硬式野球

【硬式野球】4年生特集 第2回 鈴木翔、的場健仁

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大2回戦
2013年10月28日(月)
神宮球場

春は開幕9連勝、秋は開幕2カードを落とす苦しい立ち上がりで優勝の可能性が消えかけるが、そこから粘り、第7週の明大戦に優勝の可能性を残して挑む。しかし明大に敗れ、5位という結果に終わった。チームの中心となってプレーし、感動を与えてくれた4年生はこの日で引退となった。それぞれの進路進む4年生に法大野球部での4年間について振り返っていただいた。第2回は鈴木翔選手、的場健仁選手です。

201311091
鈴木翔#26

選手のコメント

鈴木 翔

―この秋を振り返って
何もチームに貢献できなかったなって風に思っています。

―この4年間を振り返って
この4年間は楽しいこともあったんですけど苦しいことも本当に多くて、3年の時に優勝させてもらってその時はよかったんですけど。自分は今回これで社会人野球もやらないので終わりなんですけど、いい経験になったというか。悔いはないと言ったら嘘になりますけど、納得して終われるかなという風には思っています。

―最後は1塁コーチャーなどサポート面での出場が主となってしまいましたが
最後まで優勝争いは残れたので、声だけでもチームのためになれればいいなと思って、ベンチでなんとか皆を盛り上げられるように声は出していたつもりでいました。

―1番思い出深いことは何ですか
思い出に残っているのは、やはり3年の秋に明治に優勝した時に自分が勝ち越しのタイムリーを打った時の一塁ベース上での歓声はほんとに忘れられないですね。

―4年生の仲間について
個性豊かで、正直1つになることは難しかったなという風に思うんですけど、ひとりひとりが本当にしっかりと自分を持ったやつらが多いので、4年間短かったですけど一緒にできてよかったなって風に思います。

―後輩へのメッセージなど
色々辛いこととかあると思うんですけど、大学4年間で得るものは高校の3年間で得るものとはまた違ったものだと思うので、本当にがんばってほしいですね。来年は優勝できるように。

―もう野球は続けないとのことですが、野球を通じて得たことは何ですか
スポーツを通じて色々な人とのコミュニケーションをとることができたので。挨拶であったり会話であったりそういうコミュニケーションをとることを自分は大学生活では得ることができたかなと思うので、これからの人生にもプラスになるかなという風に思います。

―これまで応援してくれた法大ファンに向けてメッセージをお願いします
本当に色々ありましたけど、自分は1回しか優勝できなかったんですけど、これからどんどん後輩たちがしていくと思うのでこれからも変わらず応援のほうをよろしくお願いします。

的場 健仁

―4年間をふりかえって
大学に入るまでは経験できないようなものばかりだったので、すごく刺激的でした。

―大学4年間で1番印象に残っていることは
やっぱり去年の秋の優勝ですね。

―大学4年間で得たものとは
精神的な面で強くなったというか、人間的に得られたものが多かったです。

―大学4年間の中で対戦した投手で1番印象に残っている投手は
有原ですかね。

―今後の進路について
普通に就職です。野球はもう終わりです。サラリーマンです。

―同期のチームメイトはどのような存在でしたか
ライバルでもあり、良き仲間でありみたいな。

―鈴木翔選手や本多選手とは高校時代も含め7年間一緒でしたが、彼らはどのような存在でしたか
すずしょう(鈴木翔)は本当にライバルで、最初アイツが2年の時出たからこんな頑張ってきたし、良きライバルであり良き理解者って感じです。

