硬式野球
 

【硬式野球】東京六大学野球秋季新人戦 決勝 対明大 力の差を痛感。またも明大に大敗し優勝ならず......

東京六大学野球秋季新人戦 決勝 対明大
11月6日(水)
神宮球場

前日の準決勝で逆転勝ちを収めた法大。その勢いのまま4季ぶりの新人戦優勝を果たしたかったが、またも宿敵・明大が立ちふさがった。

201311061
新人戦は春秋共に、明大に大敗を喫してしまった

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
明 大 3 0 0 0 1 0 0 0 3 7 11 0
法 大 0 0 0 0 0 0 0 0 X 0 9 2

(法大)●青木勇、樋口、三浦、玉熊、浅野‐柴田
(明大)○川口、内海裕、水口、星、寺田泰、柳‐小林恵、倉富
[本塁打](明)石井(1回=青木勇)、川合(1回=青木勇)

打撃成績

打順位置選手123456789
1 (5) 左飛   右飛   左飛     中飛 二ゴロ 5 0 0 0
2 (4) 大西 右安   投安     遊ゴロ   右飛   4 2 0 0
3 (8) 若林 遊安   二併     二ゴロ   右中二   4 2 0 0
4 (6) 佐藤竜 空三振     左安   右飛   空三振   4 1 0 0
5 (2) 柴田 見三振     二併     左安   見三振 4 1 0 0
6 (9) 田中   空三振   見三振     死球   三安 3 1 0 1
7 (3) 伊藤晃   遊安     遊ゴロ   中飛   空三振 4 1 0 0
8 (7) 荻野   中飛     二ゴロ   右飛   四球 3 0 0 1
9 (1) 青木勇   一ゴロ               1 0 0 0
  H 落合         左安         1 1 0 0
  1 樋口                   0 0 0 0
  1 三浦                   0 0 0 0
  H 米田             遊ゴロ     1 0 0 0
  1 玉熊                   0 0 0 0
  1 浅野                   0 0 0 0
  H 木村                 四球 0 0 0 1
  R 兼子                   0 0 0 0
                      34 9 0 3

 

投手成績

  球数 打者 被安打 奪三振 四死球 自責点
青木勇 5 82 22 5 5 1 4
樋口 1 1/3 25 5 1 0 1 0
三浦 0 2/3 7 2 1 0 0 0
玉熊 1 2/3 47 10 4 3 0 0
浅野 0 1/3 3 1 0 0 0 0

 

ベンチ入りメンバー

15 青木勇(法2=智辯和歌山) 22 森川(営1=桐蔭学園) 1 若林(営2=桐蔭学園)
16 金井(人2=高崎商) 33 木村(キャ1=如水館) 8 荻野(経2=法政二)
17 樋口(文2=如水館) 3 伊藤晃(社2=掛川西) 9 田中(法2=愛工大名電)
18 浅野(法2=中京大中京) 4 大西(文2=智辯学園) 24 清水ジ(文2=法政)
11 玉熊(法1=北海) 5 兼子(法2=鎌倉学園) 27 野澤(法2=法政)
19 三浦(法1=三重) 6 佐藤竜(法2=作新学院) 25 菊池(人1=桐蔭学園)
2 堀井(法2=中京大中京) 35 中島(営2=星稜) 28 米田(営1=智辯学園)
32 丸山(経2=法政二) 36 落合(スポ2=郡山)
20 柴田(文1=東邦) 34 嶌(法1=智辯和歌山)

戦評

リーグ戦の借りは新人戦で返す。今度こそ明治の前で胴上げをするはずだった。昨日の勢いそのままに勝って優勝したかったが、厳しい結果となってしまった。

法大の先発マウンドには青木勇人(法2)があがる。初回、一死から2番・海部にヒットを許すと、3番・石井がレフトへ完璧な本塁打。切り替えていきたいところだったが、続く4番・川合にもソロ本塁打を浴びてしまい、3失点。その後の打者は二者連続三振にきるも、昨日に引き続き初回からの失点となってしまった。すぐに取り返したい法大はその裏、一死から2番・大西佑季(文2)、3番・若林晃弘(営2)の連続ヒットと明大先発の川口を攻めるも、後続が続かず得点にはいたらなかった。

