硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第2週 対立大1回戦 「魔」の5回・・・ 森田、突如の乱調で大敗

東京六大学野球春季リーグ戦 対立大2回戦
2015年4月18日(土)
神宮球場

開幕カードで最高のスタートを切った法大は立大と対戦。慶大2回戦のサヨナラ勝利の勢いそのままに先制に成功するが、5回にまさかの展開が待っていた。粘りの投球を見せていた森田駿哉(営1)が立大の猛攻をしのぎ切れず、大量失点。立大エース・澤田圭佑の前に反撃の力はなく、逆転での大敗を喫した。

hosei
5回、突如つかまった森田(左)

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 0 0 0 6 0 0 0 2 8 13 1
法 大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 10 3

(立大)○澤田圭―鈴木
(法大)●森田(1勝1敗)、宮本幸、玉熊―中村、森川
[本塁打]
(法)田中1号ソロ(3回=澤田圭)

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1  (5)  大崎   4   1   0  .250 遊内安    左飛    右直    一ゴロ     
  1 玉熊 0 0 0 ---                  
2  (8)  田中   4   1   1  .200 三ゴロ    右越え本①    遊ゴロ    左飛     
3  (6)  佐藤竜   4   1   0  .222 遊ゴロ    右前安    一ゴロ      空三振   
4  (9)  畔上   4   1   0  .091 左前安    左飛      二失策    ニゴロ   
5  (3)  柴田   4   2   0  .273   遊ゴロ    中前安    左前安    遊直   
6  (7)  蔵桝   4   2   0  .444   左飛    右前安    ニゴロ      右前安 
  R 中川 0 0 0 ---                  
7  (4)  若林   4   1   0  .222   左前安    投ゴロ    左飛      投ゴロ併 
8  (2)  中村   2   0   0  .125   空三振    中飛           
  H 金藤大 1 0 0 .333           見三振       
  2 森川 1 1 0 .500                 三内安 
  R 大西千 0 0 0 ---                  
9  (1)  森田   2   0   0  .000     ニゴロ  空三振           
  1 宮本幸 0 0 0 ---                  
  H 原田 1 0 0 .222             空三振     
  5 皆川 1 0 0 .500                 中飛 
    36  10   1  ---                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
森田  4 1/3  74  23  4.35
宮本幸  2 2/3  26  0.00
玉熊  31  10  1.80
9 131  42  13  ---

 

ベンチ入りメンバー

10 畔上(キャ4=日大三)  34 鎌倉(法1=日本文理)  36 金藤大(キャ3=西武台千葉) 
 11  青木勇(法4=智辯和歌山)   1  若林(営4=桐蔭学園)   4  山下新(人4=済美) 
 14  宮本幸(営2=富山一)   2  皆川(キャ4=西武台千葉)   6  蔵桝(営4=広陵) 
 16  玉熊(法3=北海)   5  細川(文4=福井工大福井)   7  田中(法4=愛工大明電) 
 17  熊谷(キャ2=平塚学園)   8  佐藤竜(法4=作新学院)   29  清水二(法2=中京大中京) 
 19  川名(営4=安房)   23  原田(法1=春日部共栄)   38  中川(経3=法政二) 
 21  森田(営1=富山商)   25  柴田(文3=東邦)   39  大西千(営1=阪南大) 
 27  森川(営3=桐蔭学園)   26  大崎(法2=智辯学園)     
 32  中村(営1=多良木)   35  川口(人1=横浜)     

 

リーグ戦結果(4/18現在)

 明大法大早大立大東大慶大試合勝点勝率
――        ○○    0 1.000 
  ――    ●     ○○  0 .667 
    ――    ○    0 1.000 
   ○    ――     0 1.000 
 ●●     ●    ――   0 .000 
   ●●        ―― 0 .000 
 

戦評

 開幕カードの慶大戦を2連勝で勝ち点奪取に成功し、好調な滑り出しの法大。迎える相手は、昨秋リーグ制覇にあと1勝で涙を飲んだ立大だ。昨今着実に力を付けている立大。中でも今日先発のエース・澤田圭は昨秋の全カードの1試合目を完投勝利に抑える大車輪の活躍をしているだけに、厳しい展開が予想された。

 法大の先発を任されたのは、慶大戦で6回10奪三振と華々しいデビューを飾った森田。初回、いきなり1番大城滉二に左翼線への二塁打を許してしまう。2番二角勇大の進塁打の間に走者は3塁まで進んでしまったものの、続く佐藤拓也、寺田陽光を確実に抑えこの回を無失点で切り抜ける。その裏の法大の攻撃。下馬評通り、立大の今季初の先発マウンドを任されたのは澤田圭。慶大戦のメンバーから1、2番を変えて臨む法大はその1番大崎拓也(法2)が持ち味の足を生かし内野安打で出塁すると、2番田中彪(法4)は進塁打でチャンスメーク。3番佐藤竜一郎(法4)は倒れるが、4番畔上翔(キャ4)の左前安打の間に大崎が本塁を狙う積極走塁。好送球に阻まれ得点に結び付けることはできなかったが、法大に流れが傾く。

