 1 0
  1 本 多 0 0 0
  H 伊藤諒 1 0 0
  1 納 富 0 0 0

 

投手成績

 被安打奪三振四死球自責点
船本 5 2/3 8 4 0 4
青木勇 0 1/3 1 0 0 0
本多 1 2 1 0 0
納富 2 1 3 0 0

 

ベンチ入りメンバー

11 梅田(文4=秀岳館) 6 西浦直(営4=天理) 39 金子(キャ1=日大三)
16 本多(法4=法政二) 10 河合(法4=中京大中京) 9 大城戸(法4=藤井学園寒川)
17 納富(文4=九州国際大付属) 33 高木(文4=福岡大大濠) 26 鈴木翔(法4=法政二)
19 船本(営4=桐蔭学園) 3 伊藤諒(キャ3=神港学園) 27 的場(法4=法政二)
21 石田(営3=広島工) 4 岡崎(法3=作新学院) 28 齊藤秀(文3=北海学園札幌)
15 青木勇(法2=智辯和歌山) 7 吉澤(文3=桐蔭学園) 1 若林(営2=桐蔭学園)
2 木下(人4=高知) 5 佐藤竜(法2=作新学院) 8 畔上(キャ2=日大三)
20 安本(営3=広島商) 23 皆川(キャ2=西武台千葉)
22 中園(法3=いなべ総合学園) 34 細川(文2=福井工大福井)

戦評

試合が動いたのは三回表。この回先頭の8番・齊藤秀(文3=北海学園札幌)の右前安打、1番・大城戸(法4=藤井学園寒川)の今日2本目となる右前安打などで二死一、二塁のチャンスを作ると、3番・河合(法4=中京大中京)の遊撃手のグローブをはじく適時打で二塁走者が生還する。さらに左翼手からの送球が逸れ、ボールがファールゾーンを転々とするのを見て一塁走者の大城戸も生還し、2点を先制する。続く一死二塁のチャンス、4番・西浦直(営4=天理)が初球を叩き、左前にはじき返すと、三塁コーチの好判断で二塁走者の河合が3点目のホームを踏んだ。

しかし三回裏、明大がすぐに反撃に転じる。3イニング連続で先頭打者に出塁を許し、安打と犠打で一死二、三塁のピンチを招くと、3番・菅野が左越え適時二塁打を放ち、1点を返される。続く二死二、三塁のピンチ。しかし船本(営4=桐蔭学園)は崩れなかった。低めへ丁寧にボールを集め、中軸を内野ゴロに打ち取り、最少失点でこの回を切り抜ける。中盤は船本の投球が安定する。140㌔を超えるまっすぐを軸にテンポの良い投球で四回、五回と三者凡退に切って取る。しかし、六回裏に明大打線に捕まる。一死一塁、5番・糸原の打球は右中間を真っ二つ。スタートを切っていた一塁走者が一気にホームを陥れる。途中出場の原島の中前適時打で同点にされたところで、左腕の青木勇(法2=智辯和歌山)をマウンドに送る。二死一、三塁のピンチ。暴投で勝ち越しを許すと、失策でさらに1点を献上してしまう。なおも続くピンチ。これ以上の失点は許さないと、渾身のストレートで髙山のバットをへし折り一飛に打ち取る。

2点ビハインドで迎えた八回表。この回先頭の3番・河合の内野安打を皮切りに四球や失策で一死満塁のチャンスを作る。ここで打席に立つのは、代打の若林(営2=桐蔭学園)。前日の試合では先発として試合に出場するも無安打に終わったが、その悔しさをこの打席にぶつけた。2ストライクと追い込まれながらも粘った末に三遊間を破る左前適時打で1点を返す。応援歌「チャンス法政」が響き渡る中、今日2安打を放っている齊藤秀が左前適時打を放ち、ついに同点に追いつく。さらに続くチャンスで伊藤諒が打席に立つとスタンドのボルテージは最高潮に。勝ち越しへの期待が高まる中、振り抜いた痛烈な打球は投手の横を抜けたかのように思えた。しかし投手の山崎がこの打球を好捕し、併殺に切って取られる。

一進一退の攻防は同点のまま最終回へ。九回表、法大の攻撃は1番・大城戸から始まる好打順。大城戸が今日3本目の安打で出塁するも相手の好守に阻まれ得点することはできなかった。延長戦がないため勝ちがなくなった法大だが、昨日リーグ戦初勝利を収めた納富(文4=九州国際大付属)が走者を背負いながらも、最後の打者を空振り三振に仕留め、引き分けに終わった。

