硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球オールスターゲームin高知

東京六大学野球オールスターゲーム
2015年8月23日(日)
高知県立春野総合運動公園野球場

四国・高知で行われた東京六大学野球オールスターゲーム第二戦。法大・慶大・東大によるチーム・海援隊と早大・明大・立大によるチーム・陸援隊に分かれたこの試合、チーム・海援隊は好機をものにできず1得点に封じられた。法大投手陣の奮闘も実らず、球宴は1勝1敗で幕を閉じた。

azegami
長打を含む2安打と存在感を発揮した畔上

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
チーム:陸援隊 0 1 0 0 0 2 0 0 1 4 7 0
チーム:海援隊 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 7 0

(陸)澤田圭(立)、田中(早)、◯柳(明)、齊藤(明)ー松本(立)、渡辺(早)、坂本(明)、鈴木(立)
(海)⚫︎熊谷(法)、玉熊(法)、柴田(東)、加嶋(慶)ー中村(法)、喜入(東)

 

チーム・陸援隊打撃成績

打順位置選手123456789
1  (D) 髙山  1   0   0  空三振     四球            
  HD 中澤 2 1 1           右越え三①   空三振  
2  (9)  重信   4   0   0  遊ゴロ    二ゴロ      右飛    二ゴロ   
3  (4)  河原   2   0   1  遊ゴロ      左飛    中犠飛①   四球   
4  (3)  丸子   3   0   0    見三振    空三振    遊ゴロ       
  3 中村圭 1 0 0               三ゴロ  
5  (7)  菅野   4   2   0    右前安    空三振      二ゴロ    左中間ニ 
6  (6)  石井   3   2   1    右線三①      空三振   四球    右前安 
7  (8)  佐藤拓   3   0   0    見三振      見三振    四球    空三振 
8  (2)  松本   1   0   0    見三振               
  2 渡辺 1 0 0         二飛        
  2 坂本 0 0 0                  
  H 西村 1 1 0             左前安    
  2 鈴木 0 0 1                 左犠飛①
9  (5)  酒井田   2   1   0      空三振     右前安       
  青野   2  0   0              遊併    三ゴロ 
    30   7   4                    

 

チーム・海援隊打撃成績 

打順位置選手123456789
1  (6)  山本泰   2   0   0  三邪飛    左飛             
  6 佐藤竜 1 1 0           右線二   四球  
2  (7)   高木   2   0   0  三ゴロ      遊ゴロ           
  7 蔵桝 2 1 0           ニゴロ   右前安  
3  (8)   谷田   3   0   1  遊ゴロ      空三振    左飛    右犠飛①   
4  (D) 横尾   4   0   0    空三振    三ゴロ      二飛  右飛   
5  (9)   畔上   4   2   0    見三振      右前安    二飛    中越えニ
  R 梅野 0 0 0                  
6  (3)   長藤   2   0   0    遊ゴロ      左飛         
  3 小笠原 2 1 0             左前安   空三振
7  (5)  北村  3   1   0      遊ゴロ    捕邪飛    中前安     
  H 楠田 1 0 0                 遊ゴロ
8  (4)   飯田   2   0   0      二ゴロ    遊ゴロ         
  4 若林 2 0 0             遊飛   投ゴロ
9  (2)   中村   1   1   0      右前安             
  2 喜入 2 0 0           右邪飛   中飛  
    33   7   1                   

チーム・陸援隊投手成績

  球数 打者
澤田圭   3   39  10   1   2   0   0 
 田中   1   10   0   1   0   0 
 柳   3   38  13   4   0   0   0 
齊藤 2 38 9 2 1 1 1
9 125  35   7   4   1   1 

 

チーム・海援隊投手成績

  球数 打者
 熊谷   3   44  11   2   5   1  1
 玉熊   2   29   0   4   0   0 
 柴田   2   34  10   3   0   2   2 
加嶋 2 32 9 2 2 1 1
9 139  36   7  11   4   4 

