硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第1週 対慶大2回戦 劇的サヨナラ!最終回2点差はねのけ大逆転で勝ち点奪取!

東京六大学野球春季リーグ戦 対慶大2回戦
2015年4月12日(日)
神宮球場

開幕戦で勝利を収め、連勝を狙う法大。慶大先発三宮舜の巧みな投球の前に、8回まで2安打と打線が沈黙。しかし、それは劇的なラストイニングへの布石に過ぎなかった。1死満塁の好機を作ると、5番柴田圭輝(文3)の放った右前適時打を相手右翼手が後逸。満塁の走者がすべて生還し、サヨナラ勝ちで開幕カードの勝ち点を奪取した。

hosei
サヨナラのホームインで歓喜のガッツポーズを見せる畔上(#10)と蔵桝(#6)

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
慶 大 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3 6 1
法 大 0 0 0 0 1 0 0 0 3x 4 4 0

(慶大)三宮、●加嶋―小笠原
(法大)熊谷、青木勇、玉熊、谷川、○宮本幸(1勝)―中村

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1  (5)  原田   3   1   0  .250 空三振    左前安      空三振       
  5 皆川  1   1   0  1.000                  右前安 
2  (8)  清水二   4   0   0  .000 空三振    二飛      中飛      三ゴロ 
3  (6)  佐藤竜   2    0    0  .200 四球      ニゴロ    中飛      四球 
  R 中川  0   0   0   ---                   
4  (9)  畔上   3   0   0  .000 ニゴロ      投ゴロ      右飛    四球 
5  (3)  柴田   4   1   2  .143   右飛    右飛      右飛    右前安② 
6  (7)  蔵桝   3   1   0  .400   三飛      左中間二    左飛     
7  (4)  若林   2   0   0  .200   右飛      投犠打      遊ゴロ   
8  (2)  中村   2   0   1  .167     三ゴロ    投犠打①      空三振   
9  (1)  熊谷   1   0   0  .000     空三振             
   1  青木勇   0   0   0  ---                  
  H 森川  1   0   0   .000          三ゴロ         
  1 玉熊  0   0   0   ---                   
  H 金藤大  1   0   0   .500                ニゴロ   
  1 谷川  0   0   0   ---                   
  1 宮本幸  0   0   0   ---                   
     27   4   3  ---                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
熊谷  67  18  4.50
青木勇  20  0.00
玉熊  38  10  0.00
谷川 0 2/3 27 6 2 2 2 1 13.50 
宮本幸 0 1/3 2 1 0 0 0 0 0.00 
9 154  40  ――

 

ベンチ入りメンバー

10 畔上(キャ4=日大三)  27 森川(営3=桐蔭学園)  35 川口(人1=横浜) 
 11  青木勇(法4=智辯和歌山)   32  中村(営1=多良木)   36  金藤大(キャ3=西武台千葉) 
 14  宮本幸(営2=富山一)   34  鎌倉(法1=日本文理)   6  蔵桝(営4=広陵) 
 15  谷川(文3=高松商)   1  若林(営4=桐蔭学園)   7  田中(法4=愛工大明電) 
 16  玉熊(法3=北海)   2  皆川(キャ4=西武台千葉)   29  清水二(法2=中京大中京) 
 17  熊谷(キャ2=平塚学園)   8  佐藤竜(法4=作新学院)   31  米田(営3=智辯学園) 
 19  川名(営4=安房)   23  原田(法1=春日部共栄)   38  中川(経3=法政二) 
 21  森田(営1=富山商)   25  柴田(文3=東邦)     
 37  上條(キャ1=市立川越)   26  大崎(法2=智辯学園)     

 

リーグ戦結果(4/12現在)

 明大法大東大慶大早大立大試合勝点勝率
――   ○○        0 1.000 
  ――   ○○      0 1.000 
●●    ――       0 .000 
  ●●    ――     0 .000 
        ――   0 ―― 
          ―― 0 ―― 
 

戦評

 2連勝で勝ち点を奪い、勢いに乗りたい法大。先発は、オープン戦で経験を積み成長著しい熊谷拓也(キャ2)。勝負の一戦のマウンドは、リーグ戦初先発となる右腕に託された。

