硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第3週 対慶大2回戦 ルーキーの大仕事!菅野が初先発で完投勝利

東京六大学野球秋季リーグ戦 対慶大2回戦
2015年9月27日(日)
神宮球場

第1戦を大差で落とした法大。絶体絶命の状況で先発に起用されたのは、これが初先発となるルーキー菅野秀哉(キャ1)。度胸満点のルーキーは、昨日14安打9得点をたたき出した慶大打線を見事9回3安打に封じ込め、初勝利を初完投で飾るど派手な先発デビューを果たした。

kanno
初先発で完投勝利を収めた菅野

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 1 0 0 2 1 0 0 0 4 10 0
慶 大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 3 0

(法大)○菅野(1勝)―森川
(慶大)●加嶋、亀井、小原大、清水洋―小笠原
[本塁打]
(慶)横尾2号ソロ(7回=菅野)

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1 (4)  若林   1  .273 三ゴロ  二飛      遊ゴロ  中前安①      中飛 
2 (7)  蔵桝   0  .368 中飛    空三振    中前安  遊ゴロ      四球 
  R7  清水二    0   ---                   
3 (9)  畔上   0  .263 空三振    左飛    右線二    二ゴロ    左飛 
4 (5)  金子凌   2  .222   右前安  右飛    右前安②    三ゴロ    四球 
  中川   0   ---                   
  皆川   0  .500                   
5 (3)  柴田   0  .400   右前安    死球  遊併    右前安    中飛 
  田中   0  .000                   
6 (6)  佐藤竜   0  .167   空三振    一犠打    四球  中飛     
7 (8)  大西千   0  .222   左飛    三ゴロ    投犠打    四球   
8 (2)  森川   1  .286   右前安①    四球    遊飛    遊ゴロ   
9 (1)  菅野   0  .500   遊内安    三ゴロ    遊内安    空三振   
    33  10   4  .265                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野   9  131   30   3   5   1   1  0.90
9 131   30   3   5   1   1  3.89

 

ベンチ入りメンバー

10 畔上(キャ4=日大三)  27 森川(営3=桐蔭学園)  26 水谷(営2=大阪桐蔭) 
 11  青木勇(法4=智辯和歌山)   32  中村(営1=多良木)   35  川口(人1=横浜) 
 12  谷川(文3=高松商)   34  鎌倉(法1=日本文理)   6  蔵桝(営4=広陵) 
 13  菅野(キャ1=小高工)   1  若林(営4=桐蔭学園)   7  田中(法4=愛工大名電) 
 15  藤森(法2=西武台千葉)   2  皆川(キャ4=西武台千葉)   28  中川(経3=法政二) 
 16  玉熊(法3=北海)   3  金藤大(キャ3=西武台千葉)   29  清水二(法2=中京大中京) 
 17  熊谷(キャ2=平塚学園)   4  柴田(文3=東邦)   39  大西千(営1=阪南大) 
 18  浅野(法4=中京大中京)   8  佐藤竜(法4=作新学院)     
 19  川名(営4=安房)   9  金子凌(キャ3=日大三)     

 

リーグ戦結果(9/27現在)

 明大法大慶大早大立大東大試合勝点勝率
――      ○○   ●○○    0 .800 
  ――  ●○       ●○○  0 .600 
   ○●  ――    ○●○    0 .600 
 ●●      ――    ○○  0 .500 
 ○●●     ●○●    ――   0 .333 
   ○●●     ●●    ―― 0 .200 
 

戦評

 初戦は慶大の一発攻勢に沈んだ法大。迎えた第2戦は、勝ち点奪取のためには負けられない戦いになった。

 慶大の先発マウンドには、今季初先発となった左腕加嶋宏毅。立ち上がりを捉えたかった法大打線だが、初回は3人、わずか7球で攻撃を終えてしまう。一方の法大の先発は、リーグ戦初先発となった菅野。「先発で投げたい気持ちもある」と語っていたルーキー右腕に、大事な試合の先発マウンドが任された。その注目の立ち上がり、先頭の山本泰寛を追い込みながらもフルカウントまで粘られると二塁打を浴び、無死二塁のピンチを作ってしまう。しかし、そこからルーキーらしからぬ落ち着きを見せる。続く打者の犠打を自らの好守備で三塁封殺。3番横尾俊建を右飛に打ち取り、2死一塁で4番谷田成吾を迎える。立大戦で3戦連続本塁打を放った左のスラッガーを前にボール先行と苦しむが、俊足の梅野魁土の盗塁を捕手の森川大樹(営3)が正確な送球で刺し、見事初回を無失点で切り抜けた。

