硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第1週 対慶大1回戦 ルーキー森田、衝撃の神宮デビュー! 開幕戦を勝利で飾る

東京六大学春季リーグ戦 対慶大1回戦
2015年4月11日(土)
神宮球場

ついに2015年の東京六大学野球春季リーグ戦が開幕した。初戦の相手は昨春の王者・慶大。青木久典監督の初指揮にもなるこの試合、開幕投手に起用されたのはなんとルーキー森田駿哉(営1)。森田は強気な投球で慶大打線を見事に封じ込め、初登板初勝利の快挙を成し遂げた。

morita1
ルーキーながら開幕投手を務めた森田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 7 0
慶 大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0

(法大)○森田(1勝)、川名―中村
(慶大)●加藤拓、加嶋―須藤

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1  (5)  原田   5   1   0  .250 捕飛    捕邪飛    空三振    一内安    中飛 
  5 皆川 0 0 0  ---                   
2  (8)  清水二   4   0   0  .000 空三振    三ゴロ    遊直    四球    一邪飛 
3  (6)  佐藤竜  3 1 0 .333 左前安      左飛    四球  空三振     
4  (9)  畔上   4   0 0 .000 ニゴロ      左飛    三邪飛  空三振     
5  (3)  柴田  3  0 0 .000   三ゴロ    四球    三ゴロ  遊ゴロ     
6  (7)  蔵桝   2   1 0 .500   空三振    死球    右前安       
  H7 田中 1  0 0  ---                遊ゴロ   
7  (4)  若林  3  1 0 .333   ニゴロ    四球    左前安    右飛   
8  (2)  中村  4  1  1 .250     遊ゴロ  右前安①    三ゴロ    一ゴロ   
9  (1)  森田   2   1   0  .500     一内安    空三振         
   H  金藤大  1  1   0  1.000             中前安     
  R 中川 0 0 0  ---                   
  1 川名 1 0 0  .000                   見三振
     33  7  1   ---                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
森田   6  102  26  10  0.00
川名   3  39  0.00
9 141  35  14  ――

 

ベンチ入りメンバー

10 畔上(キャ4=日大三)  27 森川(営3=桐蔭学園)  35 川口(人1=横浜) 
 11  青木勇(法4=智辯和歌山)   32  中村(営1=多良木)   36  金藤大(キャ3=西武台千葉) 
 14  宮本幸(営2=富山一)   34  鎌倉(法1=日本文理)   6  蔵桝(営4=広陵) 
 15  谷川(文3=高松商)   1  若林(営4=桐蔭学園)   7  田中(法4=愛工大明電) 
 16  玉熊(法3=北海)   2  皆川(キャ4=西武台千葉)   29  清水二(法2=中京大中京) 
 17  熊谷(キャ2=平塚学園)   8  佐藤竜(法4=作新学院)   31  米田(営3=智辯学園) 
 19  川名(営4=安房)   23  原田(法1=春日部共栄)   38  中川(経3=法政二) 
 21  森田(営1=富山商)   25  柴田(文3=東邦)     
 37  上條(キャ1=市立川越)   26  大崎(法2=智辯学園)     

 

リーグ戦結果(4/11現在)

 明大法大東大慶大早大立大試合勝点勝率
――   ○        0 1.000 
  ――   ○      0 1.000 
●    ――       0 .000 
  ●    ――     0 .000 
        ――   0 ―― 
          ―― 0 ―― 
 

戦評

 創部100周年を迎え、青木監督が指揮を執る新生・HOSEIの初陣。試合前から神宮に衝撃が走った。開幕投手・森田。青木監督は自らの船出にルーキーを大役に大抜てき。捕手には同じくルーキーの中村浩人(営1)を起用し、異例のルーキーバッテリーで慶大に挑んだ。

 1回裏、その森田の立ち上がり。慶大先頭の山本泰寛を完全に詰まらせるも、一塁へのベースカバーがわずかに遅れ内野安打で出塁を許してしまう。犠打、四死球を挟み初回から2死満塁の大ピンチ。しかし、ここで崩れないのが黄金ルーキーたるゆえん。6番沓掛祥和を二飛に打ち取り、0で初回をしのぐ。すると、2回からは圧巻の投球が始まる。2回から3回にかけては4者連続で三振を奪い、慶大打線をまったく寄せ付けない。緊迫の投手戦が展開されていく。

