硬式野球

【硬式野球】「春季リーグ開幕直前特集~辛抱」第3回 青木勇、皆川、蔵桝、田中

2015年3月21日(土)
法政大学野球部寮

部100周年を迎え、悲願の優勝へ闘志を燃やす法大ナイン。春季リーグ戦を間近に控えた監督、選手たちに今季の決意を伺った。第3回は青木勇人、皆川普、蔵桝孝宏、田中彪の4選手。ラストイヤーを迎え、チームの支柱となる彼らに今季の意気込みを語っていただいた。

aoki
青木勇人

青木勇人

―昨季を振り返って
けがもありましたし、精神面で弱いところがありました。

―現在の調子は
去年に比べて良くなっていると感じています。

―「調子が良くなっている」と感じられたのはいつごろですか
2月に行われた鴨川キャンプですかね。その頃は最終学年であるということ、最上級生としての責任感を本格的に意識し始めた時期だったので、精神的な影響が大きいと思います。

―キャンプを振り返って
結構多く投げさせてもらいました。任されたイニングは抑えられていたと思います。

―オープン戦を振り返って
投手は基本、常に調子良いとは限らないんですよ。でも、調子が悪い時でもそれなりに抑えられていると思います。

―今年に入って新しく取り組んでいることは
練習内の空き時間を生かしたランニングです。ノックなどの練習メニューを終えてからグラウンド内を走っています。もちろん毎日です。

―去年の自分と今年の自分と比べて「ここが変わった」というところは
気持ちです。去年は、登板して2ボールにしてしまってからは弱気になり、ストライクを取りに行った時に甘いボールを打たれることが多かったんです。でも今年は、早めに追い込んで楽にアウトを取る。もし悪いカウントにしてしまっても、弱気にならずに「ガンガン行こう」というように考えるようになりました。

―登板の機会が増えてくると思いますが
登板回数が増えても投げられるだけの肩肘のスタミナはつけてあります。「任されれば投げてやるぞ」と思っています。

―ライバル投手は
「いない」というのもおかしいですが、最上級生になってもリーグ戦で少し投げたくらいで実績もまだないので、そんなことを言える立場ではないです。

―対戦したいバッターは
早大の道端(俊輔)や、慶大の小笠原(知弘)です。高校(智辯和歌山)の元チームメイトとは対戦したいですね。

―主将の畔上選手はどういった存在ですか
畔は同い年ですけど、「同い年だから言わない」とかではなくて、同期でもガンガン言ったり注意したりしてくれます。全員を引っ張っていくキャプテンです。

―今季のご自身の目標は
任されたら打線を0で抑えることです。今年はラストイヤーなのでしっかり頑張りたいです。

―チームの目標は
これは全員同じでしょう。優勝です!

―応援してくださっている方々に一言
少しでもこのチームに貢献していけるように頑張るので、応援よろしくお願いします。

(取材:伊藤華子)

aoki

”攻めの投球” 青木勇人

 

皆川普

―開幕も間近に迫っていますが
オープン戦でも本番を想定して、負けない野球を目指してやっています。今日は負けてしまったんですけど、常に収穫を得ながらやれています。

―オープン戦でのご自身のプレーはいかがでしょうか
エラーなくやれていますし、打撃も自分の中では充実した内容でやれています。

―鴨川、沖縄でのキャンプはいかがでしたか
普段は寮で団体生活をしていますが、普段と違う場所でいろんな会話や行動ができたかなと思うので、そういうところは良かったです。

―重点的に取り組んだことは
個人的なことよりは、サインプレーなどのチーム全体の動きが多かったかなと思います。

―オープン戦ではこれまでの三塁に加えて遊撃を守る場面もありましたが
高校の頃はずっとショートをやっていたんですけど、大学ではサードでのチャンスがあったので。ショートをやることに関しては特に違和感なくできています。

―最上級生として意識していることは
行動で見せていかなければならないと思っています。特に最上級生だから、ということではなく自分から行動していくことは心掛けています。

―現在のチームの雰囲気は
オープン戦でも声がよく出ていると思います。ベンチで点を取る、相手にプレッシャーをかけるという野球ができてきているかなと思います。

―今季の法大はどのようなチームだと思われますか
監督が替わって”きれいな野球”というよりも、”泥臭くやる野球”をするチームを目指してやっていければ良いと思います。

―チームとしての目標を
これまでは5位が続いていますし、優勝しないと意味がないので優勝が絶対条件だと思います。

―春季リーグ戦への意気込みを
大学で野球をする最後の1年なので、悔いが残らないように野球をやりたいということと、伝統ある法大でみんなと喜びを分かち合いたいという思いは強いので、優勝するしかないと思います。

(取材:遠藤礼也)

minagawa

”首位打者” 皆川普

 

蔵桝孝宏

―オープン戦では良い雰囲気で試合に臨めているように感じられますが
一人一人が意識を高く持ってやれています。チームが勝ててない状況なので、このままでは駄目だということを全員が理解して、明確な目標に向かっているので良い雰囲気でやっていけていると思います。

―キャンプではどのようなことに取り組みましたか
しっかり重いバットを使ってスイングスピードのアップや、パワーアップを心掛けてバッティングに取り組みました。

―チームとしては
連係プレーやサインプレーを中心に、チーム力の向上ができたキャンプでした。

―春季リーグ戦開幕が近づいてきました
一日も早く試合をしたいというのが自分の気持ちですが、まだ自分のベストの状態に持って来ていないので、今はベストの状態へ持っていくことしか考えてないです。