 2回、2死から7番若林晃弘(営4)が左前安打を放つとすかさず盗塁も決め、再びチャンスを演出するが、8番中村浩人(営1)は澤田圭のスライダーの前に三振に倒れ、法大の攻撃は終了。3回、立大2番二角が森田のカーブを捉え二塁打。2死ながらピンチを招く。だが、3番佐藤拓を直球で内野ゴロに抑え、再びピンチを脱する。すると3回裏、2死走者なしから2番田中が内寄りに甘く入ったボールを見逃さず、ライトへの本塁打を放ち法大が先制。4回には無死から5番柴田圭輝(文3)、6番蔵桝孝宏(営4)の連打でまたもチャンスの場面。しかし、澤田圭の好守備や佐藤拓の好捕に阻まれ、追加点を逃してしまう。

 すると5回、ここまで走者を出しながらも、何とか踏み止まってきた森田がついにつかまってしまう。8番鈴木貴弘に自己最速となる147キロの直球を右中間に運ばれピンチを招くと、続く澤田圭の犠打処理を失策し、リズムを崩す。走者がたまったところで1番大城の中堅後方への二塁打で逆転を許すと、佐藤拓から3連続の適時打を浴び、森田はここで降板。代った宮本幸治(営2)は6番酒井田の適時打でさらなる追加点を許すが、7番笠松悠哉を併殺に仕留め、ようやくこの回を終了。まさかの大量失点で、大差を追う苦しい展開となった。

 逆転を狙う法大は6回、2死一、三塁の好機を演出し代打策を講じるが、ここでも好機を生かし切ることができず無得点。嫌な流れを止めることができず、7、8回を三者凡退に抑えられると9回の守りでは玉熊将一(法3)が駄目押しの2点を献上。最終回、意地を見せたい法大は2死ながら途中出場の森川大樹(営3)が安打で出塁するが反撃もここまで。8失点の大敗を喫した。

 10安打を放ちながら好機を得点に結び付けることができなかった法大。だが、こんな時にこそ「辛抱」が必要だ。急ぎ足で試合後の練習に向かう選手たちは、まだまだ闘志に満ちあふれている。明日の試合も厳しいも展開が予想されるが、なんとしても勝利を呼び込み、逆転の勝ち点奪取をつかみたい。(原口大輝)

 

クローズアップ

田中彪(けがから復帰、チーム今季初本塁打を放つ)

 「打ったろうかな」。田中の目は狙いを定めていた。「あのカウントからだったら来ると思っていた」。狙い通りに投じられたインコースの直球を強振、大きな放物線を描いた白球はライトスタンドへ吸い込まれる自身リーグ戦初のホームランとなり、貴重な先制点をもぎ取った。

 今季初スタメンの田中だが、昨年末に肩を負傷。思うような調整が進まず、開幕カードは途中出場にとどまったが、今日の試合でスタメン復帰した。青木久典監督の「状態が良いから」という起用に「チャンスをもらったので頑張ろうと思った」と、言葉通りの有言実行の活躍を見せた。

 試合こそ敗れたものの、監督の期待に結果で応えてみせた田中。負けられない戦いが続く中、そのバットが法大打線をけん引する。(望月千草)

 

tanaka2

 

試合後の監督・選手のコメント

青木久典 監督

―試合を振り返って
守りのミスが痛かったですね。それが点につながってしまっているので。日頃から投内連携は厳しく指導していたんですけど、ミスが試合で出るということは、まだまだチームに油断があるのかなと思います。

―4回裏に決めきれず、直後に処理のミスが出るなどバントが試合の分かれ目となりました
野球は流れのスポーツですからね。しっかりとした形を作っておけば流れは(相手に)いかないんですけど、あそこを決められなかったことで流れを与えてしまったということです。野球の怖さをみんな痛感してくれたんじゃないかと思います。

―先週から1、2番を入れ替えましたが
プロ併用日(※規定により延長なし)ということもありますし、足をどんどん使ってなんとか先取点を取りたいなと。大崎、田中は状態も良かったですし、相手は右投手だったので、自分としてはうまくはまってくれたとは思います。

―その田中選手は見事な先制ホームランでした
打撃練習でも、非常に良い形で振れていました。

―先発の森田投手は5回に崩れる形となりました
マウンドにも行って「済んだことはしょうがないから切り替えて」という話はしたんですけどね。バント処理のミスもありましたし、冷静な状態ではなかったですね。それが残念でした。

