硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第2週 対東大2回戦 意地の一振り! 柴田の鮮烈3ランで逆転勝利

東京六大学野球秋季リーグ戦 対東大2回戦
2015年9月20日(日)
神宮球場

早くも瀬戸際に追い込まれた法大。前日の嫌な雰囲気そのままに序盤は東大にペースを握られ、一時は3点のビハインドを背負ってしまう。しかし、やられたままでは終われない。5回、1点を返しなおも続く好機で打席に立った柴田圭輝(文3)のフルスイングは、起死回生の逆転弾。投げても救援陣が粘りの投球でこのリードを守り切り、待望の今季初勝利を手にした。

shibata
起死回生の逆転3ランを放った柴田

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
東 大 1 2 0 1 0 0 0 0 0 4 7 2
法 大 0 1 0 0 5 0 0 0 x 6 8 1

(東大)●山本俊、白砂、川口―喜入
(法大)玉熊、○浅野(1勝)、青木勇―中村、森川
[本塁打]
(法)柴田1号3ラン(5回=山本俊)

 

打撃成績

打順位置選手打率12345678
1 (4)  若林   4   1   0  .250 四球  一ゴロ      右前安  三ゴロ    二飛 
2 (7)  蔵桝   3   1   1  .286 投ゴロ    一直    右前安①    四球   
3 (9)  畔上   4   1   0  .286 三飛    中飛    左前安    左飛   
4 (5)  金子凌   4   0   0  .000 一直    左飛    投ゴロ    左飛   
  皆川   0   0   0   ---                 
5 (3)  柴田   4   2   3  .500   左前安    三ゴロ  左越え本③    遊失   
  大西千   0   0   0   ---                 
6 (6)  佐藤竜   4   0   0  .125   一ゴロ    遊ゴロ  三邪飛    中飛   
7 (8)3  田中   4   0   0  .000   左飛    二ゴロ    右飛    空三振 
8 (2)  中村   0   0   0  .333                
  金藤大   1   1   1  1.000    左前安①            
  森川   2   1   0   .500          四球 左二   二飛
9 (1)  玉熊   0   0   0  ---                
  川口   1   1   0  1.000    左前安            
  浅野   0   0   0  ---                 
  米田   1   0   0   .000          一飛      
  青木勇   1   0   0   .000            投犠打   二失
    33   8   5  .227                

 

投手成績

  球数 打者 防御率
 玉熊   2   55   13   4   1   2  2 9.00
浅野 3 63 15 3 4 3 1 2.25
青木勇 4 59 14 0 4 3 0 0.00
9 177   42   7   9   8   3  4.24

 

ベンチ入りメンバー

10 畔上(キャ4=日大三)  34 鎌倉(法1=日本文理)  38 小林(法1=中京大中京) 
 11  青木勇(法4=智辯和歌山)   1  若林(営4=桐蔭学園)   6  蔵桝(営4=広陵) 
 13  菅野(キャ1=小高工)   2  皆川(キャ4=西武台千葉)   7  田中(法4=愛工大名電) 
 14  宮本幸(営2=富山一)   3  金藤大(キャ3=西武台千葉)   28  中川(経3=法政二) 
 16  玉熊(法3=北海)   4  柴田(文3=東邦)   29  清水二(法2=中京大中京) 
 17  熊谷(キャ2=平塚学園)   8  佐藤竜(法4=作新学院)   31  米田(営3=智辯学園) 
 18  浅野(法4=中京大中京)   9  金子凌(キャ3=日大三)   39  大西千(営1=阪南大) 
 27  森川(営3=桐蔭学園)   26  水谷(営2=大阪桐蔭)     
 32  中村(営1=多良木)   35  川口(人1=横浜)     

 

リーグ戦結果(9/20現在)

 早大慶大法大明大立大東大試合勝点勝率
――         ○○  0 1.000 
  ――     ○●○    0 .667 
    ――     ●○  0 .500 
      ―― ●○    0 .500 
  ●○●    ○●  ――   0 .400 
●●    ○●      ―― 0 .250 
 

戦評

 厳しい船出となった前日の第1戦から一夜明け、勝ち点奪取へ負けられない戦いが始まった。前日の勝利の余韻が残る東大スタンド。アウェーのような雰囲気が漂う中、初回から不穏な立ち上がりとなってしまう。

