硬式野球

東京六大学野球春季リーグ戦 対東大1回戦 あわやサヨナラ負け...1点差で辛勝

東京六大学野球春季リーグ戦 第7週 VS東 大 1回戦
5月26日(土)
会場:神宮球場

 前回の早大戦を落としてしまい春季リーグ優勝の可能性が無くなってしまった法大。今日の先発は先週の早大戦 で5回4失点と調子の出なかった石田。対するは東大の先発は初馬。秋のリーグへいい形で繋げるためにこの東大戦は結果だけでなく試合内容にもこだわっていきたいところだ。

先制のホームランを放った高木悠

トータル試合結果

 12345678910HE
法 大 0 1 0 0 1 0 0 0 0 1 3 11 0
東 大 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 11 0

(東大)初馬、●毛利‐岩瀬、飯嶋
(法大)石田、船本、○宮崎(2勝)‐土井

[本塁打]高木悠1号ソロ(2回=初馬)、大城戸1号ソロ(5回=初馬)

戦評

  試合が動いたのは2回表、高木悠が第1号右越えソロ本塁打を放ち法大が幸先よく先制する。
 しかし、その直後の2回裏、先頭の4番・山本に左前安打を浴びると、続く5番・香取が送りバントを決めて1死2塁。6番・笠原の三ゴロの間に2塁ランナーが進み2死3塁。そして7番・中杉が右前適時打を放ち東大がすかさず試合を振り出しに戻した。勝ち越し点が欲しい法大は5回表、2番・大城戸が第1号右越えソロ本塁打を放ち再びリードを奪う。
 先発の石田は4回の三者凡退以外は毎回ランナーを出す苦しいピッチングであったが、要所はしっかりと締め5回1失点被安打6でマウンドを降り、6回からは船本がマウンドに上がった。その後互いに点が入らないまま試合は試合はいよいよ9回裏へ。先頭の4番・山本を一飛に打ち取ったが、続く5番・香取に内野安打を許すと、6番・笠原にも右前安打を許し1死1、2塁。そして7番・中杉に左前適時打を浴び、土壇場で同点を許してしまう。船本はここでマウンドを降りて、宮崎がマウンドに登る。1死2、3塁という一打サヨナラのピンチを宮崎は2者連続三振で切り抜け試合は延長戦へと突入する。 
 10回表、今日先制のソロ本塁打を放っている6番・高木悠が右越え二塁打で出塁し、無死2塁。7番・多木が内野安打で出塁し、さらに盗塁を決めて無死2、3塁。この勝ち越しのチャンスに6回から代打で途中出場の9番・鈴木翔が右儀飛を放ち法大が貴重な勝ち越し点を上げる。
 10回裏は宮崎が危なげなく抑えて試合終了。一打サヨナラの場面など苦しい場面もあったが、何とか勝利を手にする事ができた。しかし、内容を振り返ると少々不安の残る試合となった。(天田 小太郎)

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日は前半あれだけチャンスを潰していれば、あのような展開になるということですね。チャンスで回ってきたら自分のバッティングができないという脆さを感じますよね。

―今日の先発は三嶋投手でなく、石田投手でしたが
三嶋は先週の肘の調子が回復しなかったので、この春はもう投げさせる機会はないと思います。

―初馬投手の印象は
そんなに球威があるわけではなかったんですけど、粘り強く投げますよね。そこは見習わなければいけないところですよね。

―東大打線の印象は
シャープにコンパクトに振ってくる感じはしますよね。

―高木選手と大城戸選手に初ホームランが出ましたが
まあ、ホームランはヒットの延長ですから、ホームランを最初から狙っていたわけではないのでね。

―9回のピンチで宮崎投手には何と声をかけましたか
ここは三振を取りに行く場面なのでね、自分の1番いいボールを投げなさいということを言いました。

―明日の試合の意気込みを
チーム状況は決して良くないので基本をきちっとやるしかないんですけどね、そこのところを選手が分かっているかどうかだと思います。

高木(悠)選手(5打数3安打1打点1HR)

―今日の試合を振り返って
苦しい試合でしたが勝てて良かったです。

―初ホームランについてはいかがですか
打った瞬間入った、という思いもありましたが、ちょっと泳いでいたので必死に走りました。

―粘っての自打球もありましたが影響は
爪の中が内出血していて、アイシングしようと思います。

―東大・初馬投手の印象は
緩急あるピッチャーで、どっちかに絞って打とうとチーム全体言っていたのですが…緩急上手く使えるピッチャーだと思います。

―東大打線で警戒した打者は
自分的には舘を警戒したのですが(代打でしか)出ていなかったので、キャプテンの永井や香取ですね。

―9回追い付かれた場面は何かチームで話し合いましたか
話し合ったわけではありませんが、あそこで点を取られたら終わりなので、一人ひとり集中してやれて良かったと思います。よく宮崎が抑えてくれたと思います。

