硬式野球
 
 

【硬式野球】4年生特集 第6回 西浦直亨、木下拓哉

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大2回戦
2013年10月28日(月)
神宮球場

春は開幕9連勝、秋は開幕2カードを落とす苦しい立ち上がりで優勝の可能性が消えかけるが、そこから粘り、第7週の明大戦に優勝の可能性を残して挑む。しかし明大に敗れ、5位という結果に終わった。チームの中心となってプレーし、感動を与えてくれた4年生はこの日で引退となった。それぞれの進路進む4年生に法大野球部での4年間について振り返っていただいた。第6回は西浦直亨選手、木下拓哉選手です。

201311131
西浦直亨#6

選手のコメント

西浦 直亨

―今日の試合を振り返って
今日の試合は先制して「今日はいける」って感じやったんですけど、やっぱりそこからなかなか点が取れずに、いつもの展開になっちゃったので。でも、みんな最後まで一生懸命諦めずやっていたので悔いはないですね。

―四回にはタイムリーを放ちましたが
とりあえず何とかしたいということで、飛んだところが良かったかなと思います。

―九回にもヒットが出ましたが
積極的に振りにいった結果が良かったと思います。

―この秋は全試合4番を任されましたが
監督さんに感謝なんですけど、自分の思うような結果が出せなかったのが、一番チームの勝敗にもつながったので、これからの野球に良い経験としてつなげていければなと思います。

―4年間を振り返って
4年間、良いときも悪いときもあったんですけど、それでもずっと応援してくれていた人たちがいてくれたので、しっかり頑張ることができたと思うので感謝しています。

―転機になったことは
1、2年の頃は全然試合出られなくて、2年秋のシーズンで、立教戦で自分が途中出場したときに3三振とエラーをしてしまって、それでもう最終カードだったんで、シーズン終わってしまったんですね。そこから「このままやったら終わってしまうな」と。そこで、ちょっと頑張らないとなって。2年の秋の最後の試合は、自分にとって転機になったと思います。

―4年生はどんな存在でしたか
どうですかね...もっと何かひとつになれたなって気がします。

―思い出に残っている出来事は
何でも良いですか?去年の3年から4年になる前に、みんなで集まって飲み会みたいなことをしたのが1番印象に残っていますね。

―法大野球部に入りプロという夢を叶えましたが
ずっと個人としてはそれを目標にやってきたので、達成したので良かったです。

―これからの目標を教えて下さい
これからはプロ野球選手になるので、職業としてやるのでしっかり自覚と責任をもって、あとファンの人も喜ばせられるように、そういうプレーをしていきたいです。

木下 拓哉

―大学野球最後の試合となりましたが
何とか勝ちたかったので……必死でやりましたが、負けたので。力負けというか。試合内容などよりも、本当に負けたことが悔しいです。

―最後のバッターとなりました
何とか自分でつなぎにいこうと思いましたが、バッティングの方でチームに貢献できないまま終わってしまったなという感じです。

―秋を振り返っていかがですか
3年秋から3シーズン、レギュラーとして出していただきましたが、個人的には全部のシーズンが苦しいシーズンで。その中でもこの秋はチームに結果がついてこなかったというのは、本当に悔しいです。

―この1年間は4年生投手陣の活躍が光りましたね
本多は結局(最後)打たれましたが、このリーグ戦が始まってずっと、本多が踏ん張って踏ん張って勝っている部分もありました。4年生はよく投げたと思います。

―4年間を振り返って
苦しい4年間でしたね。試合に出て、全て結果を出したいという気持ちも増えてきましたが、結果がついてこなくて、ずっと苦しいシーズン、4年間だったと思います。

―苦しかった中でも良かったことや嬉しかったことは
キャッチャーとして出していただいたので、チームが勝てば本当に嬉しかったですし、ブルペンや試合でピッチャーが「受けてくれ」と自分にすごく言ってくれるのが、本当に嬉しかったです。

―3年秋から正捕手として出場されていますが、ターニングポイントはやはり3年秋です
3年秋に出していただいて、そこで打撃の結果は出てこなかったてすけど、キャッチャーとして、野球選手としては一皮向けて、色々周りも見えるようになりました。

―印象に残っている試合
どの試合も印象に残っていて、特に秋は楽な試合が一つもなかったので、勝った試合も負けた試合も、全部印象に残っています。

―法大野球部で得たもの
技術的には間違いなく高校のときより上がっていますし、考えて野球をできるようになりました。(今後は)違う舞台になりますが、4年間で成長できたことをしっかり生かしていこうと思います。

―今後野球を続けられる上での目標は
とにかくどこのステージに行っても、ずっと「負けないキャッチャー」というのを追い求めてやりたいと思います。

―同期と後輩に伝えたいことはありますか
4年生はずっと4年間一緒に野球をやってきて。みんな普段は面白くて楽しい奴らで、でも野球になったら本当に顔色を変えて。本当に頼もしい同級生でした。自分達が去年の秋、3年生で(試合に)出て、優勝を味わったのがすごく大きかったので、何とか後輩に優勝を味わせてあげたかったですが、それができなかったので本当に申し訳なかったです。でも、ずっと応援しているので頑張ってほしいです。

