硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第5週 対立大1回戦 投手陣の柱に!ルーキー菅野の好投に打線も応え大勝

東京六大学野球秋季リーグ戦 対立大1回戦
2015年10月10日(土)
神宮球場

 

悲願達成へ向け一つも落とせない戦いが始まった。ここまで勝ち点0と波に乗れない立大に先制を許すも、相手のミスにも乗じた法大は中盤2イニングで8点を奪う連続ビッグイニングで逆転に成功。先発の菅野秀哉(キャ1)は前回登板に引き続き危なげない投球で2安打1失点に封じ快勝。一躍投手陣の柱に名乗りを上げる好投となった。

kanno
2戦連続で好投を見せた菅野

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
立 大 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3
法 大 0 0 0 4 4 0 0 1 × 9 13 1

(立大)●澤田圭、田村、黒萩、小林昌―鈴木
(法大)○菅野(2勝)、玉熊―森川
[本塁打]
   (立) 田中和3号ソロ(2回=菅野)

 

打撃成績

打順位置選手打率12345678
1 (4)  若林  5  .233 二失    二ゴロ 一ゴロ    一邪飛    一ゴロ
2 (7) 蔵桝 3 0 0 .370 遊ゴロ   空三振   空三振       
  H7   清水二 2 2 0  1.000           三内安    左線二
3 (9) 畔上 5 3 1 .357 中前安     中前安  遊飛 左飛   左越え二①
  R9 田中 0 0 0 .000                
4 (5) 金子凌 5 2 0 .231 中飛     右越え二

左中間二

三飛    見三振
  3 菊池 0 0 0  ---                
5 (3) 柴田 4 0 0 .286 二直     一邪飛 左飛   遊ゴロ   
  皆川 0 0 0 .500                
6 (6) 佐藤竜 4 2 2 .227   中前安    二失  右越え三②    左飛  
7 (8) 大西千 4 2 1 .294   遊直併   一失 右線二①    中前安  
8 (2) 森川 3 1 2 .238   三ゴロ   左犠飛① 左越え二①    見三振  
9 (1) 菅野 4 1 1 .375     空三振  右中間三①  見三振     右飛
  1 玉熊 0 0  0 ---                
    39  13   7  .275                

 

投手成績

  球数 打者 防御率
菅野  8 2/3  117  31  0.96
玉熊 1/3 1 1 0 0 0 0 21.60
9 118 32 2 6 2 1 4.06

 

ベンチ入りメンバー

10 畔上(キャ4=日大三)  34 鎌倉(法1=日本文理)  35 川口(人1=横浜) 
 11  青木勇(法4=智弁和歌山)   1  若林(営4=桐蔭学園)   6  蔵桝(営4=広陵) 
 13  菅野(キャ1=小高工)  2  皆川(キャ4=西武台千葉) 7  田中(法4=愛工大名電)
16 玉熊(法3=北海) 3  金藤大(キャ3=西武台千葉) 25 菊池(人3=桐蔭学園)
17 熊谷(キャ2=平塚学園) 4 柴田(文3=東邦) 28 中川(経3=法政二)
18  浅野(法4=中京大中京) 8  佐藤竜(法4=作新学院) 29  清水二(法2=中京大中京)
19  川名(営4=安房) 9  金子凌(キャ3=日大三) 39  大西千(営1=阪南大)
27 森川(営3=桐蔭学園) 24  森(キャ2=日大三)    
32 中村(営1=多良木) 26  水谷(営2=大阪桐蔭)    

 

リーグ戦結果(10/10現在)

 慶大明大早大法大立大東大試合勝点勝率
――      ○●○   ○●○   ○○   8  .750 
  ―― ○○    ●○○   ○  6 5 1 2 .833
   ●●  ――    ○○   ○○  6 4 2 2 .667
 ●○●      ――  ○   ●○○  7 4 3 1 .571
 ●● 

○●● 

 ●●   ●  ――   9 2 7  0  .222
 ●●   ●   ●●   ○●●    ―― 8 1 7 0 .185
 

戦評

 悔しさを味わった慶大戦から約2週間。王座奪還のためには、残る3カードを全勝していくことが望まれる。その初戦。先発は慶大2回戦で完投勝利を収めたルーキーの菅野。カード初戦である1回戦に1年生が登板するのは、今春の東大戦以来だ。「1勝したことによって自信がついている。勢いでいってもらいたい(青木久典監督)」という期待を込めての起用だった。その菅野は初回を3人で終えるも、2回1死から5番田中和基に中越え本塁打を浴び、1点を先制されてしまう。