ミスからの失点で相手にいきかけた流れを、八回表に集中打で引き戻した。勝ちきることはできなかったが価値ある引き分けに持ち込んだ。七回表に代打で出場し、左翼線へ二塁打を放った細川(文2=福井工大福井)、八回表に値千金の適時打を放った若林、齊藤秀など、スタメンの選手だけではなく控えに回っている選手も与えられたチャンスで監督の期待に応え、結果を残しているのが今季の法大の強みだ。〝血の法明戦〟第3戦も総力戦が予想されるが、チーム一丸となり連覇をつかみ取るだろう。(鷲尾 祐貴)

試合後の選手のコメント

船本 一樹

―今日の試合を振り返って
最初、今日勝ったら優勝というのもあったので、ちょっと硬くなったというか。先頭バッターを出していて、途中から四、五(回)は良かったんですけど…ちょっと同じ攻めになりすぎたというか。左バッターが多かったので、同じところに投げ過ぎたかなというのはあったんですけど、引き分けだったので、負けなかったことは良かったです。

―今日は攻め方が良くなかったということですか
そうですね、同じパターンになっちゃったので、次回はそれに気を付けようと思います。

―投球リズムを掴みきれなかった要因というのは
…ちょっと分からないですけど、優勝が懸かった試合で投げられないのは、自分の弱さかなというのがありますけど。

―今日の試合に臨むにあたって、バッテリーの明大対策は
今まで通りきっちり投げれば打たれないだろうというのはあったんですけど…さっきも言った通り、同じ攻めを続けたのが今日打たれた要因かなというのはあります。

―前回の登板(早大2回戦)から変えた点はありますか
特に変えてないんですけど…まっすぐはどんどんよくなってきてはいるので(最速142kmを記録)、もう少しまっすぐを使えたら良かったなと思います。

―ストレートが良くなってきているというのは、何か取り組まれていることの結果ですか
フォームのことはいつも色々研究してやっているので、その成果が少しずつでてきたかなというのはあります。

―昨年の秋は、優勝のかかった試合には三嶋さん(現横浜DeNA)が投げられて、登板がありませんでした。そのマウンドを任されたことについてはいかがですか
すごい嬉しいことではあるんですけど、そこで結果を残せなかったことはやっぱり悔しいですね。

―試合前に監督からかけられた言葉はありますか
特には…「いつも通りいけば大丈夫だ」というようには言われましたけど…。

―明日に向けての意気込みをお願いします
明日も投げるとは思うんですけど、投げたらしっかり、今日の反省を生かして投げられたらと良いと思います。

木下 拓哉

―今日の試合を振り返って
そうですね、先制点を取れて良い出だしだったと思うんですけど、そこで点を取られて。簡単に勝たせてくれないというのはわかっていて、3対1から5対3にいくまでの点の取られ方も良くなかったので、結果負けなかったのが良かったと思います。

―船本投手の投球はいかがでしたか
甘い球がいったら打たれるというのは昨日わかっていて、それを気にしすぎていたところもあると思います。ただ中盤あたりはまっすぐも良くなってきたので。明日の試合も頼るところがあると思うのでしっかり投げてくれると思います。

―今季初登板の青木投手はいかがでしたか
もともと良い球を投げるピッチャーなんですけど、今日はちょっと緊張していたかもしれないですね。

―レフト線にヒットを放ちましたが
調子は悪いと思っていないので。それよりも一死二塁で回ってきたときに三振してしまったことがバッティングの中では一番の反省点だと思います。少ないチャンスで打つことを心掛けているので、打てなかったことが反省です。

―明日の試合に向けて意気込みをお願いします
まだ負けたわけではなく法政が有利というのは変わらないと思うので、明日も思い切りやって勝ちたいと思います。

西浦 直亨

―今日を振り返って
負けなかったことは良かったです。

―三回には貴重な追加点となるタイムリーが出ましたが
2点とった後でチャンスが続いていたので、その勢いのまま初球から打っていけました。

―チームは劣勢から引き分けに持ち込みましたが、ベンチの雰囲気は
最後まで全員が諦めなかったので、それが同点まで持ち込む結果につながったと思います。

―今日はブルペン陣の力投が目立ちましたがショートから見ていていかがでしたか
いつも頑張ってくれているので、なんとか援護したいと思っています。

―明治の粘りについてはいかがでしたか
やっぱり簡単には勝てない相手ですね。

―明日に向けて
無駄な失点をなくしていけたらいいと思います。

大城戸 匠理

―初めての引き分けでしたが
完全にうちが負けゲームだったので、その中で八回に若林と齊藤の二人が打ってくれて、引き分けによく持ち込んだなというゲームでした。

―先制して、追い抜かれて、追い付いた試合展開でしたが
今シーズン通して、うちが、法に分がある、向こうの方が点を取って逃げるのが難しいっていうことで、自分たちの攻撃をすれば大丈夫っていうのが根付いてるから、それは特には問題無かったです。