初回の本塁打以降1本もヒットを許していなかった青木だったが、五回、先頭打者にヒットを打たれ、1つアウトはとるも盗塁を許し一死二塁とされる。ここで海部にライトを越える二塁打を打たれ、4失点目。法大は毎回ランナーを出すも、2つの併殺であったり、攻撃がうまくつながらない。しかし、昨日も五回まで4点ビハインドだったが見事に逆転勝利をおさめた。後半からの反撃に期待をかける。

法大のピッチャーは六回から樋口圭(文2)に代わる。その回は内野安打を許すも併殺できりぬけたが、七回、なかなかストライクが入らず先頭打者を歩かせてしまう。次の打者が犠打で二塁に送ったところで、投手は三浦浩太郎(法1)にスイッチ。代打・萩原にセンターに運ばれるも、若林の好返球でホームタッチアウト。その後2つの暴投で三塁まで進塁を許すが、なんとかセカンドゴロできりぬけた。その裏、明大のピッチャーは内海裕に代わる。5番・柴田圭輝(文1)のヒット、6番・田中彪(法2)の死球で無死一、二塁のチャンスを作ったが、後続がことごとく打ち取られ、またも得点ならず。八回裏には、二死から若林が右中間を破る二塁打で出塁するも、昨日大活躍の佐藤竜一郎(法2)がここで代わった星の151キロの速球に空振り三振を喫した。

最終回、前の回から投げていた玉熊将一(法1)が先頭の代打・倉富にヒットを許し、サード嶌直広(法1)の今日2度目のエラーで無死一、二塁とされる。続く2人を討ち取って二死までこぎつけると、学生コーチと捕手がマウンドへ。落ち着いていきたいところだったが、ここで迎えるのは今日当たっている海部。レフト前に運ばれ、さらに石井には右中間を破る三塁打を打たれこれで7失点。ここで玉熊は悔しい降板となり、浅野文哉(法2)が3アウト目をとった。最後に意地を見せたい法大は、一死から田中が内野安打で出塁する。二死一塁となったところで明大の投手は寺田泰に交代。制球が定まらず、二者連続四球で二死満塁のチャンスがおとずれるが、ここで明大の投手は柳に代わり、嶌が打ち取られ試合終了。

9安打を打ちながらも打線がつながらず1点も取れなかった。一方明大は11安打で7得点と効率的な点の取り方。去年の秋の新人戦から5回連続で明治の胴上げを見ることとなった。この悔しさをバネに、これからの法大を背負っていってほしい。(牛島 春)

クローズアップ

伊藤 晃輔

入学してからの2年間、公式戦の出場はなし。その伊藤晃輔(社2)がこの新人戦で神宮デビューを果たした。前日の準決勝では途中出場で2打数1安打1打点。その活躍を買われ、決勝戦では7番・ファーストでスタメンに起用された。結果は4打数1安打。七回裏に無死1、2塁で回ってきたチャンスは中飛に倒れたが、「迷いがなく振れたので、そんなに後悔はしていない」と、手ごたえをつかんだ様子だ。出塁した第1打席では牽制で警戒されつつも、5球目に盗塁成功。「一番自信がある」という50m6秒の瞬足もアピールした。

「リーグ戦だったらもっと観客も多いし、応援もある。そういうところでやりたいという気持ちができました」と、初めて土を踏んだ神宮での2日間を振り返った。スポーツ推薦組ではない伊藤にとって、リーグ戦で活躍している同じ境遇の選手の活躍は励みになっているという。今年法大では、皆川普(キャ2)や、秋にブレイクした安慶名舜(経3)が、“エリート”のスポーツ推薦組とレギュラーの座を争った。チームの中心であった4年生が引退し、レギュラーが入れ替わる来季は、伊藤にとっても大きなチャンスとなる。「声を出したり、塁に出て走ってみたり、頭を使って考える野球をする。技術だけでなくてそういうところで(今のメンバーとの)違いを見せられたら」と、意気込んだ。目指すはどの場面でも自分の役割を理解し、プレッシャーを跳ね除けて思った通りにプレーをすること。そのためにこれから技術面だけでなく、精神面も鍛えていきたいという。早くも大学野球は折り返し地点に到達。「自分が試合に出るんだという気持ちを強く持って練習していきたい」―念願の神宮を経験した男が、来季に向けて燃えている。(熊谷 優)

