硬式野球
 

【硬式野球】4年生特集 第3回 本多秀憲、納富秀平

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大2回戦
2013年10月28日(月)
神宮球場

春は開幕9連勝、秋は開幕2カードを落とす苦しい立ち上がりで優勝の可能性が消えかけるが、そこから粘り、第7週の明大戦に優勝の可能性を残して挑む。しかし明大に敗れ、5位という結果に終わった。チームの中心となってプレーし、感動を与えてくれた4年生はこの日で引退となった。それぞれの進路進む4年生に法大野球部での4年間について振り返っていただいた。第3回は本多秀憲選手、納富秀平選手です。

201311101
本多秀憲#16

選手のコメント

本多 秀憲

―今日の試合を振り返って
昨日とちょっと同じような展開で、最初リードして中盤からヒット出ない感じで、同じことの繰り返しだった気がします。

―悔しい形での降板となりましたが
昨日も投げて、今日も抑えたいという気持ちだったんですけど、ああいう形で降板して…。悔しいですけど…しょうがないです。
―今リーグ戦は4年投手陣が支えたシーズンとなりましたが
自分たち中継ぎ陣は、先発陣を支えられていたかはわかんないですけど、大事な場面でいくところが多くて、そういうピンチのところではみんなの思いを背負って、抑えたいという気持ちが形になったと思います。

―4年間振り返って
リーグ戦というマウンドを経験させてもらえたことは今後の人生の大きな糧になると思うので生かせるようにしたいです。

―同期について
野球部のみんなは大切な仲間ですし、これからも大事にしていきたい仲間なので、たくさんのサポートをしてくれたメンバーやベンチで応援してくれていた4年生含めて本当にありがとうという気持ちです。

―思い出に残る試合は
今日じゃないですかね。

―ファンの方々、後輩へメッセージ
昨日連勝したらまだ優勝の望みがあるという中でたくさんの来てくれた方々や、今日優勝が無くなっても今日こうして応援に来てくれたファンの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。結果として自分のふがいないピッチングに終わってしまったんですけど、(応援は)後輩の方たちの勇気とか元気になっていると思うので引き続きお願いしたいです。後輩には、明治に春、秋と連覇されたのでその悔しさをぶつけてもらって、最後に勝てたら。明治に負けないように、他の大学にも負けないように頑張ってもらいたいです。

納富 秀平

―今日の試合を振り返って
昨日と一緒で、リードした展開で追いつかれて逆転されたんですけど、本当に向こうが強かったかなと思います。

―ピンチでの登板となりましたが
僕たちは優勝がなくなっていたので、最後は意地で「やってやろう」と思って、とにかく0に抑えようという結果がゲッツーになって良かったです。

―この秋も大事な場面での登板が多くありました
そうですね、本当に良い場面で使ってもらって。シーズン始まる前から神長さんから「厳しい場面でいくぞ」と言われていたので、期待に応えられない試合も多かったですけど、本当に良い経験ができたと思います。

―昨年までは怪我に苦しみ、今年神宮デビューを果たされましたが
3年間悔しい思いをしたので、今年1年頑張ろうと思ってやった結果が、色々良い経験になったので、今までの3年間分を楽しめたリーグ戦だったと思います。

―4年間を振り返って
転んでばっかりしかいなかったですけど、その中でも「何とか神宮で投げたい」という目標でやっていたので、最後の最後で良い形で終わって、4年間報われたかなと思います。

―4年生投手はどんな存在ですか
船本は1年春から出ていて、色々と目標にする選手が多くて、刺激になったというか、お互いが良い意味で個が強かったので、それが良い方向に向かっていったんじゃないのかな。切磋琢磨していけた仲間だと思います。

―他の4年生の存在は
野手陣もそうですけど、みんな本当、良いパフォーマンスをするために一生懸命頑張ってきたので、目標が高くてそういったチームの中でやれたってことは幸せ者です。

―印象に残っていることは
たくさんありますけど、この神宮球場でみんなと野球やれて、それをみんなが応援してくれて、ひとつになれたことが思い出ですね。

―期待している後輩は
石田(健大)です。1年の頃から法政を背負っているので、僕たちは優勝を逃してしまいましたけど、本当にチームを引っ張って、今でもすごい投手なので、もっともっとすごい投手になってほしいと思います。

