硬式野球
 

東京六大学野球春季リーグ戦 対早大2回戦 完敗...早大打線止められず

東京六大学野球春季リーグ戦 第5週 VS早 大 2回戦
5月13日 (日)
会場:神宮球場

昨日の敗戦で負けることが許されなくなった法大の先発は石田。対する早大の先発は、今季リーグ戦、防御率0.00の吉永。早い回に得点をあげて、勢いに乗りたい法大だったが、試合は一方的な展開となった。 

今季初の大量失点を喫する法大投手陣

トータル試合結果

 123456789HE
早 大 0 0 0 14 13
法 大 0 0 0 0 0 0 0

(法大)●石田(3勝2敗)、船本、梅田、宮崎、鈴木貴。‐土井。
(早大)○吉永(3勝0敗)、有原。‐地引。
[本塁打](早)杉山2号ツーラン(1回=石田)、吉澤2号満塁(9回=宮崎)

戦評

 試合は初回から動く。2死3塁から、4番・杉山に左越え2点本塁打を浴び、初回から2点を失ってしまう。
4回には、失策でピンチを招いてしまうと、8番・吉永の中前適時二塁打、9番・東條の中前適時打で、さらに2点を失ってしまう。
法大はその裏の攻撃で反撃に出る。1死から、3番・岩澤が右中間へ二塁打を放ち、出塁すると、パスボールの間に3塁に進み、さらにチャンスを広げる。ここで5番・土井が左前適時打を放ち1点を返す。
 しかし、5回には、1死2、3塁から6番・茂木が中前2点適時打を放ち、さらに突き放されてしまう。7回以降は毎回得点を重ねられ、点差は開いていく。9回には、8番・吉澤に左越え満塁本塁打を放たれ、4点を失う。9回、法大は持ち前の粘りを見せる。2死から、満塁のチャンスを作り、相手バッテリーのミスの間に、3塁走者・高木悠が生還し、1点を返す。しかし、反撃もここまで。攻撃の手を緩めない早大打線に、序盤、中盤、終盤と得点を重ねられてしまい、流れを引き寄せることができなかった。今日の敗戦で優勝の可能性がなくなってしまった法大だが、まだリーグ戦は終わっていない。次戦の東大戦に勝利し、良い形でリーグ戦を締めくくりたい。(鷲尾祐貴) 

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
今日は完敗なので…この早稲田戦は、うちにとってはいいところが一つも出てないのでね、これが今の現状かなと認めざるを得ないですね。

―試合前に何か選手に声をかけましたか
今日負けると優勝はないんだからと。こういう状況のときだからこそ選手に精神的な強さを求めて、スタートさせたんですが、チームとしてなかなかうまく転がってないときは歯止めができないんだなとつくづく思いました。

―早大の吉永投手の印象は
相手のピッチャーの印象うんぬんというよりもうちの展開に持ち込めず、向こうのリズムでやっていますので、いいところばかりが目立つような感じですね。

―このカードで感じた早大と法大との差は
う~ん、どうなんでしょう。やはりこれだけ力の差があるということを認めるしかないんじゃないですかね。これを詰めていくには、練習で本物の技術力をつけていかなければならないんじゃないだろうと思います。

―今日の石田投手の投球は
石田は立教戦のとき、肩の違和感があって本来の調子ではないのですが…それでも今日はエラー絡みの失点が痛かったですね。本当は点取るまで我慢してくれるのが1番いいんでしょうけど、やっぱり立ち上がりの2点、いきなりのホームランは今のうちの状況ですと大きかったですね。

―三嶋投手、石田投手とも肘や肩に違和感があるということですが
それだけ体力が身についてないということを認めていくしかないですね。

―東大戦での投手起用については
今はピッチャー陣全体が制球力含めて、良くないのでこの2週間の練習で状態のいいピッチャーを登板させるという選択肢しかないですね。この時点で誰をどうこうはないです。三嶋もちょっと、ああいう状態(肘に違和感がある)ですので、無理はさせられないでしょうね。

―多木選手が1番に入りましたが
今は何番に入れても変わらないので、気分を変えて1番でどうかと思いましたけど、内容が悪すぎますよね。精神的にも完全に立ち直る気配もないので、思い切って代えました。

