硬式野球

東京六大学野球春季リーグ戦 対早大1回戦 投打かみ合わず、初戦を落とす

東京六大学野球春季リーグ戦 第5週 VS早 大 1回戦
5月12日 (土)
会場:神宮球場

 優勝するためには絶対に落とせない早大戦。法大の先発・三嶋は、先週の明大戦での3連投から中4日での登板となる。試合は開幕から4連勝と波に乗る早大と、死闘の末に勝ち点を落とした明大戦のショックをぬぐいきれない法大との差が出てしまうような展開となってしまった。
 

肘の違和感を訴え、降板する三嶋

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0
早 大 0 0 0 0 0 0 X

(法大)●三嶋(1勝2敗)、船本、宮崎、鈴木貴ー土井、木下
(早大)○高梨(3勝0敗)、有原ー地引
 

戦評

 初回から法大にチャンスが訪れる。1死から2番・伊藤慎が四球で出塁、3番・岩澤は相手のエラーで1アウト2、3塁とするも、4番・多木はセカンドフライ。5番・西浦直が四球で満塁とするが、6番・高木悠は空振り三振で先制ならず。一方三嶋の立ち上がりは上々、早大打線を三者凡退に打ち取る。

 3回裏、先頭の8番・高梨にツーベースを打たれる。犠打で送られ1死3塁のピンチを背負うも、1番・佐々木の三遊間への当たりに多木が素早く反応、ショートゴロで3塁ランナーはそのまま。続く2番・大野大から空振り三振を奪い、三嶋はガッツポーズを見せた。
 しかし、4回裏、先頭打者の3番・中村を二塁手・高木悠のエラーで出塁させてしまう。4番・杉山の三ゴロの間に走者を2塁まで進められピンチを招くも、5番・杉山を見逃し三振に打ち取り2アウト。しかし、ルーキーの6番・茂木にフルカウントからタイムリースリーベースを浴びる。さらに7番・小野田に四球を与えると8番・高梨にライト前タイムリーを打たれ、この回2失点。5回裏、1つアウトを取ったところで、肘の違和感により三嶋は突然の降板となり、船本がマウンドに。死球を1つ与えるも2つの三振を奪う。

初回のピンチを切り抜けた高梨は立ち直り、2回表は三者凡退に打ち取られる。3回、4回、5回は2死からヒットが出るも、後が続かない。6回表、先頭の4番・多木がライトへ大きな飛球を放つも、右翼手小野田の守備範囲。それでも次の5番・西浦直が四球で出塁、6番・高木悠がライト前にヒットを放つ。7番・土井は三振に倒れるも、8番代打・木下が四球を選び、2アウトながら満塁。この場面で9番代打・上戸を打席に迎えると、ここで早大のピッチャーが右腕の有原に代わる。これを見て金光監督は代打の代打で伊藤諒を打席に送るも、ショートゴロに打ち取られ好機を生かせない。

その裏から法大のマウンドには3番手・宮崎が上がる。先頭の5番・地引に粘られ四球を与えてしまい、内野ゴロ2つで2死2塁とするもヒットと四球で2死満塁。それでも1番・佐々木を空振り三振に打ち取りピンチを切り抜ける。

7回表は、2死から4番・岩澤がライト前にヒットを放ち出塁、相手の牽制悪送球で2塁まで進むも、5番・多木はサードにフライを打ち上げてしまい、1点が遠い。
 その裏、先頭の2番・大野大にライト前に打たれ、今日5度目の先頭打者出塁を許す。犠打と三振で2死2塁。ピンチの場面で4番・杉山は空振り三振に打ち取るも、5番・地引の打席で初球、2塁ランナーが三盗を狙う。捕手・木下は3塁に送球するもこれが悪送球となり、ランナーはホームイン。絶対にとられたくなかった3点目を献上してしまう。

8回表、2死から代打・高木智がレフト前に自信のリーグ戦初ヒットを放つも、8番・木下は空振り三振。8回裏は4番手・鈴木貴が3人で打ち取り、9回表へいい形でつなげる。明大戦第2戦では9回に4-0から追いついた。執念を見せてほしいところ。先頭の9番・伊藤諒が右中間を破るスリーベースヒットを放つ。1番・建部の打席では有原の制球が乱れ、有利なカウントにするも建部はファーストゴロ。3塁ランナーは生還し1点を返すも1死ランナーなし。有原は立ち直り、2番・伊藤慎は空振り三振、今日ヒット2本の3番・岩澤も見逃し三振で試合終了。