荻野 祐介

法大の付属校・法政大学第二高校が14年ぶりの8強入りを達成した2011年夏の神奈川県大会と言えば、印象に残っている高校野球 ファンも多いのではないだろうか。その時のエース・荻野祐介(経2)は今、大学で外野手としての道を歩んでいる。大学へ進む際、野手へ転向するか一度悩んだという荻野。最初の1年は迷いながらも投手として挑んだが結果が出なかった。すると金光前監督から話をもちかけられ、今年の2月のキャンプで外野手へ転向した。

野手転向から9か月、この新人戦で「待ち望んだ」という公式戦初出場を果たす。準決勝、決勝と2試合続けて8番・レフトでフル出場。「楽しんでいこうと思ってグラウンドに立った」と嬉しいスタメン抜てきも、準決勝に続き、この日もチャンスで度々打席が回ってくるも、いずれも凡退。「1本出なかったというのが悔いが残る」と、喜びの中にも悔しさが残る野手デビューとなった。上級生となる来季。まずはベンチ入りを目指し、焦らず一歩ずつレギュラー奪取に向けて歩んでいく。(川添 岳)

試合後の監督・選手のコメント

木口 拓真 学生コーチ

―今日の試合を振り返って
振り返ってみるとやっぱり初回かなと思います。

―試合前にチームで話したことは
特に話すこともなく明治に負け続けているので何とか勝てるようにしようというだけですね。

―昨日の準決勝はスタンド席からご覧になっていましたが
名前だけ見るとリーグ戦でのメンバーとは劣るかもしれないですけど、上から見てたらそんなに力の差があるとはいえ、やれないレベルではないのかなと思いましたね。

―法政野球部3、4年生も声援を送っていましたが聞こえましたか
全然。(笑)でも大体想像つきます。(笑)

―安打9、併殺2と得点しきれなかった打線について
やっぱり明治さんに比べて勝負弱さが出たかな、というのが一番だと思います。あとは自分が監督をやらせてもらって、打てる雰囲気を作り上げてあげられなかったところがあるのかなと。

―先発や継投について
青木は青木で本当だったらスムーズに、4点も取られることなくいってもらいたいピッチャーなんですけどああいう結果になってしまったので。樋口であり三浦でありっていうのは初戦で投げる機会があまりなかったピッチャーだったので、その二人が投げることで投げてかつ抑えることが、流れをもってこれたらいいなという思いはありました。

―最後の神宮球場となりましたが
試合始まる前は最後だ、っていう想いが強かったんですけど、試合終わってみたらもう明治に負けた、またかよ、っていう気持ちしかなかったので。ただ自分にいい思いをさせてもらったり逆に悔しい思いをさせてもらった悔しい球場だったと。後輩たちも数多く喜びだったり悔しさだったりを味わって成長していってもらえれば嬉しいと思います。

―差し支えのない範囲で今後の進路は
JR東日本さんの方でお世話になります。

―社会人野球に携わっていかれるのですか
いまのところはそういうお話は…。うちの神長監督の方にはそういうお話させてもらっているんですけど、JR東日本さんの監督さんからまだそういうお話伺ってないのでこのままいけばそのまま働くということですね。

―今後の野球とはどうお付き合いされていくのですか
そういう風にJR東日本さんの野球部に入れるのが一番ではあるんですけど、先輩がJR東日本さんに3名在籍していて、特に1個上の岩澤さんに関してはよくしてもらってた先輩なので応援に行って。これからも後輩たちも入っていくことになると思うので応援ですかね。あとは法政大学も応援します。

―ファンの方へメッセージを
春のリーグ戦からベンチ入りをさせてもらって、温かい言葉であったりもっとしっかりしろという声であったりをいただいて。心強い部分とその一方で自分を引き締めてくださった言葉であったので、ファンのみなさまにありがとうございました、という言葉ですね。

