硬式野球
 
 

【硬式野球】4年生特集 最終回 河合完治主将、浅田祐太朗主務

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大2回戦
2013年10月28日(月)
神宮球場

春は開幕9連勝、秋は開幕2カードを落とす苦しい立ち上がりで優勝の可能性が消えかけるが、そこから粘り、第7週の明大戦に優勝の可能性を残して挑む。しかし明大に敗れ、5位という結果に終わった。チームの中心となってプレーし、感動を与えてくれた4年生はこの日で引退となった。それぞれの進路進む4年生に法大野球部での4年間について振り返っていただいた。最終回は河合完治主将、浅田祐太朗主務です。

201311141
河合完治#10

選手のコメント

河合 完治 主将

―今日の試合を振り返って
明治さんの方が強かったという完全な力負けかなと思います。

―どのような気持ちで試合に臨みましたか
少しでも神長監督と4年生と一緒に野球をやりたかったなってのがすごくあったので、なんとしても今日は勝つという気持ちでは入っていました。

―しかしこれが最後の試合となってしまいました
あそこで高山が打ったり、そこはど真ん中でもなかなか打てない場面だと思うし、それから糸原が飛び込んで取ったり、やはり…本当に強いチームだなと思います。

―血の法明戦というだけあって
でも最後にああやって延長までやれて…今あまりまだわかんないです。

―まだ心の整理が
ちょっとなかなか整理がついてない状態です。

―キャプテンとして法大野球部はどうでしたか
キャプテンまでやらせてもらって、感謝しています法政野球部に。

―4年間を振り返って
早かったなっていうのはありますね。怪我や色々なことがありましたけど。でも本当に勉強になったことしかなかったので、そういう意味では法政大学野球部で野球をやらせてもらって主将までやらせてもらって、すごく成長はさせてもらえたかなと思います。

―1番思い出深いことは何ですか
やはり3年の秋に優勝したときはすごく嬉しかったので、それを自分らの代でやりたかったなっていうのはすごく心残りというか。大学生活の中でやりたいことはそれでした。自分らの代で優勝というのが。

―この4年間で得たことは
指導者であったり同級生であったり、先輩も後輩も人脈というのがすごく広がったかなと思います。

―これからの人生にも
活きてくると思うし、活かしていかなきゃいけないなと思ってます。

―4年生のチームメイトについて
試合に出てなくても、バッティングピッチャーをやってくれたり守備をやってくれたりボール拾いやってくれたり、だからそういうやつのために本当に勝ちたかったんですけど。チームメイトに恵まれてよかったなと本当に思っています。

―後輩にむけてメッセージをお願いします
神長監督を信じて毎日がんばってほしいなと思います。やはり後輩らががんばってくれてたら嬉しいんでね。優勝できるように。僕も野球部で卒業するまではしっかり後輩のサポートはしてあげたいなと思っています。

浅田 祐太朗 主務

―4年間お疲れさまでした。今の率直なお気持ちは
勝てなかったというのが一番悔しいところですね。                                  

―秋のシーズンを振り返って
最初の立教戦で2つやられてしまって正直どうなるかと思いましたが、4つ負けて、東大早稲田明治と6つ勝てば優勝できるかもしれないというところで、皆一丸となって踏ん張ってくれたので、最後の明治戦に高いモチベーションで臨めたのは良かったと思います。  

―序盤は苦しい戦いを強いられましたが、ベンチから見ていていかがでしたか
春の9連勝を経験したがゆえに、ギャップというのがすごく大きくて皆戸惑ったところはあったと思いますが、やることは一つだけだったので、そこに向かって各々ができたとは思いますね。  

―マネージャーとしての4年間を振り返って
苦しいことや辛いことばかりでしたけど、トータルで考えたら4年間マネージャーをしっかりできて良かったです。

―一番苦労したことは
武蔵小杉の優勝パレードです。初めてのことで、地元の人や警察も巻き込んでやりましたが、平日に打ち合わせが入ってあまり授業に行けなかったり、一番苦労しましたね。  

