硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球春季リーグ戦 第1週 対慶大1回戦 相手打線の猛攻止まらず...開幕戦は黒星スタート

東京六大学春季リーグ戦 対慶大1回戦
2016年4月9日(土)
神宮球場

ついに開幕した東京六大学野球リーグ戦。開幕戦のマウンドには熊谷が上がる。しかし初回に先制点を許すと、4回には打者一巡の猛攻を浴びた。あとを継いだ投手も失点し、黒星スタートとなった。

IMG 2871
慶大の猛攻を止められなかった

試合結果

トータル試合結果

 123456789HE
法 大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 4 2
慶 大 1 0 0 6 0 2 2 0 0 11 16 0

(法大)熊谷、森脇、谷川、新井諒、上條ー中村浩、森川
(慶大)加藤拓、原田ー須藤
[本塁打]
  (慶) 柳町1号2ラン
        沓掛1号2ラン

 

打撃成績

打順位置選手打率123456789
1  (8)  大西千 1  0 .250 左飛      中前安     遊ゴロ   空三振   
2  (6) 水谷 3 0  0 .000 空三振     四球   三併殺     空三振 
3  (5)4 川口  4  0  0 .000 右飛     捕邪飛     空三振    遊ゴロ
4  (3) 柴田  3  0  0 .000   空三振    左飛     空三振   四球
5  (4) 福田光  2  0  0 .000   三邪飛   空三振          
   5 金子凌  2  0  0 .000             中飛   左邪飛 
6  (7) 原田  3  0  0 .000   空三振     左飛       空三振  
   7 清水二  0  0  0  ---                  
7 (9) 小林  2  2  0 1.000     中前安    左前安     四球  
8  (2) 中村浩 2  0  0 .000     遊併殺   遊併殺        
  1 谷川  0  0  0 ---                  
  1 新井諒  0  0  0 ---                  
  H 米田  1  0  0 .000               見三振   
   1 上條  0  0  0 ---                  
9  (1) 熊谷  1  0  0 .000     見三振            
   1 森脇  0  0  0 ---                  
   2 森川  1  1  1  1.000           四球     中前安  
    28 4 .143                  

 

投手成績

  球数 打者 防御率
熊谷  3 1/3  74  20  10.80
森脇 0 2/3 15 5 3 0 0 0 0.00
谷川 2 49 10 1 3 3 2 9.00
新井諒  1 23 7 3 1  1  2 18.00
上條  1 15 4 1 3  0  0 0.00
8 176 46 16  10  5  8 9.00

 

ベンチ入りメンバー

 10  森川(営4=桐蔭学園)  27 中村浩(営2=多良木)  25 福田光 (人1=大阪桐蔭)
 11  森脇(経2=掛川西)  2 川口(人2=横浜)  26 町田(社3=桐蔭学園)
 12 新井諒(人3=宇都宮商)  3 森(キャ3=日大三)  1 大西千(営2=阪南大)
 15 谷川(文4=高松商)  4 柴田(文4=東邦)  7 米田(営4=智弁学園)
 16  玉熊(法4=北海)  5 水谷(営3=大阪桐蔭)  8 清水二(法3=中京大中京)
 17 熊谷(キャ3=平塚学園)  6 大崎(法3=智弁学園)  28 中川(経4=法政二)
 18 上條(キャ2=市立川越)  9  金子凌(キャ4=日大三)  38 舩曳(キャ1=天理)
 19 長谷川(経3=聖望学園)  23 原田(法2=春日部共栄)    
 22 木村(キャ4=如水館)  24 小林(法2=中京大中京)    

 

リーグ戦結果(04/09現在)

 早大慶大法大東大明大立大試合勝点勝率
――     ○       1   1   0  0  1.000
  ――  ○        1  1  0  0  1.000
  ●  ーー        1  0  1  0  .000
 ●     ――      1  0  1  0  .000
        ――     0     0     0    0    ーー 
          ――  0  0  0  0  ーー
 

戦評

  開幕戦の先発を任された熊谷拓也(キャ3)は初回、中軸に3連打を浴び先制を許す。それでも2、3回を0で抑え、味方の援護を待った。

  打線は慶大先発・加藤拓也を捉えられず、1、2回を三者凡退で終える。迎えた3回、自身も「経験がない」という右翼でスタメン入りした小林満平(法2)が安打を放ちチャンスメイク。しかし続く中村浩人(営2)が併殺に終わり、得点とはならなかった。4回にもリードオフマン、大西千洋(営2)が中前安打で出塁。持ち前の俊足で3塁へ到達するが、後続が倒れこの回も無得点で終える。