 対する慶大の先発は絶対的エースの加藤拓也。初回からコンスタントに150キロを超える直球で、法大打線に真っ向勝負をかける。3回までをほぼ完璧に封じ、危なげない投球を見せていた加藤にわずかなほころびが生じたのは4回。簡単に2死を奪ったところで5番柴田圭輝(文3)に四球を与えると、続く蔵桝孝宏(営4)、若林晃弘(営4)が執念の粘りを見せる。2人で21球を投げさせ、加藤を揺さぶる。その2人がもぎ取った四死球で迎えた2死満塁のチャンスで打席に入るのは森田の女房役、中村。加藤の快速球に追い込まれながらも、バットを短く持ち振り抜いた当たりは鋭くライト前で弾む、待望の先制タイムリー。慶大に重圧をかける大きな1点となった。

 援護をもらった森田はマウンドでさらに躍動。6回を投げ毎回の10奪三振、無失点の投球で「北陸のドクターK」の本領を見せつけた。奮闘する1年生バッテリーを前に、4年生もその後ろを強力に援護する。3回には畔上翔(キャ4)がフェンス際の飛球を好捕。二塁の若林も安打性の当たりを華麗な身のこなしでさばき、チームを盛り立てる。両チーム引き締まった好試合は7回、森田への代打・金藤大喜(キャ3)が安打を放つなど、無死満塁の大チャンス。クリーンアップに大きな期待が懸かったが、佐藤竜一郎(法4)、畔上は加藤の意地の投球の前に沈黙。柴田の放った当たりも攻守に阻まれ、絶好の機会を逃してしまう。

 嫌な流れを断ち切ったのは、7回から登板した川名健太郎(営4)だった。9回までの3イニングを一人の走者も許さぬパーフェクトピッチング。気迫を前面に押し出す投球で、最終打者を三振に仕留めガッツポーズを見せた。

 昨年は4戦全敗と苦しめられた慶大に勝利し、幸先の良いスタートを切った。森田は2007年の早大・斎藤佑樹(現日本ハム)以来となる1年春の開幕戦勝利投手となった。森田の鮮烈デビューはチームの起爆剤となるに違いないものになっただろう。「勝って兜の緒を締める」。青木監督が試合後に語ったように、リーグ戦はまだまだ始まったばかり。生まれ変わった法大の今後の戦いから、ますます目が離せない。(遠藤礼也)

 

クローズアップ

森田駿哉(世代最強左腕、圧巻の神宮デビュー)

 1年生が大役を果たした。春季リーグ開幕戦の先発マウンドに上がった森田が、6回無失点の好投で初勝利。1年生春の開幕戦勝利は07年の早大・斎藤佑樹(現日本ハム)以来、史上3人目となる快挙を成し遂げた。

 先発を伝えられたのは開幕前日。「投げるからにはしっかり抑えてやろうと思った」とプレッシャーを力に変えた。初回はやや不安定な立ち上がりも、2死満塁の場面で6番沓掛を二飛に打ち取ると、次第に本来の実力を発揮する。140キロ台の直球を軸に、持ち味であるスライダーを低めに集め、慶大打線を翻弄。3番谷田成吾、4番横尾俊建を据える強力な中軸に全く仕事をさせなかった。

 「どんな場面でも冷静に投げられる」。そんな森田の強心臓ぶりが現れたのは初回。リーグ屈指の強打者、谷田に対して厳しく内を突く。結果は死球となったものの、続く横尾にも再び果敢な攻めの投球。思わず横尾がのけぞるシーンも見られた。

 嬉しい自身の大学初勝利に加え、これまでの自己最速を1キロ上回る147キロを計測するなど、記録尽くしとなった開幕戦。法大の未来を背負う期待のルーキーが、大きな一歩を踏み出した。(井手一樹)

morita2

 

