硬式野
 

東大戦直前特集~御手洗監督、永井主将、鈴木投手

東大戦直前特集
取材日:4月5日

優勝はなくなったが、なんとかAクラス入りしたい法大は今季最終カードで東大と激突する。今回は御手洗監督と東大のキーマンである永井主将と鈴木投手にインタビューしました。

キャプテンとしてチームを引っ張る!

御手洗監督

投手陣の活躍がカギを握る

―昨年を振り返って
0勝ということで非常に悔しい思いでした。実力は上がってきたのですが、やはり勝ちきれなかったですね。

―この春はどのような練習をされてきましたか
チームは失点を少なくするということでピッチャーの強化を。バッティングの方は点が取れるように、チャンスをものに出来ないことが多かったのでそれを克服することですね。たとえばバスターや外角打ちなど走者を進める練習ですかね。

―その成果は
やはり意識は高まってきてると思いますけど、その場面が来るとなかなか体が反応出来てませんね。相手もその場面になると打たせない投球をしてくるので、高度な技術も必要になってくるだろうなと。外角を攻められてもすぐに右打ちが出来るようにはなりませんしね。

―オープン戦の手応えは
そうですね、ピッチャーがしっかり抑えた試合もあれば打たれた試合もありますし、あとは本番でどのような試合ができるかですね。僕はピッチャー次第だと思っています。

―昨年のチームと比べて新チームはいかがですか
昨年は割と下級生の頃から出てた4年生が多かったのですが、今年に関しては舘君と永井君以外は初めてのようなものですから若干、小粒にはなっていますよね。なのでその分チームをうまくまとめて一つの方向に向かっていこう、という意識を持ってやっていると思います。

―今年の野手陣は主力選手が多く抜けてしまいましたが
まだ発展途上だと思います。4年生もいますけど2年生とかも多いので、今だんだんと固まってきたというところですね。去年の冬の合宿と今年の合宿はどっちも土のグラウンドでやりましてね、クロスカントリーもあったので体力をつけることに関してはかなりやってきました。また土のグラウンドで守備を練習することで「ボールをしっかりよく見て取る」という癖をつけさせたので、内野の守備も上達したと思います。ただ、これがリーグ戦になった時に初めて守る選手ばかりなのでね。やっぱりファインプレーはいらないので「ボールをしっかり取って送球し確実にアウトを取る」ということを意識させて野手の方は練習をさせてきました。

―一方で投手陣は鈴木選手、香取選手と主力選手が多く残っていますが
投手陣も試合をやってないとわかりませんけど、経験のある投手が多く残っているのは強みだと思っていますね。やはり、去年の春よりも秋の方が技術も上がってますし、初馬君なども出てきましたからね。それから香取君も4年生で最後ということで意識も高まっていますし、ケガさえなければ昨年よりも良いピッチングをしてくれると思いますね。

―期待している選手は
昨年も活躍した投手陣ですね。投手が活躍するのがこのチームが勝つ秘訣ですから投手陣ですね、その中でもやはり鈴木君ですかね。

勝ち点を取って上に行くことを目指す

―新入生はいかがですか
例年、入部自体が4月の3週目辺りに正式に決まるのでまだ見れてないですね。でも良い選手がいればどんどん春から使っていきたいですけど、ただブランクがありますからね。

―今年の法大の印象は
法政は毎年、良い選手が入ってますし実力は優勝出来るだけのものはあると思いますね。豊富な戦力ですし、いつ優勝してもおかしくないと僕は思っています。

―法大の中で警戒している選手は
うーん、やっぱり多木選手だったり3、4番を打つ選手ですかね。投手も三嶋選手だったり良い選手が多いので、卒業しても下から選手が上がってくるのでね。

―昨秋は鈴木選手の好投など法大とは非常に接戦となりましたが
それでも、特別良いイメージはないですね。あの時は鈴木君が良かったのでやはり投手陣の出来が大きいですよね。やはり法政は強いですよね、去年4番を打っていた伊藤(諒)君とかも今年さらに成長しているでしょうし、選手の層が厚いですよね。