 初回、熊谷の立ち上がり。1死後、慶大2番梅野魁土の打球は投手横へ転がる。平凡なゴロかと思われたが、熊谷がつかみ切ることができず、記録は内野安打。すると3番谷田成吾への3球目、瞬足の梅野に盗塁を許し、得点圏に走者を背負う。谷田を空振り三振に切るも、4番横尾俊健へ死球を与え、初回から2死一、二塁の大ピンチ。しかし5番齋藤大輝を二ゴロに打ち取り、なんとか局面を脱した。その後は持ち味であるキレのある直球で投球を組み立て、3回までで許した安打は梅野への内野安打1本のみとした。

 慶大の先発は、技巧派左腕の三宮。初回から緩急をつけた投球で法大打線を翻弄し、4回までヒット1本に抑える快投。熊谷の頑張りに応えたい打撃陣だったが、三宮を前に快音を響かせることができない。昨日同様、投手戦になるかという雰囲気が漂う中、攻撃の火ぶたを切ったのは慶大だった。4回、先頭の横尾が四球で出塁すると、次打者の齋藤が左前安打を放ちチャンスを拡大。すると6番沓掛祥和への初球が暴投となり、その隙にランナーがそれぞれ進塁。無死二、三塁とし、慶大が一気にチャンスを広げた。その沓掛への3球目。放たれた打球は右中間を深々と破る適時三塁打となり、慶大が2点を先制した。熊谷はこのあとは立ち直りを見せるも、この回限りで降板となった。自身のこだわりと語る、先発投手としての粘りを発揮することはできなかった。

 
 一方、なんとか同点に追いつきたい法大。5回、先頭の蔵桝孝宏(営4)が左中間への二塁打を放つと、7番・若林晃弘(営4)が一球で送りバントを成功。1死三塁で打席には昨日の決勝点をたたき出した、1年生捕手の中村浩人(営1)。この日は意表を突くスクイズを成功させ、1点を返すことに成功した。その後、両チーム無得点で、1点ビハインドのまま迎えた最終回、慶大の攻撃。マウンドには、リーグ戦初登板となる谷川宗(文3)が上がった。無失点で攻撃へつなぎたいところだったが、先頭打者に安打を許すと、次打者に死球を与え、無死一、二塁といきなりピンチを迎える。その後の2人を空振り三振とし2アウトを取るも、2番梅野に浴びたこの日2本目のヒットは痛恨の適時二塁打。重い1点を追加され、最終回で点差を広げられてしまった。

 2点ビハインドと後がない法大。慶大は最終回のマウンドに今季の抑えに指名された加嶋が登板した。先頭は、守備から途中出場の皆川普(キャ4)。初球を食らいつき右前への安打を放つと、2番清水雄二(法2)の打席で、加嶋の牽制がボークとなり進塁。清水は三ゴロに倒れるも、3番佐藤竜一郎(法4)、4番畔上翔(キャ4)が続けて四球で出塁した。1死満塁と逆転のランナーが塁上に立ち、盛り上がりを見せる法大ベンチ。そしてここで青木監督が勝負に出た。2塁走者の佐藤に代わり、走力に定評のある中川翔太郎(経3)を代走に送り出す。この回で決着をつける覚悟をのぞかせた。そしてこの大チャンスの場面で打席に立つのは、打撃力を買われこの春から内野手に転向した柴田。監督、チーム、そしてファンの期待を背負い、振り抜いた打球はライト前へ。すると同点の走者となる中川の俊足に焦ったか、右翼の谷田がボールを後逸し、その間に満塁の走者が一掃。劇的な逆転サヨナラ勝利を収め2連勝、勝ち点1とした。
 
 開幕カードから勝ち点を奪うのは、9連勝を成し遂げた2013年春ぶりだ。また、青木久典監督の采配が随所で冴え渡った今回の慶大戦。これまでの法大とは違う。そんな印象を持たせ、最高の形で試合を終えた。(菅野響子)

 

クローズアップ

柴田圭輝(今春内野手へ転向。控え捕手から打線の顔へ)