プレイバック

西浦 直亨

「積極的に」。これは、今季全試合で4番を任された西浦直亨(営4)が繰り返してきた言葉だ。

思い切りが良く、力強いスイングが西浦の魅力の一つである。それを体現したのが、今秋の早大3回戦。負ければ優勝の可能性が消滅する状況で、試合は0-0のまま七回を迎える。相手の好投手、有原から一死二塁のチャンスを作ると、この場面で西浦が打席に立つ。「絶対振ろう」と決めていた初球を見逃さなかった。引っ張った当たりは、左翼線を破る貴重な先制打となり、チームを勝利に導いた。それから5日後の明大1回戦。2点を追いかける八回。一発が出れば逆転というチャンスの場面で、再び打席に入る。4番のバットに期待が込められたが、結果は空振り三振。「1ストライク目の変化球を見逃したのが、三振という結果になってしまった」と、この試合は積極的に振れなかったことへ の悔しさをにじませた。

前日の敗戦で優勝の可能性が消えた2回戦。延長十二回の死闘の末、法大は涙をのんだ。4年生の西浦にとってこれがラストゲームとなったが、敗れはしたものの表情は晴れやかだった。それは、一時、勝ち越しのタイムリーを放つなど、自分の納得がいく積極的なスイングが出来たからなのだろう。

試合後、「悔いはない」と話した西浦。スッキリとした気持ちで次のステージに進めるはずだ。先日のドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから2位指名を受け、念願のプロ野球選手という夢を叶えた。即戦力として期待され、言い渡された背番号は「3」。走攻守の全てでアピールしていきたいところだ。

新たな野球人生のスタートラインに立った今。西浦は何を思うのだろうか。ライバルも多く、投手のレベルもさらに上がり、苦労することもあるだろう。それでも、臆することなく法大野球部で培ってきた力を発揮してほしい。どんな場面でも、自分らしく「積極的な」プレーで。(宮城 風子)

★編集後記
「今日は打ったで!」。先制打を放った早大3回戦。取材をお願いする際、このように声を掛けてくれた気さくな西浦選手。2日後のドラフト取材では、最初は緊張した雰囲気も、単独インタビューでは笑いが起こる場面もありました。最終戦後も晴れやかな表情で、すでに前を向いている、そんな気持ちが伝わってきました。つば九郎人形を持ちながらの写真をお願いすると、「ええやん!」とノリノリで撮影。11月号をお楽しみに!ファンサービスが良くみんなに愛される選手になっている姿が思い浮かびます。プロ野球選手として、神宮に帰ってくる日を今から楽しみにしています。  

 

木下 拓哉

2点ビハインドの延長十二回裏、一死一塁。一発出れば同点という場面で木下拓哉(人4)が放った打球はサードの守備範囲へ。そして二塁、一塁と送られ併殺が完成。この瞬間、法大野球部の秋は終わった。「何とか勝ちたかった」――最後の打者となった木下は試合後、必死に言葉を振り絞り、うつむいた。

春、あと一勝のところから優勝を逃しただけに、秋の勝利に懸ける思いは人一倍強かった法大。逆襲の秋に向け厳しい練習に打ち込んだ夏は、投手陣が好調だった。開幕前、「バッターが打てないときに、バッテリーで勝つゲームを作りたい」と、投手力でチームをけん引したいと語った木下。しかし開幕からその投手陣が不調に陥り、苦しいシーズンの幕開けに。自らのリードを責める場面も見られた。フォームを研究するなど夏に取り組んでいた打撃の調子も上がらず、打率1割台と低迷。その中でも「打つことより点を与えないことが大事」と切り替え、投手陣を引っ張り続けた。

空き週を経て迎えた東大戦から、その投手陣が息を吹き返す。船本一樹(営4)、石田健大(営3)の連続完封を、リードでアシスト。相手の足を使った攻撃も持ち前の強肩で度々封じた。 打線が春のように点を取れない中、東大、早大との5試合で失点はわずかに2。投手陣が踏ん張り、バッテリーの力でチームを救った。しかし最後は春に続き、明大に粘り負け。「楽な試合が一つもなかった」とチームも個人も苦しんだラストシーズンを振り返った。

高知高校から、強肩の大型捕手として法大へ入学。3年の秋に土井翔平氏(現・大阪ガス)から正捕手の座を奪うと、チーム防御率1.91の好成績で優勝へ導き、ベストナインも獲得。そこから3季連続でマスクを被り続け、絶対的な守備の要として個性豊かな法大投手陣をまとめ上げた。ところが木下は「苦しい4年間でした」と大学野球を振り返る。課題の打撃面で安定した成績を残せず、最後までもがいた4年間。しかし苦しい中でも、「ブルペンや試合でピッチャーが自分に『受けてくれ』と言ってくれるのが本当に嬉しかった」という。その姿に、捕手としての木下らしさを感じさせた。

プロ志望届を提出したが今回は夢が叶わず、卒業後は社会人野球へ進む。「どこのステージに行っても、ずっと『負けないキャッチャー』というのを追い求めてやりたい」。苦しいラストシーズンを経験した男は、この悔しさを糧に再び夢の舞台を目指す。(熊谷 優)

★取材後記
寮取材のようなオフモードでは持ち前の笑いのセンスを披露する一方、取材時はいつもじっと記者の目を見て真剣に話して下さる木下選手。饒舌な木下選手ですが、今季は苦しいシーズンとなり、幾度も言葉につまって必死に言葉を絞り出す姿が印象的でした。次のチャンスにこそ、かねてからの夢が叶うことを願っています。

フォトギャラリー

  • 201311131西浦直亨#6
  • 201311132木下拓哉#2

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み