  早大よりも多くの7安打を放ちながら、要所を締められ1点に抑えられてしまった。お互いにミスも出て、法大のミスはことごとく失点につながったが、相手のミスにつけこむことはできなかった。優勝へ向け、勝ち点の落とせない早大戦の初戦で黒星。これで明日の負けは許されなくなった。三嶋の状態も心配なため、野手陣の奮起に期待したい。(牛島 春)


 

試合後の監督・選手のコメント

金光監督

―今日の試合を振り返って
展開的には先週の明治と同じように先に点を取られているのでね。そういう意味で初回、多木に一本出ていればチームが勢いに乗るんでしょうけどね、今の点を取れないという現状を表しているんですかね。

―三嶋投手が早い回で交代となりましたが
ひじの違和感が前の回から出てきていたので、まあ先頭打者の様子を見てと思ったんですが、無理そうだったので代えました。

―今日は多木選手を4番に置きましたが
打撃成績を見てもリーグ戦でいい状態の選手が見当たらないですよね。まあ、多木も良くないんですが、ここは多木で勝負しようということしかない状況ですね。

―今日の結果を受けて打順変更はありますか
打順を変更してもなかなか…正直言って、どういう打線の組み替えがいいのか難しい状態なんでね。明日は右ピッチャーなので、考慮するのはそこだけですかね。

―高梨投手と有原投手の印象は
決していいとは思いませんけどね、高梨君の低めに来るスライダーを見逃せるかどうかというのはゲーム前に言ってましたけど、あのボールを振らされていましたね。なかなか攻略の糸口がつかめなかったですね。

―早大打線の印象は
結果的にはエラーがらみの失点ですから、ピッチャーがコントロールミスをしなければ、大量失点するという印象はないのですが、ピッチャーの方が早稲田打線を抑えていって、うちのペースに持ち込めるようにしたいですよね。

―明日の意気込みを
明日負けると優勝はなくなるのでね、こういう状態ですけど、まだ優勝がなくなったわけではないので、もう一回集中し直して明日のゲームに臨みたいです。ズルズルいかないようにしたいですね。

建部主将(5打数0安打1打点)

 ―今日の試合をふり返って
なかなか打てなくてチャンスでも1本出せなくて、本当に悔しい試合でした。

―早大の印象は
ピッチャーがいいので、打って打ち崩さないと勝てないなと思いました。

―散発7安打に抑えられてしまいましたが
結構今までに比べて積極的に振れていないかなという気がするので、思い切って明日はみんな振っていきたいと思います。

―自信の調子は
個人的には悪くないんですけど試合で結果が出ないと何の意味もないので、試合で打てるようになんとかしたいです。

―チームの雰囲気は
周りのベンチの人たちがやりやすい雰囲気で試合をやらせてくれているので、いい状態ではあると思うんですけど、やはり負けてしまうとどうしても暗くなってしまうことがあるので、なんとか勝てるように(試合に)出ている人間がしっかりやっていきたいなと思います。

―明日に向けて
優勝に向けて負けられないので、なんとか勝って明後日につなげて早稲田戦で勝ち点を取れるようにがんばりたいです。

三嶋投手(4回1/3、被安打4、四死球1、奪三振5、自責点0)

ー今日の試合を振り返っていかがですか
とても勝ちたいという気持ちを持って投げましたが、5回で降りてしまって点も取られてしまったので、すごく悔しいです。
 
ー4回2死の場面では、監督とはどのような話をされていたのですか
あの時から肘に違和感があって、4回の守備が終わった時にトレーナーさんを通じて監督に言ってもらいました。5回裏の投球で球速も出ていなかったので、1死を取ったところで監督が来て、自分の体調が優先だということで交代になりました。
 
ー5回途中での降板については、どのようなお気持ちですか
悔しいです。
 
ー前回の明大戦では「リズムが悪かった」と四死球が多かったことを反省されていましたが意識はありましたか
とにかく、無駄なフォアボールは出さないということと、各回の先頭打者を出さない、ということを意識して投げました。
 