 先発のマウンドには玉熊将一(法3)が送られる。しかし、悪い流れは簡単に断ち切ることはできない。先頭の長藤祥悟の三塁への当たりを金子凌也(キャ3)が送球エラー。打ち取ったはずの先頭打者に出塁を許しリズムを失うと、3番山田大成への4球目は一二塁間を抜ける適時打。いとも簡単に先制を許してしまった。2回も落ち着きを取り戻せない玉熊は、先頭打者に初球を左翼フェンス手前まで弾き返され無死二塁。さらにバント処理を誤り(記録は野選)走者をためると、2番飯田裕太に再び右前への適時打を許しさらに2点を失う。序盤からミスの連鎖で3点を献上、流れは完全に東大へ傾いた。

 その裏、先頭の柴田がチーム初安打で出塁するも、後続が倒れ2死一塁。打順はここまで懸命のリードを続けてきた中村浩人(営1)へと回る。ここで指揮官は「流れを変えるには彼しかいない」と迷わず代打にムードメーカーの金藤大喜(キャ3)を送った。佐藤竜一郎(法4)の盗塁で走者は得点圏へと進み、好機は拡大。そんな絶好の場面に「振らないと何も始まらない」。そう意気込んで振り抜いた当たりは左前に。1点を返し、反撃ののろしをあげるもこの回はこの1点止まり。流れは法大に傾かなかった。4回、痛烈な打球は一塁手柴田のミットをかすめ、右線ぎりぎりへと弾む適時打三塁打。際どい判定に抗議の姿勢を見せるも判定は覆らず、またも東大に3点のリードを許した。

 4回を終え、許した安打は7本、3点ビハインド。球場全体が東大を後押しするムードも重なり、完全な劣勢で迎えた5回裏。ようやく法大打線に火が付いた。1死から1番若林晃弘(営4)の安打を皮切りに相手の暴投、2番蔵桝孝宏(営4)の適時打で2点を追加し1点差に追い上げる。なおも2死一、三塁で打席には5番柴田。「絶対に甘い球がくる」と前打席で打ち取られた初球のフォークを一閃。打球は左翼席最前列へ飛び込んだ。打球の行方を確認すると、大きくガッツポーズを見せ喜びを爆発。リーグ戦自身初本塁打は、決勝の逆転3ランとなり法大を今季初勝利に導いた。

 奮わなかった玉熊の後を受けた4年生投手2人の好投が、流れを引き寄せ離さなかった。2番手の浅野文哉(法4)はボール先行に苦しみながらも要所を締める投球を見せ、リーグ戦初勝利を記録。6回からマウンドに上がった青木勇人(法4)は変化球主体で4回を無安打に抑え込んだ。連投となった両左腕だったが、疲れを感じさせない快投を披露。今後もチームの窮地を救う存在となるはずだ。

 勝負の行方は第3戦へともつれた。明日も厳しい戦いが予想される。「法大の力を見せよう」。そう選手たちを送り出した青木久典監督。今こそ「法大の力」が問われる時。悲願の優勝へ向け、歩みを止める時間はない。(川畑あかり)

 

クローズアップ

 柴田圭輝(たゆまぬ努力の結晶 ついに飛び出した初アーチ)

 絶対に甘い球が来る―。狙いすまし、初球を振り抜く。「打った瞬間、いったと思った」。完璧に捉えた打球は低い弾道のまま、左翼スタンドに突き刺さる。それまでの重苦しい雰囲気を振り払ったのは、オープン戦も含め大学では自身初となる鮮烈な一撃だった。歓喜に沸くベンチ同様、ダイヤモンドを回りながら見せた歓喜のガッツポーズ。「うれしくて、つい出ちゃいました」と笑顔を見せた。
 
 春季リーグ戦でも、今なお記憶に新しい殊勲打でチームを救ってきた。人気アイドルグループで活躍する姉を引き合いにも出される「勝負強さ」は柴田の代名詞になりつつある。だが、その陰には夏の練習で続けてきた努力の証があった。打線の主軸として長打力を付けるため、1キロの重たいマスコットバットを振り込んだ。その日ごとにノルマを決め、多い日には一日1000スイング。劇的な初本塁打は、こつこつと積み上げてきた努力の結晶が実った瞬間だった。

 練習の成果を問われ「ちょっとは報われたかなと思います」と白い歯をこぼした。しかし、直後に口をついて出た言葉は「まだまだこれからです」。今日だけではない。さらに加熱する秋季リーグ戦。柴田の「勝負を決める一打」は、これからも幾度となく見られるはずだ。(井手一樹)


shibata2

 