―打線は合計10安打ながら、なかなか得点には結び付きませんでした
試合後のミーティングでも言いましたが、打つことに関してはお互い変わらないと思うんですけど、うちはそれぞれの仕事ができていないんじゃないか、と。チームが勝つための最低限の仕事ができればもっと点が入っていたと思いますし、もう一つフォアザチームの精神でやっていかなければならないという話はしました。

―立大先発の澤田圭投手への対策は
非常にコントロールが良い投手ですから、低めの見極めだけしっかりしなさいという話はしました。それが10本につながったと思います。

―明日の意気込みを
今日で悪いところは出し切ったので、気持ち新たに明日からもう一度法政らしい野球をして、まず1勝を取りにいきます。イーブンに戻したいと思います。

 

畔上翔 主将

―試合を終えて、率直に今の気持ちは
自分自身もチームも、気持ちは明日に切り替わっています。

―試合前、チーム内ではどのような話をしていましたか
気持ちを入れてしっかりやろうと話しました。

―1打席目に今季初安打が出ましたが
とりあえず1本打てて良かったです。

―ご自身の今の調子は
正直あまり良くはないです。しっかりとチームに貢献できるようにしたいです。

―第3打席、前の打者がホームラン、ヒットと続いてご自身の打席が回ってきましたが、どのような気持ちで打席に入りましたか
自分も続いて、畳みかけたかったです。少し力んでしまい、結果が残せなくて悔しいです。

―5回の失点の直後、畔上選手を中心に円陣を組んでいましたがどのような話をしましたか
気持ちを切り替えて、ここからやっていこうと話しました。

―チーム合計10安打で1得点に留まりましたが
やはり、そこは良くなかったと思います。10本打ったので5点くらいは取りたかったです。

―立大先発の澤田圭投手の印象
彼は頭の良い投手なので、今日は彼の投球術が光っていたと思います。

―森田投手について
毎回うまく投げられるわけではないですし、1年生なのでこれを良い経験と捉えて頑張ってもらいたいです。

―明日への意気込み
チーム全体が明日の試合に気持ちが切り替わっているので、あとはやるだけです。

 

蔵桝孝宏 外野手

―試合を振り返って
自分たちのミスが多かったので、もっと良い試合ができたかなと悔いの残る試合になりました。

―先週はサヨナラ勝利でしたが、その勢いのまま試合に入れましたか
そうですね。チーム的にもイケイケでここまで来れたので。

―本日は2安打を放ちましたが、ご自身の調子は
悪くないと思います。明日にもつながる試合になったと思います。

―最終回は初球を叩いての安打でした
点差もありましたし、明日へつながるように1点でも取りたかったので、自分が塁へ出ることは大事だなと思い切っていきました。

―5回、森田投手が立大打線につかまりましたが、守っていてどのように感じましたか
球が甘くなっていて森田の持ち味がちょっと出ていなかったので、その辺がもったいないというか、痛いなと思いました。

―立大・澤田圭投手の印象は
去年と変わらず、まあどこか痛いのか分からないんですけど、そんなに嫌なピッチャーではなかったですね。

―明日への意気込み
1戦1戦勝つだけなので、まずは明日勝って勝ち点を取れるように頑張りたいです。

 

田中彪 外野手

―試合を振り返って
安打数はそれほど負けていなかったんですけど、こっちの守備のミスや、澤田投手のここぞというときの投球が良かったために点差が離れてしまったと思います。

―澤田圭投手の印象は
自分的に苦手意識はないんですけど、やっぱり1年生の時から投げている投手でコントロールが良いですし、良い球を投げてました。

―澤田圭投手の対策は
今週みんなで分析していました。それなりに対策はできていたとと思います。カウントによる攻め方とか、そういうことはある程度把握できていました。

―本日は今季初の先発出場でした
スタメン入りは今日聞きました。

―これまではベンチスタートでしたが
スタメンは調子良い人が出るべきだと思います。自分はけがをして調子を崩していて、自分が悪かったと思います。今日はスタメンでチャンスもらったので頑張らなきゃなと思いました。

―調整してきたことは
やっぱり打撃ですね。肩をけがしていて自分が思う通りに振れていなかったので、過去の自分の打席を振り返って良かった頃のまねをしようと。

―けがはいつ頃からけがされていたのですか
肩は年末からけがしていました。それがずっと長引いていて無理してやっていたんですけど、もうそこそこ大丈夫です。

―2番打者として意識したこと
1番も2番でもそんなに気持ちは変わらないです。送るところは送るで、チャンス作るところは作っていこうという感じですね。

―3回のホームランを振り返って
自分の中でも球種は見えてて、思った通りに来ました。神宮で初めて打てたので良かったです。

―狙い球はありましたか
ホームラン打った時なんかはあのカウントでインコースのまっすぐ(が来る)と分かっていました。

―監督からの指示はありましたか
1打席目はエンドランのサインが出ていたんですけど、2打席目に入る前に「もう球見えてるからランナー出ても打たしていくぞ」と言われていたので「打ったろうかな」という気持ちになっていました。