  4回裏、慶大打線に熊谷が捕まる。先頭の岩見雅紀に出塁を許すと、四球などで無死1・3塁とされる。続く柳町達の打席で守備が乱れ失点。その後3本の安打を打たれ、4点を失ったところで降板。「打たれたのは甘い球」(熊谷)と、失投を悔やんだ。あとを受けたのは、リーグ戦初登板の森脇一樹(経2)。その森脇も打者の勢いを止められず、2失点。打者一巡の猛攻を浴び、計6失点と突き放された。

  5回は、谷川宗(文4)がマウンドへ。死球を2つ与えながらも、無失点で乗り切る。しかし6回、二死1塁から柳町に2点本塁打を浴びる。7回に登板した新井諒(人3)も、沓掛祥和の2点本塁打で失点。悪い流れを止めることができなかった。

  防戦一方で迎えた8回表。この試合2安打の小林が四球で出塁。その後盗塁などで二死2塁としたところで、途中出場の森川大樹(営4)が中前に一打。ようやく法大のスコアに1点が刻まれる。8回のマウンドには上條が登板。「流れを戻すようなピッチングをしよう」。そう意気込んでの投球で奪ったアウトは、全て空振り三振。しかし、最終回の攻撃も無得点。1対11で初戦を落とした。

  大敗を喫した法大。試合後、「自分たちが今までやってきたことを何一つできていなかった」と話した森川。要所でミスが飛び出すなど本領を発揮できていない。「負けない野球」で慶大打線を抑え、まずは五分に戻したい。(伊藤華子)

クローズアップ

小林満平 (超積極打法が持ち味レギュラー奪取となるか)

  初スタメンも、この男に重圧はなかった。今日わずか4安打にとどまった法大打線。そのうちの2安打は小林のバットによるものだった。第1打席は初球、第2打席は2球目と、早いカウントから安打を放つ。「積極的に振ったら当たった」と、持ち前の攻撃的な打撃が光った。8回には四球を選び出塁すると、すかさず盗塁。その後森川の中前適時打で本塁を踏み、小林の活躍が法大唯一の得点に結び付いた。

  本来二塁手としてプレーしている小林だが、今日は急遽ライトとして出場。「自分ができることを必死でやろう」。経験のない外野手だが落ち着いた身のこなしを見せ、自身の頭上を襲う打球もしっかりと処理した。初スタメンとして、また不馴れな外野手として挑んだ開幕戦。そんな中走攻守で結果を残せたことは、きっと大きな自信となっただろう。昨年、同級生の活躍をただ見ることしかできなかった小林の姿はもうない。

  「強気に、攻撃的に」バットを振るその姿勢が、法大打線に灯をともす。(鈴木理子)

kobayashi

 

監督・選手コメント

青木久典 監督

―試合を振り返って
もう少し粘ってくれたらなと。でも、あのような展開になってしまったらかわいそうだなと思いますね。

―熊谷投手の投球について
悪くなかったですよ。取れるアウトが取れなかったり、打ち取ってる打球が安打になったり、 今日の試合は不運なことがありすぎました。

―4回の好機では強攻策を選択しました
打順が主軸だったのと、今日は先攻だったので、追いつくというよりは一気に点を取りたい場面ということで打たせました。

―福田光選手を途中交代させました
余裕がなく、これ以上使ってもいい方向には向かないなと思ったので上級生に代えました。今日は悪いものを全部出し切ろうと思い、リーグ戦の雰囲気を味わわせる意味も含めて他の選手も起用しました。

―小林選手を外野で起用しました
一応練習などで試してはいました。彼は速い球に対して力負けしないので、思い切って先発で使いました。彼なりに結果を出してくれたと思います。

―明日に向けて
悪いものは全部出せたし、選手も明日に向けて切り替えてしっかりやってくれると思います。

 

森川大樹 主将

—今日の試合を振り返って
情けないです。

—開幕戦を迎えて試合前にチームで話し合ったことは
自分たちが今までやってきたことを信じて、100%出し切れば絶対にいい試合ができるし勝てるという話はしたんですけど。何一つできてなかったです。

—加藤投手の印象は  
コントロールが良くなっていて、変化球でカウントを取れて振らせることができてました。そこでちょっとやられたかなという感じです。

ー大量リードされた場面での出場となりましたが
0-7の場面だったので流れを変えようと思ったんですけど…勢い付くと相手も止まらないので、勢いに乗せないことが大事かなと思います。