チーム・陸援隊ベンチ入りメンバー

投手 上原健太(明大) 捕手 坂本誠志郎(明大)  内野手 中村圭太(立大) 
 投手  吉野和也(早大)   捕手  鈴木貴弘(立大)   外野手  重信慎之介(早大) 
 投手  柳裕也(明大)   内野手  石井一成(早大)   外野手  髙山俊(明大) 
 投手  齊藤大将(明大)   内野手  丸子達也(早大)   外野手  菅野剛士(明大) 
 投手  田村伊知郎(立大)   内野手  河原右京(早大)   外野手  中澤彰太(早大) 
 投手  澤田圭佑(立大)   内野手  西村竜治(明大)   外野手  佐藤拓也(立大) 
 投手  田中龍之介(早大)   内野手  青野悟(明大)   捕手  松本直樹(立大) 
 投手  小島和哉(早大)   内野手  大城滉二(立大)     
 捕手  渡辺琢也(早大)   内野手  酒井田照人(立大)     

 

チーム・海援隊ベンチ入りメンバー 

投手 三宮舜(慶大)  捕手 喜入友浩(東大)  内野手 杉本京太(法大) 
 投手  加嶋宏毅(慶大)   捕手  中村浩人(法大)   外野手  蔵桝孝宏(法大) 
 投手  谷川宗(法大)   内野手  若林晃弘(法大)   外野手  畔上翔(法大) 
 投手  加藤拓也(慶大)   内野手  佐藤竜一郎(法大)   外野手  梅野魅土(慶大) 
 投手  山本俊(東大)   内野手  山本泰寛(慶大)   外野手  谷田成吾(慶大) 
 投手  熊谷拓也(法大)   内野手  北村祐樹(慶大)   外野手  高木一史(東大) 
 投手  柴田叡宙(東大)   内野手  横尾俊建(慶大)   外野手  楠田創(東大) 
 投手  玉熊将一(法大)   内野手  長藤祥悟(東大)     
 捕手  小笠原知弘(慶大)   内野手  飯田裕太(東大)     

 

戦評

 オールスターゲーム第二戦。チーム・海援隊を率いる東大・浜田一志監督の故郷でもある高知県に場所を移し開催された。チーム・海援隊の先発は熊谷拓也(キャ2)。捕手には中村浩人(営1)の法大バッテリーで試合は幕を開けた。

 今春急成長し、オールスターで先発を任されるまでに飛躍を遂げた熊谷は、真っすぐ主体の強気な投球で強打者揃いのチーム・陸援隊打線に相対する。先頭打者を三振、後続を凡退で抑え、上々の立ち上がりを見せた熊谷。しかし、2回に5番菅野剛士(明)に右前安打を打たれると、続く6番石井一成(早)に右翼手の頭上を越える適時三塁打を浴び、先制点を献上してしまう。しかし、中村が春季リーグ戦で盗塁数トップを誇る重信慎之介(早)の盗塁を阻止するなど味方の好守もあり、熊谷は3回を投げ2安打5奪三振で玉熊将一(法3)にバトンタッチ。玉熊は威力ある直球とキレのある変化球で2回を無安打、4奪三振と完璧な投球を披露した。

 2回以降は両チーム無得点で、試合は終盤へ。試合が再び動いたのは6回。途中出場の1番中澤彰太(早)の右越え適時三塁打が飛び出し、1点を追加されてしまう。この回さらに1点を失い、じわりじわりと点差を広げられていく。その裏、佐藤竜一郎(法4)の二塁打が飛び出すもも得点には結び付かず、このままでは終われないチーム・海援隊。8回、佐藤竜が四球で出塁すると、2番蔵桝孝宏(営4)の右前安打、3番谷田成吾(慶)の右犠飛で1点返すも後続が打ち取られ、反撃はここまで。9回にも追加点を許したチーム・海援隊はその裏に先頭の畔上翔(キャ4)が左中間二塁打で出塁し、チャンスメークするも得点には至らず。4―1でチーム・陸援隊の勝利となった。両軍一勝一敗で幕を閉じた真夏の球宴。しかし、随所に見せた法大戦士の活躍ぶりは、来る秋季リーグ戦に向けて大いに期待を抱かせるものになった。開幕まで残された期間はあとわずか。真剣勝負の秋に向け、再び鍛錬の日々がスタートする。(望月千草)