若林 晃弘

―今日の試合を振り返って
明治には負けたくなかったので、悔しいです。

―キャプテンを務めましたがいかがでしたか
自分があまり働かなくてもまとまりがあったので、その点では選手みんなが頑張ったと思います。

―今日ご自身は2安打でしたか、調子はいかがでしたか
昨日打てていなかったので、今日は絶対になんとかしようという気持ちでした。他の打席が凡退だったので、そこはまた、もっと打てるようにしていかないといけないと思います。

―七回にはホームへの好返球もありました
あの場面は、もう次に一点やったら(負けが)結構決まりそうだったので、なんとか絶対に4点のまま食い止めるという気持ちで守っていたので、良いボールがいってよかったです。

―毎回ヒットは出ましたが、得点には繋がりませんでした
勝負どころで繋げなかったり、勝負どころでのバッティングが出来てなかったと思うので、そこはこの冬取り組んでいくことかなと思います。

―リーグ戦、新人戦ともに、春・秋とも明治の優勝を見る形になりました。率直な感想はいかがですか
やっぱり目の前で見たくなかったので、なんとか今日勝ちたかったですけど、やっぱり力の差があるなと思いました。

―公式戦が終わりオフシーズンに入りますが、特に取り組みたいことなどはありますか
自分の持ち味が何かというのを考える事と、それに関して自分がどのようなバッティングやら守備やらをしていくのかというのを明確にして、それに集中して取り組んでいけたらなと思います。

―来季への意気込みをお願いします
明治に何度もやられているので、来季は明治を倒して優勝したいなと思います。

青木 勇人

―今日の投球をふりかえって
ダメです。ダメでした、今日は。それしか言えないですね。

―今日の投球で特に意識したことはありますか
初回、しっかり3人で抑えて流れをつくりたかったんですけど、初回に3点取られてしまって、それで流れが悪くなってしまって負けてしまいました。

―初回に2者連続ホームランを浴びてしまいましたが
打たれたのは全部甘かったので、狙われてました。

―ホームランを打たれた後は立ち直って抑えていましたがあの場面ではどのような投球を意識しましたか
明治は打つので、ランナーが出てからも粘りのピッチングをしようと思いました。

―明治打線の印象は
1から9番まで切れ目のない打線でした。

―5回にツーベースを打たれてから、周りから声をかけられてましたがどのようなことを言われましたか
粘っていこうというのは野手から言われたんですけど、簡単に1点取られてしまいました。

―今日の投球から何か課題などは見つかりましたか
今日は球威もなかったですしコントロールも比較的甘かったので、今年の冬は球威も上げて制球力もつけて頑張りたいです。

―1年生ピッチャーもライバルとして意識していますか
今日は全員打たれてしまったんですけど、切磋琢磨して1年も2年もしっかり冬に磨いて帰ってきたいです。

―来季への意気込みをお願いします
このままだと来季に入れないので、冬に体力を付けてしっかり投げ込んで明治を見返すようなピッチングをしたいです。

樋口 圭

─昨日は神宮初登板でしたがいかがでしたか
とにかく昨日は完全なワンポイントだったので、バッターをとるということで、緊張もせずに投げれたのでよかったです。

─今日のピッチングについて
先頭をフォアボールで出したということが1番やったらいけないことなので。自分はコントロールがいいから入っているようなものなので、そこでフォアボールを出したというのは反省点です。

─そこが課題ということですか
とにかく先頭をきって自分のチームのリズムがよくなるようなピッチングができるようにしたいです。

─この冬取り組みたいことは何ですか
まだ強い球が投げられなくてスピードもあまり出ないので、力強い球が投げられるように、また今以上にコントロールをよくして、とにかく下半身をしっかり強化していきたいです。

─チーム内外で意識している選手などはいますか
同じチームの石田さん。同じ広島で高校時代から知っていて、すごいピッチャーなので自分も近づけるように頑張りたいです。

─来季にむけての意気込みをお願いします
とにかくベンチに入れるように、この冬しっかり頑張っていきたいですね。

大西 佑季

―今日の試合を振り返って
今日は明治に勝ちたかったですけど負けて悔しいです。

―打順が2番に上がっての出場でしたが
自分的には2番がやりやすかったので特に何もなかったです。

―高校時代の打順は
高校時代は1番でした。

―対戦した明大の投手陣の印象は
良い球投げていたので結構手こずりました。

―この新人戦で得た収穫は
状況に応じたバッティングをしていかないといけないなと思いました。

―この新人戦で得た課題は
守備面でもっと堅実にいけるようにしたいです。

―来シーズンにむけて
来シーズンはしっかり自分もリーグ戦に出て、活躍できるようにしたいです。

佐藤 竜一郎

―今日の試合を振り返って
初回のチャンスで回ってきたんですけど、そこを積極的に振れなくて、1点返しておけば流れ変わったんですけど、そこで打てなかったのがまだ自分の力不足だなと思いました。

