硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 3年生コメント①

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大3回戦
2015年10月26日(月)
神宮球場

春季2位という好成績から一転、今季は5位に沈み無念のシーズンとなってしまった。しかし、最終戦の勝利は必ずや来季につながるものになったことだろう。激闘を終えた選手たちにお話を伺った。

kaneko
金子凌也 #9

選手コメント

金子凌也

―今季を振り返って
結果としては5位と不甲斐ない成績でした。最後のような試合を毎試合できれば良かったんですけど、なかなかできないシーズンでした。でも、今年のチームから良いところをいろいろ学んだので、来年はチームとしてもう一段階上にいけるように生かしていけたらなと思います。

―勝利という形で締めくくることができました
優勝がなくなった時点で「明大戦を勝ちで締めよう」という雰囲気になりましたし、そういう話もありました。何としても勝って、年生と有終の美を飾ることを試合前から目標としていたので、勝てて良かったです。

―引退される4年生はどのような存在でしたか
技術もそうなんですけど、練習に対する姿勢などでもチームとして引っ張っていただいて、たくさん学ぶ点がありました。すごく尊敬できる存在でした。

―来季の目標は
チームの優勝です。

―来年は最上級生となります
4年生が築き上げてきての今年があったと思うのでそれを継承しつつ、自分の代の色を出して、法政の黄金時代をつくれたらなと思います。

 

柴田圭輝

―試合を振り返って
4年生が意地を見せてくれて、3年生以下に良いものを残してくれました。

―宿敵明大から勝ち点を挙げることができました
きょうはどちらにしても最後の試合だったので、何が何でも勝ちたいというのはありました。

―今季を振り返って
今季は全然だめでした。まったくチームに貢献できなかったです。

―今季を通して得られた収穫や課題は
収穫はけがをせずにシーズンを終えられたことくらいです。課題は打撃の確実性であったり、ここぞというときの1本が出ていればチームも勝てたのかなと思います。

―引退される4年生との思い出
自分は整列のときから泣いてしまって。本当に4年生は良い方ばかりだったので、寂しい気持ちや一緒に優勝したかったという思いがあります。来年こそは優勝して、今の4年生に「優勝しました」と報告したいです。

―4年生に向けて一言
ありがとうございました。

―来年は最上級生として、チームを引っ張る立場になります
来年こそは自分がチームを引っ張れるように頑張ります。

―来年に向けて意気込み
最上級生ということもあるので、自分のことだけではなく後輩や周りを見ながら、自分も結果を出せるように頑張ります。

―ファンの方々に向けて一言
来年こそは優勝します。

 

金藤大喜

―劇的な試合でしたね
そうですね。なにせ、明治には負けられないとチームみんなが思っていたので、うれしかったですね。

―決着の延長13回はベンチの雰囲気も最高潮でした
自分の中で「ここかな」というフィーリングはありました。先頭打者の畔上さんは中心になっていつも引っ張ってくれていたので、この人が塁に出たら(流れが)来るだろうなというのは感じていました。勝つのも負けるのもこの回だな、というのはありました。

―自身は「声」でチームを引っ張り続けました
(この1年は)打率も4割残っていますし個人的には良かったのかなと思いますけど、この秋5位で終わってしまったのが一番の心残りです。冬は練習して来年優勝できるように頑張りたいと思います。

―今季最も印象に残っている試合は
きょうですよね。きょうの試合で初めて「法政の野球部に入ってよかったな」と思いました。一番いい試合はきょうだと思います。

―そのように感じた理由は
試合が終わってあいさつをしに行ったときに、サポートしてくださった4年生やファンの方たちがみんな手を振ってくれたりしてくれているのを見て、「この野球部に入ってよかったな」と思いました。試合が終わってからもずっと一人で泣いていました。自分自身も一般就職とかで、来年はたぶんベンチに入れるか入れないかは分からない状況なので、(この試合が)最後の気持ちでやっていました。集大成でこういう終わり方ができて良かったと思います。

―畔上主将も涙をこぼしていました
一番責任感が強い方なので、僕たち以上に周りからのプレッシャーも大きかったと思います。自身も首位打者がかかっていたり、ドラフトのことであったりいろいろあったと思いますが、最後にすべてがうまくいったので本当に良かったと思います。

―最後のミーティングではどのような話があったのでしょうか
畔上さんから「練習したやつが勝つ。結局どんな選手であろうが、練習したやつが最後は勝つよ」という話が下級生にあったので、改めて練習は大切だなということは思いました。

―後輩として見た4年生の姿というものは
リーグ戦最初はどうなるかというのはありました。チームがどうまとまるか、ということについてです。悪く言えば個性が強いチームでした。でも最後の最後でみんながまとまって、4年生みんなが泣いている姿を見て、本当にたくましいというか、人間的に素晴らしいです。

―受け継いでいきたいものは
歴代の試合もそうですけど、今年の4年生を見ていて特に思ったのは、法政というチームはここまで泥臭くて粘り強いんだなということを感じました。僕自身も試合中「うわあ、すごい」と思ってずっと一人で身震いしていましたし、こういう人たちと一緒にやっているんだと思っていました。「勝ちにどん欲に、執念深く」というのが僕の好きな言葉なんですけど、来年も泥臭く、執念深くなっていけるチームになりたいなと思いますね。

―4年生に何かメッセージはありますか
「ありがとう」と言ったら一言で終わってしまうんですけど、特に僕の場合はキャラクターがキャラクターなので、自分がプレーとか失敗したら落ち込むことも結構ありました。そういうときも4年生の方々が気さくに声を掛けてくださって、絡んでくれたり励ましてくれたりしました。「ありがとう」だけでは言い表せないですが、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

フォトギャラリー

  • kaneko金子凌也 #9
  • shibata柴田圭輝 #4
  • kanetoh金藤大喜 #3
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み