 バッテリーの奮闘に応えたい打線は、直後に援護を開始する。2回、先頭の金子凌也(キャ3)、柴田圭輝(文3)の連打で好機を演出すると、2死から8番森川の右前適時打で1点を先制する。その後も、法大は要所で効果的に得点を重ねていく。5回には畔上翔(キャ4)が右線への打球を放つと、好走塁で二塁を陥れ1死二、三塁。続く4番金子凌はしぶとく右前にはじき返し、2点を追加した。6回にも若林晃弘(営4)の適時打で突き放し、法大ペースで試合を進めていく。

 初回のピンチを切り抜けた菅野は快調に回を重ねていく。やや疲れの見え始めた7回に横尾に左越え本塁打を許したが、失点はその1点のみ。慶大打線に許した安打はわずか3本。131球の力投で、リーグ戦初勝利を完投で飾った。

 ルーキーの好投で五分に持ち込んだ法大。中でも明日の第3戦に向け、打率1割台と苦しんでいた4番金子凌が、2安打2打点と状態を上げてきたのは好材料だ。勝ち点の懸かる大一番、主砲のバットが鍵を握ることは間違いない。(渡辺拓海)

 

クローズアップ

菅野秀哉(窮地救ったルーキー右腕 先発定着を狙う)

 「勝てて良かった」。大役を果たし終えた試合後、菅野は安堵(あんど)の表情を見せた。

 前日の敗戦で沈んだ雰囲気をがらりと変えたのは、ルーキーだった。先発としては初の神宮のマウンド。「負けられない試合だったので、とても緊張した」と話すように、初回は先頭打者にいきなりの二塁打を浴びピンチを招くも、自らの好フィールディングでくぐり抜けるとそこからは圧巻の投球。強力慶大打線に臆せず立ち向かい、キレのあるストレートと変化球を巧みに織り交ぜ的を絞らせなかった。

 春季リーグ戦では1年生ながら、中継ぎとしてデビューを飾った。しかし優勝の可能性を残した東大戦で敗戦投手になるなど、納得のいく内容ではなかったはずだ。この夏は先発での登板に備え、走り込んで体力強化に励んだ。この日は9回まで球速が落ちることはなく、131球の力投で完投勝利。成果ははっきりと現れた。うれしい初勝利は、先発投手の不調に悩む法大の窮地を見事に救う1勝にもなった。

 高校時代には福島県大会で史上初となる完全試合を達成し、一躍脚光を浴びた菅野。甲子園出場はかなわなかったものの、「レベルの高い東京六大学で」と進学を選択したその潜在能力は、早くも輝きを放ち始めている。春季リーグ戦で開幕投手を務めた同期の森田駿哉(営1)の活躍にも大きな刺激を受けた。「早く自分も1勝したかった」という目標を、初先発にしてかなえた菅野。今後のリーグ戦でも、右腕の活躍は必要不可欠だ。若き右腕が、猛者ぞろいの六大学に殴り込みをかける。(石川大悟)


kanno3

 

監督・選手コメント

青木久典 監督

―菅野投手が素晴らしい投球でした
よくここで期待に応えてくれましたね。

―期待以上の投球だったかと思いますが
継投になるだろうな、と思って今日は投手を8人入れていました。こんなことを言うのも申し訳ないですが、期待以上のものだったのでありがたいですね。

―菅野投手を抜てきした決め手は
非常に難しい選択ではありました。1敗したことによって、ここで何も考えずにいけるのは1年生かなと。オープン戦から先発で使って準備はさせていましたし、状態は悪くなかったのでどこかのタイミングでは、と考えていました。