 「ただただ嬉しいです」。弾ける笑顔がすべてを物語っていた。9回1死満塁、点差は2点。得点の絶好のチャンスで打席に立ったのが、5番に座る柴田。満場一致の今日のヒーローだ。
 
 バットを短く持ち、慶大・加嶋のスライダーに食らいついた。「とりあえず振ろうとした」。無我夢中で振り抜くと、バットの先でとらえた当たりはライト前へ。相手野手の失策も重なり走者が一掃、リーグ戦初安打が法大の逆転勝利を生み出した。

 昨年までは捕手を務めていた柴田だが、肩を負傷。青木監督から「バッティングを生かそう」という助言を受け、今春から内野手へ転向。指揮官も太鼓判を押したその打撃センスを見事に披露した。「打ててなかったのに使い続けてくれた監督さんに恩返しができて良かったです」。自身に新たな道を差し伸べてくれた指揮官に、はにかみつつ感謝の言葉を口にした。控え捕手から内野手に、そして法大クリーンアップを担う柴田。今春幕を開けた表舞台。彼はきっとこれからも光り輝くだろう。(望月千草)

 

shibata2

 

試合後の監督・選手のコメント

青木久典 監督

―劇的なサヨナラ勝利でした
やっぱり嬉しいですね。選手が本当に一生懸命、チームが勝つためにやってくれていたので。

―先発に熊谷投手を起用した決め手は
オープン戦からしっかり結果は出してくれていましたし、(5日に行われた)社会人対抗戦のときも2イニングを抑えてくれていたので、思い切って経験させようと思って起用しました。

―これまでリーグ戦経験の少なかった投手たちが踏ん張った試合でした
 本当に彼らがそれぞれの仕事を全うしてくれたと思います。

―打線は慶大先発の三宮投手に抑え込まれました
良い投手ですし、丁寧に投げてきていましたね。うちの打撃陣も「打たなきゃいけない」という気持ちが強過ぎて、少し固くなっていたといいますか。ボールを追ってしまう場面がありました。

―1点目は中村浩人選手のスクイズによるものでした
やっぱり2点差と1点差では全然違うと思いましたし、拮抗した状況だったので、まずここは1点だということで思い切ってやりました。

―劇的勝利への口火を切ったのは途中出場の皆川普選手でした
打撃練習の時から非常に状態は良かったですし、4年生ということで経験もありますからね。

―9回の好機では、開幕から無安打が続く畔上翔選手に声を掛けるシーンも見られました
どうしても彼は「自分がやらなければ」という思いが強いのでね。大丈夫、と。チームでやっていけばいいんだから、つなげば良いんだよということを伝えました。

―そして柴田選手の適時打につながりました
その前の3打席は少し差し込まれていたので、(ポイントを)前にして打ちなさいということは言いました。

―柴田選手はこれがリーグ戦初安打となりました
もっと早く打ってほしかったですね(笑)。

―チームの雰囲気は最高潮ですね
そうですね。学生らしいというか、良い明るさのある雰囲気でやっていますね。

―次週は立大戦が控えています
また課題は出ていると思うので、しっかりそれを対策して臨みたいと思います。

―立大戦への意気込みを
一戦必勝ですね。勝ち点どうこうではなく、目の前の1試合をしっかり勝とうと思っています。

 

畔上翔 主将

―試合を振り返って
逆転サヨナラということだったので、びっくりしました。

―4回に2点を先制されてから追う展開となりましたが
焦るというか、食らいついていこうと思ってたので、それがこういう結果になってよかったです。

―ベンチの雰囲気はいかがでしたか
最後まで粘ってやってくれていたと思います。

―ベンチではどのような声掛けをされましたか
絶対諦めるなとか、声出していこうということを言っていたので、みんなしっかりやってくれたと思います。

―最後の打席に入る前に監督からは何と声をかけられましたか
つないでいけと言われました。

―最後の打席にはどのような気持ちで入られましたか
つないでいこう、つないでいこうと思って。監督にも言われていたので。

―逆転で勝利を収めたときのお気持ちは
嬉しかったですね。めちゃくちゃ嬉しかったです。それだけです(笑)。

―開幕から2連勝で勝ち点を手にすることができましたが
勝ててほっとしています。それだけですほんとに(笑)。

―次戦に向けて
チームが勝っている中で、自分がチームに迷惑をかけているので、そこはしっかりと潰していきたいと思います。

 

