硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 1・2年生コメント

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大3回戦
2015年10月26日(月)
神宮球場

春季2位という好成績から一転、今季は5位に沈み無念のシーズンとなってしまった。しかし、最終戦の勝利は必ずや来季につながるものになったことだろう。激闘を終えた選手たちにお話を伺った。

kumagai
熊谷拓也 #17

選手コメント

熊谷拓也 投手

―最終戦を振り返って
4年生と共にプレーできるのも最後で、監督からは「後からいくぞ」と言われていたので、それで気持ちはつくっていました。緊迫した場面での登板でしたが、自分だけの力ではなくチーム全体の力が勝利につながったと思います。こういう野球ができるということを自信にして、この冬や来季へつなげたいです。

―宿敵明大から勝ち点を挙げることができました
相手投手も途中から柳さんが投げてきましたが、絶対に負けられない試合でした。自分のせいで何試合も負けてきたので、最高の形とは言えないですが最後に良い形で4年生を送り出したかったので、それができて良かったです。

―今季を振り返って
4年生に申し訳ない気持ちしかないです。自分の実力不足と、実力を発揮できない気持ちの弱さが出てしまいました。そういう面で課題が出たシーズンだったと思います。

―今季を通しての収穫や課題は
ここぞという時の投球ができず、向かっていく気持ちが小さかったです。技術うんぬんではないと思いますが、そこが課題です。

―引退される4年生との思い出
変な上下関係もなく常に良い意味で仲良くさせてもらって、すごく感謝しています。4年生と一緒に優勝したかったんですが、自分の実力不足です。

―4年生に向けて一言
本当に感謝の気持ちしかないです。ありがとうございました。

―来季は真のエースとしての役割が期待されると予想されますが
そういう自覚を持ってこの冬を過ごし、どう自分が成長できるかを考えてこの冬死に物狂いで練習します。春は必ず優勝します。

―来年に向けて意気込み
一回り、二回り大きくなってまた帰ってきます。

―ファンの方々に一言
ファンの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。どんな試合展開のときでも、毎試合応援してくださってありがとうございました。来季はもっと楽しませる試合をしていきたいです。

 

清水雄二 外野手

―試合を振り返って
4年生が最後だったので、絶対に勝つということだけを考えてやっていました。打席にもそういう気持ちで入りました。勝てて良かったです。

―宿敵明大から勝ち点を挙げることができました
明大にはどうしても負けられないという思いが自分たちにはあります。最後に4年生の意地を見せてもらったので、これを来年につなげていきたいと思います。

―今季を振り返って
今季は途中出場の起用が多かったんですが、その中でも結果を出すことができたと思います。来年はスタメンで出れるように、この冬練習していきたいと思います。

―今季を通して得られた収穫や課題は
今季は打撃が好調だったので、これを維持してまた来年につなげていきたいです。守備ももう少しレベルアップして、さらに良い成績を残したいと思います。

―引退する4年生との思い出
4年生には本当に良くしてもらいました。1年生の頃から1年生と3年生という感じの関係ではなくて、本当に仲良くしていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。いなくなるのは寂しいですが、来年からは自分たちが上級生となるので、しっかりやっていきたいと思います。

―4年生に向けて一言
4年間お疲れさまでした。これから社会人で野球を続けられる方も多いと思うので、頑張ってください、ということを伝えたいです。

―来年に向けて意気込み
今年は5位で終わってしまったので、来年は優勝できるようにしたいです。

―ファンの方々に向けて一言
今季も多くのファンの方々が応援に来てくださって、自分たちのモチベーションにもつながりました。来年も法大をよろしくお願いします。

 

大西千洋 外野手

―最終戦は劇的な試合となりました
自分としてはチームに貢献できなかったので悔しいですけど、こういう素晴らしい試合でグラウンドに立てたことがとてもうれしかったです。

―どんなお気持ちで試合に臨みましたか
何が何でも勝ちたかったです。

―今季を振り返って
初めてスタメンで使ってもらって、とても良い経験ができました。その中でいろいろな課題が出てきたので、そういうところをつぶしていってもっと活躍できるように頑張りたいです。

―引退される4年生にメッセージを
最後とても素晴らしい試合でした。特に部屋長である(田中)彪さんにはとてもお世話になりました。代わりに試合に出させてもらっても「頑張れ、頑張れ」と言ってくれて。きょうの試合前もその言葉を掛けてくださり、いつも本当に心強かったです。

―来季に向けて
もっと安定した守備ができるようになって、もっと打てる選手になりたいです。

 

菅野秀哉 投手

―今の率直なお気持ちは
勝てたので本当に良かったです。

―血の法明戦にふさわしい試合となりました
途中失点してしまって申し訳ないという気持ちです。

―今季を振り返って
何度も登板させていただいて、いい経験ができました。

―4年生に伝えたいこと
いい経験ができたので、本当に感謝しています。

―特に感謝を伝えたい先輩はいますか
お世話になったので部屋長の青木(勇人)さんです。

―来季以降どんなチームにしたいですか
しっかり勝って、優勝できるチームにしていきたいと思っています。

 

フォトギャラリー

  • kumagai熊谷拓也 #17
  • shimizu清水雄二 #29
  • ohnishi大西千洋 #39
  • kanno菅野秀哉 #13
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

sigatugou R

定期購読の申込み