 打線は1点ビハインドの4回、復調の畔上翔(キャ4)、金子凌也(キャ3)の連打で1死二、三塁のチャンスをつくると、前進守備を敷いた立大内野陣が立て続けに失策。幸運な形で逆転に成功する。その後も森川大樹(営3)の犠飛、さらに菅野が右中間を深々と破る適時三塁打を放ち、この回4点を奪い逆転。5回もその勢いは止まらない。先頭打者の振り逃げからつながったチャンスに、今日スタメン復帰の佐藤竜一郎(法4)が右翼フェンス直撃の適時三塁打。続く大西千洋(営1)、森川も連続適時打で続き、またも4得点を挙げる猛攻を見せた。波に乗れない立大のミスを逃さず得点に結び付け、立大先発・澤田圭佑を降板に追い込んだ。

 大量リードを得た菅野はテンポよくアウトを積み重ね、指揮官の起用に応える投球を見せる。5回には6番田中健が打ち上げたファウルフライを、女房役の森川が三塁側カメラ席前で好捕し、ルーキーの背中を押す。8回を投げ終えた時点で被安打はわずか2。その裏の攻撃では、途中出場の清水雄二(法2)、畔上の長打でダメ押しの1点を演出した。

 8点リードで迎えた最終回も2死。菅野の2戦連続の完投勝利目前で、青木監督は今季不調に苦しむ玉熊将一(法3)を送り出す。打席には、2回にソロ本塁打を放っている5番田中和。その初球を強打、一二塁間を抜けるかと思われた打球に対し、この回から一塁に入った菊池新大(人3)がダイビングキャッチ。リーグ戦初出場ながらも、気迫のあるプレーで同級生をアシストした。青木監督は「まだまだ」と評しながらも「いい顔で投げていた」と、3年生右腕の復活を見据えていた。

 負けの許されない連戦の初戦にまずは1勝。依然として厳しい戦いは続くが、頂点へと一歩ずつ前へ進む。(伊藤華子)

 

クローズアップ

佐藤竜一郎(けがから復帰の副将 あふれる勝利への強い思い)

 3年春から不動のレギュラーに君臨してきた佐藤竜。だが勝ち点を懸けた第3週の慶大3回戦、いつもの遊撃のポジションにその姿はなかった。前日の2回戦、最後の打者の痛烈なライナーを捕球した際に右中指を負傷。ベンチから戦況を見守った試合でチームは敗れ、勝ち点を落としてしまった。

 チームと共に、ここまでは自身も苦しい戦いを余儀なくされてきた。開幕前に左手首を痛め、満足のいく練習をこなすことのできぬまま迎えた秋季リーグ戦。3季連続3割を記録してきた佐藤竜のシュアな打撃は影を潜めた。打率も1割台と、「らしくない」数字だけが残った。

 今春は3番に座り打率3割台をマーク。守備でも失策はわずかに1つと、4季ぶりのAクラスに大きく貢献した。攻守の要として。またチームの柱として、主将の畔上、同じく副将を務める若林晃弘(営4)と共にチームを引っ張る立場の佐藤竜。「自分が打てなくても、チームが勝てば良いと思えるようになってきた」と語るように、チームへの思いは人一倍だ。

 この日は2安打2打点と、本来の調子を取り戻しつつある。「コンパクトに、欲を捨てて」と言いながらも第3打席にはあわや本塁打かというフェンス直撃の適時打を放つなど、持ち前の鋭いスイングがよみがえってきた。今季は6番に座る佐藤竜。走者がたまった場面での打席が増えることが予想され、その打撃が勝敗を大きく左右するだろう。自身最後のリーグ戦となる今季。度重なるけがを乗り越えた男が「勝利のため」に、グラウンドに立つ。(石川大悟)


satoh2

 

監督・選手コメント

青木久典 監督

―試合を振り返って
菅野が慶大戦に引き続き、よく試合をつくってくれました。打者にも良い結果をもたらしたんじゃないかなと思います。

―菅野投手をカード頭に起用しました
投手陣の中でも状態が一番良いですし、安定しています。1勝したことによって自信が付いている時だと思うので、勢いでいってもらいたいということで起用しました。