―今日3安打と好調ですが、空き週に取り組んだことは
自分は何も考えるタイプじゃないので練習通りのバッティングができていたな、と。特に何かといって練習でしたことはないですね。

―早大戦を経て、チームはいかがですか
優勝はなくなってしまいましたがAクラスという目標、そこに向かってチーム全体で頑張れていると思います。

―次の試合に向けての意気込みをお願いします
明日で春のリーグ戦は終わりますが、秋に繋がるよういい勝ち方をして終わりたいと思います。

大城戸選手(6打数2安打1打点1HR)

―今日を振り返って
明治、早稲田、東大と続いて自分達の野球が出来ていないというのは間違いないのですが、その中で負けずに勝つことができたのが一番よかったと思います。

―今日特に意識していたことはありますか
あまり結果を出していない中でも監督さんが“調子はいいから”と言って使って下さったので、何としてでも期待に応えたいというのが自分の気持ちでした。

―今季初ホームランでしたが
打った瞬間“いったな!”というのは感じられたし、自分は高校通算四本と少ないんですけど、練習すればレベルは上がるんだなと実感できました。

―東大の初馬投手の印象は
腕を振ってくるというイメージがあって、ストレートも変化球もどんどんストライクを投げてくるので、その術中にはまったのではないかと思います。

―先週は空き週でしたが、どのような練習をしてきましたか
体力を戻さなければならないということで、チームとしてはランニングの量を増やしたりスイングの量を増やしたりして、個人としてもちゃんと練習はしてきました。

―明日に向けて一言
とりあえず今日一勝できたので、二勝してAクラス入って秋に繋がるような試合をしたいです。

宮崎投手(1回3分の2 被安打1四死球0奪三振3自責点0)

―今日の試合を振り返って
序盤に点が取れなくて苦しかったんですけど、皆が粘って勝利を得る事ができてよかったと思います。

―難しい場面での登板でしたが
ああいう場面で投げたのは大学で初めてだったので呑んでかかろうと思ったんですけど、結果がついてきてくれてよかったです。

―監督からはなんと言われて送り出されましたか
ここを抑えれば次の回に流れが変わるから、ここを頑張って抑えてくれと言われました、

―技術的にはどういうことを意識しましたか
ミスでランナーが出ていたので、三振を狙っていきたいと思っていました。

―最後に明日への意気込みをお願いします
明日勝てば春季は最後の試合なので、明日勝って秋に繋げられるような試合をしたいと思います。

鈴木(翔)選手(1打数1安打1打点)

―今日を振り返っていかがでしたか
僕は東大戦から(ベンチ入り)だったので、金光監督にチャンスもらって、結果を残せて良かったです。

―久々の出場でしたが感想は
楽しんでやろうと、開き直ってやりました。

―試合に出るためにこれまでやってきたことなどはありましたか
練習の後にスイングしたりとか…今までにないぐらい練習には打ち込んでたかなと思います。

―第一打席の初球打ちはどんな気持ちで臨みましたか
さっきも言ったんですけど本当に楽しんでやろう、って。結果はついてくるものだと思って…初球から積極的にいきました。

―10回の打席に心がけたことは
あの打席はもう気楽に、あの場面は犠牲フライでも良かったんで。監督にも前の打席のセンター前をイメージしていけ、という風に言われていたんで、気分的に楽に打席に立てました。

―明日の意気込みをお願いします
明日で最終戦になれるように頑張ります。

建部主将

―今日を振り返って
本当に負けられない試合だったので、苦しい展開でしたが勝ててよかったです。

―相手投手の印象は
あまり球威がない代わりに、自崩れしない投手だと思いました。

―チームの雰囲気は
優勝はなくなってしまいましたが、割り切って自分たちの野球をしようという気持ちで試合に臨みました。

―三度の出塁でチームに貢献しましたが
塁に出られたことはよかったのですが、欲を出して走塁でミスをしたことと、チャンスで打てなかったことが悔しいです。

―最後に、明日への意気込みをお願いします
最終カードなので、法政の一番いい試合を見せられるように頑張ります。

展望

 明日の先発は船本、もしくは梅田が有力だろう。対する東大の先発は香取が有力。今日の試合は得点が本塁打2本と犠飛が1本の3点と打線に元気が無かった法大。明日はもっと点を取り、良い形で春季リーグを終えて秋に繋げていきたいところだ。

フォトギャラリー

  • 先制のHRを放った高木悠
  • 1ホーマー含む猛打賞で打率を3割に乗せる
  • リーグ戦初HRを放った大城戸
  • 粘投で法大打線を9回2失点に抑えた初馬
  • 5回でマウンドを降りた石田
 
 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み