―これからの進路は
社会人で続けます。JR西日本です。

―最後に今後の目標をお願いします
大学野球はもう終わったので、4年間学んだことを生かして、社会人(野球)はプロを目指して頑張りたいと思います。

プレイバック

本多 秀憲

猛打の春とは対極に、打線が湿る試合の多い秋だった。そんな中、最終カードまで優勝の可能性を残した要因の一つは投手陣。特に4年生投手の踏ん張りが数多く見られた。その一人が本多秀憲(法4)だ。「ピンチのところではみんなの思いを背負って、抑えたいという気持ちが形になった」と話すように、厳しい場面での登板も強気のピッチングでチームを支えた。

しかし明大2回戦。延長戦に突入してもなお両者一歩も譲らぬ試合であった。本多は2イニング目の登板もいつも通りのピッチングで難なく2死を奪う。しかし上位打線にまさかの連打を浴び、あれよあれよという間に2失点。そのまま明大の優勝を許した。「ふがいないピッチング」と本人は厳しく振り返るも、本多が打たれたなら仕方ない―。そうチームが思えた信頼の厚い投手だっただろう。3年秋に公式戦初登板を果たし、そこから着実に登板機会を増やす。4年春の防御率は0.00と安定感のある中継ぎとして信頼を勝ち取った。今リーグ戦開幕前は「逆境での登板でしっかり自分が抑えてチームに流れを持ってこられるようなピッチングをしたい」とチームを引っ張る意気込みを見せた。

「本多は結局(最後は)打たれましたが、このリーグ戦が始まってずっと、本多が踏ん張って、踏ん張っている部分があった」。幾人の投手の球を受け続けた女房役木下拓哉(人4)は本多をそう称えた。

法政二高出身であり、長い法政生活に悔しい形で終止符を打った。しかしこの7年間は本多にとってかけがえのないものとなったであろう。(松原 早紀)

★編集後記
最終戦後は悔しさのあまり言葉に詰まる場面もありましたが、その中でも懸命に言葉を探す本多選手。真摯に向き合って下さる姿が印象的でした。マウンドでの勝負の様相とは裏腹に、甘いものが好き、という可愛らしい一面も。

納富 秀平

172センチ。投手としては小柄ながら、マウンド上でとても大きな存在感を放っていた納富秀平(文4)。

九州国際大付属高時代は3年夏に甲子園出場。法大に進学後も期待をされたが、ケガに泣かされ3年間でリーグ戦登板は0。悔しい時間を過ごしてきた。

しかし、今春。東大との開幕戦で、ついに神宮のマウンドへ。八回に登板し、三振を含む三者凡退に抑えるデビューを飾った。その後も中継ぎとして好投を続け、監督から信頼を得る投球を見せる。

勝ち点を取った方が優勝となる明大戦。納富は大車輪の活躍をする。1回戦から3回戦まで中継ぎとして結果を残すと、迎えた4回戦。満を持して、初の先発マウンドに上がる。緊迫した展開の中で、6回途中1失点と力投。ベンチに下がる際、観客席から労いの拍手が送られた。接戦の末、試合に敗れ優勝を逃してしまう。

「『あと一つ』を勝ち取るために、皆で一生懸命やってきた」という夏を乗り越え、秋に挑んだ納富。しかし、開幕カードの立大2回戦。先発を任されると、初回に4連打を浴び、いきなりの4失点。3回を投げきったところで代打を送られ、早々の降板となってしまった。次の慶大との試合でも打ち込まれる場面が目立った。ラストシーズン。このままでは終われない納富は、春の姿を徐々に取り戻す。早大1回戦。好投を続けていた先発の船本からバトンを受けると、1点も許されない場面で三振を奪い、マウンドでガッツポーズを見せた。そして、明大2回戦。試合は延長に入り、納富は十回に登板。走者を出すも、見事三振と併殺に打ち取った。試合には敗れ、これが大学生活最後の神宮でのプレーだった。

納富は、4年間を「転んでばっかりだったけど、最後良い形で終わって報われた」と柔らかな表情で振り返った。苦しい時期を乗り越え、法大に欠かせない存在となった。今後は、社会人野球でプレーを続ける。納富は、新たな舞台でも大きな存在になるだろう。(宮城 風子)

★編集後記
夏の寮取材。木下選手と共に部屋に現れた納富選手。目元にはサングラス!手には水鉄砲!我々、取材班を驚かせようとこのような行動を取ってくれたのでしょうか。練習終わりで疲れている中、盛り上げて下さりとても楽しい取材となりました。最終戦後も笑顔を見せながら、取材に応じていただいたことは忘れません。今後は社会人で野球を続ける納富選手。この4年間の経験を糧に、さらに活躍する姿を楽しみに待っています。

 

フォトギャラリー

  • 201311101本多秀憲#16
  • 201311102納富秀平#17

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み