硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 3年生コメント②

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大3回戦
2015年10月26日(月)
神宮球場

春季2位という好成績から一転、今季は5位に沈み無念のシーズンとなってしまった。しかし、最終戦の勝利は必ずや来季につながるものになったことだろう。激闘を終えた選手たちにお話を伺った。

tamakuma
玉熊将一 #16

選手コメント

玉熊将一 投手

―2回戦に続いての先発でした
きのうは調子が悪い中なんとか0に抑えられたので、きょうも0に抑えてチームに貢献したいなと思いました。

―今季を振り返って
最初は点を取られたりなかなかうまくいかなくて、チームに申し訳ない気持ちでした。練習をしっかりやって最後に結果が出たのは良かったと思います。チームとしては5位という結果でとても悔しいんですけど、最後に勝てたので来季につながると思います。

―4年生とは最後の試合でしたが、4年生はどのような存在でしたか
本当に頼りになるというか、いつも4年生が引っ張っていってくれました。4年生が抜けるのは寂しいですけど、今度は自分たちが頑張らなきゃいけないと思いました。

―来季は最上級生となります
4年生が本当に良いものを残してくれたので、そこをしっかり吸収してもっと良いチームになれるよう、自分たちがしっかりやりたいと思います。

 

森川大樹 捕手

―試合を振り返って
最後は勝って終わりたくて、必死にやりました。

―宿敵明大から勝ち点を挙げることができました
僕たちが入ってから3年生になるまでずっと勝ち点を取られ続けていたので。宿敵とも言われていますし、何とか勝ち点を挙げたいなと思っていました。

―今季を振り返って
最初に東大に負けてから僕に出番が回ってきて、準備をしっかりしていくことが大事だなと思いました。リード面のところでもっとしっかり反省・勉強して、来年につなげられるようにしたいです。

―今季は投手陣が苦しい状況の中でのリードになったと思いますが
ほとんどが悔しいことしかなかったんですが、最後は玉熊、菅野、熊谷がよく投げてくれて、来年に向けて少し兆しが見えたと思います。本当に4年生には、バッテリーが崩れてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。

―今季得られた収穫や課題は
きょう見ていても坂本(誠志郎)さんは落ち着きがあって、みんながついていくような感じがありました。僕も同じ捕手でもありますし、そういうところはしっかり見習いたいです。難しいことですが、チームに信頼されるような選手になっていきたいです。来年は最上級生という自覚を持って、しっかりやっていきたいなと思います。

―引退される4年生との思い出
特に高校の先輩でもある若林さんとは5年間一緒に野球をやってきたので、寂しい気持ちがあります。(共に戦う)最後のリーグ戦は試合に出ることができて、若林さんに「成長したな」と言っていただけたことが本当にうれしかったです。来年は優勝して、恩返ししたいと思います。

―4年生に向けてメッセージを
4年間お疲れさまでした。本当に今の4年生が最上級生になってから法大野球部も変わりましたし、チームを強くしてくれました。熱い気持ちを持った4年生の思いをしっかり継承して、もっと実力をつけて来年の春優勝します。3年間ありがとうございました。

―来年は最上級生としてチームを引っ張る立場になりますが
結果は5位でしたが、今季は本当に良い経験をさせていただきました。来年はチームを引っ張らなければいけない立場になります。自分のことはもちろん、チームとしてもきょうみたいに一つになれれば強いんだということが分かったので、この試合を生かして来年は僕がチームを引っ張れるように練習したいと思います。

―来季に向けて意気込み
僕たちから優勝を経験していない代に入ってしまったので、また一からチームをつくり直して優勝します。

―ファンの方々に向けて一言
春秋と優勝することができず、申し訳ありませんでした。また優勝できるような強いチームをつくるために頑張るので、応援よろしくお願いします。

 

フォトギャラリー

  • tamakuma玉熊将一 #16
  • morikawa森川大樹 #27
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み