硬式野球

【硬式野球】「4年生特集~惜別」第3回  金子凌也、米田伸太郎、中川翔太郎

東京六大学野球秋季リーグ戦 対東大2回戦
2016年10月23日(日)
神宮球場

東大2回戦をもって4年生は引退。一枚岩で戦ってきた日々を終え、それぞれの進路へと進む。この4年間、彼らはどのような思いを胸に過ごしてきたのか。お話を伺った。

kaneko
金子凌也 #9

選手コメント

金子凌也 副将

—今日の試合を振り返って  
若い内沢がしっかり投げてくれたので、少ない点数でも勝てたと思います。

—2回の二塁打が先制点につながりましたが
あそこは先制点が欲しかったので、自分がなんとかして出塁しようという気持ちだったので良かったです。

—法大での4年間を振り返って
いろんなことがあって、自分としてはいい経験ではなかったですけど、これからに向けていい経験にしていきたいと思います。

—夏のオープン戦でのけがは悔いが残ります
それも実力のうちなんで。これからは気をつけたいと思いますね。

米田伸太郎 外野手

—最終試合を終えた今の気持ちは
今まで野球ばかりやってきましたし、社会人野球には進まないので凄く寂しい気持ちです。

—秋季リーグ戦を振り返って
チームとしても個人としてもあまり良い結果ではなかったですね。

—4年間を振り返って
今思えばあっと言う間の4年間でした。大学野球を通して人間として大きく育ててもらったなと思います。

—法政大学にはなぜ入学しようと思いましたか
お世話になった方々が法政大学出身だったので、入学しようと思いました。

—今年は初めての外野手責任者という立場になりましたが
外野手責任者という立場に立って、これから先の人生に活きてくることも監督からたくさん教わりました。自分の成長の助けとなりました。

—監督はどのような存在でしたか
早くからベンチにも入れてくれたことで、選手としても成長したので、自分が大学野球で活躍できたのは監督のおかげです。

—持ち味である大きな掛け声はいつから
元々高校の頃から大声を出していたんですけど、大学に入って段々と言わなくなっていた時に監督から指摘されて、また大きな声を出すようになりました。

—4年間で1番印象に残っている試合は
2年上の代の先輩が7連敗して迎えた明治戦で、勝利した時のスタンドの盛り上がりを見て野球を今までやって来て良かったなと感じました。

—後輩に伝えたいこと
自分たちは優勝できなかったので後輩には優勝を経験して欲しいです。

—今後の進路は
一般企業に就職します。

—今後の目標は
社会人では上の立場になれるように頑張ります。

—4年間応援してくれたファンに向けて
4年間あまり良い姿を見せる事ができなかったので自分としては不甲斐ないのですが、これからも法政大学野球部は続いていくので応援してください。

中川翔太郎 外野手 

ー最終戦を終えた今のお気持ちは
実感がまだないですね。あっという間だったなという感じです。

ー今季を振り返って
やはり優勝したかったので悔しいです。

ー4年間を振り返って
いい野球人生でした。3年生のときに転機があって、そこから使ってくれた監督には感謝の気持ちでいっぱいです。

ー清水ジュリアン鷹学生コーチが走塁を推薦してくれたとおっしゃっていましたが
監督がたまたま自分の部屋に話しに来たときに、ジュリアンさんがおすすめしてくれて、次の日のオープン戦で使ってくださいました。初めてのAチームでの出場だったので緊張はあったんですけど、このチャンスをつかむしかないと思って試合に出ました。

ー森川大樹主将について
最後は試合に出れなくて悲しかったですけど、良いキャプテンで終わったと思います。自分たちの代は個性が強い人が多くて一つにするのは大変だったと思うんですけど頑張ってくれました。

ー練習やアップのときに組んでいた柴田選手について
3年生のときから(柴田)圭輝の足を速くさせようということで、パーソナルトレーナーのような形でずっと一緒に練習してきました。最後の最後まで一緒に組んできたので、これからも頑張ってほしいと思います。

ー今季は玉熊将一投手らがけがで出遅れるなど、4年生の代は特に苦しいシーズンだったと思います
玉熊はやっぱり痛かったですね。なんだかんだ気持ちを持って、逃げずに投げられるところが玉熊の良い所のだったので。ずっと投げられなかったのは法政としても痛かったんじゃないかなと思います。

ー同じ法政二高出身の向山選手の活躍について
バッティングが本当に良くて、常にスタメンで出られるようにこれからも頑張ってほしいですね。

ー改めて走塁へのこだわり
本当に自分の生きる道でしたね。走塁だけでやってる六大の選手は多分ほとんどいないと思うので、それを監督が買ってくれて本当に良かったなと思います。

ー大西選手を初めとして足の速い選手が多くいますが、その選手たちに向けて
自分はもう引退してしまうんですけど、自分の持ってる今までの知識や技術をグラウンドに行って教えたりしたいと思います。(大西)千洋に関してはもっとすごい選手になると思うので、プロ野球選手になってほしいです。

ー今季ベンチ外になってから、チームをどのように支えていましたか
走塁しか自分はできないので、バッティング練習とかのときに、打球判断や走塁について、選手にアドバイスを多くしました。