―普段より応援が多い中での試合でしたが、独特な緊張感とかはありましたか
緊張感っていうよりかは、これだけの応援してくれる人たちが駆け付けてくれて、僕らも野球していて応援が多い方が力にもなるし、だから応援している人たちの為にも勝ちたかったんですけど…。でも一生懸命応援してくれた分、今日引き分けになったんじゃないかなと思います。

―今日も3安打と打撃が好調ですが
今は結果を出すとかよりか、自分が塁に出ることが勝ちにつながるってことなので、逆にその結果を出すってことを意識してない分、結果が出てるんじゃないかと思います。

―首位打者が近づいて来ましたが、意識はありますか
首位打者っていうのは春始まる前から目標にしてきたことなので、別に驚いては無いですけど、とりあえずやっぱり勝たないと駄目なので、明日自分の目標である一試合一本、それを打ってから、チームが勝って、味わいたいなと思います。

―明日、最後の試合になると思いますが、意気込みを
明治も、今日は勝てた試合を引き分けになってしまったんで、分があるのは絶対うちだと思うので、明日で決めて、優勝して、みんなで、応援している人たちと一緒に優勝の瞬間を味わいたいなと思います。

納富 秀平

―今日の試合を振り返って
序盤リードしていましたけど、ただでは終わらないと思っていたので勝ちきれなかったことよりも、負けなかったことが大きい試合だと思います。

―八回から登板して無失点の好投でしたが
今日は昨日よりも調子が良かったです。

―九回二死から走者を出して意識したことはありますか
長打でサヨナラなので、長打がないように低め低めを意識して投げました。

―2日連続の登板となりましたが準備はいつからしていましたか
ずっと準備はしていたんですけど、追いつかれて逆転されて、追いついたら(登板)あるかなと思っていて、気持ちだけは切らないようにしていました。

―監督から何か声は掛けられましたか
今日はなかったですね。比較的に自分の思ったボールが投げられていたので。頷いてはくれていましたけど。

―応援席は満員ですが声援は力になっていますか
本当に心強くて。応援があると自分、頑張れるタイプなので。本当に心強かったです。

―明日に向けて
今日は引き分けで負けたわけじゃないので、本当に一つ一つのプレーを大事にして絶対勝ちたいと思います!

本多 秀憲

―今日の試合を振り返って
優勝が懸かっていたのでちょっと皆固かったんですけど、リードしていて、勝ちたかったですけど明治さんも死ぬ気でかかってきていたのでしょうがないです。嫌な流れだったんで引き分けでよかったです。

―嫌な流れを断ち切るような無失点のピッチングでした
そうですね、嫌な流れでの登板で、逆転された後で点が入らなくて自分の出番だったので、昨日の納富に助けてもらって、今まで先発陣が頑張っていて中継ぎが少しでも力になれたらと思っていたので。けど自分でピンチ作っちゃったんですけど、結果的に抑えられて良かったです。

―山崎選手を三振に取って終えましたがどんな組み立てを考えていましたか
外中心で、勝負球も外で、ヒットでも1点入ってしまうケースだったので低めに意識してアウトローに練習してきた球で勝負しました。カットとスライダーを組み合わせて。

―ガッツポーズもされていましたが
あそこはなんとしても抑えないと負けてしまうような展開だったので、死ぬ気で抑えました。

―応援もどちらも盛り上がっていました。力になったりマウンドで声が聞こえたりするんですか
しますね。非常に多くのお客さんが来てくれて、マウンドでも両サイドから大きい声が聞こえていましたね。自分の力になりますし、明治さんも応援来ていて、明日自分たちが優勝するかもしれないので人がもっと集まってきてくれたらと思います。自分はそこまで上がったりしないので。結構応援聞くと盛り上がってくるので。

―久々の登板でしたがどの様に調整をされてきましたか
オープン戦とかもあったのでそこで投げられたのと、ピッチング練習でもバッターとかを想定してやることやっているので、そこまで実戦離れの感じはなかったですね。

―一緒に中継ぎとしてやっていた納富選手の活躍はどう捉えていましたか
一緒に毎日平日練習してやってきたのでライバルというか刺激的な存在ですね。昨日とかも納富のおかげで勝てたので、自分も登板機会があればチームの勝利に貢献できるような投球をしたいと思っているので、納富のピッチングは勉強になるっていうかさすがでしたね。

