硬式野球
 

【硬式野球】4年生特集 第1回 木口拓真学生コーチ、立崎伸治学生コーチ

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大2回戦
2013年10月28日(月)
神宮球場

春は開幕9連勝、秋は開幕2カードを落とす苦しい立ち上がりで優勝の可能性が消えかけるが、そこから粘り、第7週の明大戦に優勝の可能性を残して挑む。しかし明大に敗れ、5位という結果に終わった。チームの中心となってプレーし、感動を与えてくれた4年生はこの日で引退となった。それぞれの進路進む4年生に法大野球部での4年間について振り返っていただいた。第1回は木口拓真学生コーチ、立崎伸治学生コーチです。

201311081
木口拓真#50

選手のコメント

木口 拓真 学生コーチ

―今日の試合を振り返って
やっぱり決定打が一本出なかったのが痛かったなと思います。

―秋季リーグ戦を振り返って
全体を通して苦しい試合が多くて。序盤も全然投打が噛み合わなくて。完治も言っていると思うんですけど、神長さんの言っている野球ができなくて。東大早稲田と4連勝して最後の明治戦まで優勝残したんですけど…。

―思い出に残る試合は
やっぱり中に入っていて一番印象に残っているのは、春の9連勝して引き分けを挟んで、目の前で優勝決められた試合です。

―法大野球部で得たものは
やっぱりこうやって応援してくれる人たちのために何かをするっていう自己犠牲じゃないですけど、そういったものですね。

―4年生について
4年生は(河合)完治を中心にまとまっていたんじゃないかなと思います。

―後輩たち、ファンの方へメッセージ
後輩たちには新人戦、来年の春、秋のリーグ戦があるのでそこに向けて頑張ってほしいと思います。ファンの方には温かい声援をかけていただいて、最後も自分の名前を呼んでいただいたりしてすごくありがたかったです。ファンの方たちにありがとうございましたという言葉しか出ないです。

立崎 伸治 学生コーチ

―今日の試合を振り返っていかがでしたか
本当に明治が強かったです。やれることは出し切ったかなという感じです。

―今シーズンを振り返っていかがでしたか
悔しいシーズンでしたね。こんなはずではないのに、というまま終わってしまったなというシーズンでした。

―この4年間を振り返ってみて一番印象に残っていることは
今日の試合ですかね。

―学生コーチをやっていてつらかったことや学んだことなどは
つらかったことは、チームをまとめられなかったら、僕たち学生コーチの責任になってきますし、そういうことで選手に腹が立つこともありましたし、自分自身に腹が立つこともあったんですけど、チームをまとめる立場でそのような経験をしてきたおかげで人間的にもタフになれたと思いますし、自分自身の学生生活にすごく自信が持てるようになったと思います。

―同期の4年生はどのような学年でしたか
僕は学生コーチだったのでまとめなければいけなかったんですけど、まとめることができないくらい本当に個性が強くて、癖のある人たちだったんですけど、今日の試合みたいに勝ちたいという気持ちで一つになって、そういうときにはすごい力を発揮する仲間たちだったので、すごく誇りに思います。

―後輩へのメッセージをお願いします
自分たちの代の悔しさを、神宮でしか晴らせないと思うので、来年、再来年、この神宮で晴らしてほしいと思います。

プレイバック

木口 拓真 

「流れこっちに来てるぞ」「まだ諦めんな」―。劣勢であっても、木口拓真学生コーチ(法4)の声がグラウンド中に響き渡る。

法政一高では選手であったが主力選手ではなく、三塁コーチャーを務めることが多かった。そして高校の先輩でもあった当時の学生コーチの話を聞き、大学では学生コーチとして野球に携わっていくことを決める。

普段は監督やコーチと練習メニューについて話し合い、首脳陣と選手をつなぐ役割を担う。練習は円滑に進むように彼の配慮がなされていた。試合中は三塁コーチャーズボックスに入り、声を出して選手をサポートする。リーグ最終戦は明大に敗戦を喫し、悔し涙を拭った。ユニフォームを着た最後の試合は、監督として臨んだ新人戦決勝。またも明大に敗戦したが、4年間の達成感のせいか、木口コーチは笑顔に満ち溢れていた。神宮球場は「いい思いをさせてもらったり逆に悔しい思いをさせてもらった球場だった。後輩たちも数多く喜びだったり悔しさだったりを味わって成長していってもらえれば」と話す。

ピンチで凍りついた場面であっても率先して声を出してチームをサポートした姿は、チームだけでなく、観ているものにとっても心強いものであった。裏方である木口コーチの残した〝熱い法大魂〟はこれからも受け継がれていくであろう。(松原 早紀)

立崎 伸治

「自分の学生生活に自信が持てるようになった」。学生コーチとしてチームに尽くしてきた立崎伸治コーチ(スポ健4)はこう振り返った。練習中は選手を監督する立場として、チームをまとめなくてはいけない責任を感じながらも、学生コーチとして4年間を全うした。そのような経験をしてきたからこそ、自信につながったのだという。

学生コーチという立場であるため、グラウンドでプレーすることはない。そのため試合中に彼を見ることは少ないだろう。しかし試合前のシートノックでは外野ノックを行い、試合が始まるとブルペンで投手陣の調子を見きわめる。試合に出ることはなくても、陰でチームを支え、貢献していた。今季は5位という悔しい結果に終わったが、4年生についてうかがうと「勝ちたいという気持ちで一つになって、すごい力を発揮してくれる仲間たちだったので誇りに思う」と笑顔で答えてくれた。

リーグ戦が終わり、行われた新人戦。チームの指揮を執った1回戦では、4点ビハインドを終盤でひっくり返し、逆転勝ちを収めた。試合後、「(翌日の決勝であたる明大を)なんとか倒してほしい」と語ったが、7-0と完敗。「勝つ姿を見て引退したい」という願いは叶わなかった。それでも立崎コーチは「自分たちの代の悔しさを晴らしてほしい」と後輩へエールを送った。その思いは確かに後輩たちへ届いている。(鷲尾 祐貴)

 

フォトギャラリー

  • 201311081木口拓真#50
  • 201311082立崎伸治#40

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

1 R

定期購読の申込み