―次戦へ向けて
明日落としたらせっかく慶大戦で良いスタートが切れたのにもったいないと思うので、月曜に持ち込んで勝ち点を取りたいです。

 

大崎拓也 内野手

―試合を振り返って
(スタメンという)チャンスをもらって安打も出て良かったんですけど、こんなに点差が離れてしまったので、ここぞというときの集中力が法政にはなかったのかなと思います。

―今季初スタメンでしたが
初めは少し緊張してたんですけど、慣れてきたら自分のプレーができたと思います。

―澤田圭投手の印象
コントロールが良くて甘い球も来なかったんですけど、初球だったり少し甘めのボールを逃さず打っていこうと思っていました。安打になって良かったです。

―1打席目は足を生かした出塁でした(遊内野安打)
良いところに飛んでくれたので全力で走って、内野安打になって良かったです。

―畔上選手の安打で2塁から本塁を狙いましたが、初めから狙っていましたか(結果は本塁封殺)
1点取れたら試合も楽になるので「絶対に還ってやる」と思って走ってました。

―チームの雰囲気は
良い雰囲気で、最後も諦めないという気持ちでみんなが声を出していたので明日につながるベンチワークだったと思います。試合後もみんな切り換えて「明日頑張るぞ」という気持ちで声も掛け合っていたので絶対明日勝てます。

―今日の収穫
初回1打席目に出塁できたので、やっぱりもっと出塁して足でかき回していきたいです。

―明日の意気込み
明日は絶対勝って、あさっても勝って勝ち点を取ります。優勝したいので絶対勝ちにいきます!

 

宮本幸治 投手

―試合を振り返って
悪い部分がたくさん出てチームとしても悔しい思いをしたと思いますが、明日は今日の敗戦を糧にしてしっかり勝ちにいこうと思います。

―ピンチでの登板となりましたが、どのようなお気持ちでマウンドに上がりましたか
もちろん抑えるという気持ちを前提にマウンドに上がりました。1点は取られてしまいましたが、何とかその後は0に抑えられて、神宮でしっかり投げられたことは自分の中では良かったところなので、明日も今日のような投球ができるように頑張りたいです。

―立大打線の印象は
慶大と同じぐらいで、振ってはきますがそれほど連打を浴びるという感じはありませんでした。今日は自分たちのミスで勝てる試合を落としてしまったので、気負うことはないと思います。

―警戒した打者は
大城選手はすごく良いバッターだと聞いていたのですが、自分の中では佐藤拓選手が良いバッターだと考えていたので、その2人に警戒していました。2人にも今日は力まずに投げられたと思います。

―森田投手に降板後に声を掛けたりは
ベンチで落ち込んでいる部分はありました。トーナメントではなくリーグ戦なのでこれからも登板する機会はあると思うので、切り替えていけとベンチの中で声を掛けました。

―明日の意気込みを
明日ももし投げる機会があれば今日のような投球をして、自分の中でもチームとしても勝てるようにしたいです。

 

森田駿哉 投手

―今日の登板を振り返って
自分が試合を壊してしまって申し訳ない気持ちでいっぱいですが、自分にとっては良い経験ができたと思うので、今日の敗戦を忘れずに次に生かしていきたいです。

―5回に連打を浴びる場面が目立ちましたが
1人目(8番鈴木)を出してしまったことと、自分のフィールディングのミスで少し焦りがあったというのが一番の印象です。練習していくべき課題として見つかったのは良かったと思います。

―調子自体はいかがでしたか
調子自体は悪くなかったですけど、勝負どころの決め球が甘くなってしまうことがあったので次に生かしていきたいと思います。

―次回登板までの課題は
自分の決め球やフィールディングなどを見直して、大量得点されないように投げたいと思います。

 

 

 

フォトギャラリー

  • hosei5回、突如つかまった森田(左)
  • morita森田の2度目のマウンドはほろ苦いものになった
  • azegami初回、今季初安打をマークした畔上
  • ohsaki畔上の安打で2塁走者の大崎が本塁を突くも、惜しくもタッチアウト
  • tanaka3回、本塁打を放った田中
  • miyamoto宮本幸は2試合連続の登板
  • kuramasuチームトップの打率.444を誇る蔵桝
  • morikawa森川は待望のリーグ戦初安打
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み