青木勇人 投手

―ご自身の投球を振り返って
(登板した場面が)負けている場面だったので、3人でしっかり切って次の攻撃につなげていきたかったんですけど、2死を取ってから1本打たれてしまいました。結果的にはチームが勝ったので良かったですけど、僕が投げるのはこういう場面なので次からは3人でしっかり抑えられるようにしたいです。

―ランナーを出してからも落ち着いた投球に見えましたが
監督がマウンドに来てくれたときに「思い切っていってこい」と言ってくれたので、それで落ち着けました。

―変化球が冴えているように見えましたが
今日は変化球が一番良かったです。

―昨年相性の悪かった慶大との対戦でしたが、投球で意識したことは
リズムです。テンポよく追い込んで、テンポよく打ち取ることを考えていました。でも20秒ルールも取られたし、もう少し速いテンポでいっていれば良かったなと思います。

―サヨナラの瞬間、ベンチから見ていていかがでしたか
鳥肌が立ちました!みんなすごい喜んでました!

―次週までの課題は
ピンチの場面でもどんな場面でも、いつでもいけるようにしっかり準備していきたいです。

―立大戦への意気込み
今日も全員の力で勝ったので、投手は最少失点で抑えて全員で勝ちにこだわっていきたいと思います。

 

柴田圭輝 内野手

―試合を振り返って
今までヒット出てなかったので、いい場面で打てて良かったです。

―勝ち点1をとり、チームの雰囲気は
昨日森田が勝ってくれてチームが勢いづいたので、その勢いで今日も勝ててチームのムードはすごく良いです。

―9回の打席はどのようなお気持ちで立ちましたか
2点差になった時に結構苦しいかなと思ったんですけど、日頃から監督さんがどんな展開でも諦めるなとおっしゃっていたので、それでベンチもまだやれるぞ、という雰囲気はあったのでそんな気持ちで立ちました。

―打席で意識したことは
何も考えてなかったです(笑)。狙い球もありませんでした。とりあえず振ろうと思いました。

―打った球は
多分スライダーですね。

―感触は
(バットの)先っぽで打ったので、なんとか落ちてくれと思いながら走りました。

―打った瞬間のお気持ちは
ただただ嬉しかったです。

―勝負強さが光ましたね
たまたまですね(笑)。

―打撃を生かすために転向した内野手での出場ですが
昨日打てなくても今日も我慢して使っていただいて、監督さんに恩返しをしたかったので良かったです。

―昨日から修正したことは
昨日は差し込まれてたので、最後の打席だけバットを短く持って、コンパクトにいこうとしました。

―守備面では、キャッチングが安定してますねが
いや、周りの部員たちはドキドキですね(笑)。

―守備面で意識していることは
とりあえずどんなボールでも、体を使って取ろうとしています。

―目標としていたスタメン出場が続いています
まだヒット1本しか打ててないので、これから全試合でヒット打って、そして良い場面で打ちたいですね。

―ヘッドスライディングなど、気持ちのこもったプレーが続いてますね
人生で初めてやりました(笑)。気持ちが入ってました。

―次週の立大戦の先発は澤田圭投手が予想されますが、対策は
同学年に負けたくないので、気持ちでなんとかしたいです。

―次戦への意気込みを
この良いムードのまま向かっていきたいです。

 

谷川宗 投手

―試合を振り返って
1―2という場面で9回を託されたのですが、初登板ということに関わらず0点で抑えようと思っていました。ですが少し浮き足立ってしまい、思ったように腕も振れませんでした。

―サヨナラ勝ちしたチームの雰囲気は
最後の2点差の場面で皆川さんがヒットを打ってくれたこともあり、チームのムードは下がっているわけではなくむしろ上がっていて、とても良い雰囲気でした。

―リーグ戦初登板でしたが
過去2年間登板できなかったので、やっとスタートラインに立てたという思いです。チャンスをいただいたからにはやっぱり0点に抑えていかないといけないと思うので、次こそは0点で抑えたいです。

