硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 対立大展望

東京六大学野球秋季リーグ戦 対立大戦
2015年10月10日(土)~
神宮球場

いよいよ後半戦に突入する秋季リーグ戦。ここまで不調に苦しむ立大だが、今季初の勝ち点獲得へ向け並々ならぬ気迫で挑んでくることだろう。厳しい状況とはいえ、優勝への望みをつないでいる法大。勝ち点逸はおろか、一つも落とせない試合が続く。

sawada
復調気配のエース澤田圭佑

展望

 折り返しとなる第5週を迎え、後半戦に突入した秋季リーグ戦。前カードで慶大との打撃戦に敗れ勝ち点を逃した法大だが、まだ優勝の可能性がついえたわけではない。立大はいまだ勝ち点0と苦しんでいるが、侮れない相手には違いない。ここ数試合先発を務めているのは田村伊知郎、齋藤俊介の2人だが、エースの澤田圭佑も状態を上げてきており先発復帰もありそうだ。

 ここまでチーム打率1割台と低迷している打撃陣だが、復活を期す安打製造機大城滉二や、3戦連続本塁打を放った笠松悠哉ら強力な打者が控えている。四死球や失策などのミスで走者をため、甘い球を痛打されないように気を付けたいところだ。

 法大の先発は熊谷拓也(キャ2)、菅野秀哉(キャ1)が予想される。熊谷はカード頭の1回戦で2連敗とエースとして苦しい投球が続いているが、立大は春にリーグ初勝利を挙げた好相性の相手だ。慶大戦での勝ち点逸に「悔しくてしょうがない」と語った背番号17。悔しさを胸に秋の開幕投手が今季2勝目を目指す。


 一方の野手陣はチーム打率リーグ3位とまずまずの結果を残している。中でも際立つ数字を残しているのは蔵桝孝宏(営4)。ここまで4割を超えるアベレージを残し、首位打者争いを演じている。畔上翔(キャ4)もおよそ1年ぶりとなる一発を放つなど復調気配だ。指を負傷し慶大3回戦を欠場した佐藤竜一郎(法4)の状態が心配されるが、打線は春に劣らぬ得点力を発揮している。ここまで全試合4番を任されている金子凌也(キャ3)は打率.190とその打棒が鳴りを潜めているが、前後を打つ打者が好調なだけに主砲の復調が打線のさらなる起爆剤となるだろう。

 開幕前、青木久典監督がキーマンにも指名したエースと4番の復調が、勝利への大きな鍵になるのは間違いない。慶大3回戦後の「この悔しさを忘れるな」という指揮官の言葉を胸に、選手たちは闘志を燃やしている。残すカードはあと3つ。気持ちを新たにナインが悲願へと再スタートを切る。(渡辺拓海)

 

予想オーダー

立大

打順 位置 選手(学年=出身校)   率  点
  1  (6)  大城(4=興南)  .200   0 
  2   (7)  二角(3=広島新庄)  .158   0 
  3   (9)  佐藤拓(3=浦和学院)  .207   2 
  4   (5)  笠松(2=大阪桐蔭)  .389  11 
  5   (3)  寺田(4=神戸国際大附)  .107   0 
  6   (9)  豊村(3=東農大二)  .217   1 
  7   (4)  酒井田(4=県岐阜商)  .278   1 
  8   (2)  鈴木(4=日大三)  .286   3 
  9   (1)  澤田圭(3=大阪桐蔭)  .000   0 
           

 

法大

打順 位置 選手(学年=出身校)   率
  1   (4)  若林(4=桐蔭学園)  .280 
  2   (7)  蔵桝(4=広陵)  .417 
  3   (9)  畔上(4=日大三)  .304 
  4   (5)  金子凌(3=日大三)  .190 
  5   (3)  柴田(3=東邦)  .333 
  6   (6)  佐藤竜(4=作新学院)  .167 
  7   (8)  大西千(1=阪南大)  .231 
  8   (2)  森川(3=桐蔭学園)  .222 
  9   (1)  熊谷(2=平塚学園)  .125 
           

 

 

主な投手陣

立大

選手(学年=出身校)    回   防
澤田圭(3=大阪桐蔭)  19 1/3  18  1.86 
齋藤俊(4=成田)    20  15  4.05 
田村(3=報徳学園)  16 1/3  11  6.06 
小林昌(4=佐久長聖)      2   3  9.00 
小倉(4=山形南)   2 1/3   0  7.71 
黒萩(3=遊学館)      8  10  3.38 
             

 

法大

選手(学年=出身校)   防
熊谷(2=平塚学園)  21  13   4.71 
菅野(1=小高工)  10   7   0.90 
玉熊(3=北海)   3   1  24.00 
浅野(4=中京大中京)   8  10   2.25 
青木勇(4=智辯和歌山)  10   7   3.60 
川名(4=安房)   1   0   0.00 
上條(1=市立川越)   0   0    --- 
             

 

※記録はいずれも10/4現在の成績です

 

フォトギャラリー

  • sawada復調気配のエース澤田圭佑
  • suzuki主将の鈴木
  • tamuraここまで全カードで先発登板している田村
  • ohshiro大城は攻守の要だ
  • nikaku俊足好守の二角
  • satoh不動の3番佐藤拓
  • terada開幕から4番に座るも不振に苦しむ寺田
  • kasamatsu開幕3戦3HRと長打力が開花した笠松
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み