―登板前にお言葉を掛けられたりは
とにかく気迫、気持ちを常に持って攻めていけ、という一言だけです。

―先ほどもおっしゃられた通り、本日は投手を8人登録されました
つないでつないでいくしかないと思っていました。昨日の試合の後ですから、投手はなかなか厳しい状況なのかなと見込んでの策です。

―要所で打線がつながりました
やっぱり投手が試合をしっかり組み立ててくれていたので、野手もリズム良く打席に立てていましたよね。それがこの結果だと思います。

―選手たちが一塁へヘッドスライディングする姿が何度も見られました
観てくださる方がどう感じたかは分からないですが、勝負根性が強い方が勝つんだと。気持ち、気迫、気合いの”気”で押せ、という話はしました。この勝負の世界で勝ち上がっていくのは、気持ちの強い奴です。そういう部分を常に全力で出していけ、とは言いました。それがああいう姿になったのではないでしょうか。「絶対に最後まで諦めない」という気持ちが出ていたのではないでしょうかね。

―明日の第3戦の先発投手は考えていらっしゃいますか
今は全然ですね。これから考えます。

―明日の試合に向けて
これでイーブンになりましたし、逆に慶應さんの方がメンタル的には追い詰められたということもあると思うので、うちはこの勢いで勝って、勝ち点を取りたいと思います。

 

畔上翔 主将

―試合を振り返って
落とせない一戦だったので、勝てて良かったです。

―昨日の敗戦からチームで話し合ったことなどはありますか
切り替えていこうと話し合いました。

―5回には得点につながる二塁打を放ちましたが、打席を振り返って
状態はあまり良くないので、自分のやるべきことをやろうと思っていました。少しはチャンスメークができてうれしかったです。

―今日は打線のつながりが目立ちましたが、チームの打撃の調子は
悪くないと思いますよ。

―1年生の菅野投手が完投されました
よくやってくれましたね。プレッシャーはあったと思いますが、しっかりやってくれました。

―菅野投手のベンチでの様子はいかがでしたか
それほど焦りもありませんでしたね。堂々と投げてくれたと思います。

―明日への意気込み
お互いこれでイーブンになって勝ち点の懸かった勝負になるので、絶対に落とさないようにしっかりやりたいと思います。

 

若林晃弘 副将 

―試合を振り返って
菅野が本当によく投げてくれた試合でした。

―昨日の敗戦からの切り替えは
勝つしかないのでそこは引きずっていても仕方ないです。しっかり全員切り替えられたかなと思います。

―1年生の菅野投手が初先発でしたが
落ち着いていて、声をかけてもしっかり反応していたので安心して守っていられました。

―6回のピンチの場面で菅野投手に声を掛ける姿が見られました
あの場面は流れを1回止めるというか、そのまま惰性でいかないようにただ簡単な言葉を掛けただけです。

―4打席目の適時打を振り返って
前の満塁の場面で凡退してしまったので、あのチャンスは絶対打つという気持ちで(打席に)入りました。

―開幕から5戦連続で安打が続いていますが打撃の調子は
その日によって変わると思うので、毎日一打席一打席大事に打っていきたいなと思います。

―明日への意気込み
しっかり勝って、勝ち点を取りたいと思います。

 

蔵桝孝宏 外野手

―試合を振り返って
勝ててよかったということが一番です。昨日は左投手相手に結果が出せていなくて、今日も内容は良くなかったんですけど、安打1本が出て良かったです。

―左投手との連戦になりましたが、対応するために行ったことはありましたか
意識的にセンターからレフトの逆方向を意識して、体を開かずにボール球に手を出さないようにしたんですけど、思った通りにはなりませんでした。

―昨日の敗戦を受けて、2番打者として意識したことは
塁に出れていなかったので出塁することです。昨日は走者を置いた打席がなかったですが、若林が出塁したらつなぐという意識もあったので、自分の打撃よりもチームプレーを優先することを心掛けました。