―監督は今年の六大学をどのように分析されていますか
六大学も斎藤選手や、野村選手などの看板選手が卒業しましたよね。でもまた看板になるような選手がまた入ってくる、早稲田に入った日大三の吉永とか、明治でも岡や山崎、法政も左の石田とかいますしね。やっぱりそのような面では六大学は本当に選手層が厚いなと思っています。ただ、自分たちが戦っていく上ではそのような大学を倒さなければなりませんし、過去にも勝ったことはあるので恐れることはないなと。あと5大学の実力が非常に均衡していますよね。優勝した早稲田が翌年には5位に落ちたり、また春に4位だった明治が秋には優勝したりと立教が2位と好調で、慶応は春優勝しても秋は5位と上は均衡しているので、うちがその中に食い込んでいければまた面白くなってくると思いますね。

―今季の目標は
やはり勝ち点を取って一つでも上の順位にいくことを目指します。

永井主将

ハングリーに向上心を持つことが重要

-昨シーズンを振り返ってみていかがでしたか
勝つ力がなかった、と感じましたね。チームでも、個人でも。

-ご自身の成績については
打てなかったことだけです。

-それでも飛躍の感じられるシーズンだと感じましたが
うーん、それでも勝ちきれなかったということが一番大きいですね…

-新チームになって今の状況はいかがですか
試合経験が少ない選手が多いので、そこで全員がハングリーに、向上心を持ってやっていくことが大事だと思ってます。

-1年生は
まだ練習に参加している段階ではないですね。たまに練習を見に来る程度で。

-新主将としてどんな主将を目指していきたいですか
そうですね、主将になって責任感が生まれてプレーでもそれ以外でも引っ張る気持ちです。できるだけ全員の方向を向いて、みんなの後押しじゃないですけど雰囲気を作ったりできれば、と思ってます。

守りきる野球で勝利を狙う 

-冬にやってきたことは
段階を踏んでまずは下半身強化、そして振り込み、打ち込みの順でやってきました。

-個人の目標は
個人は打率。それとチャンスで回ってくることが多くなると思うのでしっかりそこで結果を残したいです。

-チームとしてどのように勝っていくか、プランは
守り切る野球ですね。しっかり投手陣が抑えて、守り切る、そんな感じです。そして勝ち点を取りたいです。

-東大での注目選手は
笠原ですね。新2年の、サードの選手なんですけど、とにかく読めない動きをする選手なので見ていて面白いと思います。

-法大の印象は
去年の選手がたくさん残っていて打撃がいい印象です。

-秋の法大戦は2戦とも接戦でしたが
自分は2戦目出てなくて悔しかったんですけど、チームとしてはやれる、勝つことに対するイメージができた試合でした。

-法大で警戒している選手は
投手だと三嶋選手、打者だと建部選手ですね。

-春に向けての意気込みをお願いします
まずチームとしては勝ち点を取ること。個人ではベストナインを狙いたいです。

鈴木投手

ストレートのレベルアップを図った

―昨年を振り返って
去年は下級生から出ている選手が多くて、勝つ可能性もあると思っていましたし周りからも期待されていたのですが結局勝てなくて。やっぱりもっと強いチームにならないと勝てないなということを実感しました。

―オープン戦を振り返っていかがですか
抑えた試合も打たれた試合もありますが、抑えたから良い打たれたから悪いとかではなくて、その試合で自分がやりたかったことが出来たかであるとか、どうして打たれてしまったかなどをしっかりと整理してリーグ戦では抑えられるように勝っても負けても次に活かせるようにしています。

―この冬はどのようなことを意識して練習をされましたか
ストレートのレベルアップですね。ストレートが良くなればいろんなことも良くなるので、そのために筋力アップとかフォームの修正などストレートに意識を置いてやってきました。

―自分の持ち味は
ストレートがそこまで速くないので三振を取れるようなタイプではないのですけど、いろいろなボールをいろいろなところに投げられるので、そのバランスというかコンビネーションで打ち取れているのかなという感じですかね。

―一番自身のある球は
変化球ではスライダーが一番ですかね。

目標は勝ち点奪取

―法大打線の印象は
個々の能力が高いので下位でも気が抜けないな、というイメージが強いですね。

―昨年は法大を抑えていますが投げやすさというのはありますか
1年生の時には打たれているのであまり…。でもこの前の抑えた時の良いイメージを持って次も投げたいとは思っています。

