硬式野球

【硬式野球】東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大展望

東京六大学野球秋季リーグ戦 対明大戦
2016年10月1日(土)~
神宮球場

2カードを終えいまだ勝ち点を奪えず、苦し戦いが続く法大。第3カードで迎えるは今季4戦4勝と勢い乗る明大だ。優勝候補に上がる強敵だが勝ち点を奪い、上位進出の足掛かりにしたい。意地と意地のぶつかり合う"血の法明戦"が幕を開ける。

yanagi1
明大の絶対的エース・柳

展望

 開幕初戦の勝利以来黒星が続き、2カード連続で勝ち点を落とした法大。次のカードで勝ち点を挙げなければ、上位進出も難しくなる。そんな重要なカードの対戦相手は春の王者、明大だ。

 開幕から4連勝中の明大の強さの要因は何といっても投手陣。先発を担うのは柳裕也と星知弥。柳は24日の慶大1回戦、雨が降り不利なコンディションでありながら相手打線を1安打に封じ完封勝利。星も速球を武器に慶大2回戦で勝ち投手になるなど、両投手とも好調だ。またリリーフ陣も大学日本代表に選出された齊藤大将をはじめ、右腕の水野匡貴、大型ルーキー伊勢大夢と抜けがない。リーグトップクラスの投手がそろう投手陣をどう攻略していくかが、明大戦で勝ち点をあげるための最大の鍵となるだろう。一方で打者の存在も忘れてはいけない。リーグ戦4試合を終えて打率が4割を超える打者が4人。その中でも吉田大成は打率は0.462とチームトップ。要注意打者となることは間違いないだろう。また、好打者佐野恵太にも十分に注意を払いたい。

 法大のキーマンもやはり投手だ。今季先発を任されているのは熊谷拓也(キャ3)と菅野秀哉(キャ2)だが、両投手ともに調子が上がらない。特に熊谷は立大2回戦で7回まで好投を見せたが、8回に四球から逆転満塁弾のきっかけを作るなど悔しい思いをした。テンポの良い熊谷本来のピッチングができるかどうかが、明暗を分けるだろう。また、リリーフ投手も回の途中からの登板で結果が残せていない。本調子でない先発陣を河野太一朗(文2)や内沢航太(キャ1)らリリーフ投手がいかに救援出来るかも重要になってくる。一方打者は4番の柴田圭輝(文4)の活躍が鍵となるだろう。立大1回戦では本塁打などで3打点、2回戦では2回に先頭打者として塁に出てその後の5得点の起爆剤となった。柴田にとって最後の法明戦。そのバットで勝ちを届けてくれることを期待したい。また、向山基生(営2)や相馬優人(営1)などレギュラー争いに加わってきた選手がどういう起用をされていくのかも注目だ。

  今春、法大は明大に敗れたことで優勝がなくなった。逆に昨秋、明大は法大に敗れたことがきっかけで優勝を逃した。意地と意地のぶつかり合う"血の法明戦"は一筋縄ではいかない。互いに絶対に譲れないこのカードは、法大が制す。(中西陽香)

予想オーダー

 明大

打順 位置 選手(学年=出身校)   率
  1  (4)  河野(3=鳴門) .273   1   2 
  2  (5)  渡辺(2=横浜) .417  0  2
  3  (2)  牛島(4=門司学園) .333  1  6
  4  (3)  佐野恵(4=広陵) .417  0  2
  5  (7)  川口(4=國學院久我山) .412  0  0
  6  (8)  逢澤(2=関西) .083  0  0
  7  (6)  吉田大(4=佼成学園) .462  0  4
  8  (9)  東原(3=天理) .667  0  2
  9  (1)  柳(4=横浜) .000  0  1

 

法大

打順 位置 選手(学年=出身校)   率
  1  (8) 大西千(2=阪南大) .211  0   3 
  2  (6) 相馬優(1=健大高崎) .250  0   1
  3  (4) 小林(2=中京大中京) .389  0  0
  4  (3) 柴田(4=東邦) .318  1  4
  5  (5) 金子凌(4=日大三)  ---  -  -
  6  (7) 中山(2=履正社) .368  2  7
  7  (2) 森川(4=桐蔭学園) .211  0  0
  8  (9) 森(3=日大三) .167   0  1
  9  (1) 菅野(2=小高工) .200  0  1

 

 主な投手陣

選手(学年=出身校)   回   防
柳(4=横浜) 2 2 0   16 20 1.13
星(4=宇都宮工)  2  1  0   12  10  1.50 
齊藤(3=桐蔭学園)  3  0 5 2/3   5 0.00 
水野(3=静岡)  2 0 0 1 1/3  1 0.00

 

選手(学年=出身校)    回   防
菅野(2=小高工) 4  1  2  19 1/3 19 6.98
熊谷(3=平塚学園)  0  1   14  9 7.71
河野(2=法政二) 3 0  0    4  5 2.25
内沢(1=八戸工大一) 62 0 0    2 1 4.50 

 

フォトギャラリー

  • yanagi2柳は日米大学野球選手権でも安定感抜群の投球を見せた
  • sano長打力のある佐野恵
  • hoshi2戦目の先発が予想される星
  • saitho齋藤は日米野球で森川大樹(営4)とバッテリーを組んだ
  • usijima扇の要を担う牛島
  • mizuno投手陣の一角を担う水野
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み