―交代の際の心境は
3アウト取りたかったのですが、監督さんがいろいろ考えた上での交代だと思うので、後は宮本に託しました。

―登板する上で心掛けたこと、意識したことは
とにかく真っすぐも変化球もしっかり腕を振って、中村のミットに投げることを意識しました。

―これから登板機会が増えていくと思いますが、今季にかける思い
3年目でやっとベンチ入りでき、100周年という素晴らしい年のシーズンに関われるということでとても光栄です。自分の仕事をしっかりして、頑張っていきたいです。

―次戦への意気込み
チームの状態としてはいま最高なので、投手陣がしっかり0点で抑えたいです。そして野手陣の打撃につなげられるように、投手陣が試合を作っていきたいです。

 

玉熊将一 投手

―投球を振り返って
3回を0で抑えることができたので、そこが1番よかったと思います。

―1—2と、追加点を許せない状況での登板でしたが
守備からリズムを作って打者に点を取ってもらいたいという気持ちだったので、リズムを作ろうと思っていました。

―慶大打線の印象は
3番、4番、5番には振りの鋭いバッターがいるので、そこは注意して投げようと思いました。

―今日はサヨナラ勝利でしたが、あの場面をご覧になっていていかがでしたか
とても感動する場面でしたし、あのような勝ち方ができるのは大きいなというふうに思いました。

―2連勝で勝ち点1となりましたが、チームの雰囲気は
もう最高だと思います。

―次週は立大戦ですが、この1週間で取り組みたいことは
今日投げた感覚があるので、そこの感覚を大事にしながら1週間調整して立大戦に臨みたいです。

―次戦への意気込み
いつ投げるか分からないんですけど、投げる場面があったらしっかり0で抑えたいと思います。

 

熊谷拓也 投手

―先発としてマウンドに上がった時の心境は
オープン戦でも先発を任されていたので、特にこれといった違和感もなく、気持ちを入れてマウンドに上がりました。

―緊張はありましたか
1年の時に新人戦などでも投げていて神宮のマウンドには慣れていたので、それほど緊張はなかったです。

―試合前、捕手の中村選手と話し合ったことは
慶大打線はどんどん振ってくるので、ストライク先行で打たせていこうと話し合いました。

―初回、2死一、二塁のピンチを迎え
ピンチとは考えず、バッターを抑えることを考えました。特別な意識などはなかったです。

―ピンチを切り抜け、吠える場面が印象的でした。
気持ちを入れて投げるのが今の自分のスタイルなので、そこは曲げないようにしています。抑えたら常に嬉しいので良かったです。

―逆転サヨナラの瞬間はどのような気持ちでしたか
久々に興奮して、鳥肌が立ちました

―次回登板ではどのような投球をしたいですか
今回は勝利投手の条件である5回を投げ切ることができなかったので、次は5回をしっかり投げ切ってそのまま自分の理想である完封をしたいです。でも後ろにも頼れる先輩方がいるので、まずは良い形でつなげられるようにしたいです。今日はピンチの場面がありましたが、三振を奪い無失点に抑えることができたので、粘りという部分は次回も続けていきたいです。

 

宮本幸治 投手

―劇的なサヨナラ勝利、おめでとうございます
ありがとうございます!

―最終回を振り返って
ずっと慶大のペースで試合が進みましたが、皆川さんがヒットで出塁してからチームの雰囲気が良くなり、「やっとこっちに(法大に)流れがきたな」と思いました。日頃から監督からも「1試合に何度かは自分たちにチャンスがくる」と言われていて、その言葉を最後までチームが信じていたので(チームが)一丸となれて、その結果が今回のサヨナラにつながったと思います。

―自身はリーグ戦初登板初勝利となりましたが
試合序盤から監督に「準備しておけ」と言われていたので、マウンドに上がったときは緊張しないで、楽しんで投げることができました。

―今日のご自身の出来は
プルペンから調子が良かったので、もっと球数を投げたかったです。80点くらいですかね。

―2死満塁の場面で横尾俊建選手と対戦という登板となりましたが、どんな気持ちでマウンドに上がりましたか
捕手の中村からも自分の強みである「強気のピッチング」で勝負すれば大丈夫、と言われていたので自信を持って投げました。結果がついてきてくれて良かったと思います。