―金光監督から見て多木選手のどこに不調の原因があると思われますか
そこは本人しか分かりませんね。ケガもありましたけど、去年のシーズン前もケガをして、本人の不注意もあるだろうし、きちっと調整してリーグ戦に入り切れていなということは本人が1番感じてるんじゃないですかね。結果的にリーグ戦は甘くないですよね。きちっとしたものを作ってリーグ戦に入らないといけないですから、多木に関してはそういうところじゃないですかね。

―試合終了後に選手には何と声をかけましたか
今日は全然勝負になっていないので、天皇杯取るために何が本当に欠けているのか、何が必要なのかというのは選手もしっかり考えて、それをチームとして考えて、秋に向けてしっかりしたものを作るしかないなという話をしました。それぞれがそれをやっていくしかないでしょう。まあ、落ち込んでばかりいても仕方ないので、東大戦に向けて選手がどれだけやれるかということではないですかね。

―東大戦への意気込みを
ここ最近、法政らしい形が出てないので、最終カードですから最後はしっかり締めて、秋に向けたチーム作りをしたいところですけどね、どこをどういう風にすればいいのかというのは難しいところですね。 

建部選手

-今日の試合を振り返って
こっちも本当に全然打てなくて、でも打たれっぱなしで…やられっぱなしの…試合になってしまって本当に悔しいです。

-プレーを見ていてとても悔しそうにしていた印象がありましたが
三振の時も本当に自分の力が出せなくて、悔しくて…もっと練習していかなきゃいけないな、と思います。

-優勝がほぼなくなってしまいましたが、キャプテンとしてこの結果をどう感じていますか
新チームが始まってずっと練習してきて追い込んで頑張ってきたんですけど、こうやって負けてしまって、優勝がない、ってなった時に、やっぱりそれ(ただ頑張るだけ)だけじゃだめなんだなって感じます。技術面であったり、冷静に物事を考えていかなきゃいけない場面であったり、気持ちの面であったり。いろいろなことがあると思うんですけど、キャプテンはそれに気を配ってやっていかなきゃな、って思います。

-自身の成績とチームの成績もだんだんと悪くなっていった感じですが…
やっぱり4年生、主軸が打たなきゃチームも勝てないですし、一人一人が打てなければチームも勝てない、そういう風になっちゃうんで、個人が線に、打線になっていければ野球は勝てる、その辺で個人が結果を出せなかったこともそうですし、つなげていけなかった、点が取れなかった、ということだと思います。

-最後に東大戦に向けて意気込みをお願いします
自分が今までリーグ戦でベンチに入らせていただいて、神宮で試合やらせてもらって、こんなに多くの人たちが応援してくれてほんとに感謝の気持ちがあって、すごく勝ちたいって気持ちがあったんですけど、負けてしまって…それでも変わらずいつも応援に来てくれる人たちがいるのでそういう人たちのためにも最後の東大戦、自分たちの野球を、精一杯堂々とやろうと思います。

岩澤選手

―今日の試合を振り返って
負けられないということは、全員が分かっていたのですが、それが気負いになって、ミスに繋がってしまったのだと思います。

―昨日は2安打、今日も長打を放ちましたが、打撃の調子は
今日も三振を2つしていますし・・・運良くたまたま当たってくれて、野手のいないところに飛んでくれただけです。

―明大戦から流れがあまり良くないようですが
どうしても投手頼りになってしまい、そのようなチームが先制点を取られるというのは、大きいことなので、投手に申し訳ないですし、打たないと勝てないと改めて感じました。

―疲れが影響しているのですか
(疲れが)ないと言ったら、嘘になりますが、冬場、どこよりも走ってきたので、体力的な面ではなく、技術的な面でまだまだなのだと思います。

―早大戦に臨むにあたり、建部主将とは何か話しましたか
もう負けられないから、死ぬ気でいこうとお互い話しました。

―東大戦に向けて
優勝はなくなったのですが、法政大学野球部として、プライドを持って、しっかりとした試合をしたいです。

土井選手

―今日の試合をふり返って
守備も打撃も全員駄目だったです。

―今日どのように試合に望みましたか
あと1つ勝てばまだ優勝があると言い聞かせて、自分達の基本的な守備だったりバッティングをすれば負ける相手ではないと思って試合に望みました。エラーがあったりバッティングも全部駄目なところが出たと思いました。