―それでも2試合連続のヒットが出ましたが
自分の納得いく打球が1本打てたのは良かったですし、冬に克服しなくてはいけない課題も見つかって、良い打席でした。

―八回は星投手の150キロのボールに空振り三振に倒れてしまいましたが
高校の時もよく対戦していたんですけど、真っ直ぐ投げてきて、150キロの球を見るのも久々だったので、速かったなという感じです。完全に振り負けてたので完敗です。

―目の前で明大に胴上げを許してしまいました
新人戦に関しては、もう僕が入ってから4回連続、目の前で胴上げされて、リーグ戦も含めると6回見ているので、うんざりなんですけど、やっぱりそれを止めるのは自分たちしかいないと思います。まだ明治との差はあるんですけど、それを縮めて春しっかり倒せるように、力をつけたいと思います。

―今日も守備で軽快なプレーが見られましたが
高校時代もずっとショートをやってきたので、ショートの方が動きやすいというのがあります。ノーエラーで良かったです。

―やはりショートを守りたいですか
そうですね。ショートでレギュラーを狙いにいきたいと思います。

―よく声を出していましたが意識されていましたか
自分、声出てました?(笑)結構、声出すキャラなので、声を出してどんどん引っ張っていこうという気持ちは強かったです。

―夏にケガをされていましたが今の状態は
今は大丈夫です。

―これから取り組みたいこと
体力強化です。体幹も弱いですし、体も弱いので体つきが変わったら打球とか守備もワンランク上の技術が身につくと思うので、そういった体力面をしっかりやっていきたいです。

―来年から上級生ですが、この2年間を振り返っていかがですか
本当にあっという間で、「何してたんだろう」という感じです。リーグ戦でも活躍していないし、目立った活躍していないので、そういう悔しい気持ちがあるので、それを3年、4年でぶつけたいと思います。

―来季に向けて
来年は、しっかり主軸で活躍出来るような力をつけてチャンスをものにして、明治倒して優勝したいと思います。

柴田 圭輝

―今日を振り返って
力の差がはっきりでてしまったかなと思います。初回だけはゼロでいきたかったんですけど、ホームラン2本で先制されてそのままズルズルいってしまった感じです。

―立ち上がりで昨日の試合から変えた部分は
昨日は大事にいきすぎてしまってアウトコースに偏った配球になってしまったので今日は思いきってインコースも使っていこうと思っていたんですけど、そのボールが甘く入ってしまいました。

―チームの打撃面について
全体的にヒットはでてるんですけど、あと1本がでるかどうかの差がこの点差につながってしまったと思います。

―新人戦を通して見つけた課題はありますか
走攻守すべてですね。すべてにおいてこれから冬にレベルアップしないといけないと思います。

―今年は明治に苦しめられる一年になってしまいましたが明治への意識はありますか
これだけ目の前で優勝を見せられているので、来年からは全部勝つくらいの意気込みでいきたいですね。

―大学一年目を振り返って感じたものは
高校野球と大学野球のレベルの差というものをすごく感じました。

―来年に向けての意気込み
こんな悔しい思いはもうしたくないので絶対優勝したいと思います。

 

フォトギャラリー

  • 201311061新人戦は春秋共に、明大に大敗を喫してしまった
  • 201311062先発した2年生左腕の青木勇
  • 2013110632試合連続登板となった樋口
  • 2013110643番手として登板した三浦
  • 201311065新人戦で主将を務めた若林
  • 2013110662試合連続で2安打を放った大西
  • 201311067今後の活躍を期待させる伊藤晃
  • 2013110682試合連続レフトでスタメン出場の荻野
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み