―ベンチにいるときも常に声を出してチームを盛り上げていましたね
自分も投手なので局面における投手の心理であったり、大事なことを伝えたかったので、ベンチにいるときに声は絶やさず掛けていました。やはりそういったことからしっかりやっていかないと勝てないと思いました。

―試合終盤でもベンチから声が出ていて、良い雰囲気がありましたね
監督の熱意で「最後まで諦めない」ことを日頃から言われているので、それがチーム全体に伝わっていることが表れているからだと思います。

―次週、立大戦への意気込み
次もピンチの場面でリリーフとしての登板になると思うので、いつでも投げられるように調整をしておきたいです。

―最後に法大ファンに一言
今年は一味違う法政を見せられると思います。連勝して勢いにのっているので、来週も勝ち点を取りたいです。今季も応援よろしくお願いします。

 

中村浩人 捕手

―逆転サヨナラでの勝利、いかがですか
9回まで全員が強い意識、最後まであきらめない気持ちを持っていたことがこの結果につながって良かったです。

―試合全体を振り返って一言
ランナーを出しながらも要所で抑えて最少失点でしのげていたかなと思います。

―4回1失点の熊谷投手の投球は
4回はカウントが悪くなって真っすぐを打たれてしまったんですが、序盤はテンポの良い、粘りのピッチングで抑えてくれていたかなと思います。

―5回を投げた青木投手の投球は
4年生らしく、ピンチでも落ち着いていました。最後は要求したとおりにフォークを投げてくれて三振を取れたので、さすが4年生ピッチャーだなと思いました。

―3イニングを投げた玉熊投手の投球は
真っすぐも変化球もすごく(腕が)振れていて、相手打者の打ち気をそらすことができていたので、とても良かったと思います。

―最終回に登板した谷川投手の投球は
緊張しているというのが伝わってきました。ピンチを作ってしまった後にしっかり一つずつアウトを重ねていくことができていましたが、最後は打たれてしまったので、そこは次の試合までに切り替えていくことが課題になってくると思います。

―ピンチの場面での登板も、見事抑えた宮本幸投手の印象は
宮本さんも緊張していたと思います。監督さんから「しっかり腕を振っていけ」という指示があったので、自分も腕を振らせるように(投げさせる)ということにはこだわってリードをしました。

―4回表、無死一、二塁の場面で(暴投で)ランナーの進塁を許すシーンがありましたが
はい。自分にはまだ(ボールを)止められていないという課題があるので、これから信頼される捕手になっていきたいと思います。

―5回にはスクイズを成功させました
そこは自分にできることをしっかりやろうと思っていたので、決められてよかったです。

―サインは出ていましたか
はい。2球目(スクイズを仕掛けた球)に。スクイズがありそうだなというのは頭にありましたが、決められて本当に良かったです。

―慶大先発・三宮投手の印象は
変化球が特に良かったと思います。

―昨日は4回表、2死満塁の場面で決勝打を放ちました
自分のバッティングで決められて嬉しかったです。昨日はとにかく「楽しんでいく」ということを大切にしていたので、楽しめてよかったと思います。

―改めて、昨日の森田投手のピッチングはいかがでしたか
変化球、真っすぐどちらもよかったので、真っすぐを決め球にして三振をたくさん取るようにしました。取れてよかったです。

―法大応援団の声援を受けてのプレーはいかがですか
もう、すごく良かったですし、力になりますね。

―次戦に向けて一言
次は立大との対戦ですが、1週間あるので、また練習をして勝ちたいと思います。

 

 

 

 

フォトギャラリー

  • hoseiサヨナラのホームインで歓喜のガッツポーズを見せる畔上(#10)と蔵桝(#6)
  • kumagaiリーグ戦初先発の熊谷
  • aokiピンチの場面で三振に奪い、雄たけびを上げる青木勇
  • nakamura中村のスクイズで追撃ののろしを上げる
  • tamakuma玉熊は3イニングを無安打に封じる
  • miyamotoリーグ戦初登板・初勝利の宮本幸
  • minagawaサヨナラへの足掛かりとなる安打を放った皆川
  • shibata1試合を決めた柴田
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み