―明日の意気込みを
自分たちはまだ負けてないっていうのがあるのでいつも通り一つの試合として考えて頑張りたいです。

齊藤 秀之

―今日の試合を振り返って
いやあ、今日もシーソーゲームでどっちに転んでもおかしくなくて、けど点の取られ方が悪かったので危ないなと思っていたんですけど、何とか追いついて負けなかったのが大きいかなと思います。昨日よりも危ないかなと思いました。

―ベンチでも後手に回っているような感覚はありましたか
そうですね、ちょっと雰囲気というか、もうちょっとしっかりやろうぜ、みたいな…バントのミスとか、エラーとかですね。

―今日は3安打打ちましたが狙い球を絞ったりは
(自分は)インコースに張っていて、最初のヒットは食らいつくだけだったんですけど、2本目3本目はインコースに張っていて打ったので、打てたのかなと思います。

―同点打について
打った球はストレート系、カットかストレートか。あれはもう完璧でした。あそこはもう今日の勝負所だったんでね。若林、僕とあと諒介のところで。あそこで勝ち越せれば良かったんですけど、まあしょうがないです。ああいう場面で打てたことは自信にもなりますね。

―今日の試合はどのように捉えていましたか
10連勝したかったです(笑)でもまあ負けなかったので、気持ちを切り替えてまた明日頑張ります。

―今、出場が対左の時となっていますが
そうなんですよ、ほんとは右の時も打ちたいですけど。左バッターにいい打者が多いので、うちは。でも与えられたチャンスを一個一個ものにするだけかな、と思います。まあ確率もあるので、右ピッチャーは左の方が打ちやすいし、監督さんも分かっていると思うので、まあしょうがないです。

―オープン戦から好調を維持していますが好調の秘訣は
慣れたんですかね、大学のピッチャーに。それが一番大きいと思います。

―これまでどんな練習をされてきましたか
インがもう打てなくて。キャンプでもバット何本も折って、監督に怒られて、っていうのを続けていて、それを打てるスイングになってきたのが大きいのかなと思います。そのスイングを変えることに必死でした。

―明日も王手がかかっている試合ですがどのように臨みますか
明日負けたらもっと苦しくなるので、できれば明日決めて、早く胴上げしたいですね。

若林 晃弘

―今日をふりかえって
最初は流れが良かったですけど、こっちのミスで流れが向こうにいってしまって、追い付くのは厳しい状況だったんですけど、チャンスを作っていこうとチームが諦めないでやっていった結果が、負けゲームですけど引き分けまでもっていけたのは大きいと思います。

―八回の代打の時にどのような気持ちで打席に入りましたか
自分が打ってやろうという気持ちで入りました。

―打球が内野手の間を抜けた時、どのような気持ちでしたか
すごく嬉しかったですね。

―対戦した山崎投手の印象は
試合をつくれる、ものすごくコントロールが良いピッチャーなので、打つのは難しいですけど気持ちで負けないようにしました。

―昨日はスタメンで、今日はベンチからの出場でしたが
昨日結果が出せなかったので外れて、今日はチャンスをもらって結果を出せたんで嬉しいです。

―明日の試合に向けて一言
今日で決めたかったですけど、明日勝って優勝したいと思います。

細川 雅生

―今日の試合を振り返って
今まで一回も出ずに、今日も出る幕はないのかなと思っていたんですけど、いきなり監督に言われて。代打で打てて良かったです。

―ベンチで準備はしていましたか
本当に直前で言われて、すぐに出て打席に入る前にちょっと振ったくらいで、その前は振ってないです。

―リーグ戦初出場でしたが
新人戦は出ていたんですけど、リーグ戦は初めてで緊張しました。

―今季は2年生が活躍していますが刺激になっていますか
サードの皆川の活躍を見ていて、そういうのは刺激になっています。

―明日に向けて
明日も出る機会があったら代打とかでも打ちたいと思います。

展望

第3戦の先発は第1戦に先発した石田が有力。試合展開によっては第2戦で先発した船本、中継ぎで好投を続ける納富や本多の登板もあるだろう。対する明大は関谷が有力か。毎試合好ゲームが繰り広げられている〝血の法明戦〟。先に流れをつかみ主導権を握りたいところだ。

 

フォトギャラリー

  • 201305261同点打を放ちガッツポーズする齊藤秀
  • 201305262振り切った打球は左前適時打に!
  • 201305263値千金の左前適時打を放った若林
  • 201305264同点に追いつき盛り上がるベンチ
  • 201305265七回を無失点に抑えた本多
  • 201305266八回、九回に登板し3奪三振の好投を見せた納富
  • 2013052673安打と好調のリードオフマン・大城戸
  • 201305268リーグ戦初安打となる二塁打を放った細川
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み