―昨日は無安打でしたが、意識的に変えたことなどはありましたか
1打席目は普段通りにやったんですけど、監督から「(打席内の)立ち位置を変えてみろ」と言われて。そうしたらボールの見え方も変わりましたし、それで少し変われたかなと思います。

―その点を踏まえて、昨日と今日の自分の違いは見つかりましたか
昨日は精神的に消極的になっていたというか、相手のリズムにのまれていて受け身になってしまっていました。それが自分の首を絞めてしまっていたので、そういう受け身にならなかったことが今日の結果につながったのかなと思います。

―慶大先発の加嶋投手への対策は
試合が始まる前は、亀井投手(が先発だという)イメージがあって、その投手ならいけるんじゃないかという感じがありました。昨日は左投手にやられていましたし、なんとか克服しないと次につながらないと思ったので、今日はしっかり左投手に対応しようという切り替えをしました。

―先発は1年生の菅野投手でしたが、何か声を掛けられたりはしましたか
いつものようにおちょくる感じで声を掛けました。今日は継投と菅野も言われていて投手も総力戦の予定だったんですけど、僕たち野手が菅野に「全部投げろ」と言っていたので、その通りになってでき過ぎと言えるくらいでした。

―開幕からブルペンを支える4年生投手陣の姿をご覧になって
もっと頑張ってほしいという気持ちもあります。長いリーグ戦なので、ここからもっと自分たちの代の投手陣にも頑張ってもらいたいなと思います。

―明日に向けて
1戦目では負けているので、相手にやられたことを倍返しできるようにビデオや今日の反省を生かして、勝ちにこだわっていきたいです。

 

金子凌也 内野手

―試合を振り返って
序盤に先制できたことが、楽に試合を運べた要因かなと思います。そこが一番大きかったです。

―2回には先制点の足掛かりとなる安打がありました
相手投手はスライダーが多かったので、それを狙って打ちました。

―5回には試合を大きく動かした適時打も
チャンスだったので、どんどん振っていこうという意識で打席に立ちました。

―守備でも好プレーがありました
必死に食らいついただけです。

―守備で良いプレーができると、攻撃にも良い影響がありますか
それは間違いないと思います。

―前日の敗戦を受けて見直されたところは
気持ちで負けないということを監督がミーティングでおっしゃっていたので、そこを意識してやりました。個人としてはビデオを見て、修正するところは昨日のうちに修正しました。

―明日に向けて意気込み
相手も追い込まれているので、こちらは死に物狂いで勝ち点を取ることを目標にやっていきたいと思います。

 

柴田圭輝 内野手

―試合を振り返って
菅野が良くやってくれました。

―開幕から打撃好調ですね
そんなことないです(笑)。たまたま飛んだところが良かっただけとかも多いので、自分的にはまだまだです。ただ普段から左の打撃投手で練習させてもらっていたので、そのおかげで良いイメージで打てたと思います。

―今日の安打は2本とも右方向への当たりでした
流し打ちの意識はあります。

―新しく挑戦していることなどは
ここぞの場面での1本ですね。

―慶大とは1勝1敗の五分になりました
もう本当に明日は勝つだけです。

―明日に向けての意気込み
勝ちます。

 

森川大樹 捕手

―試合を振り返って
負けられない戦いだったので、勝つことだけを考えていました。菅野がよく投げてくれました。

―昨日の試合で感じたことを踏まえ、今日の試合で気を付けたことは
(昨日は)攻める配球ができていなかったので、今日はどんどん攻めて攻めて、という気持ちでいきました。

―菅野投手が初先発でしたが、試合前にお話ししたことは
僕がミットを構えているところに思い切って投げてこいと。弱気にならず、逃げさせないようにしました。

―9回裏2死で横尾選手の打席の前に、マウンドで菅野投手に声を掛けていらっしゃいましたが
4―1で走者は一塁と、本塁打を打たれても1点勝っている場面だったので、「逃げるな、向かってこい」と言いました。

―以前「投手の良いところを引き出せるようにしたい」とおっしゃっていましたが、今日の試合ではいかがでしたか
まあまあですかね(笑)。今日はまずまず良かったですけど明日勝たないと意味がないので、明日頑張ります。