 

選手コメント

畔上翔 主将

ー今日の試合に出場した感想を
何とか勝ちたかったんですけど、負けてしまったので悔しいです。

―二塁打を含む2安打でしたが、感触はいかがでしたか
感触は良かったので、うまく今後につなげていきたいです。

―2日間を通しての収穫はありましたか
たくさんありました。いろいろな人に意見を聞けたので、それが収穫です。

―最後に秋のリーグ戦に向けて一言お願いします
法政が一つになるように優勝しますので、応援よろしくお願いします。

 

佐藤竜一郎 副将

ー今日の試合はいかがでしたか
第一戦に引き続き、高知の方々の応援もすごかったので、しっかりした野球をやりたいなと思っていました。両チーム無失策と引き締まった試合ができて良かったと思います。

―途中出場の1打席目で二塁打を放ちました
ボールが続いたので、どうせなら大きいのを狙おうと思ってホームランを狙ったんですけど、ちょっと打球が上がらなかったです。しっかり結果が出て良かったです。

―守備では若林選手との好連携で併殺を奪う場面もみられました
必死に追いかけて、必死にアウトにしたという感じです。あの場面で併殺が取れて、いい緊張感の中であのプレーができたのは大きいなと思います。

―2試合にわたるオールスターでしたが、収穫はありましたか
リーグ戦で戦う投手の打席に立てたということは大きいですし、その中で玉熊、熊谷が良い投球を見せてくれたことは法大として収穫だなと思います。

―試合後の野球教室はいかがでしたか
中学生とだったので、質問があまり帰ってこなくて気まずい感じはありました(笑)。

―教える側になることで気付いたことなどはありましたか
相手が分かりやすいように教えるのは難しいなと思いました。

 

若林晃弘 副将

ーこの2試合を振り返って
楽しくできたので良かったです。

―普段の神宮球場とは違う球場での試合はいかがでしたか
内野が土だったので多少違う部分はあったんですけど、そこまで気にすることなく普段通りにできました。

―オールスターの舞台で佐藤竜選手との息の合った連携プレーもありましたが
日頃からやってる相手でその辺はよく分かり合えているので、そういうプレーがこの舞台で見せられたので良かったです。

―試合後の野球教室はいかがでしたか
中学生のみんなが真剣にやってくれていたので良かったです。

―オールスターの経験をリーグ戦にどうつなげていきたいですか
自分の中で得られるものが多かったので、四国から帰ってもう一回しっかり練習してそれをリーグ戦に生かせたらいいなと思います。

 

蔵桝孝宏 外野手

ーオールスターの2試合を終えて
貴重な経験ができてとても充実した時間を過ごせたと思います。

―今日は安打も放ちましたが
第一戦は力強い自分の打撃ができなくて残念だったのですが、今日は結果的に一本出すことができて良かったです。

―今日は投打にわたり法大の選手が活躍していました
六大学で練習試合をする機会はないので、そういう相手から結果が出たということは、秋に向けて個人個人にとって自信になったかなと思います。

―2試合を通して他の選手の印象に残ったプレーなどはありますか
あまりないのですが、相変わらず早大と明大の選手は良いプレーをするなと思いました。

―試合後の野球教室はいかがでしたか
今までも何度か野球教室を行ってきたのですが、こうして遠くまで来て元気な子どもたちが頑張っているのを見て、自分たちも頑張らないとなと勇気をもらいました。