試合後の監督・選手のコメント

青木久典 監督

―開幕投手の森田投手の好投が光りました
よくあそこまで頑張ってくれたと思います。

―開幕投手を告げられたタイミングは
昨日ですね。開幕前日です。

―どのような言葉で伝えたのですか
「よし、行くぞ」と。

―初回のピンチの場面ではマウンドで声を掛ける場面もありましたが
どうしても初回はどんな投手でも緊張する場面ですし、上ずってしまうところでもあるのと思うので、間を空けたいなということですね。それで一声掛けに行きました。

―1年生バッテリーに開幕を託す形になりましたが
私も初めてなので、1年生同士で行こうかなと(笑)。

―リリーフの川名投手を続投させた判断について
ヒットを打たれてませんでしたので、彼に一回りは託そうという判断です。

―4回、貴重な先制点は中村選手のタイムリーでした
よく打ってくれましたね。バットを短く持ってシュアに打ってくれたので、大したものだと思います。

―その4回からは慶大・加藤拓投手に対して、打席での粘りが随所に見られました
高めのボールはだいぶ来ていたので、そのボールには注意しなさい、と。前々のオープン戦から「簡単には(打席から)帰ってくるな」ということは言っていましたので、それをしっかりやってくれたと思います。チームで取った1点じゃないですかね。

―法大の監督としてはリーグ戦初指揮となりましたが
監督経験は今までもあったんですが、母校のユニフォームを着て指揮を執るということはすごく神経を使いましたね。どきどきでしたね。

―ウイニングボールは
森田が持っているんじゃないですか。僕よりも選手ですね。

―試合前に選手たちに伝えた言葉は
今までやることはやってきましたし、練習でやってきたことしか試合では出ないので、「好きな野球を思い切ってやってきなさい。暴れてきなさい」という話はしました。

―幸先の良いスタートになりましたが
チームの雰囲気は良くなったでしょうね。ただ勝って兜の緒を締めよ、じゃないですけどまだまだ試合は続くわけですから、反省点は反省点としてしっかり潰して、明日につなげたいと思います。

―明日に向けての意気込みを
いつも言っている通り「やるからには負ける勝負はしない」ということで、明日もしっかりチームで勝ちにいきたいと思います。

 

畔上翔 主将

―開幕戦勝利の感想は
チームとして勝つことができたので、すごく良かったです。

―試合を振り返って
森田が良く投げてくれたことが大きいです。

―1年生バッテリーは上級生の立場から見てどうでしたか
1年生バッテリーだったので、点を取ってもう少し楽に投げさせてあげられたらと思っていました。少し厳しい状態になってしまった中でも1年生は良くやってくれました。

―加藤拓投手は真っすぐと落ちる球を多投していましたが、狙い球はありましたか
真っすぐを待っていたんですけど、加藤投手の方が上でした。球が速かったです。

―川名投手の今季初セーブについては
川名はすごく頑張っていたので、本当に嬉しいです。

―監督が試合中に選手に話しかけている姿が目立ちましたが
技術的なアドバイスを貰っていました。

―昨年と今年を比較して、チームの雰囲気はどうですか
やはり去年より元気、粘りがありますね。

―慶大戦に向けてのチーム全体の目的意識は
スローガンが「負けない野球」ということだったので、「負けない野球」をやっていこうと思っていました。負けなくて良かったです。

―明日は三宮投手の登板が予想されますが
真っすぐだけでなく変化球も良く、バランスの取れた良い投手だと思いますが、打ってチームに貢献したいと思います。

―明日に向けて一言
とにかく1勝できたので、勝ち点を取れるように全力でやっていきたいと思います。

 

佐藤竜一郎 副将

―開幕戦に勝利しましたが、率直に今のお気持ちは
リーグ戦で最も大事な初戦をとれたことは大きいです。投手陣が奮闘してくれて、接戦をものにできてよかったです。

―昨年相性の悪かった慶大でしたが、どのような調整をして臨みましたか
相手先発の加藤投手の持ち味が速球だったので、そのボールに対応できるように調整していました。そのため、あまり早く感じることがありませんでした。

