硬式野球
 

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 第7週 対明大1回戦 主将・河合が攻守で奮闘も、逆転負けで優勝の夢散る...

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大1回戦
2013年10月27日(日)
神宮球場

奇跡の逆転優勝へ絶対に負けられない戦いがつづく法大。ここまで安定感抜群の船本がマウンドに上がり、手堅く勝利を収めたいところ。初回から主将・河合が攻守で大きく存在感を発揮し、中盤まで試合の主導権は握っていたのだが…

201310271
先制2ランを放った河合

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 7 1
明 大 0 0 0 0 0 0 4 1 X 5 9 1

(明大)○山崎、上原‐坂本
(法大)●船本(2勝2敗)、本多、鈴木貴、納富‐木下

[本塁打](法)河合1号2ラン(1回=山崎)

打撃成績

打順位置選手
1 (9) 安慶名 4 1 0
2 (7) 山下 2 2 0
  7 若林 1 0 0
  1 納富 0 0 0
3 (4) 河合 3 1 2
4 (6) 西浦 4 0 0
5 (3) 伊藤諒 4 1 0
6 (2) 木下 2 0 0
  H 柴田 1 0 0
7 (8) 畔上 3 1 0
  H 蔵桝 1 1 0
8 (1) 船本 2 0 0
  1 本多 0 0 0
  1 鈴木貴 0 0 0
  7 鈴木翔 1 0 0
9 (5) 皆川 3 0 0
  H 1 0 0

 

投手成績

  被安打 奪三振 四死球 自責点
船本 6 1/3 6 4 1 0
本多 0 1/3 1 0 1 1
鈴木貴 0 1/3 0 1 0 0
納富 1 2 0 0 1

 

ベンチ入りメンバー

10 河合(法4=中京大中京) 12 柴田(文1=東邦) 27 的場(法4=法政二)
16 本多(法4=法政二) 6 西浦(営4=天理) 28 齊藤秀(文3=北海学園札幌)
17 納富(文4=九州国際大附属) 33 高木(文4=福岡大大濠) 29 安慶名(経3=興南)
18 六信(営4=広島新庄) 3 伊藤諒(キャ3=神港学園) 1 若林(営2=桐蔭学園)
19 船本(営4=桐蔭学園) 7 吉澤(文3=桐蔭学園) 35 山下(人2=済美)
14 鈴木貴(人3=済美) 23 皆川(キャ2=西武台千葉) 37 蔵桝(営2=広陵)
21 石田(営3=広島工) 36 細川(文2=福井工大福井) 38 畔上(キャ2=日大三)
2 木下(人4=高知) 39 嶌(法1=智弁和歌山)
22 中園(法3=いなべ総合学園) 26 鈴木翔(法4=法政二)

 

リーグ戦結果

 明大慶大立大法大早大東大試合勝点勝率
―― ○○ ●○● ○●○ ○○ 11 8 3 3 .727
●● ―― ●○○ △●○○   ○○ 11 6 4 3 .600
○●○ ○●● ―― ○○ ●○● 12 7 5 2 .583
△○●● ●● ―― △○○ ○○ 12 5 5 2 .500
●○●   ○●○ △●● ―― ○○ 11 5 5 2 .500
●● ●● ●● ●● ―― 9 0 9 0 .000

戦評

試合は初回から動く。1番・安慶名舜(経3)が右前安打で出塁すると、2番・山下新(人2)はすかさず送りバントを決め、1死2塁のチャンスで3番・河合完治(法4)を迎える。ここで河合は明大先発・山崎の初球をとらえ、打球はそのままライトスタンドへ。主将の今季1号でいきなり2点を先制する。

しかし初回以降は、再三チャンスを作るものの、明大・山崎から得点を奪う事が出来ない。五回には、山下がベースカバーに入った相手二塁手と交錯しながらもバントヒットで出塁するが、無得点。山下はこの後大事を取って交代する。

一方、大事な初戦を任された先発・船本一樹(営4)はテンポのいい投球でヒットを許しながらも六回まで無失点。五回は死球と二塁打で1死2、3塁とはじめてのピンチを迎えるが、後続を打ち取り無失点。船本らしい粘りの投球を見せる。

そして七回裏、明大・川合の打球を西浦直亨(営4)がファンブルしたところから明大が一気に勢いづく。1死2塁としたところで代打・上西がヒットを打ち、1死1、3塁とすると、9番・大塚が適時打を打ち1点を返され、ここで船本は降板し、本多秀憲(法4)がマウンドにあがる。続く1番・福田は3球目をセンター前に弾き返すが、セカンド河合がファインプレー。ピンチを断ち切れたかに思われた。が、続く打者に死球を与え、2死満塁で3番・糸原を迎える。打球はサード皆川晋(キャ2)の頭上をかすめ、レフト前ヒット。2点を追加され逆転される。ここで本多から鈴木貴也(人3)にスイッチ。しかし3球目に暴投し、2塁走者が一気に生還。明大に4点目が入る。打者は三振に仕留めたが、悔いが残る投球になった。

