硬式野球
 

東京六大学野球秋季新人戦準決勝 対慶大 打線爆発で見事勝利、2季連続の優勝へ!

東京六大学野球春季新人戦準決勝 VS慶 大
6月7日(木)
会場:神宮球場

 法大にとって2季連続の優勝がかかる春季新人戦。準決勝の相手は初戦で早大に勝利し勢いに乗る慶応大学。横尾、谷田とリーグ戦でも活躍したルーキー2人が揃う強力打線を法大は封じることは出来るのか。

先制タイムリーを放った若林

 

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 12
慶 大 0 0 0 0 0

(法大)○浅野、川名、鈴木貴‐中園
(慶大)○明、佐伯、佐藤優、加嶋、横山‐藤井、鶴
[本塁打]
慶大:横尾2ラン(6回・川名)、谷田(8回・鈴木貴)

戦評

 試合が動いたのは3回表。先頭の7番・吉澤光が左前安打で出塁し、続く8番・細川の犠打などで2死3塁のチャンスを作ると、1番・若林の左前安打で効率良く1点を先制する。さらに4回にもこの日4番に座った伊藤諒、6番・山下のタイムリーなどで2点を追加し3-0と慶大を突き放す。
 しかし、その裏ここまで慶大打線を無得点に抑えていた先発の浅野がヒットと四球で無死1,2塁とされると、続く4番・横尾の打球を三塁手・森本がエラー。無死満塁と1打逆転のピンチを招いてしまう。その後2死満塁まで抑えるも7番・竹内惇にライト前へのタイムリーを打たれ、この回2点を返されてしまう。
 3-2のまま迎えた6回表。慶大の2番手・佐伯を攻めたて1死満塁のチャンスを作ると、7番・吉澤光、8番・細川、9番代打・高橋賢と三連続でタイムリーを放ちこの回一気に3点を追加し点差を4点に拡げる。

 しかし、その裏この回からマウンドに上がった川名が慶大4番・横尾に2ランを浴び2点を返され、なかなか主導権を握れない。それでもこの日の法大打線は勢いが違った。8回表に先頭の5番・中園がヒットで出塁すると犠打などで2死2塁と再びチャンスを作る。ここで再び8番・細川がタイムリーを打つと、7回からマウンドに上がった9番・鈴木貴も二塁打で続きさらに1点を追加。最後は2番代打・杉本がダメ押しのツーベースで9点目。その裏、慶応の5番・谷田に一発を浴びるも最後は鈴木貴が逃げ切りゲームセット。途中、慶大に詰め寄られるも、中盤に勝負強さを発揮した法大打線が乱打戦を制し2季連続の決勝戦進出を果たした。
 明日の決勝の相手は明大。今春のリーグ戦では4回戦にも及ぶ激闘を繰り広げ、また昨秋の新人戦でも決勝戦で当たっている因縁の相手だ。明日の試合は法大にとって2季連続の新人戦優勝がかかる大一番。両校とも打線の調子が良いだけに明日は法大投手陣の奮起に期待したい。(福田遥介)

試合後の選手・監督のコメント

神長コーチ

―今日の試合を振り返って
明くんもいいボール来てて、うちが先制点とれるかなと思ったところで若林が打ってくれたので、あの先制点が大きかったです。スコアとして越されなかったということで点を取られても取り返すいい野球ができたと思います。

―先発の浅野投手について
良かったと思います。エラーに足を引っ張られましたが、彼の持ち味が出て、先発としては合格で試合を作ってくれたかなと思います。

―今日は打線が効率よく得点を重ねましたが
まあ、スタメンもさることながら、代打でも2年生がタイムリーを打ってくれたのが大きかったですね。

―慶大の横尾選手、谷田選手の印象は
新人戦に出てくる選手で彼らはやはり一枚上かなと思いますね。なので、あのクラスを抑えないとリーグ戦には行けないんだという証のホームランを2発打たれた感じですね。

―1,2年生中心のチームはどんなチームですか
元々、高校時代から素材は優れていると思っているので、あとは試合の中のメンタル面ですとか、総合力というか、それをどう持っているものに肉をつけて、いい野球人にするかという手前だと思います。今はとにかく思い切ってやろうと、勝ち負け云々というより若さを出してフレッシュにやろうと。それができないと次にはつながらないと思います。

―明日の試合への意気込みを
明日負けると明治さんに優勝回数で並ばれてしまうので、そういう意味でも単なる法明戦ではなく、歴史の中で明治に並ばれるか、突き放せるかという試合で非常に楽しみですね。 

中園選手

―今日の試合を振り返って
勝てて良かったです。

―キャプテンとして意識したことは
特に自分がやることはなく、みんなでまとまっていけました。

―打撃の調子は
自分としてはバッティングより守備を意識したんですけど、5点取られてしまったので悔しいです。

―今日の法大投手陣の印象は
1年生が投げて、浅野も良く投げてくれましたし、川名も打たれましたけど、次から大丈夫だと思うのでいい経験になったと思います。

―慶大打線の印象は
横尾、谷田とホームランを打たれてしまって、本当にいい打者だなと思います。

―明日への意気込みを
去年、先輩たちが優勝しているので、連覇したいなと思います。

浅野投手

―今日の試合を振り返って
5回2失点という内容だったんですけど7,8回まで投げたかったですね。

―初めての神宮のマウンドはいかがでしたか
思ったよりも地に足が着いていて思うように投げられましたし、中園さんのリードを信頼してどんどん投げることが出来ました。

―緊張はされましたか
そうですね、やっぱり少ししました。

―今日心がけたことは
両コーナーを丁寧に、低めに打たして取っていこうと意識していたので、そういう面では良かったと思いますね。

―先発はいつ告げられましたか
今日の朝ですね。

―先発への準備は出来ていたのですか
いや、3日4日前くらいから心の準備はしていたので、いつ行っても良いようにというのはあったので。その辺りは上手くコントロール出来ましたね。

―慶大打線で意識した選手は
やっぱり4番、5番の横尾、谷田ですね。

―自身の持ち味は
テンポ良く、ストライクを取っていくピッチングです。

―ご自身の中で今日はそれを達成できたと思いますか
そうですね、最初にしてはまぁまぁ良かったかなと思いますね。

―チームの雰囲気は
もう先輩方が引っ張ってくれていて、1年生はそれに着いていくだけという感じで。投げやすかったですし雰囲気も良かったです。

―その中で中園選手とは試合前に何か話しはされましたか
自分の良いところはいっぱいあるので、中園さんがそれを活かすので、お前はどんどん投げてこいとすごく心強く言って頂いたので安心して投げることが出来ましたね。

―明日に向けて
今日は打線が打ってくれて勝てたので、明日はピッチャー陣がしっかり抑えて勝てるようにしたいですね。

フォトギャラリー

  • 先制タイムリーを放った若林
  • 先発の役割を果たした浅野
  • 4番としての存在感を見せた伊藤諒
  • ほろ苦い神宮デビューとなった川名
  • 将来の慶大の4番候補・横尾
  • 豪快なHRを放ち格の違いを見せつけた谷田
  • キャプテンとしてチームを引っ張った中園
  • 慶大の反撃を許さなかった鈴木貴
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み