―その中で注意している打者は
多木選手はやはりいろんなヒットゾーンを持たれている方なので、多木選手の前にランナーを出したくないなとは思ってますね。

―今年の東大投手陣はいかがですか
今までは大事な試合で投げる投手というのが限られていたのですが、最近はフォアボールで自滅するような投手もいないので層は確実に厚くなってきたと思います。

―その中で台頭してきた選手はいらっしゃいますか
自分の同期だと浅井、新2年だと毛利とかボールもよくて結果を残していますね。

―今年のチームの雰囲気は
永井さんが明るく声も出しているので、それに皆がついていく感じで…。リーグ戦に出たことがない選手も多いのですがその分フレッシュにというか良い雰囲気で練習できています。

―文武両道の秘訣というのはありますか
そうですね…、大学では勉強の方は留年しないようにっていう程度なんですけど、やっぱり時間を上手く使うことですかね。

―では最後に今年の目標をお願いします
チームは勝ち点を取るということ。自分が1年の時に1回勝って以来勝ててないのですし、1つ勝つのはたまたまというか運とかもあると思うのですが、勝ち点というのはそのカードで2回勝つということなので、勝ち点を取ってこそ実力で勝つということだと思います。なので勝ち点を取ることですね。個人的には周りからも期待していただいている立場でもあって、去年は悔しい思いもしたのでしっかりと結果を残していきたいです。

  展望

早大の優勝が決まって迎える今季最終カード。相手は昨秋、苦しめられた東大。2試合とも1点差と楽に勝てる相手ではない。

 チーム状態のよくない法大の中でも今一番深刻なのは打撃陣である。レギュラーメンバーの中で3割を超えているのは一人もおらず、打順が固定できていないのもチームとして調子のいい選手が少ない為である。連打も少なく、今の打線の調子では大量得点は望めない。そんな中、昨秋4番を務めた伊藤諒が調子を上げ始めた。リーグ戦序盤は不振から代打が主な役割だったが、明大2回戦で今季初先発となると、3打数2安打3打点で復活を果たした。現在では規定打席には届いていないものの打率は3割を超えており今一番期待できるバッターである。その他ではチーム内打率トップ、早大2回戦でも唯一複数安打を記録した高木悠に期待がかかる。また大量得点を狙うには足を絡めた攻撃も必要になるだろう。

 投手陣はこれまで先発で牽引してきた三嶋と石田がそれぞれ肘、肩の違和感を訴えている。特に三嶋は前回の試合では途中降板しているだけに、先発をするのかが焦点となる。もし三嶋、また石田が先発しないとなると、オープン戦では好調だったものの、リーグ戦になっていい結果を残せていない船本や、リリーフで経験を積んだ梅田、鈴木貴が先発する可能性が出てくる。船本は慶大2回戦で初先発したが、4回3失点と結果を残せず、以後不調が続いた。何とか最後はいい形でリーグ戦を締めたい。三嶋、石田の両投手が先発しても、早い回での継投が予想されるので、上記の投手に加え宮崎などリリーフ陣の奮闘が必要になる。

 対する東大投手陣は8試合合計65失点と、毎試合炎上を繰り返している。今季は大黒柱である鈴木が1イニングしか投げておらず、初馬と香取が先発で登板しており、初馬は防御率3.98の好成績で孤軍奮闘している。いずれにせよ先発を降ろし早めに勝負を決め、楽な展開へ持ち込みたい。

 打撃陣では成瀬が好調でチームトップの.267を記録している。怪我だった西木も復帰後は安定した成績を残している。また打率は低いながら、相手に球数を投げさせ、しぶとく出塁しホームまで帰ってくる永井はなるべく塁には出したくない存在だ。落ち着いて一つずつアウトを重ねることが相手にとって大きなプレッシャーをかけることになる。

 優勝はなくなったが、リーグ戦は終わっていない。応援してくれる人たちのためにも手は緩めない。これまでに溜まった鬱憤を晴らすかのようなプレーを見せ、グラウンドで躍動する選手に期待したい。 (一戸)()()(9jjj

フォトギャラリー

  • キャプテンとしてチームを引っ張る永井主将
  • 絶妙な投球術で勝利に導きたい鈴木
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み