硬式野球 

 

【硬式野球】社会人対抗戦

東京六大学-社会人対抗戦 対Honda
4月1日(火)
神宮球場

4月12日の開幕を目前に控え、選手の調整はラストスパート。依然どのポジションも、激しいレギュラー争いを繰り広げている。今年の社会人対抗戦では、社会人野球の強豪・Hondaと対戦。中盤までリードするも、リーグ戦に課題を残す試合となった。

2
先発として期待される鈴木貴

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
Honda 0 0 0 0 0 4 0 1 X 5 7 0

(法大)鈴木貴、石田、●浅野、玉熊、堅田‐中園、安本
(Honda)○福島、吉越、仲尾次、櫻田‐佐伯、長谷川

打撃成績

打順位置選手
1 (4) 細川 3 1 0 右前安 二ゴロ     空三振        
  H4 岡﨑 0 0 0               死球  
2 (7)9 山下新 4 1 0 二ゴロ   左前安     遊ゴロ   見三振  
3 (6) 佐藤竜 3 0 0 空三振   一ゴロ     空三振      
  6 吉澤 1 0 0               遊ゴロ  
4 (3) 金子 3 0 0 二直   二ゴロ     遊ゴロ      
  3 伊藤晃 1 0 0                 投ゴロ
5 (9) 荻野 2 1 0   左前安   空三振          
  7 安慶名 1 1 0             四球   一安
6 (5) 伊藤諒 1 0 0   四球   中飛          
  H 堀井 1 0 0             右飛    
  5 皆川 0 0 0                  
  H 森川 1 0 0                 二飛
7 (8) 田中 2 1 1   中越え二①   空三振          
  H8 若林 2 1 0             空三振   右前安
8 (2) 中園 2 0 0   見三振     二ゴロ        
  2 安本 2 0 0             見三振   一ゴロ
9 (1) 鈴木貴 1 0 0   見三振              
  H 松田 1 0 0         見三振        
  1 石田 0 0 0                  
  1 浅野 0 0 0                  
  1 玉熊 0 0 0                  
  H 齊藤秀 1 0 0               空三振  
  1 堅田 0 0 0                  
    32 6 1                  

 

投手成績

  球数 打者
鈴木貴 4 59 14 2 2 1 0
石田 1 14 3 0 1 0 0
浅野 0 1/3 27 6 1 0 4 4
玉熊 1 2/3 26 6 1 4 0 0
堅田 1 24 6 3 2 0 1
8 150 35 7 9 5 5

戦評

試合が動いたのは2回表。先頭の5番・荻野祐介(経3)が2ストライクと追い込まれながらも、上手くレフト前に運び出塁。続く6番・伊藤諒介(キャ4)は四球を選び、チャンスを広げる。ここで回ってきたのは、持ち前のミート力を武器にオープン戦で台頭してきた3年生外野手の田中彪(法3)。「打て」のサインだったが、初球にバントし、ファールとなる。すかさず監督にタイムをかけられ、落ち着きを取り戻した直後。振り抜いた打球はセンターの頭を越す二塁打となり、先制点を挙げる。見事にスタメン器用に応える活躍を見せた。

法大先発の鈴木貴也(人環4)は変化球を巧みに使い分けながら、相手打者に的を絞らせないピッチング。「あまり調子は良くなかった」と言うも、4回を被安打2の無失点に抑え、リーグ戦の先発投手の座を掴みかけた。

このまま逃げ切りを図りたい法大であったが、3番手の浅野文哉(法3)が大乱調。1イニングに4四球を与えるなど制球が定まらず、この回一挙4失点。先発し好投を見せた前日のオープン戦とは一転、開幕前に大きな課題と不安を残した。

試合はその後、9回に反撃の兆しを見せるも、得点につながらずゲームセット。一試合12個の三振を喫すなど、打線は低調気味なのが気がかりだ。リーグ戦での奮起が待たれる。

社会人野球は「一つひとつのプレーに対してしっかり準備ができていて、それをしっかり遂行してくる」と安慶名舜(経4)が言うように、学生野球とのレベルの差を痛感。優勝を目指す選手たちにとって、この試合で多くのことを肌で感じたようだ。(川添岳)

試合後の監督・選手のコメント

神長 英一 監督

―ここまでのオープン戦では4番で起用していた伊藤諒介選手を6番に打順を変更しましたが
打順はまだ決めていないので、これから決めていきたいと思います。彼はこれから(調子が)上がってくると思うので、心配はしていません。

―けがをしていた山下新選手の状態は
良くなってきていると思います。あとオープン戦が3試合あるので、そこで状態を見切りたいと思います。

―率直に今のチームの課題は
攻撃面も守備面もまだまだです。もちろんもっと上を目指して、4月12日の開幕に照準を合わせていきたいと思います。

―開幕が近づいてきていますが、チームの雰囲気は
いつもと変わらずにいいです。

―開幕に向けて意気込みをお願いします
開幕ダッシュを目指して戦っていきたいと思います。リーグ戦の序盤にいきなり山があるので、それを何とか乗り越えたいと思います。

安慶名 舜 主将(途中出場で2打数2出塁の活躍)