―昨年に比べ、チーム内での声掛けが目立ちましたが
下級生が試合に出でいるぶん、試合経験の豊富な上級生を中心に盛り上げることでチームを引っ張り、良い雰囲気の中チームが一丸となって戦うことができました。

―先発の森田投手をはじめとして、ルーキーの活躍が目立ちましたが
森田はルーキーながら良く投げてくれましたし、中村もいい場面で一本打ってくれました。監督の意向として、学年に関係なく実力のある選手が試合に出るので、上級生もいる中開幕スタメンの座を掴むということは、技術もメンタルもルーキー離れしていると感じました。

―昨年同様の3番・遊撃手での出場でした
オープン戦はなかなか調子が上がらず、決してクリーンアップを打てる結果を残せませんでしたが、監督が信頼してくれたので、しっかり期待に応えようと思いました。

―今季初安打も出ましたが、今日のバッティングを振り返って
1打席目は逆方向に単打を打とうと思い打席に入り、しっかりと打ち返せましたが、2打席目以降は(前の打席にヒットを打てたので)欲が出てしまい、力んでしまったところは反省したいです。シーズンの早い段階でヒットを一本打ててよかったと思います。

―以前課題として挙げられていた守備について
今日は2球しか打球が飛んできませんでしたが、下半身を落とし重心を低くし、しっかりと捕球できたので以前よりは安定して守備をできました。

―今季の目標や意気込み
ここ最近良い成績を残せていない中、応援し続けてくれている法政ファンの皆様を喜ばせるために、自分たちらしい野球をし、その先にある優勝を掴みたいです。個人としては、勝負強い打撃で結果を残し、ベストナイン・首位打者の獲得を目標に頑張りたいです。

―明日の意気込み
一戦必勝で明日勝って勝ち点を取りたいです。

 

若林晃弘 副将

―試合を振り返って
監督から負けない野球ということを伝えられていて、それを実践できたことはすごく良かっかなと思います。

―2013年春以来の開幕戦勝利となりたしたが
そんなに考えてはいなかったですけど、3季連続5位だったし初戦はすごく大事だなと思ってたので、今日はしっかり勝てたので良かったです。

―開幕を迎えるにあたり、チームで何か話し合ったことなどは
特にはないですけど、いつもやっていることを出そうという話はしました。

―5回には守備で好プレーがありました
自分のやるべきことというのは投手を助けることだったり、取れるアウトは確実に取ることなので、それを意識した上でのプレーになったと思います。

―森田投手が先発を務めましたが、守っていていかがてしたか
何度かピンチはあったんですけど、あいつも気持ちが入っていてこっちもリズム良く守れました。いろいろ声も掛けましたけど、あいつの力だと思います。

―慶大先発の加藤拓投手の印象は
真っすぐが速いので、それに振り負けないようにということを意識していました。

―初戦を勝利した今、チームの雰囲気は
ものすごく盛り上がっています。けど明日もあるので気を引き締めてしっかりやっていきたいです。

―ご自身の調子は
調子はその日の結果だと思うので、自分の準備は怠らないようにしないといけないと思います。

―明日への意気込みをお願いします
とにかく勝って、勝ち点1を取りに行きたいと思います。

 

川名健太郎 投手

―試合を振り返って
1つ勝つことは大変なんだなと思いました。森田がよく抑えてくれていたので、僕が点を取られるわけにはいかないと思って投げました。

―3回無失点4奪三振という好投でしたが
0点に抑えることができたのはよかったなと思います。三振についてはあまり気にしていないです。後からついてくるものだと思っているので。

―慶大打線の印象は
ストレートに強いという印象があったんですが、僕の持ち味である打たせて取るピッチングがうまくできたかなと思います。

―特に警戒されていた選手は
谷田、横尾は警戒していましたね。やっぱり良い打者なのでその人たちに打たせてしまうと勢いづかせてしまうので、そこだけ集中して投げました。