―4年間で嬉しかったことや印象に残っていることは
個人的に嬉しかったのは、2年秋の新人戦で優勝できたことです。下級生時代の目標は新人戦で優勝することだったので。一般的に見たらちっぽけなものですけど、僕らからしたらやっぱり同期で戦って勝てたというのは、印象に残っています。全体を見てというところだと、春に法政が勝ち進んでいく間に、関係者の人が神宮球場に来てくれたことですね。一番心に残っているのは、10連勝をかけた明治との2回戦。引き分けてしまいましたが、あれだけ応援席がオレンジに染まった景色を見たのが、一番嬉しかったです。  

―その同期の4年生について、「個が強すぎてまとまれるかどうか不安だった」という話を選手からよくお聞きしましたが
その通りです(笑)。本当に個性が強い奴らの集まりだったのでまとめるのは結構大変でしたけど、グラウンドに入って野球をしているときは皆一つになっていると思っていたので、そういうところは良いところだったと思います。  

―4年生をまとめる上での河合選手のキャプテンシーについてはいかがでしたか
ポイントポイントで河合が一言言うことで、「やらなきゃな」という雰囲気になっていました。普段から言葉数は多くないですけど、そういうところでしっかり一年間やってくれたと思います。背中で示すというのが河合のキャプテンらしいところで、試合前の円陣などでの河合の一言というのが、皆に影響を与えているという面が大きかったです。

―西浦選手のプロ入りについて
神宮大会では全く打てなくて、昨年の秋神宮大会が終わった後、これからどうしようという話を西浦がしてきてくれた時に、最初はちゃらんぽらんなイメージでしたが、やっぱり野球人だなというのを思いました。今年の春あれだけブレイクしてくれて、秋ドラフトに向けてというところで、調査書だったりを色々手伝ったりしたので、ドラフトにかかったときは嬉しかったです。

―社会人で野球を続ける選手も多いですが
同期でこれからも野球を続けていく奴らに関しては、これからも注目したいと思いますし、都市対抗なども応援しに行きたいなという気持ちもあります。  

―法政二高から7年間法政と関わってきて、今思うことというのは
二高に入った時の最初の理想は、7年間法政のユニフォームを着て、甲子園だったり神宮で野球をしたいというのが一番だったと思いますが、色々な事情があってマネージャーになって、むしろ僕的にはその道で良かったのかなと。これだけ野球界に関わってくれる人と出会えたのが、一番財産になったと思います。

―マネージャーとしての経験を、今後どのように生かしていきたいと考えておられますか
人間関係が広がったというのが一番なので、これまでの出会いを大切にこれからもやっていきたいです。来年から六大学(野球)で審判もやるのですが、マネージャーをやっていた縁があってお誘いももらったので、それ(人間関係)がある意味生きているというのもあります。審判だけでなく、人生で色々生かせていけたらなと思います。

―これだけは伝えておきたいということはありますか
マネージャーは表には出ないですけど、チームのことを一番に考えてやっている気持ちは選手と一緒なので、そういう人たちもいるんだよ、というのは覚えておいてほしいことですね。

―後輩に伝えたいこと
今年はリーグ戦、新人戦通して明治にやられっぱなしの1年だったので、是非とも来 年は明治を倒して六大学を制してもらって、大学日本一に。一番は神長監督の胴上げを見たいというのが僕としては強い思いなので、それを達成してほしいです。

―法大野球部のファンに向けて一言お願いします
1年間応援ありがとうございました。あれ だけ神宮球場がオレンジに染まるというのは、グラウンドで見ていてすごく勇気づけられますし、後押しされます。来年以降も後輩たちの戦いは続くので、神宮球場をオレンジ色に染めていただければと思います。

プレイバック

河合 完治 主将

中京大中京の先輩、難波真史(日立製作所)に憧れて法大野球部を選んだ。1年の春からリーグ戦に出場し、秋にはベストナインを獲得するが、はじめの3年間は怪我に苦しむ時期が多かった。野球ができず、裏方としてチームをサポートする日々が続く中で、試合に出られない人たちの思いを身をもって知った。

