硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大展望

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大戦
2015年10月24日(土)~
神宮球場

いよいよ最終戦を迎える法大。慶大、早大との激しい優勝争いから一歩抜け出した明大は、このカードで勝ち点を挙げれば2季ぶりの優勝を決める。目前の胴上げ阻止へ、そして引退を迎える4年を勝利で送り出すためにも、最後の意地を見せる戦いだ。

uehara
上原はドラフト1位指名を受けた大型左腕

展望

 秋季リーグ戦、ラストカードに激突する明大は、宿命のライバルにして現在単独首位の強敵。明大はすでに勝ち点4を獲得しており「完全優勝」を懸けた大一番だ。優勝に大手をかけた勢いを止めることができるだろうか。そして4年生は「HOSEI」を背負う最後の試合となる。引退の花道を勝利で飾りたいところだ。

 先発は熊谷拓也(キャ2)と菅野秀哉(キャ1)が有力。苦しいシーズンとなっている熊谷は、早い回での降板が目立つ。今季の悔しさを、最後のマウンドでぶつけてほしいところだ。菅野は緩急を生かした投球を見せる。初先発を完投勝利で飾る鮮烈デビューを果たしたルーキーだが、ここ最近はやや数字を落としている。今季は3回戦へ持ち込むことが多かっただけに、投手陣の疲労も心配される。絶対的リリーバーを欠くだけに、早い回から球数を消費しない投球が求められる。

 これに対する明大打撃陣はリーグ通算安打記録を更新した髙山俊が、前週の慶大2回戦で負傷し戦線離脱。それでも同3回戦では10安打4点で勝利するなど、選手層の厚さが光る。四死球による出塁は他チームに大きく差をつける57と、常に塁上をにぎわせる切れ目のない打線を形成している。選球眼の鋭い竹村春樹や4番に座る菅野剛士、パンチ力のある佐野恵太らは脅威だ。髙山の抜けたセンターにも粘り強い打撃が持ち味の小倉貴大が入る。

 先発を務めるのは柳裕也、上原健太の2枚看板。柳は持ち前の制球力を武器に、奪った三振はリーグ断トツの54。中1日の登板となった慶大3回戦でも9回途中までを4安打に抑えるなど、スタミナも十分だ。22日のドラフト会議で1位指名を受けた上原は、140キロ中盤の速球と多彩な変化球が持ち味。リリーフ陣の成績も安定しており、チーム防御率は2.25とリーグトップ。ロースコアの展開は避けられないだろう。

 序盤から点を稼ぎたい法大。チーム打率.269は明大のそれを上回り、打率トップ10のうち4選手が法大打撃陣。課題は打線のつながりだ。今季11試合全てで安打を放っている畔上翔(キャ4)や、若林晃弘(営4)、大西千洋(営1)ら好調を維持する選手は数多い。打順の組み換えも含めた青木久典監督の采配にも注目だ。

 投打がかみ合わず苦しいシーズンを送っているこの秋。Bクラスが確定した今、「4年生がやってあげられることは、法政大学野球部の次につながるような試合をすること」(佐藤竜一郎(法4))。今季の締めくくりに法大野球を体現してほしい。来たる世紀へ、最高のスタートダッシュを切るために。(伊藤華子)

 

予想オーダー

明大

打順  位置  選手(学年=出身校)    率  本  点 
  1   (6)  吉田大(3=佼成学園)  .242 
  2   (7)  東原(4=日大三)  .250 
  3   (4)  竹村(2=浦和学院)  .286 
  4   (9)  菅野(4=東海大相模)  .250 
  5   (3)  佐野恵(3=広陵)  .278 
  6   (5)  渡辺(1=横浜)  .136 
  7   (2)  坂本(4=履正社)  .241 
  8   (1)  柳(3=横浜)  .286 
  9   (8)  小倉(4=関西)  .273 
           

 

法大

打順  位置  選手(学年=出身校)    率  本  点 
  1   (8)  大西千(1=阪南大)  .324 
  2   (5)  皆川(4=西武台千葉)  .231 
  3   (4)  若林(4=桐蔭学園)  .313 
  4   (9)  畔上(4=日大三)  .395 
  5   (3)  金子凌(3=日大三)  .250 
  6   (7)  蔵桝(4=広陵)  .308 
  7   (6)  佐藤竜(4=作新学院)  .200 
  8   (2)  森川(3=桐蔭学園)  .286 
  9   (1)  菅野(1=小高工)  .273 
           

 

 

主な投手陣

明大

選手(学年=出身校)  試  勝  敗  回  振  防 
柳(3=横浜)   6  4  1 42  54  2.36 
上原(4=広陵)   6  2  0 31 2/3  27  1.42 
齊藤(2=桐蔭学園)   5  1  0 6 1/3   5 4.26 
星(3=宇都宮工)   5  0  1 7 1/3   9 3.68 
水野(2=静岡)   2  1  0  4  3 2.25 
島田(3=佼成学園)   1  0  0 0 2/3   0 0.00 
             

 

法大

選手(学年=出身校)  試  勝  敗  回  振  防 
菅野(1=小高工)   5  2  2 30  26  3.30 
熊谷(2=平塚学園)   8  1  4 30 2/3  16  4.70 
青木勇(4=智辯和歌山)   8  0  0 13 2/3   9 3.95 
玉熊(3=北海)   7  0  1 9 1/3   7 9.64 
浅野(4=中京大中京)   5  1  0  8 10  4.50 
川名(4=安房)   2  0  0 1 1/3   1 0.00 
藤森(2=西武台千葉)   1  0  0 1 1/3   0 6.75 
谷川(3=高松商)   1  0  0 1 2/3   1 10.80 
上條(1=市立川越)   1  0  0  0  0  ---
             

 

※記録はいずれも10/19現在の成績です

 

 

フォトギャラリー

  • uehara上原はドラフト1位指名を受けた大型左腕
  • sakamoto主将としてチームをリードする坂本
  • yanagi1戦目の先発が予想される柳
  • hoshi速球が武器の星がブルペンに控える
  • sugano不動の4番に座る菅野
  • sanoパンチ力が魅力の佐野恵
  • takemuraレギュラーに定着し、小技もこなす竹村
  • oguraけがの髙山に代わりセンターでの起用が予想される小倉
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み