―開幕戦ということで緊張はされましたか
最初の打者はすごく緊張しました。自分の仕事をするだけだと思って投げました。

―開幕戦で初勝利を飾ることができましたが
やっぱり1年生2人がよく打ってくれたし投げてくれて、その2人が試合を作ったので、僕が点を取られちゃいけないなと思って投げました。

―試合前にチームでどのようなことを話し合われましたか
相手は打ち勝つ野球というのを全面に出してやってくるチームなので、僕らは負けない野球というか、ランナーを出しても粘って守り抜いて、ワンチャンスを手にして、自分たちのやれることをやろうという話をしました。

―次戦への意気込み
まだ1つなので、2つ勝ってこそだと思うので、明日も投げる機会があればしっかり投げたいと思います。

 

中村浩人 捕手

―試合を振り返って
先輩と一緒に神宮でプレーして、最初はすごく緊張したんですけど「楽にプレーしろ」と言われて一気に気持ちが楽になりました。自分でもタイムリーを打ってますます気持ちが楽になって…。本当に、野球人生の中の素晴らしい一日になったと思います。

―次戦に向けて一言
また明日も試合があります。明日も勝って勝ち点が取れるように頑張ります。

 

原田寛樹 内野手

―試合を振り返って
接戦だったので取れるアウトはしっかりとって、気持ちは熱くプレーは冷静にというのを心掛けました。

―開幕戦までに調整したことは
今日はあまりできなかったんですけど、ボールを正確に一球で仕留めるという練習をしました。

―開幕スタメンでしたが、いつ頃聞きましたか
試合前に初めて聞きました。

―聞いた時の率直な気持ちは
嬉しかったですね。

―緊張はありましたか
ありませんでした。

―開幕戦独特の雰囲気はいかがでしたか
初めての神宮で、リーグ戦でプレーして特別な雰囲気というか、応援もすごくて、良い舞台で野球させてもらってるなと思いました。

―開幕戦を白星で飾りました
去年はあまり勝てていなかったので、チームとして勝てたことが一番嬉しいです。

―先頭打者として意識したことは
初球からどんどん振ろうと思って、受け身にならずに積極的にやろうと考えました。

―守備面で意識したことは
一つずつアウトを積み重ねて、取れるものをしっかりとって良い流れに乗っていけたらなと思いました。

―慶大投手陣の印象は
加藤さんは球がすごく早くて、打ち崩せないなと思っていたんですけど、必死に食らいついていこうと思いました。明日も試合があるので、しっかり対策していきたいです。

―対策したいこととは
長くボールを見てしっかり引きつけて打ちたいですね。

―同学年の森田投手、中村捕手のバッテリーが大活躍しましたが、どんな言葉を掛けたいですか
本当にナイスゲーム、と声を掛けたいです。

―明日に向けて
明日も自分よりチームのためにプレーして、チームの勝ちにつなげられるようにしたいです。

 

森田駿哉 投手

―初勝利を飾った今のお気持ちは
嬉しいです。

―今日の先発を告げられたのは
昨日です。

―その時の心境は
投げるからにはしっかり抑えてやろうと思いました。結果がついてきてよかったです。

―初回は不運な安打から満塁のピンチを迎えました
監督から「1点はいい」と言われていたので、気持ちは楽でした。しっかり抑えることができて良かったと思います。

―6回10奪三振の投球については
丁寧に投げることができたのが一番良かったです。四球が多かったところは修正しなければいけないですけど、まずまずかなと思います。

―最速147キロを計測し自己最速を更新しました。
スピードはあまり意識していないです。

―次回先発する機会があればどのような投球をしたいですか
粘り強く、今日の試合のようにランナーを出しても無失点に抑える投球をしたいと思います。

 

 

フォトギャラリー

  • morita1ルーキーながら開幕投手を務めた森田
  • nakamura1同じくルーキーの中村もマスクをかぶった
  • satohチーム初安打を記録した佐藤竜
  • wakabayashi若林は2出塁で好機を演出
  • nakamura2決勝点となる適時打を放った中村
  • harada1番を打つ原田は初出場、初安打をマーク
  • kawana3回をパーフェクトに抑えた川名
  • hoseiこの日行われた始球式では田中優子総長が投手を務めた
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み