―後輩に向けてメッセージを
六大学で優勝して日本一になってほしいです。

プレイバック

鈴木 翔

大学4年間最後の試合を、鈴木翔はスタンドから見つめていた。一度味わった優勝の喜び。忘れられない歓声。しかし悔しさの残る幕切れとなってしまった。

神宮デビューは2年の春だった。代走や守備固めから出場機会を得て12試合、スタメンでも6試合出場。3年の秋は、主に守備固めとしてだが全試合に出た。思い出深いと語るのは、勝てば優勝の決まる対明大2回戦。6回に同点に追いつき、続く7回にも明治を攻め1死1、3塁。ここで前の回の守備から途中出場していた鈴木に打席がまわってきた。相手は左ピッチャー。右打者の4年生もひかえていたが代打はなし。振り抜いた打球は少しつまりながらもレフトの前に落ち、3塁ランナーが生還。ついに法大は勝ち越しを決めた。鳴り止まぬ歓声。1塁ベース上で何度も拳を突き上げた。この後も三嶋(横浜DeNAベイスターズ)がしっかり抑え、さらに主将・建部(東京ガス)の適時打などで追加点を加え、法大は7季ぶりの優勝を決めた。最後の3つのアウトがセンター鈴木翔への飛球、ライト建部への飛球、そして三嶋自身で奪った三振だったのがなんともドラマチックだった。神宮大会でも、準決勝ではまた守備からの途中出場だったが、タイブレーク制の延長10回、リーグ戦の決勝タイムリーと同じようなコースへ勝利を引き寄せる適時打を放った。決勝ではスタメンではなかったが、相手投手が右だったため初回から代打で出場。しかしヒットの出ないままチャンスで代打を送れられてしまい、チームも敗れ3年の秋は終わった。

スタメンで試合に出て日本一へ、そう誓い最高学年となった。春は開幕9連勝とチームは波に乗っていたが、鈴木翔は不振にあえぎ最初の東大戦以降全くヒットが出ない。明治に優勝を決められた最終戦ではベンチからも外れてしまった。そしてむかえた大学最後のシーズンは、ノーヒットのまま1試合の先発出場にとどまるだけとなった。それでも、4年生としてチームのためを思い、1塁コーチャーとしてサポートしたり、ベンチから声を出してチームを盛り上げたりすることに努めた。しかしまたも最終戦ではベンチから外れ、大学野球での4年間が終了した。「悔いはないと言ったら嘘になりますけど、納得して終われるかな」というのはやりきったからこそ言える言葉だろう。(牛島 春)

★編集後記
いつも記者の目をまっすぐ見て話してくださる方で、こちらも目を逸らしづらくメモを取るのが大変な程でした。周りからも真面目という話を聞きますが、本当に誠実な人柄がうかがえます。もう野球をやっている姿を見られないのはとても寂しいですが、人としての鈴木選手をこれからも応援しています。

的場 健仁

昨年の明治神宮大会の決勝戦。勝てば日本一という大舞台で的場健仁(法4)は二度の得点圏で打席が回ってくるも、どちらも空振り三振。結局試合は0-1で惜敗し、日本一まであと一歩届かずに終わった。のちに「自分が打っていれば勝てたので、本当に悔しい」と振り返った。

「今年こそは日本一になります」。その言葉を胸に大学野球生活最後の年は努力の日々。その甲斐あって今春のリーグ戦では開幕スタメンの座を掴んだ。その試合から4試合連続でヒットを放つなど、春の快進撃を勢いづけた一人であったのは間違いない。しかし、3カード目の立大戦からはバットから快音が響かず、その後はノーヒットでリーグ戦を終えた。

「打撃面が課題だと思うので、打撃で相手が嫌がるような攻めができるように」と臨んだ今秋は、後輩の台頭もありわずか3試合の出場。打席に立つ機会もたった1打席だけであった。しかし、チーム屈指の俊足と強肩の「スーパーサブ」として常にベンチを温め続けていた。今季途中からは一塁コーチャーも務めるなど裏方役に徹し、チームに陰ながらも貢献。そのチームに徹する姿勢は後輩たちの目に焼き付いたことであろう。

同じ外野手の鈴木翔(法4)とは法政二校時代からのチームメイト。共に7年間過ごしてきた彼のことを「本当にライバルで、最初アイツが2年の時(リーグ戦に)出たからこんな頑張ってきたし、良きライバルでもあり、良き理解者」だと言う。お互いが切磋琢磨し合う存在であり、それがチーム全体の相乗効果を及ぼしていたはずだ。

的場は自身の大学4年間を振り返り、「入るまでは経験できないようなものばかりだったので、すごく刺激的だった」と語った。大学卒業を期に野球は辞め、来年からはサラリーマンとして生きてゆくと言う。大学野球を通じ「精神的、人間的に得られたものが多かった」と、4年間で成長された的場選手の今後のご健闘を祈っています。(川添 岳)

★編集後記
試合後の取材では毎回快く受けてくださった的場選手。寮取材では自ら積極的に笑いを取って、場を大いに和ませてくれました。まさにチームに一人は欠かせない「ムードメーカー」といったところでしょうか。ちなみに、これからは社会人として勉学に励むそうです。

 

フォトギャラリー

  • 201311091鈴木翔#26
  • 201311092的場健仁#27

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み