―完投目前の9回2死の場面で玉熊投手にスイッチされましたが
東大、慶大戦で打たれたりしたところで、自信を少しなくしているような感じだったので。神宮の雰囲気だったりいろんなものを味わってもらいたいという思いで投げさせました。本当は回の頭からいきたかったんですけど、まだまだですね。ただ、いい顔で投げていましたし、打者に向かっていく姿勢は出ています。

―相手のミス絡みではありましたが2度のビッグイニングがありました
1点先制されてしまったことによって、少し固くなっているところはありましたが、内容はどうあれああやって点が取れたことによって、だいぶ力が抜けて本来の打撃ができていたと思います。

―先の試合で本塁打を放った畔上選手が調子を上げていますね
だいぶ彼本来の打撃をつかんできてくれています。良かったと思います。彼が打つとベンチの士気も上がりますし、彼自身もリーダーシップをより発揮してくれます。チームとしても良い形だと思います。練習を見ていても状態は良いですね。

―本日は菊池選手など数名の野手を入れ替えられましたが
皆さんがなかなか名前を聞かない選手なのかもしれませんが、非常に守備も良いですし努力している人間です。この試合に関しては、柴田がストップ気味だったので守備で使ってみました。良いプレーをしていましたね。

―明日の試合へ向けて
一戦必勝でやっていますし、明日もしっかり勝ち星を挙げて勝ち点1を取りたいと思っています。

 

 畔上翔 主将

―大きく点差を開くことができました
つないで取れた点なので良かったです。

―慶大戦後は悔しさをあらわにする選手もいましたが、立て直すことはできたのでしょうか
あの悔しさがあるので切り替える必要はないと言いました。悔しさがあったから、今日はこういう試合になったんだと思います。

―3安打という内容について
自分が打てばチャンスが広がるという思いでやっているので、良かったです。

―ここまで毎試合安打を記録しています
特別な意識はないですけど、しっかり自分のスイングができています。

―同点のホームを踏みました
二ゴロでしたが、ゴロゴ―のサインが出ていました。

―明日に向けて
もう負けられないので、勝つだけです。

 

 佐藤竜一郎 副将

―今季初めて1回戦に勝利しましたが
菅野がリズムをつくってくれました。投手は3点以内に抑え、打者は5点以上取ろうというのが毎回のテーマだったので、それができて良かったです。

―慶大戦で勝ち点を落としましたが、チーム全体でどのように立て直しをしましたか
投手が打たれて落としてしまったカードではありましたが、投手陣は練習していましたし、野手陣で打ち勝たないといけないので調整しました。

―本日は2安打でしたが調子はいかがですか
開幕前に左手首を痛め、慶大戦でも右中指を痛めたりとけがが重なってしまいました。練習量が足りていないので、調子の良しあしは分からないですけど、やるべきことをしっかりやって大きいのを狙わず、コンパクトにつなげていこうと欲を出さないようにしています。

―2、3打席目はチャンスの打席でしたが、どのような気持ちで打席に立ちましたが
どちらの打席も前の打者の柴田がが凡退して「頼みました」と言われていたので、しっかり点を取らなければいけないと思って集中して打席に入りました。

―菅野投手の印象は
淡々と投げていて、自分のボールをしっかり投げられていました。丁寧に、欲を出さずにしっかりと打者を打ち取っていて、バックを信頼して投げていたのが伝わってきました。1年生でもあるので、声を掛けて守備で引っ張っていって、支えてあげたいなという強い気持ちになりました。

―立大先発のの澤田圭投手の印象は
澤田が1戦目にくるのはある程度予想していました。良い投手なので甘い球は少ないですけど、その甘い球をしっかり仕留めるようにするということを練習から意識してやっていたので、それができて良かったです。

―本日は打線がつながりましたが
相手のミスもあったのであまりそういう印象ではないです。今日の良い打球を自分のモチベーションにして、明日は1点を争うようなゲームになると思うのでうまく切り替えていきたいです。

―今季はけがもあって調子が上がらない中プレーされていると思いますが、今季のご自身についてどう思いますか
けがをして、東大戦、慶大戦となかなか結果が出ない時でも副将として「自分が打てなくてもチームが勝てれば良い」と思えるようになってきたので、そういう気持ちの面の成長を感じています。自分が打って勝てればよりいいですけど、まずはチームの勝利のために貢献したいと思っています。