八回裏、1死から投手の上原にヒットを許すと、2死2塁から、今日途中出場の中原にダメ押しの適時打を打たれ5失点目。この回からマウンドに上がった納富秀平(文4)も悪い流れを止めることができなかった。

法大の打線は最後までつながりのある攻撃ができず、最終回のチャンスも無得点。明大の山崎―上原のリレーの前に、結局初回の河合の2ランだけに終わった。

先制はしたが、その後の攻撃の流れの悪さが守備にも悪影響をもたらし、終盤に逆転を許す後味の悪い試合。得点力の低さを最後まで改善できず、これで法大は今季の優勝を逃した。(畔上 雄太)

試合後の監督・選手のコメント

神長 英一 監督

―初回は良い流れから河合選手の本塁打が飛び出しましたが
ホームランだけだとなかなか勝ちきれないなという典型ですよね。そこで1本が出なくて追加点がなくて、そうこうしているうちに追いつかれて。完全に負け試合だったと思います。

―六回以降なかなかヒットが出ませんでしたが指示などはありましたか
序盤と同じように攻めるボールなどは伝えていましたけど、なかなかヒットにならなかったですね。あの展開で、明治に流れが行って、エラーで失点。一つのエラーで4失点ですから、今季は失策からやられたのかなという気がします。

―船本投手のピッチングについてはいかがでしたか
船本は良く投げたと思いますよ。エラーでそこからつながれてしまったので代えましたけど、もう少し点を取ってあげていたら踏ん張れたのかなと思います。

―リリーフ陣が打たれるかたちになりましたが継投についてはいかがでしたか
(七回、船本が降板した場面は)本当なら納富なんですよ。ただ納富の調子が良くないから、本多で行ったんですけど、ああいう状態で。納富は最後の1イニング行ったら、1点取られるかたちになって、それで決まりかなという感がありました。今日は4年生が打って、4年生が打たれて、ほとんど最後のシーズンの選手なので、あれを見て3年生以下が頑張ってくれたらいいなと思います。

―(負傷交代の)山下選手の様態はいかがですか
山下は明日はちょっと無理だと思います。大城戸も頸椎(けいつい)が悪くて、外したんですけど、故障が最後に来て残念ですけど、いる陣容で頑張ります。

―明日の試合に向けて意気込みをお願いします
春に選手は目の前で胴上げを見ているので、そこだけはなんとか阻止したいなと思います。精神論で選手と話をしていましたので、なんとか勝って、まずは明後日につながるようにしたいです。明日勝たないと、明後日がないので最終戦にしないようにします。

河合 完治 主将

―今日の試合を振り返って
悔しい試合でした。結果的に明治さんの方が点数が多かったので。結果が全てなので5対2というが今の法政と明治の力の差かと思います。

―法大はチャンスは多く作りましたが
明治はしっかり少ないチャンスで点を取っていたので。ここという所でチャンスが生かせなかったですね。

―ミスが失点につながってしまいましたね
本当にこういう試合というのは、したくてしてるわけではないですけど、ミスというのは出てしまっているので。土壇場とか大一番で、プレッシャーの中でも平常心でプレーができるようなチームにしていかなくてはいけなかったんだと思います。

―明治戦をむかえるにあたって
とにかく土曜日必ず取るぞということだけでした。とにかく勝つということしか考えてなかったです。

―春のリベンジというのもありましたか
そういうのもありましたけど。最後の最後でまた明治さんとやれるというのは、本当にお互い優勝のかかった試合だったのでプレッシャーもありますけど、秋の悪いスタートを考えればいい場面を作れたのかなと思います。

―精神的な部分が大事とおっしゃっていましたが、主将として何かミーティングで話をされましたか
とにかく応援してくれている同級生であったり、ユニフォームを着れない4年生、3年生がいっぱいいるんでね、そういうやつのために戦おうと。少しでもみんなと長く野球ができるように、自分が打って活躍するのももちろんですけど、まずは応援してくれている人たちのために、必死になってがんばっていこうというのは伝えました。

―ご自身のバッティングについて
最初にいい1本が出たんですけど、残りの3打席というのはなかなか出なかったんで、こういう場面で完治ならなんとかしてくれるというところをもう少し見せたかったなと思います。

―先日のプロ野球ドラフト会議では西浦選手が指名されましたが
同級生が指名されて嬉しいです。木下が指名されなかったのは残念ですけど。同じチームメイトがプロ野球の世界に入るというのはすごく僕にとっても刺激にもなるし、本当に自分のことのように嬉しかったです。

―明日負ければまた目の前で明治の胴上げを見ることになってしまいますが
春はすごく悔しい思いをしたので、僕たちにもプライドがあるので目の前ではさせないぞという気持ちはあります。

―明日からどのような戦いをしていきたいですか
まだまだ勝ち点は落としたわけではないので、明日明後日につなげられるように4年生中心に、本当に最後になってしまうので死に物狂いでこういうのが法政の野球だというのを最後の最後で見せたいなと思います。