—8回は適時打となりましたがその打席を振り返って
0点で抑えられて悔しかったので、1本打てて良かったと思います。

—明日への意気込み
明日勝って、3戦目は加藤を打ち込めるように頑張ります。

 熊谷拓也 投手

—悔しい試合展開となってしまいましたが、試合を振り返っていかがですか。
打たれた球は全体的に甘かったです。いざピンチを迎えたときに抑えられるのが投手の役目だと思うので、そこを詰められなかったのが今回連打を食らった理由かなと思います。

—開幕戦ということで、プレッシャーはありましたか
そんなことはなかったですね。

—慶大打線の印象はいかがでしたか
初球からどんどん振ってきて、甘い球は安打にする印象です。

—初回に連打を浴びましたが、焦りなどはありましたか
特になかったです。

—次回の登板までに調整したいところはどこですか
打たれたのは甘い球でした。甘い球は慶應も振ってくるので、そこをしっかり詰めて次は勝ちます。

—明日に向けて一言お願いします
勝ち点を取るためには明日は何がなんでも取らなきゃいけない試合なので、チーム一丸となって勝ちに行きます。

 大西千洋 外野手

—リーグ戦がはじまりましたが
新チームになってからリーグ戦のために頑張ってきたので、いい結果を残してやろうという気持ちです。

—開幕スタメンについて
特に意識はないです。オープン戦でも出ていたので、普段通りやるだけでした。

—1番打者として意識したことは
積極的に振っていくということですね。 第一打席も初球を狙ってました。

ー加藤拓投手について
秋に対戦したときはとにかく球が速いという印象だったのですが、今日は低めに丁寧に投げているなというイメージです。

ー今日の試合について
失策や四死球というやってはいけないことが重なってああいう点差になってしまったと思います。

ー1安打放ちましたが
よかったです。フォークでしたがたまたまでしたね。

—盗塁について
どんどん狙っていくつもりです。

—明日への意気込み
明日必ず勝って、明後日加藤投手を打ち崩したいと思います。

 上條将希 投手

—今日の試合を振り返って
流れが全部相手に持って行かれて、こっちに持ってこれなかったのが敗因だと思います。

—点差が離れた場面での登板でしたが
大差ではあったんですけど、絶対このゲームをものにする気持ちで流れを戻すようなピッチングをしようと思いました。

—とったアウトは全て空振り三振でした
追い込んだ時点で三振を狙いにいってたので、そこで空振りをとれたのはいい収穫だと思います。

—今日投球で意識したことは
ボール先行になると自分も苦しくなるので、追い込むことを意識して投げました。

—次戦に向けて意気込みを
明日全力で勝って第3戦は加藤投手が出てくると思うので、次はしっかり打ち崩せるように明日勝ちたいと思います。

 小林満平 外野手

ー今日の試合を振り返って
こっちもたくさんチャンスがあったんですけど、ミスが絡んだりして流れをなかなか持ってくることができませんでした。それが大量失点で大味なゲームになってしまった要因だと思います。

ー法大の4安打の内2安打が小林選手のヒットでした
今日初スタメンだったんですけど、相手はすごく有名なピッチャーだったので、とりあえず自分のスイングをしようと攻撃的に振ったら当たりました。

ーその加藤投手の印象は
真っ直ぐの低めにきたボールは、147、8キロぐらい出ていました。多分自分が今まで打席に立った中でも一番速いと思います。フォークも真っ直ぐと変わらないぐらいキレていました。

ー今日は外野手として出場されました
昨日までずっとセカンドをやっていて、明日ライトもあるかもしれないから準備をしとけと軽く言われました。今日の朝正式にライトと言われて、経験がないので自分のできることを必死にやろうと思って頑張りました。

ー今日は盗塁もありました
走塁も1つの自分の売りだと思っています。点差も開いていましたし、何とか1点を取りたいと思って、思いきってスタートを切りました。

—オープン戦で一時は打撃が低迷することもありましたが
3月の中旬ぐらいにどん底までいったんですけど、そこから上がってくると信じてバットを振ってきました。今日こうして結果が出せてよかったです。

ーオープン戦の頃から全体的に併殺打が多かった印象がありましたが、今日も2つ出てしまいました
加藤投手の球に威力があって、差し込まれて詰まったゴロが増えてしまいました。そのせいでやはり併殺打が増えてしまったのかなと思います。

—明日の試合に向けて
今日のことを全部リセットしてチームをいい方向に導けるように、強気に、攻撃的に頑張りたいです。

 

フォトギャラリー

  • IMG 2871慶大の猛攻を止められなかった
  • IMG 28472安打1盗塁と気を吐いた小林
  • IMG 28652番手で登板した森脇
  • IMG 2843主砲柴田も抑え込まれた
  • IMG 28703番手で登板した谷川
 

 

最近の記事

 

スポーツ法政 最新号

2017-09-254 R

定期購読の申込み