―打撃では先制の適時打を放ちました
(同じ)3年生の金子、柴田とランナーをためてくれたところで回ってきたので、何としてでも菅野のためにも1点を取ってあげたいなと思って打席に入りました。

―明日も試合はどのようにプレーしたいですか
相手に気持ちで負けずに、向かっていって勝ちたいです。

―意気込みをお願いします
明日勝って、勝ち点を取ります。

 

大西千洋 外野手

―試合を振り返って
同級生の菅野が頑張って投げていたので打って助けてあげたかったのですが、なかなか打つことができませんでした。でも、守備ではなんとか助けることができて良かったです。

―6回の犠打が追加点につながりました
自分にできることはしっかりやろうと思っていたので、良かったと思います。

―8回には盗塁失敗がありましたが、サインは出ていましたか
はい、出ていました。

―改めて、菅野投手の投球はいかがでしたか
素晴らしかったです。

―昨日の試合で加藤拓也投手の球を見て、どのように感じましたか
めちゃくちゃ速かったです。打てるように、しっかりと自分のスイングをしていきたいと思います。

―これで3試合連続のスタメンとなりました
いつもこんなところでプレーをしている先輩方はすごいな、と思いますね。

―明日の試合に向けて
1年生でこんなに期待してもらっているので、全力でプレーしたいです。

 

菅野秀哉 投手

―完投でリーグ戦初勝利を挙げた感想
今日の試合に勝てたことが良かったと思います。

―今日の投球の良かったところは
初回は球が荒れていたんですが、修正して球をコントロールできたので良かったです。

―1試合投げてみての手応えは
やはり完投できたことですかね。

―リーグ戦初先発でしたが、どのような気持ちでマウンドに上がりましたか
負けらないので、気持ちでいけと監督に言われていました。そういう思いでマウンドに上がりました。

―先発はいつ告げられましたか
昨日の試合が終わってからです。寮で聞きました。

―初回にはバント処理で好フィールディングがありました
あのフィールディングでアウトになってくれたので、とても気持ちは楽になりました。

―とても落ち着いていた印象でしたが、緊張感はありましたか
負けられない試合だったので、とても緊張していました。

―慶大打線の印象
一発があるので怖かったですが、しっかりと投げることができたので良かったです。

―横尾選手のバットをへし折る場面もありましたが
特に気にはしていませんでした。

―4回の打席前に監督から声を掛けられていましたが
「気持ちでいけよ」と声を掛けられました。

―チームメートからはどんな言葉を掛けられましたか
やっぱりみんなからも「気持ちでいけ、集中していけ」と言われました。

―攻撃でも2安打の活躍でしたが、打撃の感想は
しっかり打てたので良かったです。

―7回に横尾選手にホームランを打たれた際の心境
まだ点差はありましたし、一発は仕方がないと言われていたので、そのへんは考えずにしっかり切り替えました。

―東大3回戦でも最終回のマウンドに上がりましたが、今日との違いはありましたか
東大戦の方が集中して投げることができていました。

―最終回に同学年の大西千選手が好捕を見せましたが
あのプレーは本当に助かりました。

―同期の森田投手に対する意識はありますか
森田はもう1勝していたので、自分も早く1勝したいなと思っていました。

―勝利の瞬間も大きなガッツポーズなどはありませんでしたが、どのような心境でしたか
疲れていました。

―昨日の大敗を受け、チームとしてはどのような立て直しをしましたか
気持ちでいこうということをチームで確認して、気持ちを入れていきました。

―次の登板への意気込み
次もしっかり勝てるように、自分の投球をしたいと思います。

 

フォトギャラリー

  • kanno初先発で完投勝利を収めた菅野
  • kanno1慶大打線を3安打に抑え込んだ
  • kanno2打撃でも2安打と気を吐いた
  • morikawa2戦連続の適時打を放った森川
  • shibata好調の柴田はチームトップの打率.400を誇る
  • azegami畔上は二塁打で得点に絡んだ
  • kaneko2安打2打点と4番の仕事を果たした金子凌
  • ohnishi3戦連続スタメンの大西千は犠打、攻守でアピール
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み