―今日の試合を振り返って
勝てた試合を落としたってことがすごく悔しいですし、不甲斐ないと思います。

―リーグ戦が近付いていますがチームの雰囲気は
雰囲気的には良くなってきています。しかし、今日の試合みたいにまだまだな部分も多いので、そこはしっかりあと10日間でリーグ戦へ向けて、雰囲気をもう一回締め直したいなと思います。

―キャプテンから見て投手陣、打撃陣共に仕上がりはいかがですか
鈴木にしても石田にしてもすごく良いピッチングをしてくれましたし、野手も守備面ではミスも少なく良い状態になってきているので、今の状態的には良くなってきていると思います。

―今日は2打席共出塁されていましたが、ご自身の調子はいかがですか
今日の試合ではスタメンを外れてしまったんですけど、いつでも出れるように準備はしています。調子もだいぶ上がってきましたし、今日は何が何でも出たいと思っていたので、それが結果として表れて良かったと思います。

―今日は5番での出場でしたが
昨年1番を打たせてもらいました。今年はオープン戦で4番以外の打順を打ったんですけど、どこでも自分の役割を発揮できるようにしっかり対応していきたいです。今はどの打順でもしっかりチームのために貢献したいです。

―社会人野球の印象は
レベルが高いですし、一つひとつのプレーに対してしっかり準備ができていて、それをしっかり遂行してくるところがやっぱり社会人だと思います。でも僕たちもそれをしっかり見習って、ミスを少なくすれば勝てると思います。今までは勝てる試合を落としていて悔しいですし、そこが差なのかなと思います。

―リーグ戦への意気込み
リーグ戦はあと10日後ですが、しっかり早稲田戦で勝ち点を取って勢いにのって、絶対優勝したいです。

石田 健大 副将(1イニングを投げ、無失点に抑える)

―今日の試合を振り返っていっぱい課題が見つかりましたし、みんな神宮の感覚に触れられたので良かったと思います。

―課題というのは
細かいところで色々ありました。監督にも結構厳しく言われましたし、そこについてはもう少し期間があるので詰めていきたいです。

―久しぶりの神宮の感触はいかがでしたか
去年とあまり変わらない感じで、良い気分で投げられることができました。

―投手責任者の立場から見て、今日の法大投手陣はいかがですか
決め球だったり大事な一球が決まってないので、まだまだ足りてない感じがします。もっと厳しく言って、一、二段階上にいけたらいいです。

―ご自身はリーグ戦に向け仕上がりは順調ですか
いい緊張感を持って自分的に集中出来ているので、順調にきていると思います。

―もうすぐ始まるリーグ戦への意気込みを
あまりチーム自体良い状態ではないと思うので、そこをそのまま入らないようにもっと厳しくやり、リーグ戦が始まる時には今以上にいいチームにできていて、優勝を目指していけたらいいかなと思います。

鈴木貴也(先発し4回2安打無失点の好投)

―今日の試合の振り返り
自分のピッチング内容として、あまり調子は良いという感じではなかったですが、変化球を色々と使いながら上手く抑えられたと思います。

―昨日もリリーフとして登板されていましたが
昨日は別に1イニングだけだったので疲れはないですし、リーグ戦に入ったらこういうことも多々あると思うので、いい練習になったと思います。

―昨日はリリーフ、今日は先発での登板でしたが、こだわりは
最終学年ですし、先発で投げたいという思いの方が強いですね。

―今日は4回被安打2でしたが、ご自身で手応えはありますか
オープン戦が始まった時と比べたら徐々に良くなっているという感じがあります。それでもまだ追い込んでからの勝負球であったり、無駄なボール球というのが何球かあったので、リーグ戦に向けてあと10日間でそういう課題をつぶしていきたいと思います。

―最上級生から見て投手陣の仕上がりはいかがですか
良い時もあれば悪い時もあるので、もっと安定して良いピッチングができるようになればと思います。今日みたいにフォアボールを出したりするので、そういうところをなくしていけたらと思っています。

―リーグ戦への意気込み
残り日にちもないのでしっかりチームで雰囲気を良くして、いいスタートを早稲田戦で切って、すべて終えた時に優勝していたとなるように頑張っていきたいと思います。

田中 彪(第1打席に中越えの先制二塁打を放つ)

―今日の試合を振り返って
負けてはしまいましたが、手応えはぼちぼちです。

―久しぶりの神宮での試合でしたが
秋の新人戦ぶりでしたが、思ったより感覚があったと思います。

―第1打席のタイムリーはいかがでしたか
最初は戸惑ってサインミスをしてしまいましたが、よく見ると打てる球でした。あの場面で打てて良かったです。

―今日の試合で見つかった課題は
試合中に戸惑ってミスをしないようにです。

―春季リーグまで2週間をきりましたが、意気込みをお願いします
優勝に貢献できるように頑張ります。

―今シーズンの目標は
チームでは優勝、個人としては首位打者です!

フォトギャラリー

  • 2先発として期待される鈴木貴
  •  R1先制打を放った田中
  •  R31イニングを完璧に抑えた石田
  •  R-14四球と散々な結果の浅野
  • 1途中出場も2度出塁した安慶名
  •  R2三者連続三振を奪った玉熊
  •  R5左の中継ぎとして期待の堅田
  •  R4けがから復帰した山下
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み