ー4年間で自分が成長したなと感じられた瞬間は
3年の春の明治戦でサヨナラを踏んだ時ですね。あのときは本当にここまでやってこれたんだなと達成感がありました。

ー同期に向けて
就職する人も社会人野球をする人も、いろんな道で頑張ってほしいです。これからも付き合っていく仲だと思うので、末永く仲良くしていきたいです。

ー後輩たちに向けて
優勝ですね。優勝してほしいです。

ー卒業後の進路は
一般企業です。野球やるとしたら草野球ぐらいだと思います(笑)。

プレーバック

金子凌也

 集大成の打席となった。2回に先頭打者として打席に立った金子凌は左中間に二塁打を放ち出塁。続く向山基生(営2)の犠打で三塁に進むと、中山翔太(人2)の犠飛で生還した。それがそのまま決勝点となり、最終戦を有終の美で飾った。持ち前の逆方向への長打を放ち、"法大生"としての最後の試合にその勇姿を見せつけた。

 昨季、自身初の首位打者に輝くと、7月のオランダ遠征では首位打者とMVPを獲得。誰もが秋での主砲の活躍を疑うことはなかった。だが、悪夢は突如起きた。8月のオープン戦で右足に自打球を当て骨折。医者からは3ヶ月は運動できないと言われた。だが「みんなが待ってくれるから」と懸命にリハビリを重ね、10月初週の明大1回戦に「4番・三塁」で復帰。初安打を放つなど、不屈の魂で神宮に帰ってきた。

 今季のベストゲームとなった慶大1回戦。金子は8回に左翼線に打球を放つと、最後はヘッドスライディングで2塁を陥れた。あの走塁を「足が動かなかっただけ」と金子凌は笑ったが、「ベンチが1つになった」と柴田圭輝(文4)が語ったように、チームは副将の激走に奮起し、サヨナラ劇につなげた。

 1年次に右膝の手術を経験するなど、法大での4年間は決して順調だったとは言えない。金子凌も「いろんなことがあった」と苦笑いしながら「次に向けていい経験にしてきたい」と前向きに捉えている。栄光も挫折も味わった背番号9は、これらを糧に新たな舞台へ進む。(渡辺拓海)

kaneko1

米田伸太郎 外野手

 「社会人野球には進みません」と言った時の米田伸太郎(営4)の顔はどこか晴れやかであり、寂しげでもあった。最終戦となった東大との2回戦、チームは見事に勝ち点を獲得した。残念ながら出場機会は無かったがいつも通り明るく大きな掛け声で仲間を鼓舞する米田の姿がそこにはあった。

 2年前、泥沼の7連敗の中で迎えた明大との試合に勝利した時の神宮の盛り上がりが忘れられず、あの盛り上がりをもう1度と懸命にプレーした。名門、智辯学園から法大に入学し、2年秋の慶大戦でリーグ初打席に立つと、いきなり適時二塁打を放ち勝負強さを見せた。3年、4年になると代打や代走での出場が中心であったが、出場した時はいつも全力でプレー。出場してない時は常に大きな声を出してベンチの雰囲気を盛り上げようと努力した。

 監督にも期待され、先輩からも後輩からも愛されたその人間性はきっと社会人になっても活かされるだろう。一般企業に進む米田は「社会人になったらもっと上の立場を目指したい」と笑顔で話した。その視線は、すでに次のステージを見据えていた。 (染矢翔)

komeda1

中川翔太郎

 「走塁は自分の生きる道」。その足一つで魅せてきた野球人生が終わった。

 法政二高から進学し、1、2年時の出場機会はゼロ。強豪校出身の選手が活躍する中で、長らく日の目を見ることはなかった。転機が訪れたのは3年春。学生コーチだった清水ジュリアン鷹が、中川の走塁技術を青木監督に推薦。すると早速次の日のオープン戦でその実力が試された。「このチャンスをつかむしかない」。磨いてきた脚力を必死でアピールすると、春季リーグ戦で初めて神宮の舞台に立った。

 決して出場回数は多くないものの、緊迫したここぞという場面で登場。いつしか代走の切り札として定着するようになっていた。後半のチャンスでの代走が多い中川。その名前が呼ばれると、チャンス法政とともに球場は大いに盛り上がった。

 自身が一番印象に残っている試合は、3年春の対明大1回戦。5対5の同点で迎えた9回裏、無死一、二塁の場面で打球が内野を抜けると、中川がサヨナラのホームを踏んだ。これまでの努力が報われた瞬間だった。

 これで野球人生に終止符は打つものの「時々グラウンドに顔を出して教えたい」と野球に対する熱意は変わらない。必ずその走塁や姿勢は、後輩たちにも受け継がれているはずだ。今までも、これからも。(鈴木理子)

nakagawa2

 

プロフィール

金子凌也(かねこ・りょうや)
キャリアデザイン学部4年
東京都出身・日大三
1994年6月4日生まれ
180cm80kg 右投左打
リーグ戦通算成績:64試合出場 打率.281 5本塁打 32打点

米田伸太郎(こめだ・しんたろう)
経営学部4年
大阪府出身・智辯学園
1994年8月16日生まれ
178cm78kg 右投左打
リーグ戦通算成績:19試合出場 打率.176 0本塁打 1打点

中川翔太郎(なかがわ・しょうたろう)
経済学部4年
神奈川県出身・法政二高
1994年6月13日生まれ
175cm68kg 右投右打
リーグ戦通算成績:19試合出場 打率--- 0本塁打 0打点

フォトギャラリー

  • kaneko金子凌也 #9
  • komeda米田伸太郎 #7
  • nakagawa中川翔太郎 #38
 

 

 

スポーツ法政 最新号

S 6477908564910 R

定期購読の申込み