―先発の石田投手について
悪くないですけど、1回自分も送球ミスしたり後ろに逸らしたりそういうので打たれたと思います。石田の調子は悪くは無かったと思うのでそれを生かせなかったキャッチャーが駄目だったと思います。

―継投の投手について
調子はみんな良くないし、やっぱりリーグ戦のマウンドで先頭の四死球だったりピリっとしなかったです。そこの課題を秋にやっていきたいですね。

―吉永投手の印象は
甲子園優勝投手かもわかんないですけど、自分は打てると思ったし名前負けしていたら負けるので特に意識はしてなかったです。

―2打席目の適時打について
2死3塁なのでとりあえずここで1点取りたいと思ったので、そこでストレート系来るかなと思ったので待ってて打てて良かったんですけど、捕手は打つだけじゃなくて守ることが大事なのでそこを反省しています。

―バッティングの調子は
悪くはないと思うので、まだ東大あるのでしっかりやっていきたいです。

―チームの守備・打撃について
やっぱり練習しっかりやってきたんですけど、まだまだ足りなかったです。秋までまだ時間はあるので、普通のゴロを普通にアウトに出来るように基本を忠実にやっていきたいです。

―満塁打を打たれたときのベンチの雰囲気は
しっかり声を出していたんですけど、雰囲気は…あんまりわかんないです。

―チームの雰囲気は
まだ東大があるとみんな言っていたのでそこをしっかり、法政のユニフォームを着ているのでだれないようにしっかりやっていきたいです。

―東大戦に向けて意気込みをお願いします
優勝は無いんですけど自分のやれることを、神宮でやれることをしっかりやって秋につなげたいと思います。

石田選手

―今日の投球を振り返って
球自体は悪いと思わなかったのですが、結果が結果なんで。実力は相手バッターより下だと実感しました。

―今日の不調の要因は
いいバッターが並んでいる中で自分からカウントを悪くして、ストレートを投げなきゃいけないカウントにしてしまい、ヒットを打たれました。初球ストライクを意識すればこういう形にはならなかったと思います。

―先週フォームが崩れていたとおっしゃいましたが肩や肘に異変はありましたか
肩に違和感があってずっと投げていない状態でした。明大戦や慶大戦より球が悪かったです。リーグ戦中にケガしないのは当たり前ですが、出来ていない分チームに迷惑をかけてしまい後悔しています。

―明大戦から修正した点は
前の試合で横投げになったり、肘が低いと言われていたので直そうと意識しました。

―初回に本塁打を打たれてから どう立て直しましたか
あの球もそんなに悪い球ではなかったのですがカウントが悪い分、まっすぐを狙われていて全部自分の責任です。次のシーズンに向けて直していく課題です。

―早大打線の印象と警戒した打者は
戦う前から1番から5・6番辺りまでは全部注意しておこう思いました。みんないいスイングをするのでコースに投げわけてもヒットを打たれました。注意して投げたのですが真ん中に入ってしまったり…そこは課題です。

―5回のピンチで土井捕手・監督と話したことは
ここを守れば流れも来るだろう、と。「気合いで行け」と言われました。

―早大・吉永投手の印象は
今まで投げてきてずっと抑えていて、よい投手と聞いていたので負けられない相手でした。これからもずっと戦っていかなければならない相手ですが、相手の攻撃をゼロに抑えれば負けることはないと思っています。

―次の東大戦に向けて
優勝はなくなってしまいましたが、リーグ戦はリーグ戦なので、自分の出せる力をなんとか出していきたいです。

フォトギャラリー

  • 今季初の大量失点を喫した法大投手陣
  • 再び4番に戻ってきた伊藤諒
  • この試合、唯一のタイムリーを放った土井
  • 法大を7回3安打1失点に抑えたルーキー吉永
  • 今季初失点を許した梅田
  • 9回とどめの満塁弾を浴びた宮崎
  • チームトップの286をマークする高木悠
  • スタンドの応援団、ファンにお礼の挨拶をする監督、コーチ、選手
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み