監督・選手コメント

青木久典 監督

―本日も難しい試合となりました
ちょっと予想外でしたね。大変でした。

―「予想外」の部分とは先発の玉熊投手の投球でしょうか
そうですね。3年生で上級生ということもありますし、春は中継ぎで悔しい思いもあったでしょう。オープン戦でも結果を残してきてたので、ここぞの場面であいつの力を見せてほしかったですね。硬くなってしまっていた感じがします。

―昨日本塁打を放った2選手を1、2番に並べる打順になりました
(1番を打っていた)田中の状態があまり良くないですし、若林も足を使える選手で状態も良かったので。思い切って調子の良い者を前に持ってきました。

―序盤は苦しい展開でした
東大さんはしぶといですし、よく分析もされています。本当に良いチームだと思います。侮れないですよね。

―玉熊投手の後を受けた2人の4年生投手の好投が光りました
浅野は本当によく投げてくれたと思いますし、青木があれだけロングリリーフをやれるというのは、こちらとしても良い収穫になりましたね。

―8回、青木勇投手を打席に送る際に声を掛けるシーンが見られましたが
あそこは彼に投球に集中してもらいたかったので、「打たなくていいよ」と言ったんですけどね(笑)(※2球目を打ち、二塁手の失策を誘う)。彼らしい向こう気といいますか、勝負根性が据わっているんでしょうね。

―浅野投手はリーグ戦初勝利になりました
けがのリハビリなどでずっと苦労してきた男ですから、この1勝はすごくうれしいんじゃないでしょうか。良かったと思います。

―攻撃では、序盤の2回から代打の切り札的存在の金藤大選手を起用しました
このチームの流れを変えるには彼しかいないかな、と思いました。勝負強いですし、あの好機では彼だと。なんとかしてくれるだろうと思って、迷わず起用しました。

―3点ビハインドで迎えた5回、代打の米田伸太郎(営3)選手の犠打はサインだったでしょうか
あれはサインです。投手よりも野手の方がバントはうまいと判断しました。決まらなかったところ(※結果は一塁への小フライ)はもう一度整理しなければならないところですね。

―逆転を決めた5回は打線がつながりました
あれが本来のつながりだと思うので、ああいうふうな打撃を心掛けてくれればと思います。

―柴田選手の逆転弾が大きかったですね
その前の強襲ヒット(4回、山本克のライナーを捕球し切れず)みたいなものもあったのでね。「さあ、いけ」と言って送りました。

―明日につながる今季初勝利となりました
1勝することで選手たちも楽になると思いますし、イーブンになったことで東大さんにも重圧はかかると思います。そういう意味でも良い1勝でした。気を引き締めて明日に臨みたいなと思います。

―勝ち点の懸かる明日の試合に向けて
応援していただいてる応援団、ファンの皆様もおりますので、明日は総力戦で是が非でも、どんな形でも勝ち点をもぎ取ろうと思っています。

 

畔上翔 主将

―試合を振り返って
ちょっときつかったですね。勝てたので良かったですが、犠打のミスなどもあったので。

―序盤はリードを許す苦しい展開となりましたが
焦らずという意識でやっていました。

―逆転に成功したきっかけは
きっかけということはないですが、負けられなかったので。その気持ちが強かったです。

―3ランホームランを放った柴田選手には何と声を掛けられましたか
あんまり詳しいことは話してないんですが、とりあえず抱きついて、良くやったという感じで声を掛けました。

―ベンチの雰囲気はいかがでしたか
良かったです。悪くなかったです、全然。

―試合前にチームでどのようなお話をされましたか
焦らずやっていこうということを、全員で話していました。

―次戦に向けて意気込み
何とか勝ち点を取って慶大戦に臨めればと思っているので、明日も全員で勝ちたいと思います。

 

青木勇人 投手

―試合を振り返って
負けている状態での登板で、これ以上点を取られたら守備陣のモチベーションが下がると思ったので、点を取られないようにということを意識していました。

―連投による疲れなどはありましたか
疲れは特にないです。

―昨日の登板を踏まえて改善した点があれば
昨日と違ったところは、変化球でカウントを取れるようにしました。カーブやスライダーでカウントをよくしてから、決め球の変化球で抑えたところです。