3年の秋、怪我で出遅れるも後半からはレギュラーを奪取し、チームの優勝に貢献。スタメンに3年生の名がつらなることも多かったが、優勝できたのは背中で引っ張る建部賢登(東京ガス)主将をはじめ4年生のおかげだと感じた。それだけ4年生の存在というのは大きなものだった。

4年生が引退し、河合は主将に就任する。主将を務めるのは初めてだった。「選手としても人間的にも建部さんに近づけるようにがんばりたい」、主将としての建部の背中を見て一緒にプレーしてきた河合はそう意気込んだ。常にチームのことを第一に考えた続けた1年間だった。いくらヒットを打ってもチャンスで打てなければ意味がなく、「ここという所で打ちたい」といつも口にしていた。試合に出ている人だけでなく、チームメイト全員で戦っているという気持ちを常に持ってチームを率いた。この秋は厳しい戦いが続いたが、ユニフォームを着れずに卒業していく4年生のためにもという思いで最後まで戦いぬいた。

怪我さえなければ、もっといい成績を残せただろう。しかし野球をやりたくてもやれない期間に得たものは大きい。プロ野球選手を目指すも、今は社会人野球へ進むことを選んだ。無駄な時間なんてない。河合完治は夢に向かって新たな舞台でさらなる成長を遂げるだろう。(牛島 春)

★編集後記
どんな試合の後でもはきはきとインタビューに答えてくださっていましたが、最後の試合だけは違いました。目は赤く、なかなか言葉が出てこない姿には正直驚きました。それだけ主将として背負っていたものがあり、言葉にできないほどの思いのつまった4年間だったのだと思います。

浅田 祐太朗 主務

ユニフォームを着なくとも、チームを思う気持ちは選手と同じだ。法政二高から7年間マネージャーを務めてきた、“ベテラン”マネージャー・浅田祐太朗主務(社4)。グラウンドでは、試合前後の応援席への挨拶にしか姿を見せないが、チーム内部の仕事から六大学野球全体の運営に携わるなど、裏方として法大野球部を支えてきた。チームに欠かすことのできない存在だ。 

高校時代の延長線上で大学でもマネージャーを続けることを決心し、入部した浅田主務。しかし、「苦しいことや辛いことばかりだった」と4年間を振り返る。野球部のグラウンドと、東京郊外に立地する多摩キャンパスを往復する日々。仕事で授業に出られないことも多かったという。そんな苦労の多い4年間の中で、強調してきたことが2つある。マネージャー経験を通して得た人間関係と、「神宮球場をオレンジ色に染めたい」という願いだ。マネージャーを辞めたいと思ったこともあるというが、得るものの多さがそれをとどまらせた。そしてチームの勝利を願うだけでなく、それを後押しする観客動員を気にしていた浅田主務。満員の応援席を見て、「グラウンドで見ていてすごく勇気づけられる」と語るのは、選手の気持ちの代弁だろう。決して表に出る立場ではないが、「チームのことを一番に考えてやっている気持ちは選手と一緒」。その熱い思いが、言葉の端々からうかがえた。

来年はベンチからグラウンドへ飛び出す。マネージャーをしていた縁で、六大学野球の審判を務めることにもなったという。今まで裏方に徹してきた男が、日の当たるグラウンドへ。“ルーキー”審判の活躍に、是非とも注目してほしい。(熊谷 優) 

★編集後記
スポホウがいつも取材をさせていただけるのは、選手たちのみならずマネージャーの方々のおかげです。この場を借りて改めてお礼を申し上げます。いつも好意的に取材に協力して下さった浅田主務。審判は三塁塁審を務められるそうです。もしかしたら、春のオープン戦でもその姿を見られるかもしれないとのこと。今から楽しみです

フォトギャラリー

  • 201311141河合完治#10
  • 201311142浅田祐太朗

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み