西浦 直亨

―今日の試合を振り返って
自分がチャンスで打ててないので、そこがやっぱり中々勝ててないのと、自分がエラーしてから失点につながったので、あのプレーは大きかったと思います。

―序盤はチャンスを作っていましたが
積極的にみんなバットを振っていたので、チャンスは作れたんですけど、そこでやっぱり一本をしっかり出せるようにやっていければ、もっとつながってくるのではないかと思います。

―八回はチャンスで打席が回ってきましたが
1ストライク目の変化球を見逃したのが、三振という結果になったと思います。

―山崎投手、上原投手はどのように映りましたか
普段に比べて良かったのか、悪かったのか分からないですけど、それよりかは自分が積極的にいけなかったのが、ダメだったっていう感じですね。

―明大が他大と違うところはありますか
粘り強いし、ピッチャーも良いので一番力があるのではないかと思います。

―優勝の可能性は消滅してしまいました
勝ち負けなので、勝つときもあれば負けるときもあるので、それは切り替えてとりあえず勝ち点取れるように頑張ります。

―明日に向けて
やっぱり春にやられているので、このまま終わるわけにはいかないので、明日絶対勝てるようにしたいです。

船本 一樹

―今日の試合を振り返って
負けてしまったので、やっぱり悔しいですね。(今日のピッチングは)要所でボールが甘くなってしまって、それが結局タイムリーにも繋がってしまったし、やっぱりそういうところですね。まだまだ甘いですね。

―この敗戦で優勝の可能性がなくなりました
春は(明大に)やられているので、まずは明日勝って、2連勝で勝ち点は取りたいです。

―今日のマウンドに懸ける思いというのは
絶対に負けられない、一回でも負けたら優勝はなくなるので、0に抑えることだけを考えて投げていました。

―球数が少し多めでした(6回1/3を投げて101球)
最後まで投げるとか、そのようなことは考えずに初回からどんどん飛ばしていったので、その分コントロールというよりも力でいった部分もあり、少しボール球も多かったですね。

―2回以降ほぼ毎回走者を背負いましたが、今日も粘投が光りました
粘りの投球が僕の持ち味、ではないですけれど、走者を出してから抑えるのがピッチャーだと思うので。3人で終わろうが0点なら結局一緒なので、0に抑えることかできて良かったですが、7回だけですね。

―7回はエラーで走者を背負いましたが
エラーで出した走者は絶対に返したくないというのはありますが、ちょっと申し訳ないですね。

―左打者を並べた明大打線について
分かっていたことで、どうせ左(打者)で来るだろうなと思っていたので、いつもよりインコースを使って投げていました。

―5回のピンチ(1死2、3塁)を凌いだあと、珍しくマウンドで感情を出しておられましたが
チームに勢いを与えるためにも、そのような感じでいった方がいいかなというのがあって(笑)。気持ちが出ました。

―明日の試合に向けて
明日も投げる機会があればしっかり低め低めで丁寧に投げて、0に抑えることを意識して、まずは明日勝ちたいです。

安慶名 舜

―今日をふりかえって
勝ちたかったですね。

―明治のピッチャー陣の印象は
どのピッチャーも球が速くてコントロールの良いピッチングだったので、それに負けないように帰って研究して、明日は絶対に勝ちにいきます。

―秋の明治というチームはどのようなチームでした
春も粘りの野球で 今回も簡単に勝てないのはわかっていたんですけど、すごく粘りがあって、打つべくところで打つチームだなと思いました。

―来季の幹部とかはもう決まりましたか
いえ、それはまったくわからない状態です。

―明日の試合に向けての意気込みを
明日も初回から得点できるように、しっかり自分が出塁して絶対勝ちます!

山下 新

―今日の試合を振り返って
今日は絶対に勝たなければいけない試合でした。チームには頼りになる3、4番がいるのでそこに繋げようという思いで頑張りました。

―2打数2安打と好調でしたが
たまたまです。

―相手のピッチャーの印象は
変化球についていったら打てると思い、そこを意識しました。

―3回の盗塁は指示があったのですか
もともと行けたら行けという指示があり、走ったときもありました。

―5回は交錯するシーンがありましたが
普通に痛いです。

―明日への意気込みを
怪我の状態が大丈夫そうなら今日と同じようにプレーしたいです。とりあえず勝ち点を取りたいので、明治に負けないように頑張ります。

 

フォトギャラリー

  • 201310271先制2ランを放った河合
  • 201310272バットを折りながらもヒットを打った畔上
  • 2013102732打数2安打の2番・山下
  • 201310274ライト前へ強烈なヒットを放った伊藤諒
  • 2013102752度出塁し1番打者の役割を果たした安慶名
  • 201310276船本は6回途中で無念の降板
  • 2013102772番手の本多も流れは止められなかった
  • 201310278チャンスであと1本が出なかった西浦
 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-06-267 R

定期購読の申込み