―スタメンはいつ告げられましたか
朝、試合が始まる前です。

―明日への意気込み
負けられないですし、接戦になると思うので、ワンチャンスを生かすために自分の打撃を見つめ直してやっていきと思います。

 

 金子凌也 内野手

―試合を振り返って
菅野がよく投げてくれました。早めに打者が点を取れたので、良い試合運びになったんじゃないかなと思います。

―2打席連続で二塁打を放たれましたが  
たまたまです。

―狙い球はありましたか
いや、あまり考えてはいませんでした。とりあえず打ってやろうという気持ちでやっていました。

―打った球種は
(第2打席の)ライトに打ったのがチェンジアップで、(第3打席の)レフトに打ったのが真っすぐだと思います。

―立大投手陣の印象は
澤田投手は真っすぐも走っていて、変化球も良いところに決まっていました。1打席に1球くらいしか甘い球がこないと思って、そういう球を仕留めようという気持ちで打席に立ちました。

―ご自身が目標に掲げられる勝負強い打撃ができていたように見えましたが
5回以降の打席で打てていないですし、走者が2塁にいる得点圏で一本を出せなかったので、明日からはそこでも打てたらなと思います。

―空き週に取り組まれたことは
畔上さんにアドバイスをいただいたので、そのことを取り組みました。

―慶大戦を終えて、チームではどのようなお話がありましたが
もう負けられないので、あと全勝で突っ走ろうという話はしました。

―次戦に向けて意気込み
もう落とせないので、明日勝ってしっかり勝ち点を取りたいと思います。

 

 菊池新大 外野手

―初めてのリーグ戦出場となりました
リーグ戦が始まる前まではメンバーに入っていたんですけど、練習中に自分のミスもあってメンバーから外れてしまって。今回また入ることができてうれしかったですし、活躍しなきゃいけないなと思いました。

―神宮のグラウンドはいかがでしたか
新人戦に比べて観客も多いですし、応援もあってすごかったです。

―外野手登録ではありますが今日は一塁手での出場でした
外野も内野も両方やっています。高校時代から今のように外野も一塁もやっていました。内野は早い打球が多いですし、一塁は打者と距離が近いのでそこに難しさを感じます。

―お手本にしている選手などは
高校のときからの先輩の若林さんは守備もうまいし、打撃も良いですし、走攻守そろっていてすごいですね。

―その若林選手の隣を守りました
高校のときは守ったことがなかったので、うれしい気持ちが大きかったです。捕手も(高校が同じの)森川でしたし、桐蔭学園出身の3人で守れてうれしいです。

―ご自身のファインプレーで試合を締めました
あれは飛び込むしかないなと思ってグローブを出したらボールが入ったので、取れて良かったです。

―先週の空き週で取り組んだことは
これといったことはないですが、練習はAチームに入って練習していたのでいつでもいける準備はできてました。

―ご自身の中で重点的に取り組んでいることは
やっぱり守備を求められていると思うので、ミスなくやろうという気持ちがあります。打撃も良くなればいいですけど、今は守備固めで出ることが多いので信頼されるようなプレーをしたいです。

―今季初のカード初戦の白星となりましたが、チームの雰囲気は
5回に4点入ったときもすごく雰囲気は良かったですし、こういう雰囲気でやれば勝てるのかなと思いました。

―明日に向けて
連勝で勝ち点を取ることが一番だと思うので、しっかり準備していきたいです。

 

 森川大樹 捕手

―試合を振り返って
僕たちは6連勝しないと優勝が厳しいので、1戦目を勝てて良かったです。いいゲームができました。

―慶大戦で勝ち点を落としてしまってからバッテリー間で話し合ったことは
点を取ってもらっていたのに、 慶大戦ではバッテリーが足を引っ張ってしまいました。今日は先制はされてしまったのですが、その後菅野がしっかり立ち直ってよく投げてくれたと思います。

―その菅野投手は1年生ながら9回途中までを2安打に抑える好投でした
いろいろな球種も投げれますし、コントロールも良くていい投手だと思います。

―同じくバッテリーを組んだ慶大戦2回戦では攻めの配球を心掛けたとおっしゃっていましたが、本日はいかがでしたか
今日は前ほど配球を攻めたわけではないのですが、逃げずに相手に向かってリードしていくという意識はいつもしています。

