硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 対東大展望

東京六大学野球秋季リーグ戦 対東大戦
2015年9月19日(土)~
神宮球場

9/12に開幕した東京六大学野球秋季リーグ戦。開幕週は試合のなかった法大にとっての”開幕戦”がついに始まる。大事な初戦の相手は因縁の相手、東大だ。優勝へ向けては絶対に取りこぼせないカードになる。秋の初陣を飾ることはできるか。

iida
攻守に存在感を示す飯田

展望

 3季連続5位という歴史的低迷から一転、優勝に手が届きかけた春。リベンジを誓う秋季リーグ戦開幕の相手は、春に苦杯をなめさせられた東大だ。今カードでの勝ち点奪取は欠かせない。

 法大の先発陣は熊谷拓也(キャ2)、玉熊将一(法3)の2人が濃厚か。青木久典監督が「投」の鍵として挙げる熊谷は今春チーム最多の3勝をマーク。オールスターにも選出され、昨今めきめきとその頭角を現している。春の開幕投手・森田駿哉(営1)の状態が気になるところではあるが、現状は両右腕の仕上がりが法大の行き先を左右するだろう。救援陣には川名健太郎(営4)を筆頭に宮本幸二(営2)、菅野秀哉(キャ1)など春を戦い抜いた戦力が名を連ねる。

 春の3割打者4人を擁する打撃陣の活躍はもちろんだが、なかでも「打」の鍵となるのはチームの顔である畔上翔(キャ4)の復活だ。春季は打率1割台と不振に苦しんだが、主軸の復活なくして法大の優勝はない。ベンチメンバーで注目したいのは大西千洋(営1)。春は1試合のみの出場にとどまったが、チームメートが口を揃えて太鼓判を押す抜群の走力は、他大学にとっての脅威となりえるだろう。

 対する東大は山本俊、宮台康平の先発投手らに加え、三木豪、白砂謙介らが中心となる。主将・飯田裕太を始めとする野手陣は守備でリズムを作り、少ないチャンスをものにしていく姿勢を見せる。第1週では春の王者・早大に対し互角ともいえる試合を展開し、安打数は2試合とも早大を上回るなど、これまでのように打力に泣いてきた姿はそこにはない。連敗をストップさせたチームは往年の東大とは一味違うようだ。特に注意すべきは東大不動の4番・楠田創と山田大成の2人。法大が春季リーグ戦で東大相手にした8失点のうち、5点は彼らのバットから生まれたものであり、山田には2回戦に本塁打も浴びている。勝ち点奪取のためにはいかに早く東大投手陣を攻略し、余計な失点を防げるかが重要になる。

 開幕戦勝利こそが優勝への第一歩。激闘を終えなお歩みを止めず、足りない部分を突き詰めてきた選手たちが迎える結実の秋。春の悔しさが、神宮の舞台で実を結ぶ。(原口大輝)

 

予想オーダー

東大

打順 位置 選手(学年=出身校)   率
  1  (5) 長藤(4=山形東) .444 0 0
  2  (4) 飯田(4=刈谷) .333 0 0
  3  (3) 山本克(3=聖光学院) .000 0 0
  4  (7) 楠田(2=桐朋) .250 0 0
  5  (6) 山田(2=桐朋) .125 0 0
  6  (2) 喜入(3=修猷館) .167 0 0
  7  (8) 田中(3=熊本) .286 0 0
  8  (9) 阿加多(4=学芸大附) .000 0 0
  9  (1) 宮台(2=湘南) .500 0 0
           

 

法大

打順 位置 選手(学年=出身校)   率
  1  (8) 田中(4=愛工大明電) .238 1 5
  2  (6) 佐藤竜(4=作新学院) .318 0 7
  3  (9) 畔上(4=日大三) .111 0 1
  4  (5) 金子凌(3=日大三) .400 0 0
  5  (3) 柴田(3=東邦) .325 0 7
  6  (7) 蔵桝(4=広陵) .356 0 4
  7  (4) 若林(4=桐蔭学園) .390 0 7
  8  (1) 熊谷(2=平塚学園) .462 0 1
  9  (2) 中村(1=多良木) .167 0 3
           

 

主な投手陣

東大

選手(学年=出身校)   防
宮台(2=湘南) 1 0 0 4 6 0.00
山本俊(3=西春) 1 0 0 4 2 4.50
白砂(4=修道) 1 0 0 3 2 0.00
柴田(2=洛星) 2 0 2 5 4 3.60
川口(1=長野) 1 0 0 1 0 9.00
             

 

法大

選手(学年=出身校)    回   防
熊谷(2=平塚学園) 7 3 1 34 2/3 19 3.63
玉熊(3=北海) 9 1 0 23 1/3 21 2.70
川名(4=安房) 4 0 0     6  5 3.00
宮本幸(2=富山一) 6 2 0     7  7 3.86
菅野(1=小高工) 2 0 1  1 1/3  1 13.50
森田(1=富山商) 7 1 2    30 28 3.60
             

 

(※東大の記録は9/14現在、法大の記録は今春の成績です)

 

フォトギャラリー

  • iida攻守に存在感を示す飯田
  • miyadai宮台は初戦の先発が見込まれる
  • s.yamamoto東大最速右腕・山本俊
  • shibata柴田は中継ぎでフル回転の働き
  • kiire巧みなリードを見せる喜入
  • kusuda不動の4番に成長した楠田
  • k.yamamoto1年次からレギュラーを務める山本克
  • nagahujiトップバッターの長藤は2試合で4安打と好調だ
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み