硬式野球
 

【硬式野球】プロ野球ドラフト会議2014 石田が横浜DeNAベイスターズに2位指名!

プロ野球ドラフト会議 2014
2014年10月23日(木)
法政大学野球部寮

本日、プロ野球ドラフト会議が行われ、石田健大(営4)が横浜DeNAベイスターズに2位で指名された。これで法大からは一昨年の三嶋一輝(横浜DeNA)、昨年の西浦直亨(東京ヤクルト)に続き3年連続でプロ入りとなった。

201410231
ドラフト2位で横浜DeNAに指名された石田

共同記者会見

―横浜DeNAベイスターズから2位指名となりました。今の率直なお気持ちを聞かせてください
今シーズンもなかなか良い状態ではない中でドラフトを迎えてしまったので、正直どうなるかなという思いがありました。こうして上位で指名してもらいましたし、DeNAベイスターズは法大からの先輩方が多くいらっしゃるので、切磋琢磨して頑張っていきたいなと思います。

―指名を待っている時の心境は
ずっとドキドキしていて、緊張しっぱなしで見ていました。

―プロ野球選手が近づいたと思うのですが、もう一度今の気持ちを聞かせてください
先ほども言いましたけど、法大の先輩方の存在はすごく大きいと思うので、色んなことを聞いて身に付けながら一軍でやっていける選手になりたいなと思います。

―今の気持ちをどなたに一番に伝えたいですか
今も家のテレビで(ドラフト会議の様子を)見てくれていると思うんですけど、両親はずっと気を使ってくれていましたし、たくさん迷惑をかけてきたので、まず両親に伝えたいなと思います。

―神長監督にお伺いします。ご自身の教え子になりますが、監督自身のお気持ちは
4年前にコーチとして法大にやって来まして石田と出会いましたが、その時に彼の能力が優れていることを直感しました。やはり1年生の時からリーグ戦に登板していましたし、将来的にはおそらくプロに行く選手になるんだろうなという想像のもとで4年間見ていました。先ほど本人はこの秋のシーズンについては納得のいかないということでしたが、まだまだ当然年齢も若く、プロの世界で勝っていける選手になる素質というのはすごく私自身感じていますし、指名をして頂けるように2人で願いながら見ていたところです。正直なところ同じ六大学の有原(北海道日本ハムファイターズ1位指名)さんであったり、中村(千葉ロッテマリーンズ1位指名)さん、山崎さん(オリックスバファローズ1位指名)といった選手が(ドラフト)1位で名前が挙がったということで、石田もだいぶやきもきしていたのは事実なんですが、DeNAさんが上位に挙げてくれたことは非常にありがたく感謝しています。

―法大からたくさんのプロ野球選手を輩出している中で、石田投手にはどのような選手になっていってもらいたいと思われていますか
石田と同じ釜の飯を食べた(DeNAの)抑え投手の三上(12年卒)であったり今年の開幕投手を務めた三嶋(13年卒)といった選手と一緒にやってきましたが彼は左腕ということで、横浜さんは今季左腕の先発投手の勝ち星がないということでしたので、おそらく球団として左腕のローテーション投手の獲得というものを目指しながらのドラフトであったと思います。その中で石田を選択してくれたということは、僕はもう来年からできればローテーションに入ってもらって、一緒にやった仲間とは右、左の違いもありますし、彼は彼で三嶋と同じようにローテーションに入るようなピッチャーになってもらいたいという期待感はDeNAさんには持っています。

―石田投手にお伺いします。監督からの期待の言葉を聞いてどう思われますか
先輩の三嶋さんも入団してすぐに先発ローテーションに入って何勝か挙げていますし、チームの役に立てるような存在に自分もならないといけないなと思います。

―指名された横浜DeNAベイスターズにはどういったイメージを抱かれていますか
すごく良い雰囲気で試合をしているということを感じるので、そんな中で一緒に野球をやれるのはすごく嬉しいなと思います。

―中畑監督は非常にエネルギッシュな監督ですが、どういった印象がありますか
元気でパワフルな監督だということは見ていてわかるので、その監督に負けないくらいの迫力のあるピッチングをしていきたいなと思います。

―セ・リーグにはたくさんの強打者が揃っていると思うのですが、対戦してみたい打者は
今はまだあまり実感が湧いていないのでそういった選手はいないですけど、良いバッターばかりなのは当たり前なので、そういう気持ちを持ちながらやっていきたいです。

―ご自身の1番自信のある球種を教えてください
やっぱり右打者のインコースへのストレートは自信を持っている球なので、その球をもっと磨いてプロの打者相手にも通用するようにしていきたいです。

―1年目はどのような目標を掲げてやっていきたいと考えていますか
まずは先発ローテーションで投げるということがすごく大きいことだと思うので、そこを目指してやっていけたらいいなと思います。

―具体的な数字は
まだあまりないです。

―先発ローテーションでやっていく中で、どういったところを伸ばしていかなければならないと感じていますか
今のままではまだまだ通用しないと思うので、どの部分に関してもレベルアップしていかなければと思います。

―こんな選手になっていきたいという意気込みを
やっぱり先発をしたいという気持ちが強いので、一試合を通してピッチャーから勝利への流れを作れる選手になりたいと思います。

―先程監督から有原投手らの名前が挙がった際にやきもきしたというお話がありましたが、その時の心境を振り返って
1位で(プロに)行くというのは小さい頃からの夢でもありましたし、同じ舞台でやっていた選手たちが1位指名されて自分はされなかったということはやはり悔しいというか、そういう気持ちはありましたけど、入ってからは順位は関係ないのでそれに関してはそんなに(気持ちは)ないです。