―5回には適時二塁打を放ちました
みんな打っていたので、自分もその流れに乗っただけです。自分としては犠飛で走者を返した4回の打席の方がうれしかったです。

―犠飛は狙っていたのですか
そうですね。最低でも犠飛を打って、4点目を入れたいと思っていました。

―打撃が好調な要因は何だと思われますか
投手を助けたい一心でいつも打席に立っています。自分は8番打者で楽に打たせてもらっているので、走者が塁にいるときには絶対に返そうという意識をしています。

―明日への意意気込み
2連勝で勝ち点を取らないと優勝が厳しくなるので、絶対に明日も勝ちたいと思います。

 

 清水雄二 外野手

―試合を振り返って
好調の蔵桝さんの代わりに自分が出るということだったので、しっかり自分の仕事をやろうと思いました。

―前カードの敗戦から今日までの2週間でチームはどのように気持ちを切り替えましたか
慶応戦は力負けというか、チームで負けたという感じでした。2週間でチーム力を上げて今日は投手も踏ん張ってくれましたし、打線もみんな打っていってくれたので、楽に勝てたと思います。

―今季初打席が初安打となりました
1本目はラッキーだったんですけど(笑)(※三塁へのゴロが高く弾んだ内野安打)、2本目は狙っていたボールを振り抜けたので、会心かなと思います。

―1打席目の後には盗塁も成功させました
自分の本職は盗塁や守備のほうなので、そっちでは自信を持ってやっています。

―今日は20歳のお誕生日ということですが
ベンチに帰ったらみんな喜んでくれていましたし、うれしかったです(笑)。

―外野手には良い選手がたくさんいらっしゃいますが、その中でどのようにアピールしていきたいですか
大西は本当に良い選手で、プロに行けるくらいの実力を持っていると思います。今年はその大西、畔上さん、蔵桝さんらと良い選手がたくさんいるので、来年に向けて少しでも試合に出て、来年はレギュラーを取れるようにやっていきたいと思います。

―カード初戦を勝利したのは今季初めてですが、チームの雰囲気は
今日は走塁ミスやサインミスなど少し課題もあったので、そこを改善していけば明日も良い雰囲気で勝てると思います。頑張っていきたいです。

―明日への意気込みを
明日も出場機会をもらえるかは分からないですが、出場したら自分の役割をこなしてチームに貢献できるように頑張ります。

 

 大西千洋 外野手

―試合を振り返って
先発が同じ1年生の菅野だったので、守備でも打撃でも頑張ろうと思いました。

―以前「菅野が投げてるときに打ちたい」とおっしゃっていましたが、2安打の活躍でした
今日は打てて良かったです。

―澤田圭投手の印象は
球持ちが良くて、さすがだなと思いました。

―7回に出塁した際の盗塁について
「行けたら行け」というサインでした。

―盗塁の意識は
走れたら常に走りたいと思っています。

―打撃で意識していることは
今日の試合途中に柴田さんに「(体が)前に突っ込んでるから軸で回転しろ」ということを言われたので、それを意識して打ちました。

―優勝に向け負けられない試合が続きますが
全力で頑張ります。

 

 菅野秀哉 投手

―特に良かった球は
ストレートがコースに決まっていたので良かったです。

―球速にこだわりはありますか
ありますけど、あまり出ないのでキレで勝負していきたいです。

―参考にしてきた投手はいらっしゃいますか
ダルビッシュ有選手(現テキサス・レンジャーズ)とかですね。いろんな投手の動画を見ています。

―通算で目標としている勝利数などはありますか
よく考えたことはないですが、一つ一つしっかり勝てたら良いなと思います。

―高校時代にしのぎを削った大和田啓亮(日大)投手などは気になりますか
あまり連絡は取らないですが、やはり同じ福島県民なので気になります。

―福島に頑張っている姿をこれからも見せていきたいですね
東北に勇気を与えられるような投球をしていきたいです。

 

フォトギャラリー

  • kanno2戦連続で好投を見せた菅野
  • kaneko長打2本と存在感を示した金子凌
  • morikawa森川は走者を確実に返す打撃
  • satohけがから復帰し2打点と活躍した佐藤竜
  • ohnishi大西千は2安打に加え2盗塁と俊足を披露
  • shimizu途中出場ながら2安打を放った清水二
  • azegami開幕から全試合安打を放ち好調ぶりがうかがえる畔上
  • kikuchiリーグ戦初出場の菊池は好守備で貢献した
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み