―外野手はし烈なレギュラー争いが繰り広げられています
余裕がないというのが正直な気持ちですが、自分自身の結果を出せば出場できると思うので、しっかり自分の結果に集中して練習していきたいと思います。

―オープン戦でサヨナラタイムリーを放つなど、アピールポイントである勝負強さを発揮できています
これまで打撃の調子があまり良くなかったので、チャンスがいつ巡ってくるかわからない状況の中で、自分からしてみれば最高の場面で打席に立たせていただいたので結果を残して監督に恩返しができました。

―ご自身が他の選手に負けていないと思う点は
先ほど言われたように勝負強さや、ここ一番での思い切りという点では誰にも負けないと思います。

―畔上主将はどのようなキャプテンですか
背中で引っ張るだけでなく。誰にでも強く言えるので、みんなが信頼しています。人がしっかりやっているので、自分たちが勝たせてあげたいというキャプテンです。

―理想の選手像は
自分のバットでチームを勢いづけたり、試合を決めたりできる選手が理想です。

―今シーズンの意気込みをお願いします
チームが低迷しているので、個人的にも結果にこだわって、チームは絶対優勝という目標にこだわっていきたいと思います。

(取材:井手一樹)

kuramasu

”打率4割” 蔵桝孝宏

 

田中彪

開幕まで1ヶ月を切りましたが今の心境は
秋からここまで、やっと開幕まできたかなと思います。今まで練習してきたことが出せるという感じです。

―ご自身の調子の方はいかがですか
上向きで来ていると思います。

―チームの雰囲気は
畔上キャプテンを中心にまとまりも出てきていると思います。みんな競争意識があって、切磋琢磨してやっています。

―畔上選手はどのようなキャプテンですか
畔上は入部した時からもうキャプテンは畔上って決まっていて、そういう雰囲気もあって期待もされてる中でしっかりやってくれています。キャプテンの素質があると思います。

―今年度から青木久典助監督が監督に就任されましたがチームに何か変化は
練習にもより活気が出ています。監督自身も1年目ということで気合いも入っていると思うので、監督を胴上げできればと思います。

―昨年チームは3季連続の5位に沈みましたが、その原因をどのようにお考えですか
気負っていた部分といろいろ技術面でも劣っていた部分はありました。今年の冬に監督が替わってから、そういった点を一つずつ詰めれていっていますし、次のシーズンは本当に楽しみです。

―結果を残す自信は
ありますね。今の雰囲気で上がっていければ、優勝もできると思います。

―昨年田中選手は秋に少し調子を落としてしまったように思えました
春に初めて試合に出たんですけど、徐々に調子が落ちていってしまってので、1年通して戦える力が自分の中にまだなかったと思います。冬に一から見直したので今年は一シーズン通して戦います。

―この春に向けた鴨川、沖縄キャンプでは主にどんなことに取り組みましたか
鴨川は全員で走り込みや基礎を中心にやって、後半は実戦で競争意識も高まりました。その中から選ばれたメンバーで沖縄キャンプで実戦を中心に行って、より技術アップできたと思います。

―レベルアップしたと実感しているところは
守備面においても、打撃面においてもケースでの動きがよりみんな良くなってきています。自分で考えて動くということが、みんなできるようになってきていると思います。

―課題は
投手と攻撃の噛み合いですね。投手が駄目だった時は野手がカバーするとかそういう部分がまだできていないので。今日の試合もそうですけど、投手が駄目な時に野手が助けないといけないんですけど、そういう部分がもう少し強くなっていけば勝てると思います。

―上位打線を担うことが多い田中選手ですが、意識していることは
自分自身は法政大学の1番を打つことにこだわりを持っています。(1番打者は)自分から始まるわけじゃないですか。自分のバッティングでチームを勢いづけたいとは去年からずっと思っています。

―外野手の定位置争いは激しいですが、アピールしていきたいことは
勢いや足の速さ、肩の強さです。まだまだ荒い部分はあると思うんですけど、そこを詰めていって確実性のある選手になっていきたいです。


―外野手の中では清水雄二選手の台頭が見られますが
良い選手ですよ。自分たちの代だと蔵桝も畔上も左打者で、右打者が不足している中で右打者たちが結果を出せば競争も激しくなって、チームの雰囲気も良くなると思います。

―ラストイヤーとなる今季、最上級生として考えることは
去年だとメンバーに入ったばかりでみんなに合わせていた部分もありました。今年からは神宮でプレーをした経験者として主将、副将関係なく、チーム全体を引っ張っていかなくてはと思っています。

―4年生でチームについて話し合ったりする機会はありますか
最近は練習の中でも畔上を中心にして、練習の合間にミーティングを入れたりしています。ここが駄目でここが良かったなど、去年はなかったお互いを評価し合うということができているので、それは良い点だと思います。

―ラストイヤーにかけるお気持ちを教えてください
今年で最後ですし、100周年のチームの最上級生として、法政を盛り上げるために優勝したいです。

(取材:望月千草)

tanaka

”盗塁王” 田中彪

 

プロフィール 

青木勇人(あおき・はやと)
法学部4年
1993年5月5日生まれ
大阪府出身・智辯和歌山
180cm、73kg 左投左打

皆川普(みながわ・ひろし)
キャリアデザイン学部4年
1993年9月1日生まれ
千葉県出身・西武台千葉
176cm、74kg 右投両打

蔵桝孝宏(くらます・たかひろ)
経営学部4年
1993年11月15日生まれ
岡山県出身・広陵
176cm、81kg 右投左打

田中彪(たなか・ひょう)
法学部4年
1993年8月20日生まれ
三重県出身・愛工大名電
185cm、80kg 左投左打 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み