―交代の際に何か声は掛けられましたか
「自分たち法大の力を見せよう」という話はありました。

―明日への意気込み
僕はいつでも投げられる状態なので、常に準備して登板したら絶対0点で投げ切るつもりで頑張ります。

 

浅野文哉 投手

―リーグ戦初勝利となりました
みんなにもらった勝利なので、みんなに感謝しています。

―登板直後はなかなかストライクが入りませんでした
ちょっと東大の雰囲気にのまれたというか、法政としては良いリズムではなかったので、それにのまれてしまったかなと思います。

―森川捕手にマウンドで声を掛けられた後から立て直したように映りましたが
あの時何を言われたかは正直覚えていないです(笑)。気持ちは切り替わったと思います。

―四球を出しながらも要所を締める投球でした
技術どうこうというより、気持ちだけは負けないようにしました。気持ちだけでいきました。

―昨日と同じようにあまり考えすぎない投球ができたのでしょうか
そうですね。一人一人の打者に集中できました。

―変化球がさえていましたが、球種は
スライダーです。

―決め球として有効的に使っているのですか
カウント球にもなりますし、自分の中の生命線というか、軸になるボールです。

―昨年はまっすぐ重視とおっしゃっていましたが、今はスライダー中心の投球
そうですね。スライダーは一番計算できるというか安定しているボールなので、困った時はそれがあるという考えが自分の中であります。僕の中の”心臓”みたいなものです。

―4回、適時三塁打を打たれた後の切り替えは
1点取られたらいつもだとへこんでしまうことが多かったんですけど、今日は本当に切り替えてその後も抑えることができました。メンタルの面で成長できたかなと思います。

―同期の4年生と一緒に神宮でプレーする、ということは改めてどのようなお気持ちになりますか
みんな「楽しめよ」とか、声も掛けてくれますし、あんまり背負いこんでない感じがします。良い意味で気楽にいけるというか、やりやすいです。

―以前おっしゃられていた「手術のおかげで一歩踏み出せた」とは
2年生の時に手術をして、リーグ戦春秋と投げれるようになったのでその意味ですね。

―明日が正念場になります
明日はもう何も考えずに勝つだけですね。頑張ります。

 

蔵桝孝宏 外野手

―試合を振り返って
結構危ない展開だったんですけど、投手陣や野手陣が我慢できたかなと思います。

―東大の投手の印象は
山本俊投手は前回はストレートで押してきましたが、今回は変化球中心でした。それに対して打撃陣が最初の方は手を出せずにうまいことやられましたけど、振っていったことで突破口が開けたので、明日もどんどん振っていこうと思います。

―5回、追撃の適時打を振り返って
打ったのは変化球でした。何とか走者を返したかったし、早めに点を取らなければならなかったのでシャープに打つことを心掛けました。良かったと思います。

―柴田選手の逆転3ランはその直後でした
塁上で見ていましたね。打った瞬間は入るとは思わなかったです。うれしかったですし、やってくれたなと思いましたね。チームの雰囲気も盛り上がりましたね。

―逆転した5回は集中打を浴びせ試合をひっくり返しましたが、打線の集中力は
昨日とは違う雰囲気がありました。前回のリーグ戦と同様に攻めの声がベンチからも出ていたので、いけると思ってましたね。

―東大の強さを感じた試合でしたか
そうですね。手強いというか、全く他の4大学に劣らないチームだと思います。

―今季初勝利を挙げましたが、勝つことの難しさを感じた試合でしたか
そうですね。この1試合が長く感じたので、最後まで気を抜かずにやらないとしんどいと感じました。

―7回には今季初盗塁を記録しましたが、これからも盗塁は狙っていきたいですか
走れるなら、いきたいですね。

―明日の試合への意気込み
しっかり勝ちにこだわって、どんどん攻めていきたいと思います。

 

金藤大喜 内野手

―試合を振り返って
つらく、厳しい試合でした。

―昨日の敗戦を受けて、プレッシャーは感じていましたか
初戦ということもあり、開き直れたのでプレッシャーは感じませんでした。

―対戦した山本俊投手の印象は
真っすぐで攻めてくると思っていましたが、イメージと違う投手でした。

―早い回での代打でしたが、準備はできていましたか
試合の流れが相手に傾いていたので、代打が来るのは予想できていました。

―打席内で意識したことは
振ることです。振らないと何も始まらないので。

―追いかける試合展開でしたが、チームに焦りの雰囲気は
多少はありましたが、追える点差だったのでそこまで焦ってはいませんでした。

―明日に向けての意気込み
勝ちます!