ー明大戦で3連投した後、中4日での先発でしたが疲れはありましたか
疲れは…どうですかね、分からないですね。たぶん疲労ではないと思いますが、投げる時のフォームが変だったとは感じていました。
 
ー早大打線にはどのような印象を感じましたか
下位打線も気が抜けないと思っていたので、そのつもりで投げました。
 
ー明日の試合への意気込みをお願いします
本当にこれからはどの試合も絶対に落とせないので、気を引き締めていきたいです。

多木選手(4打数0安打)

―今日の試合を振り返って
今日負けたことでもう自力優勝はなくなってしまったのですが、早稲田に連勝すればまだ十分に可能性はあるので、本気でやるしかないです。
 
―天王山の一戦の前の試合前のベンチの雰囲気は
明治に勝ち点落としてしまったので、もうみんなやるしかないというか、1つにまとまっていたので、ベンチの雰囲気は良かったと思います。
 
―久しぶりの4番でしたが、監督から何か言われましたか
特にはないのですが、これでも打撃の調子は少し上向いている感じはあったので、一本出ればまた乗っていけるかなとは思ってました。
 
―相手の投手陣・高梨、有原の印象は
去年よりも良くなっていました。低めの変化球のコントロールが凄く良くて、上手くかわされてしまった感じですね。
 
―最近打撃不振ですがどんな点に問題があるとお考えですか
そうですね…。確かにオープン戦の頃からそんなに調子が良くなかったのですが、主軸を任されている以上そんなことは言ってられないので、責任は感じています。
 
―通算100安打や主軸を任されているプレッシャーはありますか
プレッシャーはもちろんあります。ただ、もうそんなこと言ってられないので100安打とかそんなのどうでも良いんで、とにかくチームが優勝するために自分のやれることをやるだけです。
 
―一回の守備では好プレーもあったが
ピッチャーみんな頑張っているので、今は打てない分守備で貢献もしたいですが、やっぱりもっと打ってチームに貢献したいですね。
 
―明日の試合に向けて一言
もう勝つしかないので、チーム全員が一丸となって、後がない状況ですけど本気で勝ちに行きます。

高木智選手(1打数1安打 公式戦初安打)

―今日の試合を振り返って
先制点を取れなかったのが大きかったと思います。

―代打での出場でしたが、準備はしていましたか
ずっと準備はしていました。使ってもらい、期待に応えたかったので、打ててよかったです。

―リーグ戦初ヒットでしたが
素直に嬉しいです。

―今日対戦した有原投手の印象は
まっすぐがものすごく速くて、これからも手強くなると思います。困ったものですね。

―これからの意気込みは
残り全試合に勝って、優勝に繋げたいです。
 

明日の展望

 法大の先発は石田が濃厚。石田はここまでリーグトップタイとなる3勝の活躍を見せるも、明大戦では第2戦から3連投、明日は中3日での登板と三嶋と同様に疲労の蓄積が心配される。それだけに打線の大量得点に期待がかかる。
 
 対する早大の先発はここまで2勝負けなし、未だ無失点のルーキー・吉永が有力。手ごわい相手ではあるが、優勝争いのかかる神宮の舞台は初となるので経験力の差で圧倒したいところ。また、後ろには好調の有原も控えているだけに早い回での攻略が鍵となるだろう。
 
 今日の敗戦により優勝へもう負けは許されない法大。疲労からか拙攻、拙守が目立った試合となったがそのようなことも言っていられない。苦しい状況である今こそチーム全体が「結束」し、一丸となって勝ちを取りにいきたい。(福田 遥介)

フォトギャラリー

  • 肘の違和感を訴え、降板する三嶋
  • 初回のチャンスで凡退した多木
  • ランナーを出すも高梨を攻略できず
  • 3回1/3を投げ法大打線から6個の三振を奪った有原
  • 法大投手陣を支える宮崎
  • リリーフとして安定感ある投球を続ける鈴木貴
  • リーグ戦初ヒットとなった高木智
  • 最終回に意地のスリーベースを放った伊藤諒
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み