硬式野球

東京六大学野球秋季新人戦決勝 対明大 重かった1点...優勝回数並ばれる

東京六大学野球春季新人戦決勝 VS明 大
6月8日(金)
会場:神宮球場

 春季リーグ戦でも熱戦が繰り広げられた「血の法明戦」。連覇で最多優勝回数を伸ばせるか、はたまたタイに並ばれるか。リーグ戦とは違った静かな平日の神宮球場で、熱戦の幕が切って落とされた。

決勝の先発を任された青木

 

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 0 0 0 0 0 0 0 0 11 1
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 8 0

(明大)北田、古屋、○上原-坂本
(法大)●青木、金井、飯田、鈴木貴‐中園
 

戦評

 決勝戦の先発を任されたのは青木。毎回走者を出すもきっちりと要所を締め、無失点で切り抜ける。3回までは両校譲らず緊迫した試合展開が続く。この均衡を破り、先制したのは明大だった。4回表、2本の適時打を含む4連打を浴び、2点を先制される。

 しかし、法大もここで黙っている訳にはいかない。その直後の4回裏、先頭打者の4番・伊藤諒が二失で出塁し、5番・中園は犠打で得点圏に走者を進める。6番・山下は中前安打を放つも、打球は浅く、1死1、3塁。続く、7番・吉澤光が手堅く犠飛を放ち、1点を返す。このまま一気に逆転したいところであったが、後が続かず1点止まりに終わった。

 5回から金井、6回無死から飯田が初登板を果たし、追加点を許さず反撃を待った。明大の投手交代を機に畳み掛けたいところであったが、得点圏に走者を置いてもなかなか適時打に結び付けることが出来ない。そして7回からは昨日も投げた鈴木貴がマウンドへ。慣れた神宮のマウンドで、危なげない投球を見せた。

 結局適時打の出ないまま9回裏へ。1番・若林が四球を選び1死1塁とするも空振り三振、盗塁死でゲームセット。マウンド上は紫紺の歓喜に包まれた。

 「血の法明戦」と呼ばれるだけあって乱打戦も予想されたが、蓋を開けてみればお互い「あと一本」が出ない。法大は8安打を放つも、残塁13。春季リーグ戦での「チャンスでのあと一本」の課題が浮き彫りとなった。

 春季リーグ戦2位、新人戦準優勝と頂点に立てず悔しさの残る春となったことは間違いない。この悔しさを晴らし、秋は単独最多優勝となることに期待だ。

試合後の監督・選手のコメント

神長コーチ

―今日の試合を振り返って
今日の試合は投手がしっかり粘って試合を作ったのはいいですが、打撃の方が3点はとってほしかったですね。でも、すごくいい試合をできてよかったと思います。

―投手陣の出来は
合格。再三のピンチを2点に抑えたのは大きいですし、よくしのいだと思います。粘り強くやってくれました。

―先発の青木投手の出来は
リーグ戦で調子を落としていたのですが、今日はよく投げてくれました。ただこれからもっと全てを鍛えなおしていきたいですね。

―打撃陣の出来は
3点はとってほしかったです。これはリーグ戦でも言えることですけど、打撃に関してはこれからのウチの課題でしょう。

―守備がよく投手を盛り上げていましたが守備に関しては
合格でしょう。若いながらよく落ち着いてやっていました。

―相手投手の印象は
最後に出た投手(上原)はリーグ戦で投げててもおかしくないピッチャーで、よかったと思います。
ウチの打線はああいうピッチャーを打てるようにしないといけないですね。

―新人戦の優勝回数がならばれましたが
それはリーグ戦でもそうだし、新人戦でもそういうのは把握していました。もっと若いのを育てていかないといけないですね。

―秋に向けて抱負をお願いします
夏にしっかり鍛えなおして、その中から若い人たちが2、3人いまの戦力に入ってくれるとうれしいですね。そのためにしっかりと現状を見なおしていこうと思います。

 畔上選手

―今日を振り返って
神宮でヒットが打てていなかったし最近全然打てなくて、一試合一試合緊張していて。正直な話、打てるかな打てないかなと思って一打席目入って、打てなくて。でも三打席目でヒットが出て、すごく収穫のある試合だったと思います。

―九回裏の場面で自分に回って来いと思っていましたか
今までだと“俺に回ってこい”って思ってたけど、やっぱりバッティングは精神的なものが影響してて体が焦ってしまって打てなかったりするので、あの時は自分の中で意識することを意識して落ち着いていこうと思ってました。

―木製バットには慣れましたか
まだまだ全然です。

―高校のチームメイトがベストナインに選ばれていますが
結果を残しているからすごいと思うし認めなきゃいけない部分もあるけど、自分も負けないでしっかり活躍しなきゃいけないって気持ちもあるので、今は苦しい時だけどこれからやってやろうと思っているので、いい刺激になりました。

―秋に向けて
これから今まで以上にしっかり練習して体もつくって、ここで一皮二皮むいて秋には自信を持って一打席目から立てるようにしていきたいです。
 

青木投手

ー今日の試合を振り返って
コントロールが定まらず、ボール先行の苦しいピッチングになってしまいました。
  
ー同級生で同じ左腕の浅野投手が昨日初勝利をあげましたが刺激になりますか
自分は周りではなく自分自身との勝負だと考えているので、刺激にはなりません。
 
ー秋のシーズンに向けて
秋のリーグ戦に向けてこのままでは駄目だと感じました。
春より秋といううように、どんどん成長してチームの戦力になれるように頑張りたいです。
 

 鈴木貴投手

―今日の試合をふり返って
悔しいの一言です。

―決勝戦でしたが、プレッシャーは
プレッシャーは全然無くて、いつでも行けるように準備をしていました。

―投手陣全体の調子は
その日になって投げてみないとわからないんですけど、今日は調子がみんな良くなかったなりに、みんなでつないでよく抑えたなと思います。

―ロースコアの試合展開でしたが
向こうは打ってたのでとりあえずこっちは守って、守って。いずれチャンスが来るんだろうなと思ってたんですけど、向こうの方が一歩上でした。

―1点差でマウンドに上がりましたが
とりあえず自分が0点に抑えて、あとは野手を信じてとりあえず自分は抑えようという気持ちしかなかったです。

―投球内容について
ワインドアップのときの真っ直ぐの制球が高かったので、セットになってから変化球を上手く使えて投げれたと思います。

―明大打線について
よく粘ってくるな、とは思いましたね。

―準優勝という結果について
準優勝でも負けは負けなので、リーグ戦でも明治に負けたのでどうしても勝ちたかったんですけど、しっかり調整して秋リベンジしたいです。

―秋に向けて
またリーグ戦、新人戦が終わってチーム全体の課題とか個々の課題とか見つかったので、しっかり個々の能力上げてチームとしていいチームに仕上げて、また秋頑張りたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 決勝の先発を任された青木
  • 神宮は初安打を放った畔上
  • 192cmの大型右腕・金井
  • 追撃の犠飛を放った吉澤
  • 神宮初登板の飯田
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み