 

柴田圭輝 内野手

―本塁打を打った打席について
ネクスト(サークル)から緊張していました。(打った球は)フォークだったんですけど、初球に絶対甘いのが来ると思って狙いました。その前の打席はフォークをサードに引っ掛けてしまっていたので。

―流れが来ていると感じていましたか
「ここしかない」と思って。ここで打たなかったら負けると思っていました。

―春季リーグ戦で適時打を打った場面より緊張していましたか
そうですね。春は結構無心というか、何も考えず打っていました。今日の打席は今までで一番緊張しました。

―自身初アーチとなりました
オープン戦も含めて初です。打った瞬間に行ったと思いました。今までにない感触でした。ただただうれしいというか…。とりあえず、勝てて良かったです。

―印象に残る本塁打になったのでは
4年生の先輩方が引っ張ってくれて、良い場面で回してくれるだけです。

―4回、打球をつかみきれなかった場面について
打球も早かったので、反応できなかったです。

―5回はそれを踏まえての打席でした
ベンチでも「俺が取り返すから回してくれ」と言っていて。チャンスで回ってきて良かったです。

―ベースを回っているときはガッツポーズも飛び出しました
うれしくて、つい出ちゃいました(笑)。

―夏の期間、1キロのバットを使って素振りをしていた成果が出たのでは
ちょっとは報われたかなと思います(笑)。でも、まだまだこれからです。リーグ戦を通じて成長していきたいです。

―明日に向けて
勝つだけです。勝ちます。

 

玉熊将一 投手

―試合を振り返って
自分が厳しい展開にしてしまったので、申し訳ないと思います。

―ご自身の投球の反省点は
自分の球を投げようと心掛けたんですけど、なかなかそれが投げられずにチームに流れを持ってこれなくて残念でした。

―2回の野選の場面は焦りなどもありましたか
いつも通りのプレーをしようと思ったのですけど、結果ああいうふうになってしまいました。

―捕手の中村選手とのコミュニケーションは
うまく取れています。

―ピンチの場面で野手からはどんな言葉を
「自分のテンポで」ということと「落ち着いていけ」ということです。

―降板後、ベンチから見ていてチームの雰囲気は
野手の方がとても良い雰囲気で得点もしてくれたので、とても頼もしいと思います。

―グラブの色を赤に変えた理由
気合いを入れようということで変えました。

―次回登板までに修正したいこと
まだまだこのままでは駄目だと思うので、もう一度反省して頑張りたいと思います。

 

森川大樹 捕手

―昨日の敗戦を受け、どのように試合に臨みましたか
昨日は試合に出られずに負けて、すごく歯がゆい思いをしました。(今日も)スタメンではないと分かっていましたが、いつでも出られるように準備していました。

―早い回での出場でしたが、どんなことを意識しましたか
3点を先に取られていたのでもう点は与えられないということと、流れを法政に持っていかないと3点は取り返すことができないので、無失点で抑えることを浅野さんと話し合っていました。

―ピンチの場面では浅野投手にどのように声を掛けましたか
ボール球が続いていたので、一番良い球を投げて、一人一人、一球一球全力で打ち取っていこうと声を掛けました。

―浅野投手、青木勇投手の状態は
浅野さんは昨日の方が状態が良くて、今日はきついなというところもあったのですが、よく抑えてくれました。青木さんもしっかり投げてくれて、4年生が流れをつくってくれて良かったです。

―リード面で考えたことは
流れを作る、ということだけです。

―安打も放った打撃の状態は
あまり良くないですが、塁にでること、(走者を)返すことをしっかり考えています。

―今日の収穫は
勝てたことそれだけです。

―反省点は
昨日今日と早い回に点を取られているので、明日は先制したいです。

―明日に向けて
勝ち点を取ることができるように、頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • shibata起死回生の逆転3ランを放った柴田
  • tamakuma先発復帰の玉熊だったが本来の実力とは程遠い投球となった
  • kanetoh2回、代打で登場した金藤大は今季初安打・初打点
  • asanoラストシーズンにして念願の初勝利を手にした浅野
  • kuramasu反撃ののろしをあげる適時打をマークした蔵桝
  • azegami畔上は逆らわない打撃で2試合連続安打
  • morikawa3回からマスクをかぶった森川は好リードで投手を引っ張った
  • aoki青木勇は4回を無安打に封じる好救援
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み