―リーグ戦に向けて一言
春は悔しい思いをしたので、秋は必ずすべてのチームから勝ち点を奪って、悔いなく大学野球人生を終わらせたいです。

 

玉熊将一 投手

ーどういった投球をしようと思っていましたか
良い打者がたくさんいるので、自分のボールを試してみようと思いました。

―2回完全でしたが、今日の投球は自分で振り返ってみていかがでしたか
ある程度自分のボールが投げられたので良かったです。

―今回のオールスター全体を振り返ってみて
他大学の選手と交流できたので良かったです。

―どのような選手と話をされましたか
慶大、東大が同じチームだったので、同じ投手の加藤(拓也)とか三宮(俊)(共に慶大)さんとかと話しました。

―具体的にはどのような話をされましたか
野球の話や私生活の話などもしました。

―徳島と高知でそれぞれ野球教室を行いましたが、野球少年と触れあってみて
上手な子が多くて、教えるのが楽しかったです。

―秋季リーグ戦に向けて一言
これからが本当に大事になってくると思うので、また頑張って練習して、リーグ戦に向けてやっていきたいです。

 

熊谷拓也 投手

ー今日の投球について
最近ではあまり調子の良い方ではなかったです。ブルペンでもあまり良くなくて、どうなるかなと思っていました。でも法政のユニフォームを着て、応援もあってスイッチが入りました。マウンドに立ったら、良い感じで投げることができました。夏に練習してきたことが、少しづつ出てきているのではないかと思います。

―具体的には
ウエートトレーニングなどです。真っすぐで押す投球ができていなかったので、体重を増やたり、ウエートに力を入れました。

―先週まで行われていた北海道キャンプなど、疲労も影響したのでしょうか
それも含めていろいろあると思います。少し力が入ってしまった部分もあります。

―2回の先制を許した場面について
それほど甘いコースではなかったです。少し高かったですけど、石井さん(早大)がうまかったです。

―オールスターの雰囲気は
試合はしっかりやって、それ以外は良い意味でラフな感じでした。

―野球教室を終えて
他大学の選手との交流を深められました。オールスターを含め、技術面などの話をしました。

 

中村浩人 捕手

ー今日はスタメン出場でしたが、ご自身のプレーに点数をつけるなら
80点くらいです。安打も打てたし、盗塁も刺せたので、できることはできたかなと思います。

―熊谷投手は5奪三振でした
熊谷さんは真っすぐがすごく良かったので、真っすぐ中心でいきました。それをうまくリードできて良かったと思います。

―連打を浴びて失点した場面について
リーグ戦ではもっと慎重にいくんですけど、こういった試合だったので単調になってしまいました。こうした所をリーグ戦では気を付けていきたいです。

―玉熊投手の投球については
真っすぐも最後のフォークも良くていつも通りの投球でした。

―ご自身は2試合連続安打
初球の甘いボールを捉えることができたので、これからも打てる確率を上げてリーグ戦でも活躍したいです。

―1年生ながらオールスターに選ばれましたが、プレーして感じたことなどありましたか
他の大学の捕手の先輩方の動きなど勉強になったので、そこは法大の練習に戻っても生かしていきたいです。

―何かお話はされましたか
キャッチングや、プレー以外の投手のリードや捕手がやるべきことなどを教わることができました。皆さんすごい方ばかりだったんですけど、明大の坂本(誠志郎)さんは日本代表でもプレーするくらいの方なのでとても勉強になりました。

 

 

 

フォトギャラリー

  • azegami長打を含む2安打と存在感を発揮した畔上
  • kumagai先発を任された熊谷
  • nakamura中村は2試合連続安打&盗塁阻止の大活躍
  • tamakuma2回を完璧に封じた玉熊
  • satoh途中出場の佐藤竜は二塁打を記録
  • kuramasu最終打席に結果を残した蔵桝
  • sugimoto試合後には野球教室が開催された(写真は杉本)
  • kochi大盛況のうちに幕を閉じた
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み