―ライバルとして有原投手の名前が挙げられることも度々ありました
多くの球団から指名を受けることは誰しも分かっていたことですし、僕自身も(有原投手が)どこに行くんだろうというのはすごく楽しみでした。これから先やっていく上でお互いが大学の時と同様にもっと刺激し合ってレベルアップしていけたらいいなと思います。

―お手本にしていきたい投手は
読売ジャイアンツの杉内俊哉投手はずっとこんな投手になりたいと思いながら見てきた投手です。ピッチングフォームであったり(投球)スタイルは、プロで活躍するのはこういう投手なんだなというものが自分の中でありました。

―日本の投手がメジャーリーグの舞台で活躍していますが、今現在でその舞台をイメージすることはありますか
今はメジャーのことは考えていないです。プロ野球という世界で野球をやりたいという気持ちだったので、まずはそこで活躍できる自分に成長していくことしか考えていないです。

スポホウ単独インタビュー

―改めてですが、今の心境は
ホッとしたというか、すごく嬉しいです。

―指名されたときはどちらで、どなたといましたか
監督室で監督と見ていました。

―指名されたとき、監督からかけられた言葉は
「おめでとう。良かったな」というように言っていただきました。

―2位という高評価でしたが
満足しています。

―奇しくも2年前の三嶋投手と同じ球団に同じ順位で指名されましたが
決まったことは決まったことなので、三嶋さんと切磋琢磨しながら、お互いやっていきたいと思います。

―やはりプロでも先発で勝負していきたいですか
そうですね。先発で使ってもらえるようなピッチャーにならないと、これから先も長くやっていきたいと思っているので、先発でやりたいという気持ちは強いです。

―目標としている選手像は
(巨人の)杉内投手みたいなピッチャーは見ていてすごいなと思います。(プロ入りは)そういう選手になるために一歩近づけたことだと思うので、もっとレベルアップしていきたいと思います。

―1年目の目標は
まだあまり実感が無いのであれですが、早く使ってもらえるようにアピールしてやっていきたいと思います。

―横浜DeNAの球団のイメージは
すごく雰囲気がいいと思うので、自分もそのムードに入っていけるようにやっていきたいと思います。

―現在、プロでやれる自信はどれくらいお持ちですか
調子もあまり良くなかったので、これから入ってからだと思うので、少しでも良かったときに戻れるようにしっかりやっていきたいと思います。

―プロで対戦した打者や投げ合いたい投手などは
あまりそういうバッターはいないんですけど、やっていく上でそういうバッターが出てくると思うので、今はまだ意識はしていないですね。

―同じ六大学の有原投手は日本ハム、山崎福投手はオリックスとパ・リーグの球団となりましたが
対戦する機会も少なくなると思いますが、どこにいこうがライバルはライバルなので、順位が違った分、プレーで返していきたいと思います。

―セ・リーグの球団ということで打席にも立ちますが
あまり意識はしていないですね。今まで通りという感じだと思います。

―プロ野球を意識したのはいつですか
高校からずっとですね。

―きっかけとなったことは何ですか
自分が上でやっていけると思った瞬間が高校の時にあったので、そこからですね。

―大学4年間で得たものは何ですか
野球に対する気持ちはもっと強く持ってやっていかないといけないと思うので、そういうところを大学に入って学んだと思います。

―大学4年間で一番印象に残っている試合などは
自分一人で投げきって勝った試合は個人的に全部印象に残っています。

―昨春の慶大2回戦では15奪三振で完封の試合がありましたが
そうですね。1番と言われたらそれだと思います。

―プロでやっていくに当たって伸ばしていきたい部分は
全部ですね。体も大きくしていきたいと思いますし、球も全部もっと力をつけていきたいです。

―DeNAの1位指名は亜大の山崎康晃投手でしたが、これまでに直接的な交流はありましたか
全日本(2013年に行われた第39回日米大学野球選手権大会代表)に選ばれた時からすごく仲が良いので、一緒に頑張っていけると考えると嬉しいです。

―今年はドラフト上位候補と評されながらなかなか納得のいかない1年になったかと思うのですが、やはり意識するものはあったのでしょうか
意識していなかったと言えば嘘になるのでもちろんありましたけど、もうちょっと良い結果を残せれば(指名の)順位も変わってきたのかなと思います。そこは受け入れてこれから先見返すつもりでやっていきたいと思います。

―広島出身ということですが、球団の希望などはありましたか
ありましたけど、欲を言えるほどの結果も出ていないので。とりあえず上位(指名)で行けて良かったなと思います。

―これまで横浜という土地に縁はありましたか
ないですね。4年間(寮のある)神奈川に住んでいたというだけで。

―同期入団となるDeNAの選手を見て、何か思うことはありますか
正直まだあまり分からないですね。山崎くらいしか分からないです。

―最後にプロ野球へ挑む意気込みをお願いします
自分の目標にしてきた舞台ですし、入ることではなく活躍して上に行くことが夢なので、そこを目指して頑張ってやっていきたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 201410231ドラフト2位で横浜DeNAに指名された石田
  • 201410232神長監督と堅く握手を交わし、プロでの飛躍を誓った
  • 201410233スポホウの単独インタビューにも快く応じてくださった
  • 201410234石田は会見後、共に汗を流した同期に胴上げをされた
  • 201410235法大野球部寮の前で、横浜DeNAの中畑監督と握手をする石田
  • 201410236中畑監督と抱擁し、報道陣に笑顔を見せた
  • 201410237DeNAのキャップを被り、ガッツポーズをする石田
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み